コストコ 豚 肩 ロース。 コストコの三元豚肩ロース焼肉用(カナダ産)が美味い。

コストコの豚肉(肩ロース)かたまりの切り方講座【精肉スタッフ協力】

コストコ 豚 肩 ロース

コストコ三元豚肩ロース真空パックが美味しい! カナダ産豚肉 三元豚肩ロース真空パック 容量:2. 05kg 価格:1,619円( 100gあたり79円) まず驚いたのがその価格!三元豚肩ロース肉が 100gあたり79円!!! もう、びっくり! 激安スーパーでも100gあたり79円の豚肉は最近お目にかかりませんよね。 やっぱりコストコはすごいな〜!と実感した節子です。 安いのにも驚いたのですが、見たところなんだかとっても良さ気なお肉に見えたんです。 サシが入っている部位もたくさん入っているような・・・。 迷わずカートイン。 買ってよかった〜!と大絶賛のお肉だと判明しました。 その後三元豚スペアリブ真空パックのお肉も購入したのですが美味しかったです!! コストコの三元豚肩ロースは文句なく美味しい! ジャーン! これが買ってきたコストコ三元豚肩ロースの切り身です。 すっごくいい感じでしょ!? まずは塩胡椒をしてステーキっぽくして食べてみたんですが 「すっごく美味しい!!!」 家族全員で取り合うようにして食べ、あっという間にあの巨大な豚肉の塊を半分近く焼いて食べてしまいました。 それぐらい美味しいお肉だったということ。 カナダ産のお肉なんですが、一度も冷凍させてい無いチルド真空パックのお肉なんですよ。 なので、とっても柔らかくて新鮮。 豚肉の臭みも全くなく、フレッシュな感じがしてとても美味しい! うちの4歳の娘は硬いお肉は飲み込めなくていつも口から出してしまうのですが、コストコの三元豚肩ロースはステーキにしてあげたらバクバクと食べまくっていました! それくらい柔らかくて美味しいお肉でした! コストコの塊り肉はスライスして冷凍保存しよう! コストコの塊り肉はあ一回で食べきることはでき無いのでやはりスライスして冷凍保存するのがいいです。 写真のように使いやすい大きさでカットして1枚ずつラップで包んでから大き目のジップロックの袋に入れて冷凍します。 そうすると、必要な時に必要な分だけ解凍して使えるのでものすごく便利! こうやってコストコで買った塊り肉を何種類か冷凍庫に在庫しておくといちいちスーパーでお肉を買う必要がないので節約にもなるし、忙しい主婦のパパッと料理にとても便利です。 私は子供達が夏休み真っ最中なのでコストコで買ってきた塊り肉を少しずつ解凍してお昼ご飯にチャーハンにしたり、夜ご飯にカレーにしたり、塩胡椒して普通に焼いて食べたりと、バリエーションを楽しみながら料理しています。 コストコの塊り肉を冷凍庫にストックするととっても便利! コストコで売っているカナダ産のお肉ってどうなの? スーパーなどで売っているお肉はアメリカ産、オーストラリア産などは見かけますがカナダ産ってあまり見かけ無い気がしませんか? 実は近年カナダ産の輸入豚肉の流通が増えてきているのだそうです。 カナダでも三元豚と言われる ランドレース種と ヨークシャー種に デュロック種を掛け合わせた「三元豚」が日本と同じなんだそうです。 飼育環境も日本と酷似しており、そのお肉の品質は日本国内と同じく良質な豚肉が育てられれているんだとか。 なるほど美味しいわけです。 カナダの気候と、広大な土地が養豚に適していることから、カナダでは養豚業にとても力を入れており、生産される豚肉の65%が輸入されているという事実があります。 養豚業に力を入れた結果、とても美味しい豚肉が安く流通される結果となったわけですね。 品質が良く、価格が安いカナダ産の豚肉は今後も注目されること間違いなし!!.

