つんのめる 方言。 いやどうも 意味は?茨城県の方言(茨城弁)

いやどうも 意味は?茨城県の方言(茨城弁)

つんのめる 方言

通報する前にご確認ください! Sooda! は、ご利用者様同士の助け合いによって成り立つ知識共有サービスです。 多くの方に気持ちよくこのサイトを利用していただくために、事務局からのお願いごとがあります。 世の中には色々な考え方の方がいらっしゃいます。 自分と異なった考えや不快感を感じる投稿に対して過剰に反応することはやめましょう。 利用者の方のなかには、インターネット初心者の方もいらっしゃいます。 むやみに間違いを指摘したり非難したりせず、寛大な気持ちで接しましょう。 この投稿が、「禁止事項」のどの項目に違反しているのかを教えてください。 ご連絡いただいた内容がSooda! 事務局以外の第三者に伝わることはありません。 URLを正しく入力してください。 引用元・転用元のURLを入力: 個人情報を開示するような投稿内容 プライバシーの侵害につながる投稿内容 違法・犯罪行為を誘引するような投稿内容 自殺を誘引するような投稿内容 医師法等に抵触のおそれのある投稿内容 企業等の信用を毀損したり、業務の妨害となる恐れのある投稿内容 未成年者が閲覧する事への配慮に欠ける投稿 当サイトのサービスに関する問い合わせ・苦情、事務局の運営方針に対する疑問・要望などに関する投稿内容 利用者の過剰な反応や、特定の意見の押し付けを目的とした投稿 ポイント発行目的と思われる投稿、自作自演行為 迷惑行為と判断できる投稿内容 その他、事務局が不適切と判断される投稿.

次の

なすから自慢//那須烏山市定住促進ホームページ

つんのめる 方言

栃木の方言(栃木弁) あれこれと「栃木弁」をまとめてみました。 栃木弁の特徴! 栃木弁の最大の特徴は尻上がり調のイントネーションを多用します。 ご連絡お待ちしております。 栃木弁のご紹介! 「名詞」あれこれ 栃木弁 意味 例文・備考 あんぽんたん ろくでなし、愚か者 「このあんぽんたんが~」 うら 後ろ、隣 「うら」=隣の家 「うらに立つな!」 など・・・ おにむし クワガタ虫 年配の人に多いです。 ちなみに私は言わないです おぬぐる おにぎり え?言わないけど?ホントですかね?情報求む おばんです こんばんは これ?方言? 標準語では無かったのか・・・ こないだ この前、先日 「こないだ何処さ行って来たんだ~」 ごじゃっぺ 「嘘」「冗談」「いい加減」 「ごじゃっぺ言ってんじゃねぇっぺよ!」 だいじ 大丈夫 これはメチャクチャ多用してます。 都内で使うと「おおごと」と間違われてヒヤヒヤする事があります・・・ てばたき 拍手 これこそ標準語だと思っていた・・ でれすけ あほ、馬鹿、なまけもの ちなみに・・・「この!