結婚式 招待状 マナー。 【結婚式のマナー】招待状は何ヶ月前に発送するべき?投函時期の目安とスケジュールについて|ハッピーリーフのブログ

【結婚式の招待状】宛名の書き方マナー!宛先別の具体例

結婚式 招待状 マナー

結婚式のペーパーアイテムの中で ゲストが一番はじめに手にする招待状。 ふたりの好きなテイストで彩られた招待状は 結婚式への期待をふくらませてくれるすてきなアイテムですよね。 招待状は何ヶ月前にオーダーして、何ヶ月前に発送するべきかご存じですか? 投函時期は遅すぎるのはもちろん早すぎてもNG! ゲストからの返信がとどこおり 「返信がそろわないから準備がすすまない!」 なんて焦る原因にもなります。 そこで今回は、招待状の発送時期と招待状制作のスケジュール 投函する際に注意したい点もご紹介していきますね。 返信はがきがそろって 結婚式のゲストが確定するのは挙式の約1~2ヶ月前。 その後は席次表や席札などのペーパーアイテムに名前を入れたり、 引き出物やお料理を発注したりと、結婚式準備もいよいよ大詰め! 結婚式の準備をスムーズにすすめるためにも 招待状のスケジュール管理が大切です。 返信はがきの期日は はがきを投函してから約1ヶ月後に設定します。 発送が遅くなると ゲストの予定が埋まってしまう可能性があるのはもちろん ゲストの返信がなかなか来ないと、焦ってしまいますよね! 逆に早くなる分には良いんじゃない?と思いがちですが 早すぎると相手のスケジュールがはっきりせず 待っている間に返信はがきの存在を忘れられてしまうことも。 ゲストの返信を急かすことなく、 返信はがきをスムーズに受け取りたいことを考えると 結婚式を挙げる側にとっても、招待される側にとっても 3~2ヶ月前が理想的とされています。 万が一、ゲストに欠席者が出てしまった場合も 1~2ヶ月あれば他のゲストに声を掛けてみることもできますよね。 余裕をもった発送がカギになります。 手渡しの場合も郵送と同じく 3~2ヶ月前で大丈夫です。 招待状を送るゲストには 「結婚式を挙げることになりました。 招待状を送ってもいいですか?」 と事前に連絡するのを忘れずに! 先に欠席者がわかれば招待状も無駄にならず、 欠席が確定しているゲストに招待状が届くことで ゲストが引け目を感じることもありませんよね。 友人や知人にはLINEやメールでもOKですが 主賓となる上司や会社関係の人には 直接口頭で報告するのがおすすめです。 事前確認は挙式の半年くらい前にするのが一般的。 あまりギリギリになってしまうと 他の人の結婚式と被ってしまう可能性も。 絶対に来て欲しいゲストには、早めの連絡がおすすめです。 「お日柄」を気にする場合は 消印の日付が「大安」か「友引」になるように投函しましょう。 その場合、返信はがきの期日も 投函日から約1ヶ月後の大安か友引の日に 設定しておくのも忘れずに。 お日柄を気にする場合は特に注意! せっかく大安を選んで投函しても 消印は別の日になってしまう可能性もあります。 窓口に持っていけば 切手の貼り忘れや重さの確認もしてもらえるので 少し面倒でも窓口でお願いするのが安心です。 招待状の料金を一括で支払える とっても便利なサービスです。 10通以上の同一料金の郵便物を 同時に送るときに使えます。 料金別納郵便は切手不要で オリジナルのスタンプやシールでの投函が可能! ふたりが選んだ招待状に さらにオリジナリティをプラスすることができます。 送る時期やマナーを守ることで お互いが気持ちよく結婚式の日を迎えることができますよね。

