ハクビシン 駆除 相場。 ハクビシン駆除の料金相場とおすすめの駆除業者ランキング

ハクビシン駆除、ネズミ・コウモリ等の格安駆除|クラサポの害獣駆除

ハクビシン 駆除 相場

日本では珍しい動物だった 1943年(昭和18年)に静岡県で捕獲されたのが最初の記録とされ、次第に確認地域が増えていきました。 その当時は、見かけるのがとても珍しい野生動物でしたが、今では日本のほぼ全域が生息地です。 なぜ害獣といわれるのか ハクビシンによる被害は大きく分けて、この2つになると思います。 農作物を食い荒らす。 家屋に住み着いて、糞尿、騒音の被害を与える。 ハクビシンは、雑食ですが、特に果物が大好きで農家の果物を食い荒らします。 (次いで野菜も食べられる) 家屋への被害は、ハクビシンが天井裏などを走り回る騒音。 そしてダメージの大きいものが、糞尿による被害です。 ハクビシンは、同じ場所に糞をする習性があるので、家屋の屋根裏、天井裏などに糞のたまり場を作ってしまいます。 スポンサードリンク 捕獲は、どのようにするのか 被害を受けて追い払うなどの対策もあるようですが、多くは捕獲することのようです。 ハクビシンの捕獲は、狩猟免許を持っていない人は捕獲してはいけません。 また、捕獲には有害鳥獣駆除の申請が必要です。 そのため、被害を受けて捕獲をする際は、 役所に相談する、(対応は地域によって違います)または、専門の業者に頼むとなります。 捕獲されたハクビシン 捕獲するのは、だいたい地元猟友の方々か、業者になります。 有害鳥獣捕獲で捕獲されたハクビシンは、苦痛を伴わない炭酸ガスで処分される。 一度人になれてしまった野生動物は、捕獲して山に放しても再び人里に下りてきて被害を与える可能性が高いため、多くがそのようにされるようです。 ハクビシン捕獲、山に帰すらしい。 うん、山がいいよ。 住宅街は合わんだろう。 — まも pandama1 まとめ ハクビシンは中国や東南アジアでは、おいしく食されているようです(広東の野味料理の代表に、紅焼果子狸というハクビシンの醤油煮がある。 ) 日本人でも食べた人の感想には「美味しかった」が多くあります。 ハクビシンの好物が果物なので、そのためかもしれません。 害獣駆除の際に捕獲したハクビシンは、捕獲者がそれを業者へ販売する事は許されていません。 しかし自分で食べたり、無償で他の人に肉をあげるのは大丈夫なので食すこともあるようですが、駆除の際は数が多く、処分となることが多いようです。 スポンサードリンク.