でれすけ畜生」と言われた事がある(おお馬鹿野郎の事です) わすら いたずらする事 「おめ~ら、手わすらしてんじゃねぇ~」 とうみぎ(とうむぎ) とうもろこし そういえば・・おばあちゃんが良く言ってたな! らいさま 雷 「らいさまが来そうな天気だな」 「動詞」あれこれ 栃木弁 意味 例文・備考 あるって・・・ 歩く事 「家まであるって帰った」 いきあう・・・ 出会う事 「昔の恋人とそこでいきあっちったよ」 いご~!(いごう) 出かける事 「明日遊園地にいご~ぜ!」 いじやける イライラする事 「あの店員の態度、すげ~いじやけるよ」 いってみる 失礼する事、帰る事 「そろそろいってみます」(失礼します) うっちゃる 投げ捨てる事 「そんな汚いものうっちゃっちゃえ!」(捨てちゃえ) えんがみた ひどい目にあった事 「いや~えんがみたよ~」 おっかく 折る、割る事 「歯がおっかけちったよ!」 おっかける 追いかける事 「ドロボーをおっかける」 おわす 終わらせる事 「今日中におわすぞ!」 がめる 横取りする事 盗むという意味でも使われます。 かんます かき混ぜる事 風呂をかんます。 納豆をかんます。 など ちがかった 違っていた事 「え?ちがかった??」=「え?違うの?」となる。 ちゃぶれる つぶれる事 「メロンパンがちゃぶれちったよ!」 つっきる 横切る事 「車道をつっきるとあぶね~べ!!」 はかいく はかどる事 「いや~今日は仕事がはかいくな~」 ひく 敷く事 「そこに布団ひいてくれる?」 ぶすくれる ふてくされる事 「いつまでもぶすくれてんじゃね~よ!」 ぶっちめる 挟む事 「自動車のドアで指ぶっちめちったよ」 ぼっこれる 壊れる事 「あ!ぼっこれた・・・・!!」 むれる(むったい) 漏れる事(漏れそうな事) 「おしっこむれるぅ~」「おしっこむったいぃ~」 めっけ 見つける事 「やった~ いいもんめっけ!」 「形容詞」あれこれ 栃木弁 意味 例文・備考 あつっこい(あつっけぇ) 厚い 「この本あつっこいね!」 いんない(いんねぇ) いらない 「こんな安っぽいバックなんかいんねぇよ!」 おっかない(おっかねぇ) 怖い 「部長って怒るとおっかねぇ~」 きかない(きかねぇ) 悪ガキ 「おめ~はきかねぇなぁ」 こわい(こえぇ) 疲れた 「いや~こわいこわい」 ちんたら 遅い 「ちんたら走ってんじゃね~よ」 とうと ずっと 「とうと仕事してたのけ?」 「その他」 栃木弁 意味 例文・備考 け? ですか? 「そうだっけ?」=そうですか? っつう という 「吉田屋っつう牛丼屋があるんだっぺよ!」 べ(ぺ) ~しよう 栃木県だけでない気がするが多用してます。