次の

結婚式招待状の書き方、文例、マナー、準備の段取り―招待状の出し方から始まる結婚式のおもてなし|今どきウェディングの最新情報と結婚準備完全ガイ

結婚式 招待状 マナー

まずは電話で連絡し、いつごろ返事ができるか伝えましょう。 返信が遅くなる場合でも、基本的には返信期限は守ります。 期限までに見通しが立たない場合は残念ですが欠席が無難です。 返信はがきを正しく記入する 返信はがきは『黒色の筆記用具』で記入するのが基本マナー。 正式なのは毛筆や万年筆ですが、書きなれたボールペンやサインペンでも大丈夫です。 宛名側の記入例 まずは宛名側の記入です。 返信はがきの宛名には新郎新婦もしくは、新郎新婦のご両親の名前が書かれていることが一般的。 必ず修正しましょう。 出欠確認側の記入例 次に出欠確認側の記入です。 結婚式に出席する場合は『出席』を丸で囲みます。 さらに、あなたに対しての敬語(ご・ご芳など)を全て二重線で消します。 自分への敬語がそのままの状態で、はがきを返信するのは変ですもんね。 その他にも指定された項目を忘れずに記入しましょう。 新郎新婦へのメッセージを記入する 最近の返信はがきには『メッセージ欄』が印刷されていることが多くなってきました。 メッセージ欄の有無に関係なく、返信はがきには新郎新婦へのメッセージを必ず記入しましょう。 何も書かず事務的に返信するなんて、せっかく招待してくれた新郎新婦に失礼だと思いませんか。 大切な結婚式にあなたを招待してくれたのですから、『お礼』や『祝福』の言葉を必ず書きましょうね。 fa-arrow-circle-right出典 ブラックスーツorダークスーツを 結婚式において男性ゲストは『スーツスタイル』が一般的です。 ブラックスーツ(礼服)がもっとも多いスタイル。 シングル・ダブルどちらでも構いません。 あなたにあったブラックスーツを選びましょう。 ダークスーツでもOK! 若い男性ゲストやカジュアルウェディングなどでは『ダークスーツ』もオススメ。 チャコールグレーやダークネイビーといった色味の濃いスーツを選ぶと良いでしょう。 新郎より目立つような服装、例えば白や明るい色のスーツは絶対にNGですよ。 ネクタイはシルバー系がオススメ 結婚式でのネクタイは、華やかな色であれば基本的に大丈夫です。 なかでも『シルバー系のネクタイ』は最近の結婚式ネクタイの定番&人気色。 他にも淡いピンクやブルーなど、パステル系のネクタイはオススメですよ。 結婚式は華やかなセレモニー。 黒ネクタイはフォーマルの基本ではありますが、 日本ではお葬式など喪のイメージが定着しています。 結婚式での着用は避けたほうが無難です。 白シャツを必ず着用しよう スーツにあわせるワイシャツは白のシャツを選びます。 また襟の形状も大切。 ボタンダウンシャツはカジュアルな襟型で一般的な結婚式には不向きです。 結婚式はフォーマルな場ですのでカジュアルな装いはNG。 結婚パーティーや二次会なら大丈夫ですよ。 靴は内羽根ストレートチップの黒革靴 「おしゃれは足もとから」とよく言いますよね。 結婚式のようなフォーマルな場ではスニーカーやブーツはもちろんNG。 フォーマルシューズの基本は、『内羽根ストレートチップの黒革靴』です。 フォーマルな靴を履いていても 汚れていては意味がありません。 意外と足もとは他のゲストから見られているもの。 キレイに磨いて出席しましょう。 必要ない?持つなら小さいバッグ 以前はバッグを持たない男性ゲストが一般的でした。 しかし最近は男性も持ち物が多くなったのかバッグを持つ方が増えています。 披露宴会場内に持ち込めるのは小さいバッグのみです。 もしあなたがバッグを持って出席するのであれば、普段使っているビジネスバッグではなく小さいサイズのバッグを用意しましょう。 男性ゲストには『クラッチバッグ』や『ミニダレスバッグ』がオススメですよ。 