引退 vtuber。 VTuberが引退や休止する本当の理由や原因は?

VTuberが引退や休止する本当の理由や原因は?

引退 vtuber

はじめに 前回の記事「」は、好評をいただきnote編集部おすすめ記事に認定されました。 この記事で述べたとおり、これからの時代は 1企業が1VTuberを抱える時代となることが予想されます。 VTuberに関わる仕事が加速的に増えていく時代において、企業の 所属VTuberへのマネジメント能力は重要な役割を占めることになります。 2019年5月21日、人気バーチャルYouTuberグループ、ハニーストラップの蒼月エリさんがVTuberの引退を発表しました。 彼女はYouTubeに6万人を超えるファンを持っており、 彼女の引退は、個人VTuberの引退とは訳が違います。 人気の企業所属VTuberで、順風満帆に見えていた彼女の突然の引退は、VTuber業界全体に衝撃をもたらしました。 私はこの出来事を「引退は悲しいけれど個人的事情だから仕方が無い」で済ませてしまってはいけないと考えました。 確かに個人的要因が大きいのは確かですが、 彼女の引退は今後のVTuber全体に関わる問題も内包しているからです。 この記事では、彼女を引退に至らしめた外的要因を考察し、企業による所属VTuberへの適切なマネジメント方法を提案していきます。 引退で企業が受ける損失 VTuberに詳しくない方は、「引退の何が問題なの?」と思われるかもしれません。 しかし、企業からすれば、 所属VTuberの引退は、大きなダメージとなるのです。 まず、金銭的な額でいえば、およそ数千万円以上の損失をもたらすでしょう。 VTuberはアニメキャラクターと違い、 演者個人のアイデンティティに依存する性質を持ちます。 そのため、引退したからといって、引退者のモデルを別の演者で使い回すわけにはいきません。 結果として企業は、それまで投資していたグッズ、衣装、2D3Dモデル、YouTubeの登録者とアーカイブ、Twitterのフォロワー等、全てを手放すことになるのです。 これら全てにつぎ込まれた労力と金銭、そして未来に生み出されるはずだった収益を考えれば、手塩にかけて育てたVTuberの引退が企業にどれほどのダメージを与えるかは計り知れません。 所属VTuberの引退によるデメリットは金銭だけではありません。 引退は、自社が抱える親交の深い他のVTuberにも精神的なダメージを与えます。 そして精神的ダメージは、多くの時間とお金をつぎ込み応援していたファンたちも同様です。 同じ企業で引退者が続出するようであれば、「演者への管理体制はどうなっているんだ?」と企業の信頼度低下にも繋がってしまいます。 現在の企業の対策 VTuberグループを持つ企業の多くは、所属VTuberが引退した際のダメージを減らすために、複数の戦略をとっています。 その一つが「 一定の結果に応じて投資額を増やす」というものです。 例えば、YouTubeの登録者が5万人を突破すれば新衣装制作、10万人を突破すれば3Dモデル制作という具合です。 いちから株式会社が運営する「にじさんじ」は、上記の戦略に「 少額で多くの演者を雇い入れる」という戦略を組み合わせています。 これにより、所属VTuberの引退によって企業が受けるダメージを軽減しているのです。 しかし、これらの戦略は引退によるダメージは軽減できますが、引退を食い止めるための策にはなり得ません。 優良企業でも引退者は出る 所属VTuberの引退は、企業が演者をないがしろにしているからというわけではありません。 例えば、蒼月エリさんの所属していた「ハニーストラップ」や、「にじさんじ」の運営企業は、ファンの間では優良企業として認識されています。 どちらも企業の人間がキャラクターとなり、Twitterでファンとの交流を図るほどです。 また、所属するVTuberたちが、配信内で「自由度が高くいい職場である」と発言しているのをしばしば耳にします。 例えばハニーストラップの周防パトラさんは、配信やTwitterでと運営企業に感謝を述べています。 しかし、ファンと演者を大切にしているはずのこれらの企業でさえ、既に複数の引退者を出してしまっています。 では、なぜVTuberは引退してしまうのでしょうか? 