バイオリニスト 鷲見。 「激レアさん」スミさん・鷲見恵理子は世界的バイオリニスト!なぜ鳥貴族に?

【歴代】上手いと思うヴァイオリニストのランキング【史上最高】

バイオリニスト 鷲見

「激レアさん」世界的バイオリニストのスミさん(鷲見恵理子)が出演! 2020年5月2日放送(アンコール放送)「激レアさん」に、勘違いで鳥貴族でバイトした、 世界的バイオリニストのスミさん(鷲見恵理子)が登場します。 世界的バイオリニストとしてずっとヨーロッパの貴族の前で演奏していたので居酒屋・鳥貴族を貴族が集まるサロンとうっかり勘違いして面接を受けてしまったそうです。 なぜ音楽活動の傍ら、居酒屋で鶏肉を仕込むことになってしまのでしょうか。 ここでは、「激レアさん」に登場した、スミさん(鷲見恵理子)のプロフィール・経歴。 鳥貴族でのバイトの話についてまとめました。 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)のプロフィール&経歴は? 名前:鷲見恵理子 すみ えりこ 生年月日:1975年9月17日 年齢:44歳(2020年5月現在) 出身地:東京都目黒区 学歴:ジュリアード音楽院卒業 受賞歴: ミケランジェロ・アバド国際音楽コンクール優勝 1994年 アリチェ・ベルコレイタリア国際音楽祭優勝 2007年 所属事務所:アーツ・アイランド 鷲見恵理子さんの祖父は、日本のクラシック界を牽引した バイオリン指導者の鷲見三郎さんです。 桐朋学園大学の教授、数々の音楽コンクールの審査員を務め、1978年には勲四等旭日小授章を受章されています。 鷲見三郎さんの門下生出身者は、佐藤陽子さん、澤和樹さん、千住真理子さんなど、日本の著名なバイオリニストのほとんどが鷲見三郎さんの門下生と言われるほどです。 鷲見三郎さんの長男で鷲見恵理子さんの父親は、桐朋学園大学の名誉教授でバイオリニストの鷲見健彰さんで、母親の野冨子さんもバイオリニストです。 日本の皇族の方々やルクセンブルク皇太子や世界的指揮者の小澤征爾さんが自宅に来られたそうです。 バイオリニスト一族に生まれた鷲見恵理子さんは、3歳の頃から祖父、両親よりバイオリンの指導を受けていたそうです。 小学6年の頃には、第41回全日本学生音楽コンクール東日本大会小学生の部で2位を獲得しました。 鷲見恵理子さんは、1989年の中学2年生の時に渡米し、 ジュリアード音楽院プレカレッジに入学しました。 留学時代の仕送りは、一か月約100万円だったそうです。 鷲見恵理子さんは、1995年にジュリアード音楽院に在学中、20歳のときにカーネギーホールでニューヨーク・デビューリサイタルをたししました。 日本だけでなく、アメリカ、イタリア、オーストリア、北欧、ブルガリア等、海外でも幅広く活動し、様々な有名オーケストラと共演しています。 音楽院に在学中からリサイタルデビューし、現在も世界的に活躍するバイオリニストです。 14歳でNYのジュリアード音楽院へ留学。 19歳で「ミケランジェロ・アバド国際バイオリンコンクール」で優勝。 20歳には「カーネギーホール」でソロデビューリサイタル 24歳でイタリアに渡り貴族たちと優雅なバイオリン生活 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)はなぜ鳥貴族の面接へ? 鷲見恵理子さんは、母と父が体調を崩したのをきっかけに日本に帰国します。 アルバイトのきっかけは、自分だけでもしっかり稼いでいかなくてはならないと思ったことです。 料理・洗濯・掃除など家事全般の経験もなく、ファミレスやカラオケ・居酒屋・コンビニも当時行ったことがなかったそうです。 インターネットを見ていて目に飛び込んできたのが、「鳥貴族 募集」の文字です。 「日本にも貴族がやっている店があったんだ! 」と感動した鷲見恵理子さんは、意気揚々とアルバイト面接に出かけます。 (イタリアには、貴族が経営しているホテルがあったそうです。 ) 鷲見恵理子さんが40歳のときです。 面接当日は、普通なら「履歴書」を持参するはずですが、鷲見恵理子さんが持参したものは、 自分が演奏したバイオリンの音源が入ったCD・ ミラノ宮殿で演奏した時の映像を収録したDVDだったそうです。 アルバイトの面接時、自分の思い描いていた貴族サロンとはかけ離れたイメージの店内に、さすがの鷲見恵理子さんも、 「なんか思っていたのと違うな」とは思ったそうです。 しかし、それでも「店の奥」か「店の裏」などに貴族がいるのだと信じていたそうです。 浮世離れした感覚ですよね。 自分が働く場所は、ここしかないと思い、当時面接を担当していた店長に「是非ここで働かせてください!」と懇願されたそうです 鷲見恵理子さんの熱意と、手渡されたCD類を見て「食えなくなった音楽家崩れがバイトに来たな」と店長が思って採用されたそうです。 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)の鳥貴族での仕事とは? 鷲見恵理子さんの鳥貴族での仕事内容は、 鶏肉の仕込み(お肉の切り出し・ つくねのタネ作り・レバーのトリミング・成形)だったそうです。 鷲見恵理子さんにとって、初居酒屋体験だったそうです。 鳥貴族での仕事を続けながらもバイト仲間に、「このお店は、貴族の前で演奏できるようなチャンスはないのかしら?」などと質問を投げかていたそうです。 バイト仲間の中には、クラシック大好きなおばさんもいらしたそうです。 バイトの件は、ご家族には内緒だったとのことです。 制服(かっぽう着)は毎日クリーニングに出していたそうです。 ただクリーニングでは間に合わない日もあり、家の洗濯機にかっぽう着を入れたときに、お母さんが見つけて驚いたそうです。 レバーのトリミングで血がついたかっぽう着を見て、お母さんは仰天したのです。 そこで、鳥貴族でバイトしていることを初めてお母さんに打ち明けたそうです。 鷲見さんのバイト料は1か月で約4万7千円でした。 ちなみに、バイオリニストとしての一回の報酬は数十万円だったそうです。 それでも、毎月決まった日にお金が入ってくることが楽しみになったそうです。 鳥貴族のバイトとバイオリニストを並行して行っていたため、ダブルブッキングもあったそうです。 世界的音楽家の演奏会と鶏肉の仕込みとどちらを優先するかで悩むこともあったそうです。 (そのときは、店長に事情を話して鳥貴族のバイトの休みをいただいたそうです。 ) 鷲見恵理子さんは、「何やら違うぞ」という思いも確信に変わり、ようやく自分の勘違いに気がついたといいます。 しかし、自分が決めたことだからと、鶏肉を仕込む仕事を9か月間も続けました。 バイトも長くなると串打ちの作業も行うことにより、バイオリニストの大切な手を傷つける可能性があるため辞めることを決意したそうです。 すぐにお仕事を辞めなかったのは、「1人で生きていけるようになりたい!」という熱い思いがあったからだといいます。 なんと鳥貴族のバイトのおかげで、指の力が強くなり、バイオリンも弾きやすくなったそうです。 「鳥貴族のバイトが青春でした!」と、鷲見恵理子さんは語っていました。 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)の現在は? 鷲見恵理子さん(スミさん)は、2018年の放送からほぼ2年経った現在、ダイエットされてウエストが12. 5cmも細くなったそうです。 体重も6kg減量されたそうです。 トレーニングジムの減量大会でも優勝されたそうです。 何事にも真面目に努力される鷲見恵理子さんに感心します。