次の

宮城の方言:仙台弁メモ【た行】

つんのめる 方言

概要 [ ] 伝統的には、東京市街では、上流階層が多く住んでいたではが用いられ、町人階層・労働者階層が多く住んでいたではが用いられ、周囲と異なるを形成してきた。 一方、伝統的な江戸市中を画するの外側、すなわち台地や低地の在郷などではが用いられてきた。 しかし、首都という特性から東京は人口の流動性が高く、東京出身者の郊外移住()や地方出身者の東京移住()、東京市街地の拡大による周辺農村地帯の都市化が起こった。 とりわけ後や後の時期、の時期に急激に進展し、従来の「下町」「山の手」「在郷」の違いが曖昧化した。 この現象により、東京やその周辺の方言は大きく変化した。 在来の在住者は上述の在来の各方言を用い、東京への移住者は、各々の母方言や後天的に習得した東京方言、またやを通じて習得したを用いたが、世代が変わるにつれて、郊外の住宅街を中心とする広い地域で、東京方言・西関東方言・共通語などが融合した口語方言を母方言として獲得し、もっぱらこれを用いるようになっていった。 これをの一種と捉えて首都圏方言という。 首都圏方言は従来の方言に比べ均質性が強いが、必ずしも厳密に統一されたものではなく、柔軟性に富み、さまざまな要素を取り入れて変化する。 現在、東京およびその近郊で伝統的な方言を話すのは戦前生まれが中心で、団塊世代から下の世代は、軒並み首都圏方言に取って替わられつつある。 首都圏で広まった新しい表現は「くだけた共通語のしゃべり口調」としてマスメディアを通じて日本全国に発信され、首都圏だけでなく日本各地の方言に影響を与えている。 一方で、地方出身者や郊外からの通勤通学者の増加により、首都圏方言の形成・変化には日本各地の方言が影響を与えている。 首都圏方言と共通語の違い [ ] 地域 日本語のアクセント分布図 首都圏方言は、実際にはとは違い、あくまで首都圏地域で最も使用される方言の一種であるにもかかわらず、口語的なくだけた全国共通語として扱われることが多い。 そのため、首都圏方言話者は、自分達の口語について方言であると意識しないことが一般的であり、首都圏方言を方言として扱われることに違和感を示す人も多い。 実際、首都圏方言話者にとって共通語との区別を意識しにくく、両者の切り替えが難しいことから、むしろ非首都圏方言話者の話す共通語のほうが正しく綺麗であるとされる。 非首都圏方言話者にとっては、地方から首都圏へ来て、もともと思い描いていた共通語とは違うと感じることも多い。 メディアにおいても、伝統的な関東方言や下町言葉が方言として扱われることはあっても、首都圏方言が方言として扱われることはほとんどない。 までのメディアにおいては共通語が主に使用され、首都圏方言的なアクセント・表現・語彙の使用は比較的少なかった。 しかし、よりや、、を中心に首都圏方言がふんだんに使われることが多くなり、になると、までもが首都圏方言を使用する時代になった。 そのため、他の方言とは違い、首都圏では日常的に首都圏方言特有の表現と共通語との差異を認識する機会に乏しく、あくまで共通語として全国的に通じる表現であると思っている場合が非常に多い。 さらに、首都圏で広まりを見せる新たな表現や発音などが、方言としてではなく日本語そのものの変化や乱れとしてメディアなどに取り上げられ全国的に伝播された結果、首都圏限定だった言葉の変化が全国的に広まり、共通語の口語体となってしまうことが多いことでその傾向に拍車をかけている。 首都圏方言は、日本語の新方言の中で最も有力かつ勢力の強いものであり、在京メディアを通じて、全国各地の方言に強い影響を与えている。 文化面・経済面で東京志向が強かったり、地元の方言への愛着が薄かったりする地域(方言コンプレックスの強い地域)、特に右図の日本語の方言分布図で示した・の地域の都市部を中心に特に語彙・表現面では在来の方言を駆逐する勢いで若年層に首都圏方言が広まっている地域も少なくなく、地域方言の保存という観点から見ると問題となっているが、面では中輪である首都圏方言との違いが比較的残ることも多い。 従来東京の文化的影響を受けにくいとされてきたにおいても、首都圏方言の影響が見られないわけではないものの(も参照)、北日本、東日本と比べると首都圏方言への憧れは小さく、地域方言への愛着も根強いため、影響はそれほど大きくない。 