天皇陛下 研究 ライフワーク。 辞書、なぜ辞めるという字が使われている?【ことば検定】 答え林修

上皇陛下、皇居「生物学御研究所」を訪問 美智子さまも“未練”明かされる

天皇陛下 研究 ライフワーク

水問題への取り組み 大学時代、「水上交通」をテーマに水にまつわる研究を始められた天皇陛下。 水をめぐる問題に長年取り組む中で、ご自身の視野や活動の幅を広げられてきました。 大きなきっかけとなったのが平成15年 2003 に京都で開かれた「世界水フォーラム」でした。 大会の名誉総裁を務めた天皇陛下は「水上交通」について講演を行う一方、世界各国の専門家と交流する中で、水をめぐる問題が環境や衛生など多方面にわたることに驚き、問題への理解を深めて関わり続けたいと考えられるようになりました。 世界水フォーラム 京都の水運テーマに講演される 平成15年 2003 3月 根底にあったのは、社会で弱い立場にある人たちを思う気持ちでした。 かつて、ネパールで目の当たりにした、水くみ場に列をなす女性や子どもたちの姿が強く印象に残られていた天皇陛下。 「開発途上国では多くの女性が水を得るための家事労働から解放されずに地位向上を阻まれ、子どもが水くみに時間を取られて学校へ行けない現実がある」などと、水の問題が社会に与える影響を語られるようになりました。 ネパールの水くみ場 天皇陛下が撮影された写真 昭和62年 1987 その後も国内外で水に関する施設の視察や研究を重ね、平成19年に国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁に就任すると、水の問題は温暖化などとも関わる地球規模の課題だという認識を深め、「国際社会が一体となって取り組んでいかなければならない」と述べられるようになりました。 そうした中、平成23年に東日本大震災が発生し津波で多くの犠牲者が出ます。 天皇陛下は日本の水災害の教訓を国際社会に伝えていくことにも力を入れられていきます。 陸に押し寄せ家屋をのみ込む大津波 平成23年 2011 3月11日 宮城 名取 平成25年には、皇族として初めて国連本部で講演を行い、歴史研究者としての視点から過去の災害に学び未来への備えとすることの重要性を訴えられました。 「水上交通」に始まり、「社会的弱者」や「地球環境」、そして「災害」へと視野を広げてきた天皇陛下は、平成29年 2017 の記者会見で、「国民の幸せや、世界各地の人々の生活向上を願っていくうえでの、一つの軸として、『水』問題への取組を大切にしていければと思っています」と話されました。 その後も国内外での視察や講演に臨み、平成30年 2018 3月には、ブラジルで開かれた「世界水フォーラム」で、あらためて国際社会の結束を呼びかけられました。 ブラジリア 平成30年 2018 3月19日 天皇陛下は平成31年 2019 2月の誕生日にあたっての記者会見で「『水』問題への取組で得られた知見も、これからの務めの中で国民生活の安定と発展を願い、また、防災・減災の重要性を考えていくうえで大切にいかしていきたいと思います」と話されました。