次の

豚肉 ロースと肩ロースと肩の違い|料理日和

コストコ 豚 肩 ロース

もくじ• コストコのカナダ産三元豚肩ロース真空パックの特徴 今回購入したカナダ産の三元豚肩ロース真空パックがこれです。 小さいのを選んだんですが、それでも1. 44kg。 なんと100グラムあたりの単価は、税込み84円とかなりお買い得です。 これは安いです。 裏面のラベルには用途が書かれていますね。 バーベキュー、カツ、焼肉、トンテキなどと書かれています。 これだけの肉塊ですから、調理次第で何にでも使えますね。 断面も適度に脂が乗っていて美味しそうです。 肩ロースは適度に内部に脂が入っていて、コスケは豚肉の中では好きな部位の一つ。 薄切りのものなら炒め物にもいいですし、これだけ厚いとステーキが良いかな〜 トンカツはちょっと脂が多くなってしつこくなりそうですが。 脂多めでしっかり食べたいときは肩ロース、さっぱり食べたいときや、揚げるときは脂の少ないロースが良いのかなと思います。 コストコのカナダ産豚肉は安全安心らしい 外国産の肉でコスケが心配なのは成長ホルモン剤です。 家畜を大きくするために打つ薬で、これが食肉の状態でも残っていて体に悪い影響を与えるとか言われています。 日本産の肉には自主規制されていて使われていませんし、EUでは使用禁止です。 アメリカ産の肉には入っているようなので、コスケは食べません。 カナダ産の豚肉はどうなのかなと調べたところ、成長ホルモンやラクトパミンは使っていないようです。 これは安心して食べられそうです。 カナダ品質保証プログラムによって、飼料も管理されたものですし安全な豚肉のようです。 なので、冷凍保存します。 コスケはいつもカットしてから冷凍していて、こんな感じにまずは厚めに切って・・・ その後、小さく切って調理しやすくします。 これで何に使うにも便利です。 これを一食分づつラップに包んで・・・ そしてジップロックに入れてそのまま冷凍します。 これで、食べたいときにいつでも解凍して食べることが出来ます。 さすがにこの量を1回で食べきるのは難しいですからね。 コストコで買う生鮮食品は、大体こんな感じで冷凍してます。 カナダ産豚肉を食べてみての感想 一部冷凍せずに残しておいたので、焼いて食べてみることにしました。 柔らかそうな肉ですね。 シンプルに塩コショウで焼いてみます。 フライパンでじゅ〜っと焼いて・・・ 味はどんな感じかなぁ〜 香りはそんなに悪くないです。 今のところ、豚肉は国産のものが臭みもなくてダントツで美味しいのですが、それに届いてくれると嬉しいなぁ。 焼きあがりました。 美味しそうです。 食べてみましたが、うん!美味しい。 臭みも以前食べたアメリカ産豚肉ほどありません。 これなら大丈夫。 流石に国産ほど爽やかな味ではありませんが、塩コショウだけのシンプルな味付けでも食べられるので、生姜焼きやハーブかけて焼けば全然問題ないでしょう。 ふつうに美味しいし、コストコでカナダ産豚肉が安いときは今後も買ってみようと思います。

次の

コストコ|塊肉牛肩ロース(プライム)の切り分け方&メニュー【写真】

コストコ 豚 肩 ロース

コストコ三元豚肩ロース真空パックが美味しい! カナダ産豚肉 三元豚肩ロース真空パック 容量:2. 05kg 価格:1,619円( 100gあたり79円) まず驚いたのがその価格!三元豚肩ロース肉が 100gあたり79円!!! もう、びっくり! 激安スーパーでも100gあたり79円の豚肉は最近お目にかかりませんよね。 やっぱりコストコはすごいな〜!と実感した節子です。 安いのにも驚いたのですが、見たところなんだかとっても良さ気なお肉に見えたんです。 サシが入っている部位もたくさん入っているような・・・。 迷わずカートイン。 買ってよかった〜!と大絶賛のお肉だと判明しました。 その後三元豚スペアリブ真空パックのお肉も購入したのですが美味しかったです!! コストコの三元豚肩ロースは文句なく美味しい! ジャーン! これが買ってきたコストコ三元豚肩ロースの切り身です。 すっごくいい感じでしょ!? まずは塩胡椒をしてステーキっぽくして食べてみたんですが 「すっごく美味しい!!!」 家族全員で取り合うようにして食べ、あっという間にあの巨大な豚肉の塊を半分近く焼いて食べてしまいました。 それぐらい美味しいお肉だったということ。 カナダ産のお肉なんですが、一度も冷凍させてい無いチルド真空パックのお肉なんですよ。 なので、とっても柔らかくて新鮮。 豚肉の臭みも全くなく、フレッシュな感じがしてとても美味しい! うちの4歳の娘は硬いお肉は飲み込めなくていつも口から出してしまうのですが、コストコの三元豚肩ロースはステーキにしてあげたらバクバクと食べまくっていました! それくらい柔らかくて美味しいお肉でした! コストコの塊り肉はスライスして冷凍保存しよう! コストコの塊り肉はあ一回で食べきることはでき無いのでやはりスライスして冷凍保存するのがいいです。 写真のように使いやすい大きさでカットして1枚ずつラップで包んでから大き目のジップロックの袋に入れて冷凍します。 そうすると、必要な時に必要な分だけ解凍して使えるのでものすごく便利! こうやってコストコで買った塊り肉を何種類か冷凍庫に在庫しておくといちいちスーパーでお肉を買う必要がないので節約にもなるし、忙しい主婦のパパッと料理にとても便利です。 私は子供達が夏休み真っ最中なのでコストコで買ってきた塊り肉を少しずつ解凍してお昼ご飯にチャーハンにしたり、夜ご飯にカレーにしたり、塩胡椒して普通に焼いて食べたりと、バリエーションを楽しみながら料理しています。 コストコの塊り肉を冷凍庫にストックするととっても便利! コストコで売っているカナダ産のお肉ってどうなの? スーパーなどで売っているお肉はアメリカ産、オーストラリア産などは見かけますがカナダ産ってあまり見かけ無い気がしませんか? 実は近年カナダ産の輸入豚肉の流通が増えてきているのだそうです。 カナダでも三元豚と言われる ランドレース種と ヨークシャー種に デュロック種を掛け合わせた「三元豚」が日本と同じなんだそうです。 飼育環境も日本と酷似しており、そのお肉の品質は日本国内と同じく良質な豚肉が育てられれているんだとか。 なるほど美味しいわけです。 カナダの気候と、広大な土地が養豚に適していることから、カナダでは養豚業にとても力を入れており、生産される豚肉の65%が輸入されているという事実があります。 養豚業に力を入れた結果、とても美味しい豚肉が安く流通される結果となったわけですね。 品質が良く、価格が安いカナダ産の豚肉は今後も注目されること間違いなし!!.

次の