当然のことながら、右図で示したアクセント分布図で見ると地域(特に)は首都圏方言の影響力は小さい一方、地域では影響を受けやすくなっている。 音韻 [ ] 発音 [ ] 音素体系は、共通語のそれにほぼ準ずる。 子音行におけるイ段とウ段の混同(拗音の直音化。 例:芸術(ゲージツ))も、在来の東京方言ほど顕著ではないが、見られないわけではない。 音声に関しては、ほぼまたはに準じており、イ段ウ段の母音の中舌化・濁音子音の鼻音化などやと共通する要素は、全く見られない。 母音のは西関東方言に準じて広く見られる。 「たけえ(高い)」「すげえ(凄い)」「行かねえ(行かない)」など。 ただし一部の語においては、下町方言(江戸言葉)のような連母音融合が行われないものもある。 首都圏方言の中でも、促音化が優勢な地域(例:「すっから(するから)」)と、撥音を好む地域(例:「すんから(するから)」)があり、基層となっている西関東方言の地域性の反映と思われる。 東京方言が持っていたガ行に関する複雑な条件異音としての使い分けは、世代を追うごとに著しく衰退し、若年層では鼻濁音の使い分けに関する規範がほぼ失われている。 一方、埼玉弁や群馬弁には元からガ行鼻濁音が存在しない。 語中の撥音が母音化する傾向がある。 音調 [ ] アクセント [ ] アクセント体系としては、中輪であり、体系上の地位については東京方言、西関東方言を完全に引き継いでいる。 これほどの各地との人口移動にも関わらず、一般に方言アクセント分類のメルクマールとされる2拍名詞について、保守的な中輪東京式(1類 低高(高)/2・3類 低高(低)/4・5類 高低(低))の所属にも具体的型にも混乱は見られない。 ただし、東京方言、首都圏方言のいずれも、にわずかながら平板型が見られる。 また、いくつかの目立つ特徴があり、とりわけ他地域の方言話者に「共通語との違い」として言及されることが多い。 外来語等の平板型アクセントは、西関東方言や共通語アクセントに内在する法則である。 外来語アクセントについては、外国語のアクセント(特に英語の強弱アクセント)を、高低アクセントのアクセント核として翻訳して取り入れる傾向が存在すると主張する説もある。 用言アクセントについて、一般的に単純化の傾向がある。 かつて、特に形容詞アクセントについて、連用形アクセントを皮切りに、平板型に統合されつつあると主張されていたが、現在ではむしろ起伏型に統合される傾向であると主張する説もある。 3拍の起伏型形容詞連用形のアクセントが、中高型になる傾向が広まっている。 の影響も考えられるが、単にアクセント核の活用による移動がなくなっただけとする説もある。 特に若年層では疑問文において、「…ない?」のアクセントが尻上がりになる傾向がみられる。 (例)高くない? 「二十・三十・四十・九十」などに「円・年・人・枚」が続く時、東京方言では頭高型に発音するが、首都圏方言では中高型に発音する。 起伏型の動詞がはじめに来る複合動詞は、東京方言では平板型に発音するが、首都圏方言では中高型に発音する。 「こうるさい」「なまやさしい」など強調の接頭語が付いた語は、東京方言では頭高型に発音するものがあるが、首都圏方言では中高型で発音する。 左が共通語のアクセント、右が近年首都圏で見られるアクセント。 近年は衰退傾向にある。 文法・語法 [ ] 文法は、基本的には東京方言または共通語のそれを引き継いでいる。 「だ/や・じゃ」「ない/ぬ」「いる/おる」「く(形容詞連用形)/う」「買った/買うた」などの東西対立要素は、すべて西関東方言、東京方言に準ずる。 東北方言に広く使われる「さ(方向の格助詞)」などは全く使われない。 意志表現については、東京方言または共通語を引き継いで、「う・よう」が使われている。 首都圏以外の東日本では一般的に使われる「べえ(べ)」は全く使われない。 敬語法は、東京山手方言や古風な共通語と比較すると著しく衰退している。 首都圏方言で「敬語」といえば、助動詞「です」「ます」を用いた丁寧表現()のことであり、対立表現は「ため口」()である。 「お…になる」「…らす」「なさる」「くださる」「いらっしゃる」などの山の手方言の複雑な尊敬語が使われることは少なくなりつつある。 「うけたまわる」「申し上げる」「拝見する」などのも使われないわけではないが衰退傾向にあり、「おります」を謙譲語として用いることは極めて少なく、事実上「おる」を追放して東日本方言標準の「いる」専用地域となっている。 