次の

上皇陛下、ハゼ研究のため皇居へ 引越し後初の訪問に

天皇陛下 研究 ライフワーク

上皇陛下、仮寓所から初外出 上皇さまは5月28日、東京港区の仙洞仮御所(旧高輪皇族邸)に転居後初めての外出をされた。 「上皇さまはハゼの生態研究をライフワークにされ、在位中は週に2~3回は必ず皇居敷地内の生物学御研究所に足を運ばれ研究を続けられていました。 転居後は緊急事態宣言が発令されていたこともあり外出事態を控えておられましたが、今回久しぶりに皇居訪問が叶い、今後の研究について職員と話し合われたとのことです」(皇室記者) また、現在お住まいの仮御所の延床面積は3,467㎡、皇居に比べて格段に狭く、周囲にはタワーマンションなども林立しているため、上皇ご夫妻のプライバシーへの懸念から、仮御所の敷地内での運動は最小限に控えられていた。 「上皇さまは86歳とご高齢ですが、在位中は美智子さまと皇居敷地内を散策され、健康管理の一環とされていました。 長らく外出自粛が続きお疲れも出ていたのか、28日の久しぶりの皇居訪問では非常に晴れやかで表情でいらっしゃいました」(宮内庁関係者) 美智子さまは仮御所での暮らしにご不満も 宮内庁は今後、上皇ご夫妻の健康面を考慮し、皇居・東御苑を散策されることも検討しているという。 「実は、美智子さまから上皇さまの健康面の不安や、ご自身のストレス状況についてのご相談を賜っていまして…。 皇居の改修作業の遅れから、上皇ご夫妻が終の棲家とされるご予定の赤坂御所の改修も後ろ倒しとなってしまいます。 あまり長引くようであれば、との懸念から、早めにご夫妻の皇居での散策を実現したいと思っています」(前出の宮内庁関係者) また、上皇職関係者によれば、美智子さまは皇居での暮らしに思いを馳せられ、時折未練のようなことを口にされることも。 「やはり26年間暮らしたお住まいですから、未だに懐かしく思われることはあるようです。 今のお住まいは手狭ですから、常勤の職員数も絞り、以前に比べて喧騒も無く本当に静かに暮らしていらっしゃいますから、そういった点に寂しさも感じられているのかもしれません」(前出の上皇関係者) 皇居改修の中断はその後の続報がない。 大幅な工事の遅れが懸念される中、上皇ご夫妻にとってストレスフリーな環境が整うことを願うばかりだ。

次の

水問題への取り組み|平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

天皇陛下 研究 ライフワーク

上皇陛下、仮寓所から初外出 上皇さまは5月28日、東京港区の仙洞仮御所(旧高輪皇族邸)に転居後初めての外出をされた。 「上皇さまはハゼの生態研究をライフワークにされ、在位中は週に2~3回は必ず皇居敷地内の生物学御研究所に足を運ばれ研究を続けられていました。 転居後は緊急事態宣言が発令されていたこともあり外出事態を控えておられましたが、今回久しぶりに皇居訪問が叶い、今後の研究について職員と話し合われたとのことです」(皇室記者) また、現在お住まいの仮御所の延床面積は3,467㎡、皇居に比べて格段に狭く、周囲にはタワーマンションなども林立しているため、上皇ご夫妻のプライバシーへの懸念から、仮御所の敷地内での運動は最小限に控えられていた。 「上皇さまは86歳とご高齢ですが、在位中は美智子さまと皇居敷地内を散策され、健康管理の一環とされていました。 長らく外出自粛が続きお疲れも出ていたのか、28日の久しぶりの皇居訪問では非常に晴れやかで表情でいらっしゃいました」(宮内庁関係者) 美智子さまは仮御所での暮らしにご不満も 宮内庁は今後、上皇ご夫妻の健康面を考慮し、皇居・東御苑を散策されることも検討しているという。 「実は、美智子さまから上皇さまの健康面の不安や、ご自身のストレス状況についてのご相談を賜っていまして…。 皇居の改修作業の遅れから、上皇ご夫妻が終の棲家とされるご予定の赤坂御所の改修も後ろ倒しとなってしまいます。 あまり長引くようであれば、との懸念から、早めにご夫妻の皇居での散策を実現したいと思っています」(前出の宮内庁関係者) また、上皇職関係者によれば、美智子さまは皇居での暮らしに思いを馳せられ、時折未練のようなことを口にされることも。 「やはり26年間暮らしたお住まいですから、未だに懐かしく思われることはあるようです。 今のお住まいは手狭ですから、常勤の職員数も絞り、以前に比べて喧騒も無く本当に静かに暮らしていらっしゃいますから、そういった点に寂しさも感じられているのかもしれません」(前出の上皇関係者) 皇居改修の中断はその後の続報がない。 大幅な工事の遅れが懸念される中、上皇ご夫妻にとってストレスフリーな環境が整うことを願うばかりだ。

次の