fa-arrow-circle-right出典 仕事用の大きな鞄などを持ち込むのは大変失礼です。 大きな鞄などいらない荷物はクロークに預けましょう。 男性ゲストの服装マナーまとめ いかがでしたか。 男性ゲストの服装マナーは女性ゲストのマナーと比べると簡単です。 そのせいか他の男性ゲストと同じような装いになってしまうデメリットも。 少しでもオシャレしたい男性の皆さん。 ご安心を。 ベストやチーフ、スーツスタイル用のアクセサリーなどを上手にコーディネートすれば、より華やかな装いにすることが可能です。 もちろん守るマナーは増えますが…。 最近のオススメは『袖ありドレス』。 以前に比べ種類も増え清楚な雰囲気で人気ですよ。 夜の結婚式では昼とは反対にドレススタイルも華やかな印象に。 ノースリーブドレスでもボレロなどは不要。 ただし肌を過度に露出するのはNGですよ。 もちろん袖ありドレスでも大丈夫です。 ドレスの色選びのポイント ドレスの色は白以外であれば基本的に大丈夫です。 ただしベージュなどの薄めの色は、遠めに見ると白に間違えられることも。 気になる場合は羽織もので上手にカバーしましょう。 また黒のドレスも人気ですが、全身黒一色でまとめると暗くお葬式のイメージに。 結婚式は華やかで楽しい場ですから、アクセサリーや小物で明るいコーディネートにしましょう。 もしアクセサリー選びに迷ったら『パール』がオススメ。 昼夜問わず活躍する万能アイテムですよ。 fa-arrow-circle-right出典 いくら必須でも『ど派手なアクセサリー』や『アクセサリーの着け過ぎ』は避けましょう。 何回も言いますが、主役の新婦より目立つのはNGです。 基本はパンプス!つま先が出るサンダルなどは避ける 靴は『つま先の出ないパンプス』が基本です。 色はドレスとのコーディネートで決めると良いでしょう。 本来のフォーマルマナーでは、ヒールの高さは3cm以上が基本とされています。 ヒールが低いペタンコ靴は『カジュアル』な印象に。 最近は結婚式のスタイルもカジュアル化しています。 あなたの出席する結婚式のスタイルや、当日着用するドレスの雰囲気にあった靴を選ぶと良いでしょう。 またストッキングは必ず着用します。 結婚式のようなフォーマルシーンに生足はNGですよ。 バッグは小さく!持ち物が多い場合はサブバッグを 結婚式にはできるだけ小さなパーティーバッグで出席するのが基本です。 持ち物も必要最低限のものだけで出席するのが理想的。 とはいっても女性は荷物が多くなりがちですよね。 もし荷物が多い場合は『フォーマルなサブバッグ』を活用しましょう。 よく紙袋を持ち込むゲストがいますがマナー違反です。 紙袋は便利ですがバッグではありません…。 fa-arrow-circle-right出典 着物もあり!和装のルール 女性ゲストには『着物』という選択肢もあります。 着物を着た女性が結婚式に出席すると、会場の雰囲気が華やかになり喜ばれます。 着物にはドレスのような昼夜でのルールの違いはありません。 代わりに未婚、既婚によるルールがあります。 結婚式に和装で出席する場合は、未婚の方は『振袖』、既婚の方は『色留袖』『訪問着』がオススメです。 女性ゲストの服装マナーまとめ いかがでしたか。 女性ゲストの服装マナーはちょっと複雑ですよね。 男性ゲストに比べ、女性ゲストの服装マナーは周囲からの目が厳しいもの。 あまりがんばり過ぎると新婦より目立つかもしれないし、地味すぎるのも結婚式にはあわないし…。 でも基本的なマナーは今回解説したポイントを守れば大丈夫ですよ。 結婚式での服装マナーのまとめ 男性&女性の基本的な服装マナーを紹介しました。 結婚式での服装は、出席する結婚式のスタイルによっても異なります。 招待された結婚式がカジュアルなものであれば、もう少し服装マナーもゆるくなったりします。 一番大切なことは『主役の新郎新婦より目立たないこと』です。 