この上ない幸せ 熟語。 「幸せ」を表す四字熟語18選!幸福を願う意味を持つ言葉とは?

最上な喜び? という意味だったような二次熟語を求む

この上ない幸せ 熟語

何か自分が誇りに思えるようなことを成し遂げて、その嬉しさが顔に思わず表れているような場面で使用することが可能です。 例えば、「国家試験をパスして彼女は得意満面だった。 」などの例文で使用できます。 「喜色」の部分が「喜び、また嬉しい様子」という意味を表します。 例えば、「初孫の誕生にうちの親は喜色満面だった。 」などの形で表現できます。 嬉しさが思わず顔いっぱいに広がるような場面でぜひ使用してみましょう。 小さな願いが叶う、というよりも長年自分の中にあった何かが達成された際に使用します。 例えば、「それが心願成就した瞬間、彼女に笑みがこぼれた。 」の例文があります。 日常生活の中で嬉しさでテンションが上がるというよりも、静かな幸せを感じてにこやかに笑うような場面で活用される四字熟語です。 例えば、「彼女は友人の温かな言葉に触れて嫣然一笑した。 」などの形で使用できます。 このような瞬間を迎えると、人間なら誰でも嬉しさが込み上げてきますよね。 具体的な例文としては、「彼女の長年の夢が今、大願成就した。 」などが挙げられます。 活用してみましょう。 表す意味から、特に女性特有の嬉しさを表す笑顔を描写して用いることが多いと言えます。 具体的には、「祖父の退院についての話を聞いて、母は破顔一笑した。 」などの形で使用することができます。 「恐悦」とは「畏まって喜ぶ」という謙遜した表現です。 「至極」とは「程度が甚だしい様子」を表します。 例えば、「彼女は、いつもお世話になっている上司の言葉に恐悦至極した。 」などの形で使用することが可能です。 特に仏教を学ぶ上で嬉しい気持ちになったさい、その嬉しさを表現するものとして使用されてきました。 例えば、「彼はその教えの深い意味を知り、踊躍歓喜した。 」などの形で使用できます。 何かが楽しくて心地よさを感じ、その嬉しさを表現したい際に使用すると効果的な四字熟語です。 例えば、「彼女は何とも愉快適悦な様子でその部屋でくつろいでいた。 」などの例文で使用することができます。 ぜひ活用しましょう。 あまりの嬉しさに笑うしかない、その気持ちが顔や態度にしっかり出てしまう、という際に使用するものです。 具体的な例文を挙げてみると、例えば「予想外の展開に思わず有頂天外になってしまった。 」があります。 「狂おしい程に喜ぶこと」という意味も持っています。 素直に嬉しい、という気持ちを表現する際にぜひ活用したいものです。 例えば、「彼女はその知らせに思わず狂喜乱舞した。 」と使用することができます。 何かの喜びや嬉しいことが頂点に達し、それが極まった場面で活用することができます。 具体的な使い方としては、例えば「その縁談が決まったことは、彼女の家族にとっても大慶至極と言うべきだ。 」などの形で使用可能です。 例えば、「お誕生日おめでとう。 これからも日常の中で愉快適悦を大切にして、幸せを噛みしめながら新たな1年を過ごしてね。 」などと相手に伝えることができます。 相手の笑う顔をを想像しながら書くと良いですよ。 例えば、「先日の会議ではお忙しいところ、様々なサポートをして頂き誠にありがとうございました。 こちらとしても恐悦至極の気持ちでおります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 」などの形で使用可能です。 例えば、「私の座右の銘は、破顔一笑です。 日常の小さなことに思わず顔がほころんで笑うことができるような人生を歩みたいと思っています。 」などの形で使用できます。 このように、座右の銘としてポジティブな意味で活用できます。 ここまで、喜びや嬉しい気持ち・嬉しさを表す四字熟語の活用例を複数ご紹介してきました。 座右の銘としても活用できる、とありましたよね。 下記関連記事内では、「自分の座右の銘とは?かっこいい言葉・ことわざ・四字熟語と名言28選」を分かりやすくまとめています。 こちらの内容も合わせてぜひチェックしてみましょう。 「嬉しい」を表す四字熟語を日常生活に積極的に取り入れていこう! この記事では、「嬉しい」という気持ちや喜びを表現する四字熟語を沢山ご紹介してきました。 その表現自体に「笑う」や「喜び」という意味を表す漢字が含まれていて、比較的意味の分かりやすいものもありました。 具体的な活用例でもご紹介した通り、これらの表現は日常生活でも活用できる場面が沢山あります。 あなたもぜひ今回ご紹介したものを日常生活に積極的に取り入れ、幸せな人間関係構築に生かしてみてください。 今回は、「嬉しい」または喜びを表現する四字熟語をご紹介してきました。 下記関連記事内では、「書き初めにおすすめの四字熟語18選」を分かりやすくまとめています。 新しい年を迎えるのにふさわしい表現にはどんなものがあるのでしょうか?小学生でも簡単に書けるものからご紹介しています。 ぜひチェックしてみましょう。

