金城綾香 フジテレビ。 古谷一行、後輩“金田一”加藤シゲアキにお墨付き「爽やかさがとてもいい」『悪魔の手毬唄』

折坂悠太、上野樹里主演のフジテレビ系月曜ドラマ『監察医 朝顔』主題歌を担当

金城綾香 フジテレビ

番組紹介 すべての子どもが、大人になれますように- 山﨑賢人、初主演かつ初の医師役! 驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・新堂湊(山﨑賢人)が、夢だった小児科医をめざし、研修医として奮闘しながら、子どもたちの心に寄り添い、そして成長していく姿を感情豊かに描いた感動作です。 小児外科医の世界を舞台に、上野樹里、藤木直人とのピュア・タッグで贈る、この夏1番の感動作!驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年のぬくもりが子どもたちを、そして日本中を包む込む。 コミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山﨑賢人)は幼い頃から小児外科医になることが夢だった。 ある日、湊はレジデントとして小児外科の世界に飛び込むことになり、周りの偏見や反発にさらされながらも、同じ小児外科の瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)らとともに、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく。 あらすじ 山﨑賢人さんが演じるのは驚異的な暗記力を持つ一方、 コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・ 新堂湊(しんどう・みなと)。 幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、 研修医として小児外科の世界に飛び込み、 周りからの偏見や反発にさらされながらも、 子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、 ともに成長していく姿を、 あふれるほど情感豊かに描いていきます。 すべての子どもを大人にしたい、ただそれだけ—。 小児外科医の世界を舞台に、 驚異的な能力を持つサヴァン症候群の青年のぬくもりが社会を包み 込む感動作! 出演者 山﨑賢人 上野樹里 藤木直人 戸次重幸 中村ゆり 浜野謙太 ・ 板尾創路 柄本明 ほか スタッフ 【原作】 「グッド・ドクター」((C)KBS. 脚本 パク・ジェボム) 【脚本】 徳永友一、大北はるか 【脚本協力】 LiLy 【音楽】 得田真裕 【医療監修】 〈小児外科〉 浮山越史(杏林大学病院)、渡邉佳子(杏林大学病院) 〈自閉症スペクトラム障がい〉 西脇俊二(ハタイクリニック) 【取材協力】 高田哲也(日吉メディカルクリニック) 【プロデュース】 藤野良太、金城綾香 【協力プロデュース】 西坂瑞城 【演出】 金井紘、相沢秀幸 備考• 2018年7月~9月放送・全10回• 本放送時の平均視聴率:11. 報道特別番組の編成等、各テレビ放送局の都合により、放送時間・放送内容が変更および休止になる場合があります。 当サイトの情報は各テレビ放送局とは一切関係なく、管理人が各テレビ放送局の電子番組表(EPG)やホームページ、毎月および毎週発売のテレビ情報誌に掲載されている番組情報を基に独自にまとめたものです。 当サイトの情報により閲覧者様がいかなる損害を被っても当サイトの管理人は一切責任を負いませんのでご了承ください。 PR内にて紹介している作品は2020年5月11日時点の情報です。 現在は配信が終了している場合もありますので、詳細はでご確認ください。

