トヨタ rav4 ハイブリッド。 トヨタ RAV4(ハイブリッド)の燃費

トヨタ 新型 RAV4 VS エクストレイル VS フォレスター VS CR

トヨタ rav4 ハイブリッド

走破性、操安性、低燃費を兼ね備えた新4WDを採用 SUVらしい力強いデザインと、オンロード&オフロード両方の走行性能が格段に向上したミディアムサイズSUV。 クラストップのラゲージスペースが与えられるなど使い勝手も考慮されている。 また、世界初となる新4WDシステム、ダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載。 前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立して制御することで、ドライバーの狙い通りのラインを安定した姿勢で駆け抜けることが可能となる。 また、4WD走行が不要と判断した際は、後輪の駆動系を切り離すことで燃費を向上させる仕組みをもつ。 エンジンは2L直4と2. 5Lのハイブリッドが用意される(2019. 4) RAV4についての最新記事• 8 J X• 8 J X Gパッケージ• 8 J X リミテッド• 8 J エアロスポーツ• 8 L X• 8 L X Gパッケージ• 8 L X リミテッド• 8 L エアロスポーツ• 0 J X 4WD• 0 J X Gパッケージ 4WD• 0 J X リミテッド 4WD• 0 J エアロスポーツ 4WD• 0 J ワイドスポーツ 4WD• 0 L X 4WD• 0 L X Gパッケージ 4WD• 0 L X リミテッド 4WD• 0 L エアロスポーツ 4WD• 0 L ワイドスポーツ 4WD• 0 J• 0 J 4WD• 0 J E仕様• 0 J E仕様 4WD• 0 J V• 0 J V 4WD• 0 J V E仕様• 0 J V E仕様 4WD• 0 J V エアロスポーツパッケージ• 0 J V エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 J V タイプG 4WD• 0 J V タイプG エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 J V タイプX 4WD• 0 J V タイプX エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 J V パーソナルセレクション• 0 J V パーソナルセレクション 4WD• 0 J エアロスポーツパッケージ• 0 J エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 J ソフトトップ 4WD• 0 J タイプG 4WD• 0 J タイプG エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 J タイプX 4WD• 0 J タイプX エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 J パーソナルセレクション• 0 J パーソナルセレクション 4WD• 0 L• 0 L 4WD• 0 L E仕様• 0 L E仕様 4WD• 0 L V• 0 L V 4WD• 0 L V E仕様• 0 L V E仕様 4WD• 0 L V エアロスポーツパッケージ• 0 L V エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 L V タイプG 4WD• 0 L V タイプG エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 L V タイプX 4WD• 0 L V タイプX エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 L V パーソナルセレクション• 0 L V パーソナルセレクション 4WD• 0 L エアロスポーツパッケージ• 0 L エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 L ソフトトップ 4WD• 0 L タイプG 4WD• 0 L タイプG エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 L タイプX 4WD• 0 L タイプX エアロスポーツパッケージ 4WD• 0 L パーソナルセレクション• 0 L パーソナルセレクション 4WD.

次の

トヨタ RAV4(ハイブリッド)の燃費

トヨタ rav4 ハイブリッド

スペック 新型 RAV4(日本モデル) 全長 4,600mm~4,610mm 全幅 1,855mm~1,865mm 全高 1,690mm ホイールベース 2,690mm エンジン 直列4気筒 2. 6kgm) — リアモーター 最大出力 40kW(54ps) — リアモーター 最大トルク 121Nm(12. 両方のグレード「G」で比較した場合、ガソリンモデルは3,202,200円、ハイブリッドモデルは3,817,800円と 61万5600円の差額となる。 更にハイブリッド車は約16万5,300円 自動車取得税 約101,800円+ 自動車重量税約36,200円+グリーン化特例 約33,500円 の 減税が受けられるので45万300円の差額となる。 ここでガソリンの計算となるが約45万円のガソリン代を埋める場合にどれほど乗ればお得となるのか検証する。 約15万キロ乗らないと差が埋まらないことに・・・ 通常5年ほどで新車を手放す可能性が高いかもしくは 10万キロと考えてもハイブリッド車を選ぶと-191,000円となる。 ハイブリッド車だからと言って安易に選ぶことができない。 5万キロで手放すことを考えれば-320,500円なので更に差が出てします。 結論 リセールバユーを考えた場合に約19万円、約32万円を埋めることができればハイブリッド車を選択するべきだろう。 SUVとして燃費がいい新型RAV4は個人的にはガソリン車が乗り出し価格を含めおすすめしたい。 新型 RAV4の情報はこちら トヨタ RAV4 トヨタ.

次の

エコで売るには限界アリ!? トヨタの「RAV4ハイブリッド」と「RAV4 PHV」の商品性のちがいを考える

トヨタ rav4 ハイブリッド

トヨタは、クロスオーバーSUVの「RAV4ハイブリッド」を2019年4月10日に発表、同日より販売を開始した。 RAV4ハイブリッドは「SUVらしい力強さと使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WD」を開発コンセプトとし、逞しさと洗練さを融合させたデザインを特徴とするクロスオーバーSUV。 RAV4としては初のハイブリッドモデルでTNGAに基づく「GA-Kプラットフォーム」の採用によるボディの高剛性化、低重心化、リヤサスペンションの最適チューニングなどを実施。 操縦性と乗り心地、経済性をハイレベルで融合させたモデルだ。 全長はハリアーのほうが長いものの、それ以外のサイズはハリアー並みかそれ以上だ。 最小回転半径は5. 5mで、195mmのロードクリアランスを確保する。 エクステリアはSUVらしい力強いデザインを特徴とし、ボディカラーは全6色を用意する。 ガソリン車の「Adventure」に設定されるツートーンカラーはハイブリッドには未設定。 5リッターエンジンと、最高出力88kW(120ps)、最大トルク202Nmのモーターを組み合わせたハイブリッド。 4WDとFFが設定され、4WDは前後トルク配分を100:0から最大20:80まで変更可能な新型E-Fourを採用した。 このシステムは駆動力、4WD、ブレーキ、ステアリングを統合制御し、路面や運転状況に応じて選択できるマルチテレインセレクトやTRAILモード、ドライブモードセレクトの走行モードに応じて各制御を最適化する4WD統合制御、「AWD Integrated Management(AIM)」が装備されている。 最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」は標準装備されており、駐車時の安全を支援する「パーキングサポートブレーキ」をハイブリッドGに装備。 トヨタスマートセンターと通信でつながり、目的地設定や情報検索が行える「T-Connectサービス」にも対応し、T-Connectナビ装着車には3年間無料で提供される。

次の