次の

鷲見恵理子オフィシャルウェブサイト

バイオリニスト 鷲見

経歴 [ ] 現在のの茶商の家に生まれた。 父房太郎は(5年)の生まれ、母いわと(明治29年)に結婚して茶商を開業した。 「武士の商法」で金もうけは得意でなく、暮らしは豊かでなかったが、信仰の厚い母は子供たちをの幼稚園に行かせ、日曜の聖日礼拝を欠かさなかった。 1924年に上京し、ヴァイオリンをに師事した。 1925年、に入団し、1926年、の第一ヴァイオリン奏者となった。 この間、、、に師事した。 1935年からでヴァイオリン指導に当たる。 1945年以降、及びの審査員を務めた。 1946年、で指導を始めた。 1948年、桐朋学園付属「」の創立に参加した。 1951年に(前・新交響楽団)を退団して教育者として専念する。 また、門下生と「」を組織し、指揮者として日本各地で公演、レコーディングを行った。 1952年、音楽科発足以来、同校で指導する。 また、1955年、での指導も始めた。 1961年、の教授となる。 ロン=ティボー、パガニーニ、チャイコフスキー、カール・フレッシュなどの国際コンクールから審査員、オブザーバーとして招聘された。 1978年、下記勲章を受章したが、1984年11月26日、東京で死去、米子市聖交会墓地に葬られた。 国際コンクールでの審査歴 [ ]• :1961年,1963年,1965年,1967年,1969年• :1962年,1964年,1965年,1968年,1971年,1972年,1974年 栄典 [ ]• 1978年(昭和53年)11月:勲四等 家族・親族 [ ] 鷲見家 [ ] (、、) 鷲見家はもと山縣郡高富村(現在の高富)の地侍()であったが、鼻祖五郎兵衛がに仕え、以後代々 の家臣として、からへと従った。 その後、子孫は、破損奉行、あるいは御天守御道具奉行などの保守にかかわる任務を勤めた者が多かった。 8代左平太のとき、弟正人はして一家を構えた。 そして正人の嫡男房太郎は森いわを妻に迎え、7人の子をもうけた。 森家は内町の河口神社のの家柄であったが、いわはを信仰する開明的な婦人で、子供たちを聖公会の経営する良善幼稚園に通わせた。 鷲見家では夜になると、歌をうたったり、合奏したりして賑やかであった。 男兄弟はみな音楽が好きで、長じて音楽を生涯の伴侶とした。 わけても三郎は、バイオリンの優れた指導者として多くのバイオリニストを育てた。 長男・健彰(桐朋学園大学音楽学部名誉教授)• 二男・康郎• 孫の、弟のは同じくバイオリニストである。 末弟のはピアニストとなった。 外部リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