次の

料金表

ハクビシン 駆除 相場

確かにたくさんの業者があって、どこがいいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、おすすめのハクビシン駆除業者をランキング形式で紹介します! 駆除にかかる料金相場や失敗しない業者選びのポイントもお伝えするので、最後まで読んで後悔のない業者選びをしていきましょう。 ハクビシン駆除業者の料金や費用相場 屋根裏に住みついてしまったハクビシンを駆除したい! そうは言っても駆除の経験がある訳でもなく、結局その道のプロであるハクビシン駆除業者を利用することになります。 3m又は40畳)なら8~16万というのが一般的と言われています。 それでも提示された額が適正価格なのか、一般人が知る由もありません。 ハクビシンの駆除について詳しい知り合いもいるわけがなく不安なものです。 ハクビシン駆除業者が明示した駆除内容が的確なのか知るために、どんなことを知っておくべきでしょうか。 はじめての問い合わせの電話で駆除の概要や料金の概算を教えてくれるかどうか、要チェックです。 見積もりで明確に料金を提示してくれるかどうか 電話でのコンタクト後、依頼者が同意したうえでハクビシン駆除業者による現場の調査をした上で見積もりとなります。 この時に作業工程の詳細とそれに伴う料金の詳細を教えてくれないなら、そのハクビシン駆除業者は信用できません。 信頼できるハクビシン駆除業者は、被害状況や屋根裏の敷地面積、必要となる工事などを検証したうえで、見積もりが出せます。 もちろんその工程で使用する薬剤やその量も把握しています。 しかし、信頼できないハクビシン駆除業者は経験がないため、詳細な説明ができず見積もりの総額しか言うことができません。 そしてお客を素人だと見くびったり、細かに質問されるのも嫌がってごまかしたりします。 何といっても料金に差が出るのは交通費。 対応エリアが広すぎる場合は要チェックです。 もし対応エリアの中に自分の住んでいる地域が入っていたとしても、営業所が遠ければ交通費が上乗せされるからです。 再発保障期間1年• 優秀なスタッフが揃っている• 各自治体の指示に精通している• 追加料金なし• ハクビシン駆除の最低価格は15,800円から(被害状況、家屋の規模によって変動) 見積もりまでの流れは、現地調査、被害状況を確認後に見積もりとなります。 見積もり金額を超える追加請求はないのも安心できますね。 ただし四国、東北エリアに営業所が少ない点が、と比較して劣っている点です。 エリア対象外の地域でも対応してくれることがありますが、現地調査が有料となる場合があります。 業界No. 1 駆除後の長期10年保証• お子様やペットに安心な薬剤を使用• 各種メディアによる取材を受けている• 追加料金なし• 1の長さを誇る再発10年保証が特徴のハクビシン駆除業者です。 口コミを見てみると、皆さん10年保証を気に入っておられる様子。 その時だけではなくてその後も責任を持って仕事に取り組んでくれる姿勢が人気の秘密です。 ハクビシン駆除の最低価格は8,800円から。 現地調査をして被害状況を確認後に見積もりを提示してくれますが、見積金額以上の追加請求はありません。 例えば 3日の作業の予定が4日に延びたとしても追加料金が発生しないのです。 ハクビシン以外の害獣駆除にも対応しているので、その他の害獣被害にも対処できます。 ムシプロテックの強み• 最短30分の対応スピード• 年間3,000件の信頼• 各種機材、熟練人材が豊富• 追加料金なし• 無料見積もり 「ムシプロテック」は2019年1月のゼネラルリサーチによると、業者10社を対象にした調査で「スピード対応」「顧客満足度」「価格満足度」で3冠を達成しているハクビシン駆除業者です。 ハクビシン駆除の最低価格は15,000円からとなっています。 ただしと比較した際には、年間の対応件数の差や対応地域の狭さで劣っていると判断したため、4位に評価しています。 10年以上の経験を積んだ専門スタッフが在籍• 駆除、修繕作業のレベルが高い• 写真などを使って納得のいく説明をしてくれる• 最長5年保証• 追加料金なし• ハクビシン駆除の最低価格は14,800円から。 余計な広告料を削って低価格の実現を図っているのがうかがえます。 ただ、大手下請けということで自社の駆除実績数としては公表できないのが残念ですね。 大きく複雑な構造の建築物の駆除実績多数• 迅速な対応• 再発させない施工技術• 細かな料金設定で安心価格• 最長10年保証• 追加料金なし• 寺院や神社など特殊建造物の駆除を得意分野とするこの会社は、個人宅のみならず集合住宅やマンションなど大きな建物の依頼も受け付けています。 対応エリアが東京周辺に限られるせいか、全国エリア対応のと比べ年間実績が少ないのがポイントの低さですね。 