ますぱん ブログ。 noteとブログの違いを徹底比較!それぞれ使い分けができるかも解説|きにぶろぐ.com

こんな道具を使ってます

ますぱん ブログ

実際にnoteを使って記事を書いた感想 noteはまだ利用してそんなに経っていませんが、私も実際に有料noteに初挑戦してみることにしました。 noteを書こうと決心したのは、こちらのツイートを見たからでもあるんです。 ブロガーは誰しも、有料noteを一度書いてみると良いと思う。 「有料で販売する事の責任感」みたいなものが出てきて、記事執筆にいっそう力を注げる。 既にブログに書いてあるテーマでも、見直して見直して丁寧な内容にするだけでも有料の価値が出る。 テーマ: ブログ運営に関するマニュアル• 内容: ブログで書けなかった運営経験を詰め込んでます• 文字数: 18,777文字• 価格: 1,000円で販売中 こんな感じで個人的にはかなり頑張って書きましたが、そもそも需要があるかは全くわかりません。 笑 ブログ運営系はネットを見渡せばたくさんあるので、 私のような無名ブロガーから購入してくれるんだろうか、という不安な気持ちもあります。 ただ全く売れなかったとしても、それはそれで失敗した経験からの体験談を記事にできたりしますよね。 できれば売れたときの体験談の方を書きたいな・・・ 有料noteは2018年4月13日より販売を開始しています。

次の

noteとブログの違いを徹底比較!それぞれ使い分けができるかも解説|きにぶろぐ.com

ますぱん ブログ

PHP・CSSファイルはすべて切り替わる• ウィジェットがリセットされる• ヘッダー・フッター・サイドバーもリセット• 使えないプラグインが出てくる可能性がある• Googleアナリティクス・サーチコンソールの再設定が必要• AdSense広告の再設置が必要• アイキャッチ画像のリサイズが必要になる場合もある 変更するテーマによって内容が多少変わることもあると思いますが、基本的にはこの辺の内容に注意しておくといいでしょう。 ただし、 WordPressのアップデート前にテーマ変更して、その後にアップデートを行ったら表示が大きく崩れたので、変更のタイミングも意識しておいた方がいいかもしれません。 データのバックアップを取る• 新テーマをWordPressにインストール• ライブプレビューで変更後デザインを確認• 機能が重複するプラグインの確認及び停止• head内に貼り付けるコードの確認及び準備• 使用中AdSenseの広告コードを確認及び準備• 既存のCSSデザインを反映させる為のコードを確認及び準備 データのバックアップは、万が一にテーマ変更でWordPressにアクセスできなくなった場合に元の状態に戻すためのもの。 一般的には「BackWPup」プラグインを使って、データをオフライン環境 PCなど に保存する流れになりますね。 また、テーマ変更時にはかなり使えるのが、「ライブプレビュー」というWordPressの機能です。 記事内のHTMLコードはテーマ変更しても消えないので、以前のCSSコードで調整は可能ですよ。 特に記事数がかなりあるブログなんかでは、一気に修正することはまず無理なので応急処置としても使えるので、そこから徐々に新しいデザインに変更していくのがいいかと思います。 また、新テーマ内にプラグインで使っている機能がすでに実装済みだったりするので、 この場合は機能が重複することになる為、プラグインを停止した後に不要なら削除しておきます。 テーマと相性が悪い場合も同様に停止するようにしましょう。 まとめ WordPressを立ち上げた時にテーマを設定するのは簡単ですが、数ヶ月運営して記事が多くなってきたり、独自でカスタマイズしているとテーマ変更も結構大変です。

次の

ウエスト症候群事例紹介〜おとママさん:発症時の様子と病院について〜

ますぱん ブログ

こんにちは、ぱんのすけです。 今日は 運転資金についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。 運転資金の公式 運転資金と検索すると、必ずと言っていいほど下記の式がヒットします。 社会人5年目になった最近にやっと腹落ちしたような気がするので解説していきますね!(遅 運転資金とは、平たく言えばビジネスを行う上で必要な 「つなぎのお金」のことです。 会社は掛け(後払い)で売買を行うことが多いですよね。 つまり、キャッシュ・インとキャッシュ・アウトのタイミングがずれるため、その間のつなぎの資金が必要になるのです!• 実際のお金の流れを見てみよう 数値を用いて説明しますね。 前提条件• 支払は翌月に行われる• 入金は翌々月に行われる• 簡素化のため、額、販売額共に100円• 販売時の仕訳は分記法で行う(売上勘定を用いずに勘定を直接使う)• 運転資金を考えないとこーなる!(例1) 1月に設立し、その後の事業活動を仕訳で見てみましょう(エクセルで作った表をお絵描き用のに貼り付けて画像に変換したものです。 もっといいやり方があれば教えてください。。。 数値を簡単にするために100円でれたものを100円で売るというビジネスにしています。 例1) 1月:100円出資して会社を設立し、を100円で掛けで購入します。 支払は翌月なので、まだキャッシュ・アウトは生じません。 2月:同様にを購入し、今月からようやく販売が開始します。 入金は翌々月(4月)なので、まだキャッシュ・インは生じません。 しかし、1月にれた分の支払いが生じるので、出資の際のキャッシュで支払いを行います。 3月:同様に購入、販売を行います。 まだ入金は生じませんが、前月にれた分の支払いが生じます。 、、、がちょっと待ってください。 何が言いたいかというとこの会社は設立3ヶ月で資金ショートを起こし 倒産です。 ではこの会社はどうすれば倒産せずに済んだのでしょうか?ここで必要になるのが運転資金という考え方です。 運転資金を考えるとこーなる!(例2) 例2) 1月:例1と同様なので省略します。 2月:例1と同様に購入、販売を行います。 加えて、 運転資金として100円の借り入れを行います。 3月:前月にれた分の支払いを借り入れた100円で支払います。 2月に運転資金として借り入れを行ったおかげで資金ショートを起こさずに済みましたね! ここで、再度運転資金の公式を確認してみましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?運転資金が上記の公式で算出されること、何となく伝われば幸いです。 資金繰りは企業活動を続けていく上でのキモとなる部分です。 運転資金については引き続き解説していければと思います〜。 ぱんのすけ mildkun.

次の