次の

グッド・ドクター 再放送予定

金城綾香 フジテレビ

フジテレビでは、クリスマスイブの本日12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』を放送します。 主人公の名探偵・金田一耕助を加藤シゲアキさんが演じますが、この度新たに、平祐奈さんが出演することが決まりました。 平さんがハタチになってからドラマに出演するのは初めてとなります(1998年11月12日生まれ)。 なお、主演の加藤シゲアキさんとは初共演となります。 平祐奈さん演じる美代は、金田一が宿泊する那須ホテルの女中(お手伝いさん)。 事件を解決すべく、ホテルと犬神家の本宅を行き来する金田一の身の回りのお世話係として奔走します。 そんな役を、先月ハタチになったばかりの平さんがどう演じてみせるのかに注目が集まります。 また、平さんが金田一シリーズに出演するのは今回が初、そして主演の加藤シゲアキさんとの共演も初めてとなります。 平成最後にお届けする珠玉のホラーミステリー『犬神家の一族』にぜひご期待ください。 フジテレビでは、クリスマスイブの12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』を放送します。 独特の緊張感が張り詰める中、写真撮影が行われました。 写真は左から、私立探偵・金田一耕助(加藤シゲアキ)、犬神家の養女・野々宮珠世(高梨臨)、犬神佐智(坂口涼太郎)、佐智の父・犬神幸吉(板尾創路)、佐智の母・犬神梅子(りょう)、犬神佐武(笠原秀幸)、佐武の父・犬神寅之助(佐戸井けん太)、佐武の母・犬神竹子(松田美由紀)、犬神佐清(賀来賢人)、佐清の母・犬神松子(黒木瞳)、犬神家の顧問弁護士・古館恭三(小野武彦)になります。 フジテレビでは、クリスマスイブの12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』を放送します。 主人公の名探偵・金田一耕助を加藤シゲアキさんが演じますが、この度新たに、 の薮宏太さんが出演することが決まりました。 薮さんが「フジテレビ系ドラマ」に出演するのは、『任侠ヘルパースペシャル』(2011年1月9日)以来、およそ8年ぶりとなります。 なお、事務所の先輩でもある主演の加藤シゲアキさんとはドラマ初共演となります。 薮宏太さん演じる多田浩二は、ドラマ『犬神家の一族』のオリジナルキャラクターです。 生瀬勝久さん演じる橘重蔵が署長を務める那須警察署の若手刑事。 事件現場でのアテンドや状況説明など必要以上に気をつかいます。 また、薮さんが金田一シリーズに出演するのは今回が初、加えて事務所の先輩でもある加藤シゲアキさんとのドラマ共演も初となります。 平成最後にお届けする珠玉のホラーミステリー『犬神家の一族』にぜひご期待ください。 薮 宏太 コメント Q.事務所の先輩・加藤シゲアキさんとのドラマ初共演について 「お芝居での共演は初めてなのですごく新鮮です。 の頃からたくさん一緒にお仕事させていただいていますが、現場にいた加藤くんはいつものNEWSの加藤くんではなく、金田一耕助そのもので見入ってしまいました。 一視聴者として、加藤くんの金田一耕助がどうなるのかオンエアがとても楽しみです」 Q.先日の撮影(クランクイン)時の感想 「少し緊張していましたが、生瀬(勝久)さん、梶原(善)さんのベテランの俳優さんお二人が楽しいお話をして下さったので、次第にリラックスしてお芝居ができました。 クランクインの撮影の日はとても寒かったのですが、緊張感があってなおかつ熱のある現場で、早く溶け込めるように努力したいです」 Q.名作『犬神家の一族』を楽しみにしている視聴者へのメッセージ 「とても歴史のある作品に参加できることがとてもうれしいです。 是非ご覧ください」 上段左から)佐戸井けん太、梶芽衣子、梶原善、品川徹 中段左から)小野武彦、里見浩太朗、生瀬勝久、大倉孝二 下段左から)田鍋謙一郎、安藤聖、笠原秀幸、少路勇介、坂口涼太郎 フジテレビでは、クリスマスイブの12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』を放送します。 主人公の名探偵・金田一耕助を加藤シゲアキさんが演じますが、この度新たに、里見浩太朗さん、生瀬勝久さん、小野武彦さん、梶芽衣子さん、大倉孝二さん、梶原善さん、佐戸井けん太さん、品川徹さん、笠原秀幸さん、安藤聖さん、田鍋謙一郎さん、少路勇介さん、坂口涼太郎さんの13人が出演することが決まりました。 バラエティーに富んだ超豪華な13人が『犬神家の一族』を盛り上げます! 里見浩太朗さんは、一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛を、生瀬勝久さんは、那須警察署の署長・橘重蔵を、小野武彦さんは、古館弁護士事務所の所長・古館恭三を、梶芽衣子さんは、黒木瞳さん演じる犬神松子の琴の師匠・宮川香琴を、大倉孝二さんは、犬神家の下男・猿蔵を、梶原善さんは、那須警察署の鑑識係・藤崎正一を、佐戸井けん太さんは、松田美由紀さん演じる犬神竹子の夫で犬神製糸の東京支社長・犬神寅之助を、品川徹さんは、那須神社の神主・大山泰輔を、笠原秀幸さんは、その寅之助と竹子の息子・犬神佐武を、安藤聖さんは、一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛の第4の愛人・青沼菊乃を、田鍋謙一郎さんは、金田一が宿泊する那須ホテルの主人を、少路勇介さんは、小野さん演じる古館の部下・若林豊一郎を、坂口涼太郎さんは、犬神幸吉とりょうさん演じる梅子の息子・犬神佐智を演じます。 超豪華キャストが集結した、平成最後にお届けする珠玉のホラーミステリー『犬神家の一族』にぜひご期待下さい。 フジテレビでは、クリスマスイブの12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』を放送します。 主人公の名探偵・金田一耕助を加藤シゲアキさんが演じますが、この度新たに、黒木瞳さん、松田美由紀さん、りょうさんの3人が出演することが決まりました。 