単身 引越し 費用 比較。 引越し費用の料金相場を調べる

日通やクロネコヤマトの単身パックで引越しする注意点

単身 引越し 費用 比較

引越し費用を安くするには、いくつかの業者に見積もりをとることが最も近道です。 比べるものがないと料金が安いのか高いのか判断できませんね。 何社かを比較することで相場もわかりますし、一番安い業者もわかるのです。 さらに値引き交渉の材料にもなります。 でもいちいち見積もりをしに来てもらうのは面倒ですから、引越し業者一括見積もりサイトを活用しませんか? 簡単・便利・しかも無料なのでオススメです! 引越しの手順 引越しの準備期間は短くて時間も限られていますので、先に大まかな手順を知っておきましょう。 引越しが確定であれば、まずは管理会社に退去することを連絡してから、次に新居探し、最後に引越し業者に見積もりを依頼しましょう。 管理会社は次の入居者を探す準備を始めなければなりませんので、退去の時は早めに連絡するように入居時に契約を交わしているはずです。 引越し業者からの見積もりですが、新居の条件がわからないと費用を計算することが出来ないのでまずは先に新居を決めてください。 荷造りは少しずつ始めてください。 季節外れの洋服やあまり使用しないものからダンボールに梱包していき、不用品や粗大ゴミはこの際思い切って処分しましょう。 もし市外引越しをする場合は、引越し2週間前に転出届を役所に提出しましょう。 新居に郵便物が転送されるように手続きするのもお忘れなく。 電気・ガス・水道・ネットなどのインフラ会社にも引越しすることを連絡して、引越し当日までの料金を精算してもらうようにします。 手続き方法は各会社に問い合わせください。 引越し当日はだいたい引越し業者にお任せして、あなたは家具や家電の配置をスタッフに指示してください。 紙に書いて貼り出しておくと時間の無駄がありません。 実は引越し業者が運べないものがいくつかありますので、ご注意ください。 貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。 引越し日か翌日には、ご近所へ引越しの挨拶に行きましょう。 引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。 郵便物の転送サービスは1年間の有効期限がありますから、住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡するのを忘れないで下さい。 評判の良い引越し業者を選びたい 大手引越し業者には日通、サカイ、アート、アーク、ダックなどがあります。 どこが良いのか知りたくても、残念ながら利用者の100%が「良い」という口コミは見つけられないと思います。 良い引越し業者かどうかは、「同じ条件で見積もりを取って、料金やサービスの内容を比較する」しか方法はありません。 評判というのは結局、「引越し当日の作業員の仕事ぶり」なんです。 同じ会社でも地域によって作業員が違うので、ネットの口コミはアテにできません。 あなた自身が決めるしかありません。 同じ条件で見積もりやサービスを比べるいい方法があります。 ぜひ一括見積もりサイトをご利用ください。 1度の入力であなたのお住いの地域に対応できる複数の引越し業者から見積もりが取れます。 何回も電話をかけて、営業担当者に立ち合い見積もりに来てもらうという作業が省けます。 便利なので賢く引越ししてくださいね。 複数の見積でさらに安くなる! 1つ1分。 最もお得にしよう!! 引越し達人 ・なんと最大55%安くなる! ・ 30秒のかんたん見積もり ・引越し手続きガイド プレゼント SUUMO引越し ・ 電話番号入力不要! 見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい ・クロネコヤマトの引越が人気 アート引越センター 大手の引越しセンターの中でも、創業者が女性ということで細やかなサービスが人気のアート引越しセンター。 人気番組のスポンサーとしてもお馴染みです。 テキパキと働くアート引越しセンターのスタッフを見ると、とても気持ちがいいですね。 ところで引越し業者を選ぶ時の決め手って何でしょう? サービスの質、価格、補償、安心感など決め手は人それぞれです。 あなたはいかがですか? どれを決め手にするにも、複数の業者から見積もりを取らなければ比較する対象がありません。 アート引越しセンターの見積もりも一緒に取れる一括見積もりサイトは簡単・便利でおすすめ! 引越し業者はサービス内容も価格もしっかり比べて、納得して決めたいですね!.

次の

東京の単身引越しに必要な費用と料金相場とは?

