グループ ビデオ 通話。 LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を完全解説

LINE、グループビデオ通話と音声通話を大幅にアップデート|LINE株式会社のプレスリリース

グループ ビデオ 通話

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 パソコンの画面を共有する パソコン版のLINEアプリ限定で、パソコン画面が共有できる機能を提供しています。 0 バージョン以上でご利用いただけます。 1.パソコン版LINEよりグループのトーク画面を開き、ピデオ通話を開始します。 2.画面左下のマークをクリック。 3.シェアしたい画面を選択し、[シェア]をクリック。 4.自分のパソコン画面が共有されました。 画面シェアを終了する場合は、配信者の画面右下から[停止]をクリックして終了します。 【ポイント】背景を隠したい時には「背景ぼかし」機能 ビデオ通話時に背景を映したくない時は、「背景ぼかし」機能を使って人物以外の背景をぼかすことができます。 UPDATE 2020.

次の

ビデオ通話の無料アプリ4選!録画方法や通信量を解説

グループ ビデオ 通話

「複数人ビデオ通話機能」は、現在の企業が抱える問題の1つ「人材の雇用」、さらには遠方の方とのリアルタイムに情報共有しながらコミュニケーションが図れるという「時間の有効活用」という意味でも効果的です。 同一のトークグループ内であれば最大5名まで参加でき、招待された方は1度ビデオ通話から離脱しても再び会話に戻ることができます。 この複数人ビデオ通話機能により、通常のテキストコミュニケーションや音声だけの通話では体感できない「互いの表情を見ながら温度感と話すリズム・テンポ、感情面というのもカバーしながら深いコミュニケーション」が可能です。 私たちのお客様からも良く聞こえてくる声ですが、現在、社内の働き方改革を促進する上で「解決したい課題」の1つに、人材の確保(労働人材の確保)があります。 そこで、ぜひとも注目していただきたいのが、ビジネスチャットです。 その理由としては、メール、対面でのコミュニケーション、電話という従来のコミュニケーション手段と比較しても、コミュニケーションを図りたい方のタイミングで情報連携ができ、かつリアルタイムに限りなく近いスピーディな連携が実現可能だからです。 さらにビジネスに特化したチャットツールを活用することでセキュリティ面も担保でき、より安全で質の高いコミュニケーションが可能となります。 これにより、遠隔地にいるメンバーとも移動せず、デスクにいながら打ち合わせが可能で、人材雇用という面でもテレワーク、リモートワークで採用することも可能です。 ちなみに、下記のように「現場の今を伝える=テキストだけではなく現場の状況もリアルタイムに伝えたい」シーンで複数人ビデオ通話機能は強みを発揮します。 左端の画像は、「WowTalk」起動時、特定のグループトーク上で複数人ビデオ通話を選択する際の画面です。 下の8つのメニュー群の中にある「ビデオ通話」を選択します。 続いて、中央左の画像は、複数人ビデオ通話にグループ内の誰を招待するかを選択する画面です。 複数人ビデオ通話には同グループ内メンバーを最大4名で招待することが可能です(オーナーも含め、最大5名で利用可能)。 そして、右下の開始ボタンを押した後に表示されるのが中央右の画像となります。 最終的には、右端の画像のようになります。 まずは、先行してアプリ版のみのリリースですが、将来的にはPCクライアント版もリリースする予定です。 社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら.

次の

【LINE】複数人グループでビデオ通話を使う方法、最大200人まで同時接続可能

グループ ビデオ 通話

この機能を利用すれば、グループでビデオ通話や音声通話をしている最中にスマホ片手に画面をシェアしたり、YouTubeを見たりしながら、感想を言い合ったり、談笑したり、互いの場所が離れていても「LINE」を通じて、みんなで一緒にいるかのような時間を過ごせます。 また、YouTubeはスマートフォン版LINEでのみ一緒に見ることができます。 「みんなで見る」の利用方法は簡単です。 みんなで通話をしている途中に、画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップし、「画面シェア」または「YouTube」を選択します。 「画面シェア」を利用すれば、スマートフォンで見ているアプリやWebサイトをみんなで一緒に見て、コンテンツを楽しんだり、ネットショッピングをして友だちに意見を聞いたり、様々な楽しみ方ができます。 Android端末をご利用の場合は、落書きできる機能を使って共有している画面上にイラストを描くことも可能です。 また、明日から選択可能になる、YouTubeボタンからYouTubeを一緒に見るためには、見たい動画を検索して選ぶか、一緒に見たいYouTubeのURLをあらかじめコピーしてビデオ通話に参加すると自動的にコピーしたURLが通話中の画面下に表示されます。 会話の最中に話題に上った動画を検索して一緒に見たり、「面白いYouTubeがあるから一緒に見よう」と言ったコミュニケーションのきっかけづくりになります。 【「みんなで見る」の使い方】 【「画面シェア」利用想定シーン】 ・仲間と一緒にオンラインショッピングの画面を見ながら、友だちの生日プレゼントを探す 【「みんなで見る」利用想定シーン】 ・ファン同士で、好きなアーティストのLIVEやMusic VideoをYouTubeで一緒に見て盛り上がる ・友だちとYouTubeでスポーツのライブストリームやハイライトを見ながらオンライン飲み会を楽しむ 【高校生のおうち時間は、YouTube視聴やLINEのやり取りをする時間が増加】 スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が2020年4月中旬に高校生を対象に実施した調査結果によると、在宅時間が増える傾向にある中、高校生は家でYouTubeを見る時間やLINEメッセージのやり取りをする時間が増えたという結果が出ています。 任意の人をダブルタップすれば、フォーカスして画面上に大きく表示されます。 画面下方部には選択した人以外の顔が一覧で表示し、横にスクロールすれば最大200名の参加者の顔を確認することができます。 また、ビデオ通話で利用できるエフェクトやフィルターは随時新しい内容を追加しています。 Grid viewの場合は、スマートフォン画面で最大9人分アイコンが一目で見れるように表示され、List viewは参加者のアイコンを縦型のリストで表示します。 発言している人はアイコンの周囲が緑の枠に囲まれる仕組みとなっており、大人数でも誰が発言しているのか分かりやすくなっています。 今後も「LINE」はユーザーニーズに合わせたアップデートを行い、友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。 その方法とオンライン帰省を楽しむコツを紹介しています。

次の