鷲見恵理子(すみえりこ)の家族や両親、学歴、wikiプロフィールを

バイオリニスト 鷲見

こんにちは、Hiroです。 2020年5月2日㈯テレビ朝日22:10から 「激レアさんを連れてきた」が放送されます。 今回は、 世界的バイオリニストとして ずっとヨーロッパの貴族の前で演奏していたので、 居酒屋「鳥貴族」をうっかり貴族が集まるサロンと勘違いして 面接を受けてしまい、とりあえず働いていた人 という面白いエピソードを持つ方が登場されます! これは、激レアさんで以前も放送されたことがあるようですが、 2018年1月) バイオリニストの鷲見恵理子(すみえりこ)さんのようですね! バイオリニストの方って個性的な方が多いですが・・・ 高嶋ちさこさんとか、 木嶋真優さんとか。 ちなみに木嶋真優さんの記事は、よろしければこちらもどうぞ。 鷲見恵理子さんプロフィール 名前:鷲見恵理子(すみえりこ) 生年月日:1975年9月17日 44歳) 出身:東京都目黒区 バイオリンは 3歳から始めており、 両親や、祖父・鷲見三郎さんから学んだそう。 ちなみに、鷲見三郎さんは、 鳥取県米子市出身の 著名なバイオリン指導者! 1984年にお亡くなりになっています お父さんは、鷲見三郎さんの長男、鷲見健彰さんで、 桐朋学園名誉教授。 それを聞いただけでも、名門一家であることが分かりますね。 1980年 桐朋学園「子供のための音楽教室」に入室。 小学校は、田園調布雙葉小学校。 1987年小学6年の時、 第41回全日本学生音楽コンクールで 東日本大会小学生の部で第2位を獲得。 中学も、田園調布雙葉中学校。 1989年中学2年で渡米、 ジュリアード音楽院プレカレッジと プロフェッショナル・チルドレン・スクールに入学。 1994年 ジュリアード音楽院に入学。 同年、 ミケランジェロ・アバド国際バイオリンコンクールで1位を獲得。 その後、 カーネギーホールでリサイタルを開き、 ニューヨークデビューを果たす。 1995年 デビューアルバムリリース。 1998年、同音楽院卒業。 若き頃から才能を発揮されていたのですね。 それなのに、鳥貴族!! 本当にありえない話ですね! 鷲見恵理子さんは結婚しているか? ところで、 鷲見恵理子さんは、ご結婚されているのでしょうか? ご自身のブログや、 いろいろな情報を探してみましたが、 それらしいことは、分かりませんでした。 バイオリン一筋で、恋愛や結婚にももしかしたら あまり関心がなかったのでしょうか? または、ご結婚を公表していないことも 考えられますので、何とも言えません。 それに、家柄のこともあり、 それなりの相手との結婚でないと、ということも 考えられますが。 今でも、 バイオリンを教えていたり、 いろいろなところでコンサートを開いたりと、 忙しい生活をされているように思われます。 お父様以外のご家族の情報も、 あまり見当たらないようです。 鷲見恵理子さんの年収はどれぐらいか? ところで、 鷲見恵理子さんの年収はどれくらいなのでしょうか? 若いころから、コンサートなどもしておられるので、 かなりの収入はあると思われます。 ちなみに、 一般的なオーケストラの楽団員の年収は 500万くらいだそうです。 これをみると、公務員の年収とそれ程変わらない感じです。 しかし、 小澤征爾さんクラスの指揮者となると、 1回の公演で500万円くらいになるそうです。 雲泥の差がありますね! 日本でトップクラスのバイオリニスト、諏訪内晶子さんの年収は 億は稼いでいると言われています。 海外のコンクールで優勝しているレベルの方は、 一回の公演で50万円程度はもらっているようです。 それを考えると、 鷲見恵理子さんの年収も 少なくはないと思われます。 しかし、もともと家が裕福であり、 たとえご自分の収入があまりなかったとしても、 ゆとりのある生活ができるように 感じます。 鳥貴族でのバイト代は、 時給1000円以下だったようなので 何かおかしいと、 感じなかったのでしょうか?? スポンサードリンク まとめ 以上 鷲見恵理子さんプロフィール 結婚しているのか? 年収はどれくらいか についてでした。 鷲見恵理子さんは、 バイオリニストとしての顔以外、 あまり、公表されている情報がなく、 謎の部分が多い方でした。 だからこそ、激レアさんに取り上げられたことで、 エピソードがいろいろ分かって、 親しみが持てる感じがします。 今後も、いろいろな場で ご活躍をきたいしています! 管理人:Hiro 茨城県つくば市にて、夫と二人暮らし。 介護士歴10年越えのアラフォーです。 趣味は、ヨガ、太極拳、山歩き、スキーなど、体を動かすこと大好きです。 最近の投稿• 最近のコメント• に yuukoara より• に グローバルヘルスケアクリニック より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報• 人気記事ランキング•

次の