夏模様 井上陽水。 【夏の曲】何度も聴きたい!カラオケで歌いたい!夏うたの名曲・定番ソング 2020年7月

井上陽水 少年時代 歌詞

夏模様 井上陽水

UtaTenで今すぐ歌詞を見る! シンガーソングライター、井上苑子さんのセカンドシングルです。 漫画を原作とした ドラマ「こえ恋」のエンディングテーマソングとして使用されたことでも話題となりました。 フレッシュで軽快なメロディーラインと、好きな人を想うキラキラとした歌詞が可愛らしいですね。 タイトルにナツというワードが使われている通り、 歌詞からも夏の晴れた日をイメージできます。 ストーリー仕立てになっているミュージックビデオもぜひ観てみてくださいね。 女性アーティストの夏うたといえば、 ドラマ「花より男子」のイメージソングにもなった大塚愛さんの『』も外せませんね。 【第4位】涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜|サザンオールスターズ コバルトブルーの涙の海で 人魚のような恋に溺れたなら 接吻より甘く永遠より永く 濡れた身体に愛をください UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 日本を代表する男性フォークシンガー、井上陽水さんの代表曲。 音楽の教科書に載っていることもあるため、楽譜を見ながら歌ったり演奏したりしたという人もいるのではないでしょうか。 夏の終わりを彷彿とさせる、ノスタルジックなメロディーと歌詞に注目。 子供の頃や、夏休みの思い出が蘇るという人も少なくないでしょう。 ソニー、キリンビール、コカ・コーラなど、さまざまな企業のCMソングとして起用されたり、数々のアーティストにカバーされたりしている名曲中の名曲です。 【第2位】睡蓮花|湘南乃風 また始まった まっ裸で走り出した Season 夏は好きか? 間違って交わった 砂浜の Reason 付き合ってみな 目が合って 気が合って マジになった Season 欲望のまんま!! 出会って 泣いて 笑って 泣いて 笑って 泣いて 笑って 泣いて 「濡れたまんまでイッちゃって!!! 」 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! サザンオールスターズのギターボーカル、桑田佳祐さんソロ名義のヒットソングです。 軽やかなピアノからなるイントロは、 夏の始まりに対する期待感とワクワクを体現したかのよう。 爽やかでどこか切なさも感じるメロディーラインと、夏の情景と恋を重ね合わせた歌詞がマッチしています。 自身出演の コカ・コーラCMキャンペーンソングにも起用されました。 カラオケで歌いたい!女性ボーカルバンドの夏ソング 続いては、パワフルなガールズバンドによる夏ソングをご紹介。 弾けるような可愛さにも注目です。 夏のおわりに|たんこぶちん 夏のはじめに キミと出会えた あの日から幸せな気持ちあふれてる はねる心は 止まらないから 駆け出して 青く高い空へ あぁこの声 明日も響け UtaTenで今すぐ歌詞を見る! スリーピースガールズバンド、SHISHAMOのファーストシングル曲。 好きな人との夏フェスデートを描いた、女性目線の歌詞に思わずキュンとしてしまいます。 軽快なテンポと弾けるようなサビの勢いは、カラオケでも盛り上がること間違いなし。 フェスの道中でも聴きたくなる、 片想い中の人は応援歌にも聴こえるようなノリの良い1曲です。 八月の夜|Silent Siren 八月の夜 募る i love you 絡まり 空回り 遠回りして また好きを また好きを どうにか抑えていたんだ 少しずつ酔う ゆらり漂う 冷凍保存した 気持ち溶かして また君に また君に 会える理由ずっと探してるんだ UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 女性シンガーDAOKOさんと、平成・令和のヒットソングメーカー米津玄師さんによる楽曲。 2017年に放映された アニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌として起用されました。 しっとりとしたイントロから、サビにかけて広がっていくような奥行きのある展開に、気持ち良さを感じることでしょう。 特に終盤へ向けての盛り上がりは必聴の価値あり。 打上花火の華やかさと儚さを想像させる、センチメンタルさがたまらない楽曲です。 【ボカロ】ロケットサイダー|ナユタン星人 週末、ぼくらは月の裏側で 「なんにもないね」 なんて、くだらなくて 笑いあうだろう それからぼくらは恋におちて この旅の果てなんて わかっていたって 知らないふりさ 今なら 八月の雪が降ったあの日は ビードロを覗いたようにみえた 「ねえ涙がなんか止まんないんだ 昨日から」 わずかに、崩壊する都市がみえた あわせて読まれています 【洋楽】歌詞も気になる!おすすめ夏の曲 日本だけではなく、サマーソングは世界中に存在します。 膨大な数の楽曲がありますが、今回はその中でも世代を問わず愛される選りすぐりの2曲をご紹介します。 【70年代】SATURDAY IN THE PARK Chicago Saturday in the park I think it was the fourth of July Saturday in the park I think it was the fourth of July People dancing, people laughing A man selling ice cream Singing Italian songs… Italian Can you dig it yes, I can And I've been waiting such a long time For Saturday UtaTenで今すぐ歌詞を見る! アメリカのロックバンド、シカゴの代表曲のひとつです。 1972年に発表され、 全米ビルボードで3位を記録したヒットソングでもあります。 現在でもBGMなどで使用されることが多いため、どこかで聴いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 穏やかに晴れた夏の日が思い浮かぶ、明るい曲調が魅力的。 また、 平和を願うメッセージが込められた歌詞から時代背景などに想いを馳せることもできます。

