プロテイン 筋トレ。 筋トレはプロテインなしでも効果ある?代わりになるものを紹介!

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

プロテイン 筋トレ

筋トレとプロテインはセットで考えられることが多く、体を鍛えている人の多くはプロテインを摂取しています。 トレーニングで体を作り上げるにあたって、プロテインはどのような役割を果たしているのでしょうか。 筋トレとプロテインの関係性をぜひ知っておきましょう。 また、プロテインを摂取せずに筋トレをすると効果はどうなるのか、プロテインで太ることはないかなども解説します。 【筋トレとプロテインの関係性】 プロテインは筋トレの良き相棒 プロテインとはタンパク質で、人間が必要とする栄養素の 1つです。 そして、筋トレとプロテインがここまで密接に関係しているのは、 カラダをつくるために摂取すべき栄養素であるタンパク質の 代名詞になっているからです。 そもそも人間の体は 、炭水化物やタンパク質、ミネラル、ビタミン群など必要な栄養素をバランス良く摂取することで成り立っています。 ところが、タンパク質の摂取量は年々減少していることがわかっています。 年々減少している背景にはさまざまな理由や原因が考えられますが、筋トレで体を鍛えている人の場合は特にしっかりとタンパク質を摂取する必要があります。 そこで、筋トレの良き相棒としてプロテインの名が挙がるのです。 筋トレ後にプロテインを摂取するのが良い理由 プロテインを摂取する際は筋トレ後 45分以内がおすすめです。 その理由は、トレーニングによってさまざまな 筋肉細胞が傷ついている状態をプロテインのタンパク質によって 修復できるからです。 また、しっかりとトレーニングをした後の体は、エネルギーや栄養素などを大量に消費しある種の飢餓状態になっています。 飢餓状態の体は、栄養素を吸収しやすい状態です。 なおさら、トレーニング後のプロテイン摂取が良いということがわかりますね。 ちなみに 筋トレ後 45分以内という時間は、たんぱく同化と呼ばれる現象がピークを迎えている時間帯です。 たんぱく同化とは、体内のアミノ酸がタンパク質へ変わり筋肉を形成する作用のことです。 つまり、 運動後 45分以内にタンパク質摂取すればよりカラダをつくる手助けをしてくれるということです。 プロテインなしだと筋トレ効果はなくなってしまう? いいえ、プロテインなしでも筋トレ効果がなくなるというわけではありません。 冒頭でご説明したとおりプロテインはタンパク質です。 タンパク質は人間の体を形成する上で欠かせない栄養素であり、肉や魚などの食事から摂取することももちろん可能です。 食事からタンパク質を摂取ししっかり体に届いている状態であれば、プロテインなしでも筋トレ効果がなくなることはありません。 良い筋肉を形成することが可能です。 筋トレにプロテインが必須ということではなく、筋トレをするならタンパク質が重要だということを知っておきましょう。 運動後 45分以内にタンパク質を積極的に摂取する方法として、タンパク質を豊富に含んだ食事か、あるいは手軽にプロテインかという 2つの選択肢があるということですね。 45分以内でタンパク質を豊富に含んだ食事をするのも困難な場合もあるので、手早く摂取できるプロテインが好まれているという訳です。 糖質とタンパク質の黄金比3:1で出来ているため、補給にはオススメです。 また、EMRも配合しているので効率良く筋肉量が増やせます。 プロテインを飲むと太るのでは? プロテインのカロリーは高くはないため、太る直接的な原因になることはありません。 ただし、ただむやみにプロテインを飲んでいるだけの場合太ってしまうこともあります。 なぜなら、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れ摂取カロリーが大きくなると太ってしまうからです。 つまり、筋トレをほんの少ししかしていないにも関わらず大量のプロテインを飲むといったケースでは太ってしまう可能性があります。 体が太るか痩せるかはほとんどがカロリーバランスに左右されます。 筋トレでどのぐらいカロリーを消費しているか、プロテインでどのぐらいカロリーを摂取しているかを意識していれば太ることはありません。 筋トレをしない日にもプロテインを飲もう 筋トレをするのは週に 2. 3回という人も多いはずですが、ぜひ筋トレをしない日にもプロテインを飲んでタンパク質を摂取するのがおすすめです。 というのも、 しっかりと筋肉を使ってトレーニングをすれば、筋肉が回復するまで 2. 3日必要だからです。 タンパク質はカラダのリカバリーになる栄養素だからこそ、筋トレをしていない日も意識して摂取する必要があるのです。 もちろん、食事でバランス良く必要な十分量のタンパク質を摂取できていれば問題ありませんが、プロテインであれば気軽に摂取できますね。 【まとめ】 筋トレとプロテインの関係性として、プロテインはタンパク質であること、筋トレ後にプロテインを摂取するのが良いことなどをご説明しました。 せっかく努力をして筋トレをするのであれば、より美しく強い筋肉を作り上げたいですよね。 筋肉を作り上げるパートナーとして、気軽に摂取できるプロテインを味方につけてみてはいかがでしょうか。