人が職を変える条件 企業所属のVTuberの引退とは、言い換えれば退職や転職と同義です。 病気で働けなくなったなど、どうしようもない要因を除けば、 人間が職を移す原因は「職務満足度の低下」によるものがほとんどです。 蒼月エリさんは引退理由を「他にやりたいことができたから」と語っていました。 これはVTuberとしての職務満足度が低下しており、新しい環境のほうが魅力的に映ったからと言えるでしょう。 行動経済学では、人間は「」というものを持っており、本能的に変化を嫌う性質を持っています。 職務満足度が高い状態であるならば、「職を変える」という決断には至りにくいのです。 職務満足度については、アメリカの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグが提唱したというものがあります。 この理論は、 仕事における満足と不満足に関わる要因は別であるというものです。 満足度は「達成」「承認」「責任」「昇進」などの要因で上昇することが明らかになっています。 他方で、 不満足は「給与」「対人関係」「作業条件」などに関係します。 ここで重要なことは、 不満足に関わる要因を満たしたからといって、満足度が上昇するわけではないということです。 例えば、「給与を上げる」というだけでは、満足度は高まらず、他の要因が満たされていなければ労働者は職を離れる危険性があるのです。 VTuberならば、蒼月エリさんのように、グループ内の「対人関係」がいくら良好であっても、それは不満足をもたらさないだけであって、職務満足度の上昇には繋がらないのです。 私は、 企業VTuberの引退は、これらの様々な要因が複合して起きる職務満足度の低下が原因であると考えています。 企業は全ての要因を考慮してVTuberのマネジメントをすることが求められるでしょう。 最も危険な要因は「作業条件」 この記事で、VTuberの職務満足度に関わる要素を一つ一つの分析していてはきりがありません。 そこで私が考える、最もVTuberの職務満足度を引き下げる要因の一つを紹介します。 それは、不満足に関わる要因の一つである「作業条件」です。 つまり、 「やりたいことができない環境」では労働者は少なくない不満を覚えるのです。 YouTubeは「好きなことで、生きていく」を謳っているはずです。 では、「やりたいことができない」とはどういうことでしょうか? YouTubeは規約で動画内容に制限をかけています。 そのため、 自由に自己表現ができないパターンが存在するのです。 蒼月エリさんの場合、 彼女は自由に歌や演奏ができる環境を失っていたのです。 彼女は、引退の約2ヶ月前にYouTubeの収益化が無効になるという事態に陥っていました。 YouTubeは、楽曲関連の著作権が特に厳しいことで有名です。 収益化停止の原因は、おそらく配信内で使用した楽曲の一部が著作権を侵害したためと推測されています。 仮に再度収益化申請が通ったとしても、これからは歌配信のたびに収益化を停止されるリスクがつきまといます。 彼女は歌を愛し、世界に自分の歌声を届けることを理想としていました。 私は、YouTubeの規制が彼女の夢への足かせとなってしまったのではないかと考えています。 上記は私の予想に過ぎませんが、実際にYouTubeの規制が企業VTuberの引退をもたらした例は存在します。 このように、 「やりたいことができない環境」は、VTuberを引退に追い込むまで 不満足を 増大させてしまう可能性を持つのです。 収益化停止は深刻なダメージを与える 蒼月エリさんの「やりたいことができない環境」が目に見える形に現れたのは、YouTubeの収益化停止事件からです。 YouTubeの収益化停止は動画クリエイターたちのメンタルに深刻なダメージを与えると推測されます。 行動経済学者のダン・アリエリーは「 」と述べています。 彼は実験でこの人間の性質を明らかにしました。 彼は被験者を2グループに分け、レゴブロックでロボットを作るたびに報酬がもらえるアルバイトを持ちかけました。 1つ目のグループは完成したロボットを並べていきます。 2つ目のグループは完成したロボットをその場でバラバラにされます。 