次の

井上陽水英訳詞集

夏模様 井上陽水

UtaTenで今すぐ歌詞を見る! シンガーソングライター、井上苑子さんのセカンドシングルです。 漫画を原作とした ドラマ「こえ恋」のエンディングテーマソングとして使用されたことでも話題となりました。 フレッシュで軽快なメロディーラインと、好きな人を想うキラキラとした歌詞が可愛らしいですね。 タイトルにナツというワードが使われている通り、 歌詞からも夏の晴れた日をイメージできます。 ストーリー仕立てになっているミュージックビデオもぜひ観てみてくださいね。 女性アーティストの夏うたといえば、 ドラマ「花より男子」のイメージソングにもなった大塚愛さんの『』も外せませんね。 【第4位】涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜|サザンオールスターズ コバルトブルーの涙の海で 人魚のような恋に溺れたなら 接吻より甘く永遠より永く 濡れた身体に愛をください UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 日本を代表する男性フォークシンガー、井上陽水さんの代表曲。 音楽の教科書に載っていることもあるため、楽譜を見ながら歌ったり演奏したりしたという人もいるのではないでしょうか。 夏の終わりを彷彿とさせる、ノスタルジックなメロディーと歌詞に注目。 子供の頃や、夏休みの思い出が蘇るという人も少なくないでしょう。 ソニー、キリンビール、コカ・コーラなど、さまざまな企業のCMソングとして起用されたり、数々のアーティストにカバーされたりしている名曲中の名曲です。 【第2位】睡蓮花|湘南乃風 また始まった まっ裸で走り出した Season 夏は好きか? 間違って交わった 砂浜の Reason 付き合ってみな 目が合って 気が合って マジになった Season 欲望のまんま!! 出会って 泣いて 笑って 泣いて 笑って 泣いて 笑って 泣いて 「濡れたまんまでイッちゃって!!! 」 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! サザンオールスターズのギターボーカル、桑田佳祐さんソロ名義のヒットソングです。 軽やかなピアノからなるイントロは、 夏の始まりに対する期待感とワクワクを体現したかのよう。 爽やかでどこか切なさも感じるメロディーラインと、夏の情景と恋を重ね合わせた歌詞がマッチしています。 自身出演の コカ・コーラCMキャンペーンソングにも起用されました。 カラオケで歌いたい!女性ボーカルバンドの夏ソング 続いては、パワフルなガールズバンドによる夏ソングをご紹介。 弾けるような可愛さにも注目です。 夏のおわりに|たんこぶちん 夏のはじめに キミと出会えた あの日から幸せな気持ちあふれてる はねる心は 止まらないから 駆け出して 青く高い空へ あぁこの声 明日も響け UtaTenで今すぐ歌詞を見る! スリーピースガールズバンド、SHISHAMOのファーストシングル曲。 好きな人との夏フェスデートを描いた、女性目線の歌詞に思わずキュンとしてしまいます。 軽快なテンポと弾けるようなサビの勢いは、カラオケでも盛り上がること間違いなし。 フェスの道中でも聴きたくなる、 片想い中の人は応援歌にも聴こえるようなノリの良い1曲です。 八月の夜|Silent Siren 八月の夜 募る i love you 絡まり 空回り 遠回りして また好きを また好きを どうにか抑えていたんだ 少しずつ酔う ゆらり漂う 冷凍保存した 気持ち溶かして また君に また君に 会える理由ずっと探してるんだ UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 女性シンガーDAOKOさんと、平成・令和のヒットソングメーカー米津玄師さんによる楽曲。 2017年に放映された アニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌として起用されました。 しっとりとしたイントロから、サビにかけて広がっていくような奥行きのある展開に、気持ち良さを感じることでしょう。 特に終盤へ向けての盛り上がりは必聴の価値あり。 打上花火の華やかさと儚さを想像させる、センチメンタルさがたまらない楽曲です。 【ボカロ】ロケットサイダー|ナユタン星人 週末、ぼくらは月の裏側で 「なんにもないね」 なんて、くだらなくて 笑いあうだろう それからぼくらは恋におちて この旅の果てなんて わかっていたって 知らないふりさ 今なら 八月の雪が降ったあの日は ビードロを覗いたようにみえた 「ねえ涙がなんか止まんないんだ 昨日から」 わずかに、崩壊する都市がみえた あわせて読まれています 【洋楽】歌詞も気になる!おすすめ夏の曲 日本だけではなく、サマーソングは世界中に存在します。 膨大な数の楽曲がありますが、今回はその中でも世代を問わず愛される選りすぐりの2曲をご紹介します。 【70年代】SATURDAY IN THE PARK Chicago Saturday in the park I think it was the fourth of July Saturday in the park I think it was the fourth of July People dancing, people laughing A man selling ice cream Singing Italian songs… Italian Can you dig it yes, I can And I've been waiting such a long time For Saturday UtaTenで今すぐ歌詞を見る! アメリカのロックバンド、シカゴの代表曲のひとつです。 1972年に発表され、 全米ビルボードで3位を記録したヒットソングでもあります。 現在でもBGMなどで使用されることが多いため、どこかで聴いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 穏やかに晴れた夏の日が思い浮かぶ、明るい曲調が魅力的。 また、 平和を願うメッセージが込められた歌詞から時代背景などに想いを馳せることもできます。