単身 引越し 費用 比較

北海道・東北• 北陸・甲信越• 九州・沖縄• 検討の際は必ず各業者へご確認ください。 【総合評価】 見積では、まずほかの業者より安く提示頂いており、ほぼ確定するくらいの見積もり金額を最初から提示頂いたため、交渉する手間が省けました。 引越しのかなり前にサービスのダンボールを配送頂いたため、引越しの準備に早く取り掛かることが出来ました。 当日は、ほぼ時間通りの積荷回収に来て下さり、その速さに驚きました。 また、積荷の荷解き時も、すぐに現地に来てくださっており、予定時間より30分も早い引越し荷解きをして頂きましたことから、とても時間に余裕のある引越しをすることができました。 引越しを担当頂いた方も爽やかな方で、予定外の荷物がでてしまっていましたが、それに対しても融通を聞いて下さりとても感謝しております。 【接客対応】 とても親切に説明頂きました 【引越し作業】 20分ほどで引越し荷解きして頂いて満足です 【サービス】 ほかのオプションは有料でしたが、単身引越しのため必要なく、基本オプションに単身レベルの引越しに必要なものを入れていただいて満足でした。 【料金】 ほかの見積の折り合いの際、値下げ頂いております。 【総合評価】 引っ越し日前日に荷物の引き取りは15時との連絡があった。 当日、午前中に15時半に到着するとの連絡があり、まだ荷造りが終わってなかったこともあり個人的にちょうど良いと感じた。 また、遅れるという連絡があることも丁寧だなと感じた。 荷物の運び出しは、廊下が狭いこともあり、ベッドなどの運び出しも難しいと思われるところも家具や壁に傷をつけることなく丁寧に運び出してくれた。 新居への荷物の運び入れも、私が到着するとすでに引っ越し業者が到着しており、素早く運び入れ、ベッドを組み立ててくれた。 また、新居の天井が高く照明を自分で取り付けることが困難であったため、照明の取り付けサービスはありがたく感じた。 ただ、単身の一部の家具の移動であった為、引っ越し日は土日ではあったが少し高く感じた。 よって総合的な満足度は「まあ満足」である。 【接客対応】 明るく接客をしてくださり、心地よかった。 【引越し作業】 運び出しにくい荷物も嫌な顔せず運んでくれた。 荷物の運び出しが丁寧で素早かった。 荷物の引き取り時間や到着時間を状況が分かり次第連絡をくれた。 【サービス】 天井が高く照明が自分でつけれなかったので取り付けサービスがあり助かった。 【料金】 引っ越し日が土日であった為、平日よりも料金が高かった。 運び出す荷物が限定されていたのでもう少し細かな料金プランがあってもよかったと思う。 【総合評価】 過去に何度か引っ越しを経験しているので、今回も見積もりの段階からスムーズに話が進んだ。 対応してくれた人は皆 人当たりもよくテキパキ仕事をしてくれていた。 トラブルもなくスムーズに引越しが完了したのがよかった。 【接客対応】 特に不満も無い、丁寧な対応だった。 業者の着ている服からタバコの匂いがするのは、個人的に印象が良くなかった。 【引越し作業】 荷物の配達時間が少し遅れたのは仕方無かったように思うが、その際に約束の時間に到着出来ない旨の電話連絡が欲しかった。 【サービス】 一部、不用品を引き取ってくれた事や、段ボール回収サービスを利用した事で、荷物が整理でき、スムーズに新居に落ち着く事ができた。 【料金】 特に不満もないし、会社都合の引越しのため自己負担では無かった。 【総合評価】 何度か引っ越しを経験しているが、満足できる会社と不満に思う会社の違いは見積もりを試算する方、当日に荷物を運び出す方、引っ越し先で荷物を搬入される方の教育がなされている。 不満だった会社を思い出すと、 安かろう悪かろう(荷物を傷つけても謝罪はなく、傷つけたのは会社ではなく初めから傷ついていたと言い訳された)であった。 やはり、多少高くても気持ちよく引っ越ししたいし引っ越し先でリスタートするのに スタートから気分を害することは避けたい。 【接客対応】 業者の方の挨拶や動作は、きびきびしており見ていて気持ちが良かった。 【引越し作業】 業者の方が、部屋内を傷つけないように床や壁に防止用を施したことや短時間で手際よく物を運び出したことで待ち時間が少なくて済んだ。 【サービス】 オプション利用はしていない。 【料金】 単身分なので妥当と感じた。 【総合評価】 料金面に関しては、他社よりも断然安く見積もってくれました。 営業の方が、リピート割引もしてくれて、他社よりお得に感じました。 また、見積りしするだけでお米「ひとめぼれ」をくれたので、非常にありがたかったです。 実際の作業では、玄関での挨拶からしっかり行い、運搬作業も丁寧でした。 壁や床を傷つけないよう、慎重に運んでくれました。 服の梱包に手間取っていたのですが、ハンガーラックに一緒にかけてくれて、作業者さんの温かさを感じました。 作業後の掃除もしてくれて、本当に助かりました。 引っ越し先では、階段がない場所にも関わらず、重たい荷物を運んでくれました。 営業の方、引っ越し業者の方、が終始丁寧な対応だったので、安心して利用できました。 【接客対応】 言葉遣いが丁寧なので好印象だった 【引越し作業】 一人一人が色んな器具を持って作業していたので効率が良かった 【サービス】 営業の方がリピート見積り特典で米をくれたから嬉しかった 【料金】 営業の方が、リピート割引してくれたので、良かった.

次の

引越し費用の相場と総額料金の目安

単身 引越し 費用 比較

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の