出典:TED 結果、2つ目のグループは1つ目のグループよりもロボットを作る個数が少なくなったのです。 これは、レゴブロックが大好きな被験者であっても同様でした。 この実験は、 好きな仕事をやっていたとしても、無駄な作業はモチベーションを大きく低下させることを明らかにしました。 この実験をYouTubeに当てはめてみましょう。 YouTuberやVTuberが生産しているものは「動画」です。 彼らは、視聴者が動画を見ることで広告収入、投げ銭、月額のメンバーシップ料を得ることができます。 しかし、収益化が停止されると動画をいくら生産しても収益は生まれません。 これにより、 クリエイターは自分の仕事を「無駄なもの」と認識し、引退を決断するほどモチベーションが低下させる恐れがあるのです。 直近の例としては、登録者が14万人を超える動画クリエイターのベイレーンさんも、YouTubeに収益化を剥奪されて引退を発表していました。 結論として、企業は、所属クリエイターが収益化を停止された場合、 迅速なメンタルケアとモチベーションを回復させるための施策を打つ必要があるのです。 企業の具体的対策とは? では、企業は所属VTuberを引退させないために、具体的にどのような対策を取ればいいのでしょうか? まず、YouTubeの規制対策は、 YouTube以外のプラットフォームの活用が考えられます。 YouTubeではAIの自動判定で規約に違反していないかを判断しています。 そのため、例えば既存の楽曲やASMRのスライム音などは、実際には規約に違反していなくとも、誤判定でアカウントが停止されたり、収益化を剥奪される危険性があるのです。 「」「」「」「」など、配信媒体はいくらでも存在します。 演者がYouTubeで扱うには危険なコンテンツを望んでいる場合は、YouTube以外で配信すればいいのです。 これにより、演者の職務満足度の低下を防ぐことができるでしょう。 加えて、依存するプラットフォームを分けることは企業のリスクヘッジにも繋がります。 次に、突発的な収益化剥奪への予防には、 動画以外の収益モデルの構築が有効でしょう。 演者の仕事に複数の意味を持たせることで、仕事のモチベーションを維持させることができます。 収益モデルの例は、グッズ、ボイス、歌の販売。 オフラインやVR空間内での有料イベントなどが挙げられます。 最後に、私は VTuberの職務満足度を上げるにはオフラインで大勢のファンと交流するイベントが効果的であると考えます。 VTuberは直接ファンと声を交わす機会がほとんどありません。 例えば、蒼月エリさんの同僚である、宇森ひなこさんや宗谷いちかさんは、に、「リスナーさんって生きてたんだ……」と発言していました。 彼女たちは、半年以上Twitterや配信のコメントでファンとコミュニケーションを取っているのにも関わらず、実際に「人間」が応援している実感が沸かなかったそうです。 この例から、 数万人のファンを抱えていても、数字や文字だけでは実感がわきにくいということが伺えます。 つまり、VTuberに仕事の成果を感じさせるためには、 臨場感のあるフィードバックが必要なのです。 文字数の関係で詳細は割愛しますが、私は、因幡はねるさんが行った「」のような形態が理想であると考えています。 おわりに バーチャルYouTuberは自己表現のためのツールに過ぎません。 「VTuberになる」がゴールでは無く、「 VTuberになって自分は何をしたいのか?」が最も大切となるのです。 これはVTuberだけでなく、全ての仕事に共通するものでしょう。 企業は、「どうすれば社員の職務満足度を上げることができるのか?」を常に考え続ける必要があります。 それを怠ると有能な社員を手放すことになりかねません。 VTuberが楽しく活動できる環境作りは、演者だけでなく企業やファンにも大きなメリットをもたらします。 企業は「演者が本当は何をしたいのか?」をヒアリングし、「演者が自己表現を実現できる環境を整えること」が求められるのです。 VTuberは最新の職業であり、前例に習うことができないため、適切なマネジメントを体系化することは一筋縄ではいかないでしょう。 この記事が、少しでもVTuberの労働環境の改善に役立ち、今後のVTuberの発展に貢献することができれば幸いです。