会社設立19年の駆除実績• 「厚生労働大臣指定防除作業監督者」が見積もり・作業• 現地作業には必ず5年以上の経験を積んだスタッフが同行• 電話一本で駆除を含めた総額費用を教えてくれる• 最長5年の再発保証• 最短30分での到着も可能なスピード感溢れる対応も人気の理由です。 ホームページで駆除料金の内訳が公開されている明朗会計のスタイルが安心、信頼を呼ぶんですね。 様々なメディアでも取り上げられハクビシン駆除のプロとしてよく知られていて、関東域では認知度が高いハクビシン駆除業者のひとつです。 ハクビシン駆除は18,000円からとなっています。 3ヵ月、6ヵ月、1年おきに定期点検のアフターサービス有り• 駆除、清掃の技術が高評価• ハクビシンの駆除料金9,800円からですが、他の害獣の駆除も対応できます。 もちろんHPもありますが、頻繁にTwitterで駆除の様子を投稿してるので、そこからもどんな業者か知ることができますよ。 ハクビシンの駆除業者は、害獣駆除110番がおすすめ! 数多くのハクビシン駆除業者を比較しましたが、やはり一番おすすめできるハクビシン駆除業者はだと言えます。 24時間365日対応可能で全国各地に出張所があるので、急なハクビシン被害でもすぐに駆けつけてくれます。 累計210万件以上の対応件数という圧倒的な実績もあり、満足度や利用シェア、価格満足度などのランキングでも王座に輝いています。 ハクビシンの頭数• 作業範囲の広さ• 被害状況• 出張先までの距離• 作業の難易度• それから箱罠などを使ってハクビシンを捕獲します。 調査の段階で捕獲予定のハクビシンの頭数は分かってますので、その数に応じて料金が加算されていきます。 (例:1頭あたり1万円なら2頭で2万円) これには捕獲後の殺処分の際に使う薬剤や処分料も含まれます。 見積もりの段階と実際の捕獲の時の頭数が違ったら…と不安に感じますよね。 ハクビシン駆除業者によっては、追加料金はないと約束してる所もあります。 もしそうでなければ、見積もりの段階で確認しておくとトラブルを回避できますよ。 大抵、ハクビシン駆除業者の見積もりは面積 平方メートル が基準になります。 屋根裏での駆除なら屋根裏の床面積。 倉庫での駆除なら倉庫の床面積です。 当然、敷地面積が広く被害が広範囲にわたる場合は駆除の値段が上がります。 例えば、駆除の際に燻煙剤を使用するのであれば、使用する薬剤も多量になるため、料金は作業範囲の広さに応じて加算されます。 この被害状況が駆除料金に影響します。 侵入して間もなければ簡単な掃除程度で終わるものの、長期間住みついている場合は、糞尿の量やそれによる断熱材や天井裏の建材の被害が広範囲に及んでいることがあります。 被害程度が酷くて作業量が増える場合はそれに伴って作業時間も長くなるため、料金が加算されることになるでしょう。 軽度の被害で抑える為にも早めの発見と駆除が欠かせませんね。 ハクビシン駆除業者のエリア外にご自宅がある場合、出張してもらう距離が料金に反映されます。 エリア内だとしても場合によっては料金加算の対象になるので確認が必要です。 例えば、営業所から極端に遠い地域や場所、ご自宅が山の奥にある場合などには出張料金が変動するでしょう。 最初の問い合わせの時点で確かめてみてはいかがでしょうか。 ハクビシンが巣を作る場所は、屋根裏などの高い場所です。 もちろんハクビシンの侵入口も高い場所にありますよね。 当然ですが、高所の作業には危険が伴うので、それなりに金額設定は高くなることをご理解ください。 高さだけでなく狭さや足場の悪さも作業の難易度に影響します。 例えば、ハクビシンが巣を作っている場所が極端に狭い屋根裏である場合、作業機材を入れることが困難になり別の手段を取らなければいけません。 さらに足場が悪いため工事が難航するということもあり得ます。 このような状況では作業の難易度が上がるため、それに見合った料金が発生することになるでしょう。 駆除法は大きく分けて2通り。 追い出し 安いのは「追い出し」です。 この価格の違いは工程の違いです。 追い出しの場合、追い払って穴を塞ぐ工事をするだけですから料金は安く上がりますが、同じ個体が戻ってくる可能性があるので、将来的には再度ハクビシン駆除業者に依頼することになるかもしれません。 それでも予算が限られていて料金を安く抑えたい方もいらっしゃることでしょう。 安くハクビシンを駆除したい場合は、業者に「追い出し」での駆除を相談してみることもできますね。 信頼できるハクビシン駆除業者に依頼して、ハクビシン被害とおさらばしよう! さて、ハクビシン駆除の料金や業者選びの疑問は解けましたか? ハクビシンによる被害は深刻で早急に対処しなければいけません。 そのためには信頼できるハクビシン駆除業者を見つけるポイントを押さえながら探すことが重要です。 ランキングに入っている会社はどれも信頼できるハクビシン駆除業者です。 この会社の中から選ぶのも選択肢のひとつです。