次の

井上陽水 少年時代 歌詞

夏模様 井上陽水

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中 長い冬が窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 これが一番の歌詞です。 メロディーを載せると、懐かしいような雰囲気ですが、歌詞だけを見るとなんだか意味が分かりにくいですよね。 想い出のあとさき…?宵かがり…? まず最初に出てくるのは「風あざみ」という言葉。 この言葉については、本人も意味がないことを語っています。 井上陽水の『少年時代』の歌詞に込めた意味とは 「夏が過ぎ 風あざみ」 から始まるこの曲は、夏の終わりによく流れる曲です。 この曲は夏休みの終わりに聞くから、新学期の憂鬱さを思い出す、という方もいるのではないでしょうか。 風あざみの意味から見る井上陽水の歌詞の作り方 「風あざみ」には明確な意味はありません。 SONGSで本人により、これが造語であることが語られ、ネットで話題になったことがありました。 「オニアザミ」という言葉のインスピレーションから生まれた言葉のようです。 他にも、「夏模様」「宵かがり」「夢花火」という言葉が出てきます。 井上陽水は、こういった言葉に意味はなくて「響きのよさで作った」ことを本人の口から語っているのです。 有名な歌手の中でも、歌詞の意味を重視せずに響きだけで作る人は多いですよね。 例えは椎名林檎の『丸の内サディスティック』もそうみたいですよ。 そのため難解で、いろいろな人に考察がなされていて逆に面白かったりします。 歌詞考察のし甲斐はあるかもしれませんね。 少年時代も、まさに考察のし甲斐がある歌詞です。 では1番の歌詞の考察をしていこうと思います。 敢えて、考察しない部分を残しますので、それぞれ考察してみて欲しいなと思います。 「夏が過ぎ 風あざみ」 夏はもう過ぎって、あざみも散って風に消えていった「誰のあこがれにさまよう」 時は過ぎるのに自分はここで立ち止まって、誰かにあこがれられたりしてるんだろうか。 それとも… 「青空に残された 私の心は夏模様」 こうして青空をひたすら見ている私の心は夏から抜け出せずに、立ち止まり続けているんだ。 「夢が覚め 夜の中」 青空から夜になると、人は眠るけど私は目が覚めてしまい 「長い冬が 窓を閉じて」 冬の長い夜の暗くなった窓を閉じて 「呼びかけたままで 夢はつまり思い出のあとさき」 だけど夏の鬼ごっこなんかして呼びかけた声が頭に残っている。 見ることのできる夢というのはつまり、思い出があるから見れるんだな… 「夏まつり 宵かがり」 夏祭りは青空とこの夜の間の宵の暮れそうなときだったな… 「胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火」 胸がわけもなく高鳴るのに合わせて上がる八月の花火も、この夢の中に出てくるんだ 「私の心は夏模様」 まだ私は夏の思い出を夢で見ているんだ。 子供の頃の思い出を思い返して、 昼は青空を見ながら。 夜は夏祭りなどの夢を見ている自分を描いています。 こうした夢は想い出があるからこそ見ることが出来るものだな… としみじみ感じながら、 思い返すのはいつも夏。 思い返す自分は永い冬の中にいる。 私の考察では… 目が覚めて 夢のあと 長い影が夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 この部分はぜひそれぞれ考察してみてください。 面白いですよ。 少年時代の概要をこちらに書いておきますね。 Wikipediaに面白いエピソードがありました。 『少年時代』の概要 1990年9月21日にリリースされた通算29枚目のシングル。 作詞は井上陽水 作曲・編曲は井上陽水と平井夏美。 当初、荻野目洋子のシングル『ギャラリー』のB面に使用される予定だった曲で、B面にしては良い出来だったのでシングル化されたそうです。 出典: まとめ 『少年時代』の歌詞考察をしてきましたがいかがでしたか? 「少年時代」というワードを挟まないまま、多くを語らなくてもその情景を思い起こさせる井上陽水って やっぱりすごいなと思います。 夏の終わりの歌か、と思いきや「冬」というワードも出てくる。 想い出を想起しながらも、夏の懐かしい時代を夢に見てノスタルジックになっている感じが十分伝わりますね。 メロディーに乗せると、その情景はもっと色濃くなるような感じもします。 これがプロだな… 皆さんも、井上陽水の歌詞考察してみてはいかがでしょうか。 この歌のこの歌詞の意味考察してほしい、というリクエストもお待ちしています。 良ければコメント欄に書き込んでいってください。

次の