次の

プロテイン、タンパク質の摂りすぎで尿素窒素に異常がでた話

プロテイン 筋トレ

2019年4月4日発売の雑誌『ターザン』の特集は「実は、カラダに悪いこと 2019」。 筋トレからダイエット、SEXまで、最新常識を特集した本誌より、選りすぐりをウェブでも紹介! 終わってからでもいいのに…。 小粋なシェイカーにプロテインらしきモノを入れて、シャカシャカ振って飲みながらトレーニングしている人の姿を見かけると、カッコよく思えて真似したくなる。 筋肉の合成力は、筋トレ直後にポ〜ンと跳ね上がる。 そこで材料が足りないのは一大事とばかりに、事前にプロテインを摂る作戦なのだろう。 しかし、筋トレ後の筋合成がとくに高まった状態は約2時間続く。 それだけあれば、終わってからプロテインを摂っても十分間に合う。 プロテインを摂りながら鍛えると、大量入荷したタンパク質の処理で肝臓も腎臓もてんてこ舞いになり、体内が筋トレに対応しきれない。 強度が落ち、満足な成果が出ない。 内臓レベルの混乱が自律神経を介して脳まで波及すると集中力が落ちてフォームが乱れ想定外の怪我を招くことも。 タンパク質はアミノ酸からなり、うち9種類は体内で合成できない必須アミノ酸。 筋トレ中はタンパク質より内臓の負担が少ないBCAAなどの必須アミノ酸を補おう。

次の

プロテインは有酸素運動の前?後?