次の

VTuberの引退&理由10選まとめ

引退 vtuber

ハニーストラップというVtuberユニットに所属する「蒼月エリ」という動画配信者が引退しました。 蒼月エリがVtuberを引退する理由は明言されることはありませんでしたが、新しい道に進むことを決めたようです。 ハニストメンバーも涙ながらに受け入れ、応援されながら最後の配信を向かえました。 感極まったハニストメンバーからのお別れの言葉に、胸を打たれた視聴者が多かったのではないでしょうか。 約9400人ほどが同時視聴し、蒼月エリの新しい門出とお別れの配信にコメントを残しました。 ハニーストラップ所属、蒼月エリというVtuberの引退からVtuberの活動終了とリスナーの気持ちに関して考えてみたいと思います。 リスナーの一人として蒼月エリさんともう会うことは出来ませんが、蒼月エリさんが新しい道で成功することを切に願います。 ・ 目次• ハニーストラップの蒼月エリが突然引退を発表 2018年5月21日でVtuberユニット「ハニーストラップ」所属の蒼月エリが、約10か月間の活動を終えてVtuberを引退しました。 引退の発表は突然の事でTwitterにて発表され、他のハニストメンバーの配信予定も急遽中止となってしまいました。 リスナー側も寝耳に水であり、引退発表される前まで普通に配信は行われていたため衝撃が走った形です。 私もその一人。 新衣装も引退発表の3週間くらい前にお披露目され、これからますますハニストが活躍していくことを疑わなかったため本当にビックリしました。 まさか年末のVtuberイベント、カウント0で歌を歌い活躍した一人である蒼月エリが引退するなんて思ってもみませんでした。 2019年はハニストの年が来ると思っていましたが、ハニストの歌姫が抜けてしまって今後どうなるのだろう? もともと蒼月エリというVtuberは、歌が大好きで弾き語りや歌練習の動画配信が多いVtuberでした。 しかしYouTubeは著作権にうるさく、規定に引っかかってしまうと広告配信がはがされてしまうという事態になります。 蒼月エリも突然広告がはがされて嘆いていました。 これも引退の一つの要因でしょうか? 大好きな歌を歌えば広告がはがされ、Vtuberでは好きなことが出来ない。 多くのVtuberはゲーム配信をすることでチャンネル登録者を稼ぐ手法をとっているが、どうも蒼月エリはゲームに興味関心が薄い様子。 マインクラフトにも最後の方まであまり手を付けていませんでした。 引退発表の1か月前くらいからマイクラの楽しさに目覚めたらしく、よく動画配信を行っていました。 Vtuberとしての新しい方向性を模索していたのでしょうか?だが、ゲーム配信にはそれほど力を入れていなかったように感じました。 マリオカート8をハニーストラップメンバーで争うハニスト杯でも圧倒的最下位。 興味はそれほどないが、ハニーストラップのメンバーの一人としてハニストを盛り上げようと頑張っていたのだろうと思います。 壺(ゲーム)は良かった。 蒼月エリというVtuberの弾き語り練習動画など、歌が好きなことが伝わってくる配信は本当に楽しそうなのでアーカイブが見れるうちに見ておくと蒼月エリとはどんな存在だったのかがわかるでしょう。 蒼月エリの引退配信は本当にいいものでした。 中でもミコちゃんが泣きながらも振り絞った言葉には蒼月エリへの思いがこもっていました。 他のハニストメンバーの言葉にも胸に響くものがありました。 淡々と引退配信を進めていこうとしていた蒼月エリも最後の方には感極まって涙声になっていました。 本当にハニーストラップは良いメンバーだったのだなとしみじみ感じました。 蒼月エリ引退で考えるVtuber活動の終わり Vtuberは永遠には稼げない。 いずれ終わりが訪れる。 Vtuberというキャラクターの後ろにはそれを演じる人がいます。 その人にも人生があり、夢や目標があり、Vtuberとしてそれらが達成できなければ引退を選択していくことでしょう。 今回たまたま、よく動画配信を見ていたVtuberが引退する瞬間に立ち合いましたが、いずれ多くのVtuberも同じように引退していくことでしょう。 どんな面白いことにも終わりがあります。 2018年の年末に行われたカウント0。 その出演が終わった後、周防パトラと蒼月エリは一緒に年越しそばを食べながら年越し配信をしていたのが、ついこの間のよう。 まさかこんなに早く引退してしまうなんて思いもしませんでした。 Vtuberが引退してしまうとリスナーはもう、そのVtuberと会うことは出来ません。 さらにアーカイブの動画も消されてしまうと、どんなキャラクターだったのかを振り返るのも難しくなります。 Vtuberの中の人(魂)がどんな人なのかはリスナーは分からず、Vtuberが引退してしまえば関係性はそこで終了。 中の人(魂)が何をやっていてもリスナー側に知るすべはありませんし、例え分かったとしてもその人はもうVtuberではないのです。 