黒木さん演じる犬神松子は、犬神家の当主・佐兵衛の長女。 夫とは死別しており、佐清という一人息子がいます。 欲望渦巻く犬神家の遺産相続をめぐる争いの中でも、いかなる時も凛(りん)としたたたずまいを崩すことのない芯の強い女性・松子を、「フジテレビ系単発ドラマ」出演が5年ぶりとなる黒木さんがどう演じるのかに注目が集まります。 また、黒木さんが金田一シリーズに出演するのは今回が初となります。 また、松田さん演じる犬神竹子は、佐兵衛の次女。 息子の佐武を寵愛(ちょうあい)します。 竹子は喜怒哀楽をストレートに表現する性格で、犬神家の遺産をめぐり姉の松子と妹の梅子と強く反目。 そんな自らの感情を前面に出す女性・竹子を松田さんが演じるのかに注目が集まります。 また、松田さんは映画「金田一耕助の冒険」(1979年公開)で映像デビューを果たしています。 そして、りょうさん演じる犬神梅子は、佐兵衛の三女。 一人息子の佐智がいます。 年齢は最も若いですが策略家で、狡猾(こうかつ)に遺産を狙っており、2人の姉に執拗(しつよう)なまでの反感を持っている女性・梅子を、「フジテレビ系単発ドラマ」出演が10年ぶりとなるりょうさんがどう演じるのかに注目が集まります。 多くの先輩方が松子を演じてこられました。 身の引き締まる思いでいっぱいです。 松子にとって、息子への愛情はとても純粋なものです。 純粋だからこその狂気に挑戦します」 松田美由紀 コメント 「摩訶(まか)不思議な世界に、視聴者の方をお連れできるように、ドキドキさせたいと思っています。 横溝正史さんの作品の中でも特に印象に残っている作品です。 この名作に参加させていただけることはとてもありがたく、とにかく興奮しております…。 傲慢(ごうまん)さや憎悪などの心情、梅子の持つ底意地の悪さも思い切り表現したいと思っております。 よろしくお願いいたします」 フジテレビでは、クリスマスイブの12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』を放送します。 主人公の名探偵・金田一耕助を加藤シゲアキさんが演じますが、この度新たに、高梨臨さんがヒロインとして出演することが決まりました。 なお、主演の加藤シゲアキさんとは初共演となります。 ヒロインの高梨さん演じる野々宮珠世は、20歳を迎える前に両親を亡くした後、犬神家の当主・佐兵衛に溺愛され養女となった絶世の美女。 頭が切れ、勘も鋭い女性ですが、他人に自らの本心を明かさないミステリアスな面を持っています。 次々に起こる事件のカギを握る珠世という難しい役どころを高梨さんがどう演じるのかに注目が集まります。 また、高梨さんが金田一シリーズに出演するのは今回が初となります。 平成最後にお届けする珠玉のホラーミステリー『犬神家の一族』にぜひご期待ください。 高梨 臨 コメント Q.「珠世」というミステリアスな女性を演じることについて 「今までも映像化されている作品なので、また新しい珠世を演じられればと思っております。 珠世は多くを語らないからこそ、心に猛烈な感情を秘めていると思います。 孤独であり、そして、凛(りん)とした存在感が出せれば良いなと思っています」 Q.先日クランクインを迎えて 「セリフが少ないからこそ、歩き方や、一つの目線でいろんな意味がでてくるので、1カット1カット、丁寧にやっていきたいと思いました」 Q.名作『犬神家の一族』出演への意気込みと視聴者へのメッセージ 「犬神家の珠世を演じさせていただけることをとてもうれしく思っています。 いい緊張感を持ちながら、みなさんに楽しんでいただけるミステリーを届けたいと思っています」 プロデュース 金城綾香 フジテレビ 第一制作室 コメント Q.高梨臨さん起用理由 「犬神家の遺産を一身に相続することになる珠世は、美しく、そして怪しいヒロインです。 恐ろしい事件が起こっても、彼女の真意は見えず、その真意が見えたときに物語は大きく動き出します。 ミステリアスでありながら、一目で男性を魅了する珠世は、決して男性にこびを売ることなく、凛(りん)としていて戦後の新しい女性像を思わせる人物です。 クラシックな美しさを持ちながらも、誰とも似ていない唯一無二の女優さんに演じていただきたいと思い、高梨臨さんにオファーしました。 前にお仕事をご一緒したことがありますが、年を経るたびに、ますます魅力を増していく高梨さんに演じていただく珠世に、ぜひ皆さんも虜になっていただきたいです」 賀来賢人 コメント Q.「佐清(スケキヨ)」という役を演じることについて 「佐清は、不気味、そして実はとても悲しい人物で、犬神家における象徴的な人物だと思います。 自分なりに佐清を丁寧に演じられたらと思います」 Q.『今日から俺は!!』(2018年10月期/日本テレビ系)での経験をどう生かしたいか? 「『今日から俺は!!』で演じる三橋貴志(みつはしたかし)はひたすら無駄に動いていて(笑)。 緊張感を持って挑みたいと思っております。 この座組でしか作れない、新しい犬神家の一族になるよう精一杯頑張ります。 よろしくお願い致します」 プロデュース 金城綾香 フジテレビ 第一制作室 コメント Q.賀来賢人さん起用理由 「『犬神家の一族』の佐清を誰に演じていただくかを考えるのは、プロデューサーとして至極の楽しみでした。 佐清はさまざまなシーンに登場しますし、『犬神家の一族』の最大の謎と言っても過言ではないと思います。 物語の最後の最後までつかめない人物です。 賀来さんのご出演の作品はたくさん拝見していて、役名を言われればその表情や声は思い出せるのですが、では賀来さんとはどういった方だろうと考えたときに、定まったイメージがないのです。 作品が変わるごとに、すっかり印象が変わってしまう。 作品の空気を作って、物語の世界に溶け込んでしまう。 そんな賀来賢人さんに佐清をぜひ演じていただきたく、オファーさせていただきました。 何度も映像化されてきた『犬神家の一族』の佐清は、数々の名優が演じてこられてますが、賀来さんが佐清をどんなふうに演じてくださるか、私の中でもイメージはまだありません。 撮影はこれからですが、賀来さんがどんな風に演じてくださるか、誰よりも自分が楽しみにしております。

