こだわりハチマキ 剣盾。 【圧倒的進化】クイックターン採用!鉢巻カマスジョーの育成論【ポケモン剣盾】【鎧の孤島】

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論

こだわりハチマキ 剣盾

専用技 オーラぐるま でんきorあく物理技 威力110 命中100 素早さが1段階上昇する 今回採用したモルペコはフライゴンと合わせ、有利対面を操作しつつ自らもエースになれるような育成を施しました。 専用技のオーラぐるまを最大限活かすため、持ち物には『こだわりハチマキ』を採用しています。 ただし電気マスコット枠の宿命である「低耐久」がかなり悪目立ちしてしまい、高火力を上から押し付けられることは非常に苦手。 そこは更に高速のフライゴンがカバーし、強く誘うドリュウズにはギャラドスで対処します。 モルペコを出した試合の 勝率は3割を切るほどであり、いまの環境で戦うのは厳しいと感じました。 半ばネタ気味ではありますが、オーラぐるま使用後のAS1. 5倍という状況がモルペコならではなので、持ち物はこだわりハチマキで悪くはないでしょう。 またフライゴンとセットで出すというのも非常によろしくない。 端的に言えばマイオナなので、モルペコを活かすならもっとお膳立てをしてあげるべきでした。 ただしフライゴン自体の単体性能は悪くないと感じています。 今回はスカーフドリュウズ・サザンドラを重く見るために採用したという経緯があるのですが、しっかり対策になってくれました。 していましたが、オーソドックスなスカーフ型がやはりしっくりくるポケモンです。 モルペコを使っていて気になったのは技不足もあります。 あくタイプながら「ふいうち」を使えなかったのでこだわりハチマキを巻きましたが、覚えていればもう少し違った型があったでしょう。 素早さ種族値も97と微妙なラインであり、 環境に多いサザンドラに1負けていることはかなり気がかりです。 サザンドラでなくともドラパルト・ガラルヒヒダルマのような高速アタッカーは多いので、それらのポケモンへの有効打がありません。 他のポケモンで対処すれば良いという話になるのですが、モルペコを選出した上で考慮するとなると中々厳しいものがあります。 ただ専用技が非常にユニークなので、 使っていて楽しい・使い方を考えるのが楽しいポケモンでした!.

次の

【ダブル】ゴリランダーの育成論と対策【ポケモン剣盾】

こだわりハチマキ 剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】こだわりハチマキの入手方法と使い道【ポケモンソードシールド】

こだわりハチマキ 剣盾

持ち物ランキング 強い持ち物のランキングを作ってみました。 独断と偏見によるものですので、人によって多少上下することはあるかと思います。 SSランク• いのちのたま• じゃくてんほけん• とつげきチョッキ• Sランク• きあいのタスキ• こだわりスカーフ• こだわりハチマキ• こだわりメガネ• ラムのみ• Aランク• オボンのみ、混乱実• タイプ強化アイテム• たべのこし• 半減実• Bランク• アッキのみ・タラプのみ• カゴのみ• たつじんのおび• ぼうじんゴーグル SSランク SSランクの道具は全部で3つあります。 これらの道具はできれば全て採用したいレベルの道具となっています。 いのちのたま 『いのちのたま』はダイマックスと非常に相性が良く、ポケモン剣盾に登場する持ち物の中でも最強の持ち物と名高い道具です。 威力の高いダイマックス技を 1. 3倍の火力に底上げできるだけでなく、攻撃時のHP消耗も元のHPを参照するためデメリットも気になりにくくなっています。 ダイマックスエースに適任の持ち物と言えるでしょう。 Aランク Aランクの持ち物は4つ選ばせてもらいました。 持たせるポケモンによっては強力なものもありますが、持ち物が被ったときの候補や消去法で選ばれるものも多めです。 オボンのみ、混乱実 『オボンのみ』や『フィラのみ』『ウイのみ』などの混乱実による回復は相手の計算を狂わせることもできるため強力な道具ではあります。 ですが、ダイマックスわざの圧倒的な火力で発動の機会を失ってしまったりするケースも多いため、Aランクとさせていただきました。 これらのきのみを持たせるポケモンはサポーターであることが多く、ダイマックスさせる機会は少ないかもしれませんが、 ダイマックス時に発動してしまうと回復量が元のHP参照な点もややマイナス評価となっています。 タイプ強化アイテム 各種プレートや『もくたん』『しんぴのしずく』などのタイプ強化アイテムは、持たせた持ち物に対応したタイプの技が 1. 2倍になる効果があります。 一見すると魅力的な効果に思えますが、火力系の持ち物は全タイプの技が1. 3倍になる『いのちのたま』や、同じ技を撃ち続ける想定で『こだわりハチマキ』『こだわりメガネ』が選ばれることが多く、タイプ強化アイテムはあまり選ばれることがありません。 ですが、「ドレインパンチとマッハパンチを両立したローブシン」や「ハイパーボイスとでんこうせっかを覚えたニンフィア」など、 耐久と火力を両立しつつ技を使い分けたいポケモンにとっては最善の選択となることもあるため、このランクにしました。 Bランク Bランクの持ち物は癖のあるものが多く、積極的に採用されることは少ないです。 アッキのみ・タラプのみ 物理攻撃を受けると防御が1段階上がる『アッキのみ』や特殊攻撃を受けると特防が1段階上がる『タラプのみ』という少し珍しいきのみがあります。 この持ち物は主に要塞化(回復技を使い永遠と居座るポケモン)を目的とするポケモンに採用されることが多いです。 また、ミミッキュのような1発目のダメージを抑えられるポケモンにおいてタイマン性能を上げる目的で採用されたり、ダブルバトルでは『せいぎのこころ』持ちに袋叩きを入れて攻撃を上げるついでに『アッキのみ』で防御も上げる戦術があります。 持たせるポケモンによっては活躍の余地がありますが、これらの戦術は他の道具も候補となることが多く、この持ち物にたどり着くケースはあまり多くありません。

次の