つまり、蒼月エリの魂がどこかで活躍していて、元リスナーがそれに気づいても、もはや別の人が活躍しているだけ。 それは蒼月エリではない別人ということです。 リスナー側としては引退したVtuberが何をやっているのか気になるところですが、詮索は無粋でしょう。 ただ、別の道で活躍していることを切に願うだけです。 寂しいことですがVtuberの裏側を知らないリスナーは、Vtuberが引退したらそこでお別れです。 動画も消されてしまえば、Vtuberというキャラクターの存在も徐々に忘れ去られていきます。 さながら死に別れのような状態と言えます。 キャラクター設定だけでなく、中の魂と連動しているVtuberだからこそ、魂が引退してしまえばキャラクターも消えるしかありません。 アニメのキャラクターのように、中の人(声優)を変えればキャラクターが存続するわけではない。 Vtuberというキャラクターは、寿命が短い定めなのではないでしょうか? Vtuberとアニメ・漫画のキャラクターの違い アニメや漫画、ゲームのキャラクターは性格などの設定が事前に決まっています。 ストーリーが進んでいく中で成長したり考え方が変化したりはありますが、声をあてている声優に影響されキャラクター性が変わることはまれでしょう。 それ故に、現実に存在する中の人がどうなろうがキャラクターは存続します。 アニメのサザエさんやドラえもんなどがいい例ではないでしょうか。 アニメ・漫画・ゲームに登場するキャラクター達は不死といっても過言ではないでしょう。 声をあてる中身が変わろうともキャラクターは存続します。 原作漫画、小説、アニメBD、ゲームがこの世界に残り、もう一度キャラクターに会いたければそれらを手に取ればまた会えます。 それこそ名作は、何年たっても色あせない作品として世の中に残り、ファンを楽しませてくれます。 数年後にリメイクされたり、新作が発表されたりもあるでしょう。 Vtuberというキャラクターはどうでしょうか? Vtuberの魅力はキャラクターのガワではなく、それを演じる中身に重きが置かれているように感じます。 リスナーも二次元のガワを眺めつつも、その奥に存在する魂の方を見ているのではないでしょうか。 そのため、Vtuberを演じる中の人(魂)がいなくなってしまうと、キャラクター自身の魅力も無くなってしまいます。 もし、あなたが押しているVtuberが引退したら何が残りますか? アーカイブが消されてしまえば押していたVtuberをもう一度、目にすることはできなくなります。 残った二次元のガワを使ってストーリーを新たに作ろうとも、魂がいなくなってしまえばただの絵や3Dモデルでしかありません。 Vtuberとは演じている中の人(魂)の魅力に裏打ちされた存在。 アニメのキャラクターのように声優を変えて存続させることは出来ません。 そのため、自分が好きだったVtuberが引退してしまうとレスがおこり、二度と会うことが出来ない寂しさを感じることになります。 好きなVtuberが引退した後のリスナーの気持ち Vtuberを好きで追っていても、引退した後はリスナーとの関係性は完全になくなってしまいます。 引退後にどうなったのかも、リスナーが知ることは出来ません。 アニメの声優のように名前を出すわけでなく、Vtuberは匿名でキャラクターを演じているため、Vtuberは何者が演じているのか分からないまま終わってしまいます。 それがVtuber側の利点であり、プライベートとネット配信を分けられるからこそ出せる素の魅力もあるのでしょう。 Vtuberのいい点でもありますが、リスナーとしては引退後になんの音さたもない状態はさみしいものです。 さらにアーカイブも消えてしまうと「あの動画をもう一度見たい!」と思っても、もう見れません。 アニメのBDのようにこの世に残るわけでなく、動画データをyoutubeで見るしかないVtuberは、消えてしまうと懐かしむことさえ難しくなります。 本当に好きなVtuberの動画は保存しておくしか、リスナーが出来ることは無いのかもしれません。 まとめ ハニーストラップ、蒼月エリの引退配信は本当に胸に来るものがある素晴らしいものでした。 リアルタイムで視聴できてよかった。 最後の最後でYouTubeは引退配信動画を「著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています。 」とブロックされていてアーカイブが見れなくなっている。 歌を歌ったせいかな? YouTubeは空気読んでいただきたいものです。 蒼月エリ引退で考えるVtuber活動の終わりとリスナーの気持ちに関して、自分の考えをつらつらとまとめてみました。 いざ、引退に直面すると何だか妙な喪失感があるものなのですね。 蒼月エリの歌声はとても澄んだ音色で、物悲しい曲を歌えば聞き入らずにはいられないものでした。 今後の蒼月エリの中の人(魂)が、思い描く道を進めることを応援しましょう。 おつはに。