次の

折坂悠太、新曲「朝顔」本日リリース & MV公開 フジテレビ系月曜ドラマ『監察医 朝顔』主題歌

金城綾香 フジテレビ

12月21日(土)放送の加藤シゲアキ主演スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』(フジテレビ系)に、古谷一行が出演することが分かった。 古谷は、金田一耕助シリーズの連続ドラマ(1977~1978年)やスペシャルドラマ(1983~2005年)で長きにわたり金田一耕助を演じており、今回初めて金田一以外のキャラクターを演じる。 金田一ドラマへの出演は48作品目となり、『悪魔の手毬唄』には1977年(昭和52年)版、1990年(平成2年)版に続き、3度目となる。 そんな古谷が演じるのは、未解決事件の捜査を金田一(加藤)に依頼する岡山県警警部・磯川常次郎。 キャリアもあり、洞察力にも優れた名警部だが、20年前に鬼首村で起きた青池源治郎殺人事件は解決できなかった。 そのことを長く悔やんでいて、亡き源治郎の妻、青池リカ(寺島しのぶ)のために、何とか事件解決の糸口を見つけるべく金田一を呼び出す。 長いこと演じてきたので金田一が体に染みついているんです。 内容がドロドロしているから、金田一の爽やかさが物語においてとても大事なんです。 そして加藤君の若さが躍動感やダイナミックさを生んでいると思います。 そして、ラストシーンの磯川警部の背中がとても哀愁を帯びていてグッとくるものがあります。 金田一と磯川警部がアイコンタクトを送り合うシーンは友情や信頼感が通い合っていて、そんな二人のバディ感にも注目していただければうれしいです」 <プロデュース:金城綾香(フジテレビ第一制作室)> 「磯川警部を誰に演じていただきたいか、そう考えたときに、いの一番に思い浮かんだのが古谷一行さんでした。 自分が幼少のころから見てきた金田一耕助は、古谷一行さんでした。 断られる覚悟でオファーをさせていただきましたが、この度ご一緒できて、本当に光栄です。 新旧金田一そろい踏みの今作が、誰も見たことのない化学反応を見せてくださいます。 古谷さんが、金田一の世界で新しく演じられる磯川警部を、日本国民皆様に楽しみにしていただきたいです!」 <あらすじ> 岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、二つの名家が対立していた。 岡山県警警部・磯川常次郎(古谷一行)の依頼を受け、金田一耕助(加藤シゲアキ)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。 そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源次郎を亡くしていた。 そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。 ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかり(中条あやみ)が帰郷するということで村中が活気づく中、リカの息子、歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が滝つぼで死んでいるのが発見され…。

次の