次の

【この上ない幸せ】の例文集・使い方辞典

この上ない幸せ 熟語

ユゲットは感謝の言葉を唱えた。 アランと共に生きていける自分を、この上ない幸せ者だと思ったのだ。 神父の笑顔に送られて廊下に出た。 … 帚木蓬生『受精』 より引用• 自分自身がゲームの世界の中にいるような、そんな感覚がわき上がってきた。 道筋があって、進むべき先があることは、この上ない幸せだ、と彼女は感じた。 矛盾を抱えながらも、それほど嫌な気分がしないのは、つまりは生きている目的に近い行動だからだろうか、ハチが花の蜜を求めるように。 … 森博嗣『四季 2 夏』 より引用• 外の穏やかな陽気が程良く伝わり、入り口のガラスを貫く陽光は、こちら側に入りこんだ瞬間、その尖り方を改めて温かく広がる。 この空気の中、うたた寝をして、そしてそのまま死んでもいいなぁと思えてしまうそんな日々が続いていることに、俺はこの上ない幸せを感じていた。 昔の、青春ポイントなんてものを追いかけていた俺なら、きっと留まることを良しとせずに走り出したのだろうけど。 … 入間人間『電波女と青春男 第07巻』 より引用• 少女が住んでいた家は、炎に包まれていた。 もう逃げることもできないほど燃え上がった建物の中で、ファウストは少女を抱きしめると、この上ない幸せを感じた。 そして満足した彼は「時間よとまれ、今のお前は美しい」を叫ぶ。 グアムの恋人岬にも伊豆の恋人岬から送られた銀の鐘と呼ばれる鐘があり、こちらにも同様の言われがある。 この伊豆、グアム双方の鐘を、愛し合う二人が鳴らすと、この上ない幸せが訪れるとされる。 伊豆市の鐘は、2009年8月11日の駿河湾地震で破損したことがある。

次の

四字熟語の幸せを願う意味のものを厳選!内容も解説するよ!