プロテイン 筋トレ

テレビやSNSで話題になったこともあり、 筋トレ女子が急増していますよね。 今年に入りジム通いや自宅でのトレーニング、いわゆる宅トレを始めた女性も多いのではないでしょうか。 筋トレは、ダイエットや筋肉を増やすだけでなく、健康面でも嬉しい効果が期待できるのでやって損はありません。 そして、筋トレにはプロテインが欠かせないのですが、SNSなどを見ていると 『トレーニングは始めたけど、太りたくないからプロテインは飲んでない』という女性をたくさん見かけます。 これは 絶対NGです! 流行りの筋トレ女子になるのであればプロテインもしっかり飲みましょう。 この記事では、筋トレになぜプロテインは欠かせないのか、飲むならどんなプロテインが効果的なのかなど詳しくお伝えしていきます。 怪我を防止しつつ、筋トレ効率をUP 結果が出やすくなる!• 筋力の低下を防ぐ 太りにくく痩せやすい体へ!• 筋肉痛や疲労感の改善のサポート 仕事や私生活に影響を出さないように! そもそも、プロテインとは 『タンパク質が主成分の健康補助食品』です。 タンパク質は体にとって重要な栄養素の1つで、 筋肉をはじめ髪や肌、内臓などが タンパク質から作られています。 筋トレをした後の筋肉は、トレーニングによりダメージを受けて傷ついた状態で 筋細胞の破壊 、これを修復することで筋肉が少し太くなり筋力がUPするという仕組みです。 超回復をスムーズに行うには、筋肉の元となるタンパク質が必要なのですが、タンパク質が不足していると回復が上手くいかず筋肉をつけることができません。 それどころか、修復がうまくいかないまま次の筋トレをすることになり、 オーバーワークで怪我の原因にもなってしまいます。 さらに、筋トレ後体内はエネルギー不足になり 一種の飢餓状態です。 この状態が長く続いてしまうと、体を動かすエネルギーを発生させるために筋肉が分解されてしまうので筋力の低下 基礎代謝の低下 にもつながってしまうんです。 それだと、せっかく目標のために筋トレをしていても、痩せにくい体になってしまい、引き締まった体にはなれなくなってしまいます。 ですので、怪我や筋力の低下を避けるためにも筋トレ後にはプロテインを摂取する必要があるのです。 「筋トレ+プロテイン」を併用していれば筋肉ムキムキになれる? 筋トレをしてプロテインを飲んでいれば筋肉がついて、フィットネストレーナーのAYAさんみたいなボディになれるのかというと、答えはNOです。 ボディラインを変えるためには、 トレーニング内容がとても大事なんです! 筋肉をつけて引き締まった女性らしい体を手に入れるためのポイントは2つ。 そして、体表面に脂肪がついていたら筋肉をきれいに見せることができないので、体脂肪も同時に落とすことが大切ですよ。 マッチョになりすぎないように、しかし、筋肉もしっかりつけてメリハリを出したい。 ですが、何も考えずに飲んでいると結果的に太ってしまう場合があるんです。 プロテインを摂取して太ってしまった人の共通点は2つ。 食事でもタンパク質を摂取しようとして1日の脂質の摂取量が増えた• 毎回牛乳やジュースで溶かして飲んでいる どちらも、プロテインを飲んだから太ったというよりも、プロテインに関連するもので太ってしまっていました。 タンパク質の摂取が大切だと理解すると、プロテインだけでなく食事でもタンパク質量を増やそうとしますよね。 そうなると必然的にお肉や魚の摂取量が増えることになります。 ですが、お魚やお肉には脂質も含まれているので、 タンパク質量と比例して脂質の摂取量も増やしてしまうことになるのです。 これが原因で太ってしまいます。 プロテインも食品なのでカロリーがないということはありませんが、比較的に 低カロリーなうえ、食事からタンパク質を摂取するよりも 脂質の量を抑えることができます。 食事からタンパク質の摂取をすることも大事ですが、脂質の量を考えながらバランスを見てプロテインの併用をすると太ることなく摂取することが可能になり、太ることも回避できますよ。 そして、プロテインは何に溶かして飲んでもいいので、人によっては牛乳やジュースで溶かして飲むことがあります。 決して悪いわけではありませんが、毎回となるとカロリー摂取量も増えてしまい、結果的に太る原因にもなってしまうというわけです。 最近では、水に溶かしてもおいしいプロテインが増えていますので、好みの味を見つけてお水に溶かして飲むのがいいでしょう。 筋トレの効果を上げるにはどんなプロテインがいいの? 筋トレの効果を上げるためには、筋トレ後の ダメージを受けた筋肉に素早くタンパク質が補給できるプロテインが最適です。 プロテインには、ホエイ・カゼイン・ソイと3つの種類がありますが、筋トレ後に飲むのであれば吸収の早い 『ホエイプロテイン』がおすすめ! ホエイプロテインは、プロテインの中でも 消化・吸収までのスピードが一番早いので、効果的にタンパク質の補給ができるのと、筋肉を作る元となる アミノ酸がたっぷり配合されているので、トレーニング直後に飲むにはピッタリなのです。 プロテインを飲む理由のところでも少しお話ししましたが、筋トレをすると体のエネルギーは消費され一種の 飢餓状態に陥り、 栄養を吸収しやすい状態になります。 このタイミングでホエイプロテインを飲むことで、効率よくタンパク質を吸収し、筋肉の補修を行ってくれるので筋トレ効果のUPにもつながります。 筋トレ後のプロテイン摂取は、筋肉が作られやすい トレーニング直後から30分以内にするように心がけましょう! 筋トレの効果が出やすいおすすめのプロテインは? 筋トレに最適なプロテインがホエイプロテインとお伝えしましたが、ホエイプロテインといってもすごくたくさんの種類が存在します。 ですが、男性向けのプロテインが多いので女性向けのプロテインを見つけるが大変なうえに、見つけても成分や価格の比較などを行うと、いい商品を見つけて購入するまでには時間がかかってしまうことが多いです。 HMBカルシウムとは 筋肉の合成促進と筋肉の分解抑制効果のある成分になります。 には、筋トレに欠かせない ホエイプロテインと、筋肉を効率よくつける為のサポートをしてくれる HMBカルシウムの 2つがたっぷり配合されているので、これ1つで筋トレのサポートがばっちりできます。 さらに、HMBには 筋肉痛を早く回復してくれるという嬉しい効果もあるので、久しぶりに運動する人や、がっつりトレーニングをしたい人におすすめです。 フルーツミックス味でさっぱりしているので、運動後でも飲みやすくなっていますよ。 4回目以降はいつでも解約・中断が可能です。 そんな から販売されているホエイプロテインは、ホエイプロテインの中でもトップクラスで 低価格にもかかわらず、1食当たり21gと タンパク質の含有量が多く、低糖質でヘルシーなのが特徴です。 タンパク質含有量は 80. さらに、 は 『水でおいしく、毎日飲むのが楽しくなる味』をコンセプトに作られているので、牛乳やジュースなどで溶かす必要がなく、カロリー摂取量を抑えたい人にもおすすめです。 筋トレにプロテインが欠かせな理由や、太らない為の方法、そしておすすめのプロテインをご紹介させていただきました。 プロテインは 『マッチョになる』『太る』『男性が飲むもの』などのイメージが強く、飲むのに抵抗がある女性は多いです。 ですが、実際はプロテインを飲んだだけではマッチョになることも太ることもありません。 今回お話ししたように、プロテインはタンパク質を補給するもので、筋トレなど運動の時に併用すると効果をUPしてくれる働きがあります。 ですので、周りのイメージに左右されず、プロテインのことをしっかり理解していただき、正しい方法でプロテインを摂取していただけたらと思います。

次の