これだけは忘れないでくださいね。 当サイトでは結婚式での着こなし&コーデについてもたくさん紹介しています。 ぜひ参考にしてください。 ご祝儀のマナー 結婚祝いは本来、結婚式前に品物を贈ることが正式とされてきました。 最近はご祝儀として、結婚式当日に受付で渡すことが一般的となっています。 結婚式でのご祝儀については、以下の5つポイントを必ず守りましょう。 贈る金額については、新郎新婦との関係や地域によっても違ってきます。 同じ結婚式に出席する友人など、相談できる相手がいるのであれば金額をあわせるのも良いでしょう。 結婚祝い&贈る金額に適した祝儀袋を選ぶ ご祝儀袋は、結婚祝い&贈る金額に適した祝儀袋を選ぶことが大切です。 結婚祝いに適した祝儀袋とは? 結婚祝いでは必ず『水引が結びきり』の祝儀袋を選びましょう。 結びきりの水引は『結んだらほどけない』という意味から1度だけのお祝いに適しています。 反対に蝶結びの水引は『結びなおせる』ので、出産祝いなど何回あっても良いお祝いに使われます。 結婚って何回もあっては基本困りますよね…。 そのような意味から、蝶結びの水引を選ぶことはとても失礼なのです。 絶対に間違えないようにしましょう。 fa-arrow-circle-right出典 贈る金額に見合った祝儀袋を ご祝儀袋は贈る金額に適したものを選びましょう。 祝儀袋はサイズが大きくなるほど、また豪華な水引になるほど高額な結婚祝いに向いています。 贈る金額が少ないにもかかわらず『豪華な祝儀袋でごまかす』のは、とても恥ずかしいことです。 必ず金額に適した祝儀袋を準備しましょう。 ご祝儀袋に名前などを記入する ご祝儀袋には贈り主であるあなたの名前を書きます。 また中袋には贈る金額やあなたの名前や住所などを記入します。 祝儀袋に名前などを書く際は、毛筆もしくは筆ペンを使いましょう。 ボールペンなど事務用品で祝儀袋を記入することは失礼にあたります。 毛筆が苦手な方には『筆風サインペン』という便利なものがありますよ。 お金は『新札』を準備する 結婚祝いでは必ず『新札』を贈りましょう。 結婚式というお祝いごとにシワシワのお札を贈るのはとても失礼です。 あらかじめ銀行などで新札を準備しておきましょう。 祝儀袋は袱紗で包み持参する ご祝儀袋は必ず『袱紗(ふくさ)』に包んで持参しましょう。 お祝いは相手に渡すまで、汚さないよう注意し大切に扱うのがマナー。 せっかくのお祝いなのに、折り曲がって汚れたご祝儀を渡すのは失礼ですよね。 もし持っていないのであればこの機会に準備すると良いでしょう。 紫色のふくさであれば、結婚式といった慶事のほか弔事でも使えて便利ですよ。 fa-arrow-circle-right出典 ご祝儀のマナーのまとめ いかがでしたか。 ご祝儀のマナーは意外と簡単だったのではないでしょうか。 ご祝儀については新郎新婦を祝福する気持ちがとても大切です。 祝儀袋に名前を書く際も心を込めて丁寧に。 字が下手でも大丈夫、何回も言いますが気持ちが大切ですよ。 お酒が飲めなくても乾杯を 食事・歓談の前に来賓代表の音頭で乾杯がおこなわれます。 乾杯の際はイスの左側に立ってグラスを右手で持ち、音頭にあわせ「乾杯」と全員で唱和しましょう。 周りの方とグラスをあわせる必要はありません。 グラスを目の高さぐらいにあげて飲み物に口をつけましょう。 お酒は飲まなくても大丈夫 まったくお酒がダメな方も、シャンパンなどお酒が入ったグラスで乾杯するのが基本的なマナーです。 もちろん無理して飲む必要はありません。 乾杯時はグラスに軽く口をつけることだけマナーとしておこないましょう。 美しくスマートに食事を楽しむ 結婚式・披露宴に招待された方の楽しみである『食事』。 お酒は飲めますが、結婚式は居酒屋ではありません。 美しくスマートな食事を心がけましょう。 以下のポイントには注意します。