次の

[ハニスト]蒼月エリ引退で考えるVtuber活動の終わりとリスナーの気持ち │ ねるぺんの夢

引退 vtuber

957字 答えは簡単です。 引退配信で説明しています。 ところがどっこい、今やそのを見ることは叶いません。 引退後一定期間を経たのち、稲荷くろむのチャンネルにある全ての と1つの動画 は、非公開に もしくは削除 されました。 理由は不明です。 中の人と契約が切れた状態で、広告収入を得ることを是としなかったのかもしれません。 あるいは全く別の理由。 ここらへんは一旦放置しましょう。 本人の述べた引退理由は、非常にざっくり言えば。 もちろん、たいていの物事には複数の要因が絡み合いますから、他にも原因はあったでしょうが、私はこれがベストアンサー、かつファイナルアンサーだと思います。 ところで、そういったこととは関係なく、稲荷くろむの引退は予測し得た事態だったのではないかと最近思うようになったのです。 あにまーれは、中の人を公募ではなく、スカウトによって集めて作られました。 ここの運営のスタイルや戦略はかなり興味深いのですが、今詳細に踏み入ることは控えます。 さて、稲荷くろむの初配信を思い出してください。 …思い出しましたか? 他のあにまーれメンバーは、配信者としてのキャリアがある人材を使っています。 一方、稲荷くろむの中の人は、配信者としての経験がほぼありませんでした。 これはかなり特殊です。 スカウトであればなおのこと。 実際、自身が配信をすることはあまりなく、別の人の動画や配信にチームメイトとして登場することがほとんどでした。 当初、運営から打診があったのは別の人だったのではないでしょうか。 そこから紆余曲折を経て、稲荷くろむというが誕生した、と。 として、別個のキャターを作り上げて演じるというのは、たとえどんなに当人と似通ったものであれ あるいは、似通っているほど 負荷のかかる行為です。 に限らず、芸能人、、サラリーマンさえ。 たいていは、その負荷を心のうちで整理し、解きほぐした状態で挑むのですが、まれにそうでない場合もあります。 つまり稲荷くろむとは、そもそも奇跡であり、偶然の産物だったのだと個人的には理解しています。 そしていつか、諸々の障害をなぎ倒して、止むに止まれず誕生するであろう新たな稲荷くろむを、ひっそりと待っています。 thinkaboutvtuber.

次の