この上ない幸せ 熟語

そして彼は彼の水兵熱をますます高めて行ったのである。 それゆえ水兵帽を手に入れたことは彼にとってこの上ない喜びであった。 が、同時に彼は後悔もしていた。 … 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』 より引用• 人と云う人の娘は第一考えなければならない事である。 一度縁を結んで再び里にかえるのは女の不幸としてこの上ない不幸である。 若し夫は縁がなくて死んだあとには尼になるのがほんとうだのに「今時いくら世の中が自分勝手だと云ってもほんとうにさもしい事ですネー」とうそつき商ばいの仲人屋もこれ丈はほんとうの事を云った。 … 宮本百合子『元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳)』 より引用• なかなかの壮観であった。 刀剣好きのぼくにはこの上ない楽しみをさせてもらったわけであった。 一体、正宗という刀工は実在しなかったのではないかという説が、明治年代に出て、その後それを踏襲している人が少なくない。 … 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』 より引用• この時からしばらくは、子どもたちはこの上ない危険にさらされました。 あらあらしい叫びをあげ、ぴいぴい笛をふくやら、ぼうぼうほら貝をならすやらして、あさましいばけもののむれが、山の上からなだれをうって、ふたりのかくれ場所のすぐ近くを走りおりたからです。 … ルイス/瀬田貞二訳『 ナルニア国物語1 ライオンと魔女』 より引用• 灼けるようなある種の感動が謙造から言葉を奪った。 謙造にとってこの上ない魅力ある物語の主人公が現実に目の前にいた。 … 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』 より引用• 無実の男を一人絞首刑にするのに、この上ないことをやってきたんだぞ。 ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』 より引用• 正直いってこうした話の流れはわたしにとって意外この上なかった。 臓器移植を専門にしている外科医といえば、医学をも含む現代科学の最先端を行く人物で当然、科学万能の思想で凝り固まっていると思っていたからである。 … 和田はつ子『薬師』 より引用• 瞑想的な気分になり、ただ静かに眺めていたかったのだ。 静かでこの上ない輝かしさの中で、一日が穏やかに終わろうとしていた。 水面は平和に輝き、空には雲ひとつなく、汚れない光が恵み深く広がっていた。 … コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』 より引用• ずきりと胸が痛む。 空はこの上ないぐらいの青空で、自分はいつも通りの朝を迎えている。 そんな事が、ただ、いたたまれなかった。 … 奈須きのこ『月姫 翡翠 true. txt』 より引用• ユニフォームは誰にしろ夫を着る人間を、社会の一定秩序の内のレッキとした位置に据えるように感じさせるものだ。 之はルンペンから区別して自分をシャンとさせるにはこの上ない魔法の衣だ。 ユニフォーム・システムは而も、そのハイヤアルキーにも拘らず、他面に於て平等主義を有っている。 … 戸坂潤『思想と風俗』 より引用• 私はあなたにお詫びに来たのですわ。 お詫びにはこの上ない機会ですわ、間もなく死ぬかも知れないのですから! 私は、はじめのうち浮わついた気持ちであなたの美しい容姿だけに心をひかれたという無礼な女でしたの! … ロスタン/岩瀬孝訳『シラノ・ド・ベルジュラック』 より引用• あまりにも人が多すぎて、自分がどの方向に向かっているのかもわからない。 なぜだか私はこの上ない不安というか、それにも増して強い 寂寥感 せきりょうかんに襲われた。 思えば、鉱山に来てから行方不明だらけだ。 … 山口芳宏『雲上都市の大冒険』 より引用• 裁判所にたいしては協同ではなに一つできやしません。 どんな事件でも独自に調査する、あれはまさに慎重この上ない裁判所なんです。 だから協同でも何一つ仕遂げられないんですが、個々人がこっそりと何かをやりとげることはよくあるんです。 … カフカ/中野孝次訳『審判』 より引用• これは 雄黄 ゆうおうと呼ばれる薬でな、 唐 からから渡来した貴重この上ない 代物 しろものよ。 皆殺しにするほど多量にはない。 … 福永武彦『風のかたみ』 より引用• それが信長の気がかりになって、何時かこの女は自分のところから逃げ出すのではないか、ふとそんなことを思った。 遊び女の身分で信長の側室に迎えられるならばこの上ないことだった。 逃げ出す理由などあろう筈はないのに、信長には、彼女との愛のいとなみの終ったあたりでそのようなことを頭に浮かべることが一度や二度ではなかった。 … 新田次郎『武田勝頼(二)』 より引用• などと朝っぱらから 物騒 ぶっそうなことこの上ない料理講座を受けさせられたり。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』 より引用• 後から出てきた者にとっては、やりにくいことこの上ないだろう。 下手をすれば、互いに救世主を奉じて殺しあう宗教戦争に発展する。 … 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』 より引用• 何か独特でこの上ない体験を終えた後の沈黙がやってきて、少しの間言葉がなかった。 ただ感動で、つけ加えるものは何もない。 疲れきっていたし、びっこも引いていたからだ。 小さなウィーナの恐ろしい死に、この上ないみじめな思いを抱いていた。 それは僕をぶちのめしてしまう悲惨事のように思われた。 … ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』 より引用• 水俣病患者の百十一名と水俣市民四万五千とどちらが大事か、という言いまわしが野火のように拡がり、今や大合唱となりつつあった。 なんとそれは市民たちにとって、この上ない思いつきであったことだろう。 それこそがこの地域社会のクチコミというものだった。 … 石牟礼道子『苦海浄土』 より引用•

次の