次の

結婚式の招待状への返信マナーと返信メッセージの例文をご紹介します。

結婚式 招待状 マナー

出欠を迷う理由がない限り、できるだけ早めに返信するのがマナーです。 s 目安は招待状が届いてから1週間以内 e。 早く返事をすれば、それだけ祝福の気持ちも伝わります。 返信はがきで出欠確認をした後、席次を決めたり料理や引出物の数を確定させたりと、新郎新婦の準備にも関わってくることも覚えておきましょう。 事情があってすぐに決断できない場合は、 s 早めに電話などで連絡を入れ、期日までには必ず返事をする旨を伝えておく e といいでしょう。 欠席する場合はあまり早く返事をすると、「検討すらしてくれなかったのかな」と、がっかりさせてしまうので、少し時間を置く心遣いを。 とはいえ、他に招待したいと思っている人もいるはずなので、その人に声を掛けられるよう、早めに連絡をしましょう。 「御」「御芳」の敬称は二重線で消す はがきには、出欠欄や住所・氏名の記入欄に、 s 「御」「御芳」という敬称が印字されているので、返信するときにはこれらを二重線や「寿」の文字で消す e のがマナーです。 また、表面の返信先の名前の下には s 「行(いき)」という字が入っていますが、こちらも二重線で消し、「様」に直す e ことをお忘れなく。 お祝いのメッセージを書き添える 結婚式の返信はがきは、ただ事務的に返せばいいというものではなく、何かひと言添えたいもの。 s 新郎新婦宛てのメッセージ欄が設けてある場合はそこに、ない場合は丸で囲んだ「出席」の文字の下など、余白にコメントを書く e と、お祝いの気持ちが伝わります。 丸で囲んだ「出席」の文字を引用して添え書きをする人もいますが、 s 引用せずにあらためて書く方が丁寧 e です。 新郎新婦は招待状の返信で出席人数を把握し、料理や引出物の最終手配や席次の調整を行うので、返信がないと困ってしまいます。 また、 s 電話やSNSなどで出欠の連絡をしたので、招待状の返信はがきを送らないというのもNG e。 s お祝いの気持ちを表すように丁寧な文字で書く e ことを心掛けましょう。 また、返信はがきにイラストなどを描く人も増えていますが、必要事項やお祝いの言葉がきちんと読める範囲でのデコレーションにしましょう。 s グレー(薄墨)は弔事のとき、不祝儀袋に文字を書くのに用いる色 e なので、ご祝儀袋では絶対に使わないよう注意しましょう。 招待状に同封されていた場合は忘れずに記入して持参を ゲストカードとは ゲストカードとは、 s 芳名帳に記入する代わりに当日受付に出すカードのこと e です。 以前はなかったものですが、最近は受付の混雑を緩和するためや、記念に残せることから、ゲストカードを使用する新郎新婦も増えています。 送られてきた招待状に同封されていて、「当日このカードをご持参ください」と記載されています。 このカードは事前に記入して、当日まで手元に保管しておき、忘れずに持参しましょう。 ゲストカードに書くこと ゲストカードには、以下のような記入欄が設けられていることが多いです。 <記入欄の例> お名前: ご住所: お電話番号: メールアドレス: 新郎新婦へのメッセージ: 記入の仕方は、返信はがきと同様です。 s 「お」や「御」といった敬称は、1文字なら斜めの二重線か、「寿」といった文字で消します e。 2文字以上なら縦の二重線で消すとよいでしょう。 後日連絡するための住所録も兼ねるため、 s 連絡先ははっきりと読めるよう丁寧に e 書きます。 ゲストカードのメッセージ文例 ゲストカードにも招待状同様にメッセージ欄があることがあります。 メッセージはふたりへの率直なお祝いの言葉でよいです。 結婚式直前の期待を伝えたり、ふたりの輝かしい未来に贈る言葉を添えても素敵です。 ふたりしか見ないからといっても、忌み言葉や重ね言葉は避ける、下品な言葉遣いはしないなど、マナーには気をつけます。 自分が新郎新婦の立場だったらどのようなことが書いてあったらげたら嬉しいか考えましょう。 文例1.

次の