ただ、「です」だけは非常に勢力が強く、社会生活上極めて頻繁に用いられている。 また、「形容詞+です」の形が、過去形(「…かった+です」)も含めて広く認められ、ほぼ万能の地位を獲得しており、「おはようございます」などの慣用表現以外で「ございます」などが使われることは皆無である。 さらに最近では、「…ません」に代わって、「…ないです」となる傾向が広まってきている。 首都圏方言はを多用する特徴がある。 ちがかった - 五段活用動詞「違う」の形容詞活用化。 栃木・福島県の方言から。 うざったい - 「鬱陶しい」を意味する形容詞。 略して「うざい」とも。 多摩地方の方言から。 ちっけった - 「」のこと。 みたく - 「みたい(だ)」を形容詞のように活用させたもの。 北関東の方言から。 きれくない - 形容動詞「きれい(だ)」の語幹末尾「い」を形容詞活用語尾と混同しての形容詞活用化。 これは実際には「きれいくない?」と言っているところかもしれない。 そうすると単に、名詞(形容動詞語幹)「きれい」に形容詞の活用語尾「く」を付けただけであるといえる。 ぴんた - 「びんた」の転。 よこはいり - 「割り込み」のこと。 ら抜き言葉 - 大正時代からある表現だが、戦後になって使用が拡大している。 … する よか - 〜するしか、〜よりも。 北関東の方言から。 こちとら - 一人称。 われわれ。 青たん - 青あざ。 北海道方言由来。 かたす - 片づける。 かったるい - 身体が疲れてだるい。 北海道方言から。 くっちゃべる - 無駄なおしゃべりを続ける。 北海道方言から。 だべる - 無駄話をする。 駄弁の動詞化。 つんのめる - 倒れそうになるほど体が前に傾く。 茨城弁から。 …した時ある - 「…したことある」の意味。 東北地方の方言から。 多いい - 「多い」の転訛。 アクセントも標準語とは異なり、標準語の「多い」では おおい もしくは お おい と発音する NHKアクセント辞典では前者を推奨 が、首都圏方言の「多いい」では お おいい と発音する。 東京方言では「してしまった」を「しちまった」や「しちゃった」と変形させるが、北関東の方言の影響から、「しちった」という表現が新たに使われ出している。 なお「しちまった」や「しちゃった」も明治時代に東京近郊の方言から取り入れられた表現である。 (・あるいは)で発生し、多摩地方や神奈川県を経由して取り入れられた「じゃん」が有名である。 東京都内より方面で先に広まったことから、これを「横浜弁」と認識している者が多いが、現実には横浜の伝統的な方言でも、横浜発祥の新方言でもない。 「違い」形容詞的活用は、終止形「ちげー」として用いられる場合もある(特に「よ」が付く場合に顕著:「ちげーよ」)。 この場合、「ちげー」は完全な形容詞平板型アクセントを獲得しており、形容詞の型の弁別は失われていない。 新しい表現が広まる一方で、「おっこちる・おっことす(=落ちる・落とす)」「のっかる・のっける(=のる・のせる)」「ぶっとばす(=なぐりとばす)」「おっかける(=追いかける)」「ぶんなぐる(殴る)」など、動詞の前に促音や撥音を含む接頭語を挿入する現象や、「かたす(=片づける)」などの伝統的な方言の表現が若年層に継承されている例もある。 若者の話し言葉では、くだけた感じや親密な感じを出すために他地方の方言(特に「」のイメージが定着している)を意図的に混ぜることがある。 2005年頃には、東京の女子高生を中心に日本各地の方言をメールなどに織り交ぜることが流行した(方言のおもちゃ化・アクセサリー化)。 また近年の接客業でよく使われる「よろしかったですか」などのいわゆる(コンビニ敬語)は、などの影響を受けているとの指摘がある。 脚注 [ ]• 平山、秋永ほか(2007年) 参考文献 [ ]• 『日本のことばシリーズ13 東京都のことば』、ほか編集、ほか執筆、、2007年。 『東京ことば』、読売新聞社会部、、1988年。 外部リンク [ ]• () 関連項目 [ ]• - ロンドン東部のいわば新方言として、英国の事実上の新しい共通語となりつつあるもの• - 首都圏方言と成立の経緯が似ている京阪神の新方言• - 薩隅方言話者が共通語を習得した際に生まれた「鹿児島訛りの共通語」• - 沖縄県の新方言• - 首都圏方言をベースにしている若年女性の言語。 「渋谷弁」とも。

次の