弘道 会 神戸 事務 所。 事務所案内|濱田会計事務所

アウトロー列伝 闇社会: 神戸市中央区熊内町にある山口組の中核組織、弘道会系の組事務所の駐車場で車2台のフロントガラスが割られる

弘道 会 神戸 事務 所

中小企業法務 契約書や就業規則の作成、株主総会準備、アジアへの進出支援、企業内不祥事の解決等、経営者が直面する諸問題をサポートいたします。 早めにご準備を始めてください。 手法はさまざま。 最適なプランの選択実行をサポートいたします。 金融法務 銀行や信用金庫等、金融機関に求められる高度なコンプライアンス態勢の維持や新商品開発業務等をサポートしています。 事業の再生・清算 確かな金融知識と実績・経験に基づき、法的手続と私的整理を併せながら、事業の再生や清算手続きをサポートいたします。 労働 最新の法令・裁判例に基づきメンタルヘルスへの対応や働き方改革、人事労務体制の整備へのサポートを行っております。 内部体制 組織の外部からの見え方をお伝えし、共に考え、その組織のマネジメントが正常に機能するようサポートさせていただきます。 交通事故・損害賠償 交通事故への専門的対応のほか、近隣紛争等、日常生活で起こる損害賠償案件について、きめ細かくスピーディーに対応いたします。 高齢者の財産管理 高齢者がご自身のためにその資産を保有・管理し続けることができるよう、成年後見や家族信託等の諸制度を利用してサポートいたします。 家族 離婚、婚姻外男女関係、相続手続き、遺産分割、祭祀承継(お墓)、公正証書遺言、遺留分等、家族が抱える諸問題に対応しています。 地域創生 私たちも地場産業のひとつとして、行政、NPO、社会福祉法人、生協等のサポートを通じ、地方の活性化、地域創生に参画しています。 行政 地域の発展を目指して、公共政策への知見を深め、地方自治体や第三セクターから多岐に亘る相談を承っております。 セミナー・講演 最新の法令、裁判例に基づく講演のほか、ハラスメントや情報漏洩の防止、クレーマー対策等に関するセミナーを承っております。

次の

山口組系組員撃たれ重傷 神戸の事務所、犯人逃走 (写真=共同) :日本経済新聞

弘道 会 神戸 事務 所

当局が動くきっかけとなった山健組系組員射殺事件の現場 六代目山口組と神戸山口組の対立は、抗争状態として行政命令をかけられるだけの資料が整ったとして、兵庫県警は11日、神戸市灘区にある六代目山口組総本部をはじめとする関係先事務所など、同県内に存在する計11カ所に対して、捜査員180人体制で使用制限の仮命令をかけた。 六代目山口組関係で総本部以外に使用制限を受けたのが、今年8月、発砲事件が起きた神戸市内にある同組の中核団体・弘道会の関連施設。 神戸山口組関係では、神戸市二宮にある神戸山口組事務所、同組の中核団体・五代目山健組本部、山健組傘下組織である與組、宮鉄組、ほか5カ所。 まずは仮命令が下されたが、今後はこれを受けた兵庫県公安委員会が15日以内に意見聴取の場を設置し、本格的な使用制限が出される見通しだ。 加えて13日には、大阪府警が大阪市内にある弘道会傘下組織、山健組傘下組織の事務所など計3カ所に、愛知県警が名古屋市内にある弘道会本部事務所などに、岐阜県警は岐阜市内にある弘道会傘下組織の事務所に、使用制限をかけた。 使用制限期間中には、組員たちがこれらの事務所へ立ち入ることなどが禁止される。 さらに今後、特定抗争指定暴力団の指定に向けて、当局が動き出す可能性も十分に考えられる。 特定抗争指定暴力団とは、指定暴力団のうち、抗争状態にあり市民生活に危害を加える可能性がある組織に対して、都道府県公安委員会が指定するもの。 組員が5人以上集まったり、対立組織の事務所に近づいただけで逮捕されるなど、当局の取り締まりがより厳しくなるのだ。 事務所の使用制限に加えて、特定抗争指定暴力団への指定……組織側にとっては甚大な影響を受けることになるになるが、こうした規制を招いた根拠となるのが、10日に神戸市内で起きた、弘道会系組織幹部による山健組系組員2名の射殺事件だろう【参考記事)。 この事件の犯行の動機が、8月に神戸市内にある弘道会関係施設で起きた発砲事件に対する報復だと、当局は考えているのではないか。 「すでに8月の発砲事件を受けて、当局は主要事務所への使用制限仮命令に向けた準備に入っていた可能性がある。 今年4月に神戸市内で五代目山健組若頭が弘道会系組員に刺される事件が起きたが【参考記事】、捜査当局では8月の発砲事件をその報復と見ていたのではないか。 だが犯人が逮捕されていなかったために、個人的な怨恨の線も捨てきれなかった。 そうしたなかで今回は、弘道会系組員による山健組系組員射殺事件が起きた。 もしかすると、射殺事件の容疑者から、8月に起きた事件の報復といった趣旨の供述をとれたのかもしれない」(事情通) つまり、報復の連鎖がすでに起こっており、六代目山口組と神戸山口組は抗争状態であると判断するに十分な材料が揃ったというわけだ。 今回、六代目山口組総本部などが使用制限を受けたことで、分裂騒動の分岐点になるのではないかといわれている六代目山口組・髙山清司若頭の出所にも影響が出ることになる。 「今月18日に出所する予定だった髙山若頭は、収監されている府中刑務所から、そのまま六代目山口組総本部に向かう予定ではないかといわれていました。 翌19日には、総本部に六代目山口組と友好関係にある他団体が訪問し、さらに20日には髙山若頭の出身母体となる弘道会本部に、同じ他団体が訪問するのではないかとみられていました。 それが今回の使用制限で大幅に変更を余儀なくされたのです」(ジャーナリスト) 神戸市花隈で放たれた銃弾は、思わぬ展開を招くことになってきている。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』。

次の

事務所案内|濱田会計事務所

弘道 会 神戸 事務 所

神戸の山口組弘道会事務所で発砲事件 神戸新聞NEXTは次のように報じています。 21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内町9の建物付近で「暴力団員が撃たれた。 被疑者が逃走している」と通報を受けた消防から葺合署に連絡があった。 捜査関係者によると、 建物は指定暴力団山口組(神戸市灘区)の最大勢力「弘道会」(名古屋市)が拠点として使用。 同会関係者が負傷し、銃を発砲した男が単車で逃走しているとの情報もあり、兵庫県警が行方を追っている。 4月には山口組と対立する指定暴力団神戸山口組の中核団体「山健組」の最高幹部が神戸市内で刺される殺人未遂事件も起きており、県警は抗争事件の可能性があるとみて調べる。 現場には、パトカーや捜査車両が次々と駆け付け、21日午後7時半現在、規制線で付近を通行止めにしている。 引用:神戸新聞NEXT 現場:乗車中に撃たれた? ツイートされている「現場」とされる画像を見ると、被害組員が車に乗っている時に撃たれた可能性があります。 神戸の現場。 — i. matsumoto matsumoto326 August 21, 2019 神戸の発砲現場。 部屋住み狙い? — ・893 fight0Japan 被害者は弘道会の部屋住みだということです。 また他の情報も総合すると、4発撃たれ2発が命中、病院に入院しましたが、命には別条はないとのこと。 警察の捜査動画が漏洩? さらに今回、警察の捜査映像らしきものまでツイッターでは出回っているようです。 これにはさすがに「大丈夫なの?」という声も上がる始末。 これはこれで、事件とはまた別に問題になる可能性もあります。 以上になります。

次の