次の

ハクビシン駆除の料金内訳をリサーチ

ハクビシン 駆除 相場

イタチによる主な被害 イタチ駆除の費用や方法を知る前に、どのような被害が起きるのかを説明していきます。 巣を作る イタチは住宅に侵入すると基本的に棲みつく習性があります。 主に屋根裏などに棲みつき、一度棲みついてしまうとなかなか出ていかずに巣にしてしまう動物です。 またそこで出産することも少なくなく、自分の家の屋根裏で繁殖をすることも……。 どうにか避けたいですよね。 騒音 イタチは夜行性の動物なので、私たちが寝ている間に天井からガタガタと音が……なんてことが多くあります。 せっかくの睡眠を邪魔されたくないですよね。 排泄物被害 屋根裏に巣をつくるということは、排泄ももちろんその場で……。 もちろんイタチ自ら掃除なんてするわけもないので、どんどん溜まっていってしまいます。 じつはイタチの排泄物というのはとても厄介で、臭いがとても強烈です。 彼らは肉食動物なので、糞のにおいも強いものとなってしまいます。 以上が主な被害となっています。 野生の動物なので清潔とはいえず、多くの菌を持ち運んでくることになります。 つまり、皆さんのお宅がとても不衛生になってしまうかもしれないのです。 イタチの駆除作業はこんな内容! イタチの被害はとても厄介であることがわかりました。 また、先ほども述べたように巣をつくり棲みつく習性をもつため、自然に出ていくことを期待しても無駄になることも……。 では、どのように駆除をすればよいのでしょうか? イタチを捕獲する イタチ駆除方法のひとつに捕獲があります。 イタチが現れそうな天井裏などにイタチの好むエサを仕掛けて、捕獲ゲージを設置する方法です。 イタチは肉食なのでソーセージなどをエサにするのが好ましいです。 繁殖性が高いので、何度か設置することをおすすめします。 しかしイタチの捕獲は「鳥獣保護法」や「狩猟法」に従って十分に注意をし、適切に行う必要があります。 イタチを追い出す イタチを追い出すには「忌避剤を使用」「光を当てる」などの方法があります。 忌避剤を使用 忌避剤とは、害虫や有害動物などを近づけさせないようにするための薬剤です。 イタチ用の忌避剤もあり、固形、液状、ジェル状などさまざまです。 巣がある場所などに設置、使用します。 先ほども述べたように、イタチは棲みつく習性をもちます。 光を当てる イタチは夜行性で、用心深い性格であるため、暗いところで急に強い光を当てると逃げ出す習性があります。 防犯対策で使用するような、動くものを察知して光るタイプのものがありますが、それをイタチの棲みついている侵入口に設置するのが好ましいです。 また、田んぼなどでよく見る、CDをぶら下げて反射で光るようなものも効果はあるでしょう。 捕獲ゲージや忌避剤を利用するよりも簡単に使用できそうですね。 また、家に不要なCDがあれば、イタチ駆除の費用もおさえられるので最初に試してみてもいいかもしれません。 駆除をおこなった後は、二次被害対策をする必要があります。 二度と棲みつかせないように、イタチがいた場所の糞や巣の撤去、消毒、侵入口の封鎖もしましょう。 糞、巣の撤去 棲みついていたイタチに自分たちの住処だと認識されないよう、しっかり清掃しておきましょう。 排泄物などもあるので、マスクや手袋は忘れずに着用しましょう。 消毒 撤去、清掃後でも、野生動物のにおいや雑菌は残ったままです。 雑菌だらけの家では生活したくないですよね。 イタチがいた空間全体を消毒、消臭しておきましょう。 イタチ駆除の費用相場はどれぐらい? イタチの駆除は自力でやるか、業者に頼むかに分かれますが、それぞれのイタチ駆除の費用はどれくらいになるのでしょうか。 自力の場合、「ライトや、CD、忌避剤などの撃退グッズ」、「消臭剤、除菌剤」、「マスク、手袋」、「侵入口の封鎖用の板など」を用意する必要があります。 業者に頼む場合だと、業者によってさまざまですが、「基本料金」、「追い出し作業」、「巣や糞などの撤去、消毒」、「侵入口の封鎖」が基本的な作業内容です。 イタチ駆除は自分でするのか業者に頼むのかどっちがいいの? では、イタチ駆除は自力で行うか、業者に頼むかどちらがいいんでしょうか? 自力でイタチ駆除をする場合と、業者に依頼する場合を比較してみましょう。 比較するために、メリットとデメリットをまとめます。 【自分でイタチ駆除をする場合】 ・メリット 自力で行うメリットは、安く済むことです。 イタチ駆除の費用をおさえたい!という方に向いているといえます。 ・デメリット 自力でイタチ駆除をすると、プロではないため確実性はありません。 失敗を繰り返し、何度も試すと、費用がかさむ恐れもあります。 【業者に依頼する場合】 ・メリット 業者に依頼したほうが手間にならないでしょう。 費用はかかりますが、確実性があり、労力もかかりません。 ・デメリット 業者に依頼した場合のデメリットは費用がかかることです。 業者によって費用が異なるので、数社を比較してから依頼業者を決めるといいでしょう。 このように自分でイタチ駆除をする場合と、業者に依頼する場合とではそれぞれに良さがあります。 自分が納得できる方法でイタチ駆除をおこないたいですね。 まとめ 以上、イタチによる主な被害やイタチの駆除方法、費用について説明しました。 馴染みのない動物であるぶん、どのように対処したらいいか迷ってしまいますよね。 しっかり駆除しないと、残った雑菌などが居住地へ侵入し、健康被害もこうむりかねません。 そうならないためにも、業者に依頼するほうがいいかもしれませんね。 少しでも早く追い出して、平和な日常を取り戻しましょう。 屋根裏害獣を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の