風邪 に 効く スープ。 風邪にはチキンスープ。作り方載せています。

風邪かな?と思ったらチキンスープを飲みなさい

風邪 に 効く スープ

風邪を引いた時のおススメの飲み物や栄養ドリンクとスープ! 体が怠い、頭が痛い、咳や鼻水が出てきた。 これはもしかして「風邪・・・?」 そう思った時はすでに症状がそれなりに進行し、場合によっては発熱や嘔吐、下痢といった別の症状も現れ始めている頃かも知れません。 風邪に掛かってしまったら、基本的には風邪のウイルスが体の外へ排出されるまで出来るだけ安静にしているのが一番と言われています。 とは言え、仕事や家事育児を抱える身では、なかなかゆっくり出来ないのも現実ではないでしょうか。 そうなれば、少しでも早く風邪を治したいと思うのが心情と言うもの。 例えば、 風邪を引いた時に飲むとよい飲み物やスープがあれば、より早く風邪が治るような気がしませんか。 風邪をひいたときにおススメの飲み物と作り方5選! 風邪を引いたと感じたら、薬を飲むのもよいですが摂取する飲み物を工夫する事で、治りを早くする事が出来ます。 では、風邪を引いた時にお勧めな飲み物とは一体どのような物なのでしょうか。 ポカリスウェット 風邪を引いて熱が出ると、それにより脱水症状が起こる事があります。 その場合、ただ水を飲んでも体内の電解質の乱れが治まらないため、ポカリスウェットなどのスポーツドリンクを飲むのがよいとされています。 しかしスポーツドリンクには糖分も多く含まれているので飲み過ぎには注意をして下さい。 また、乳幼児にスポーツドリンクを大量に与えると水中毒になるとも言われているので、こちらも注意は必要です。 URL: 経口補水液 胃腸風邪を引くと下痢や嘔吐によって脱水症状になりやすくなってしまいます。 そのような時は経口補水液を飲むようにしましょう。 水分摂取の方法としてスポーツドリンクもありますが、糖分が気になる方や乳幼児にはこちらの方が好ましいかも知れません。 また、経口補水液はご家庭でも簡単に作る事が出来ます。 水一リットルに対し砂糖を大さじ4と2分の1、食塩を小さじ2分の1加えるだけです。 URL: 栄養ドリンク 風邪による発熱や体力消耗による疲労を回復させるために、栄養ドリンクを飲むというのも一つの方法です。 この時、風邪薬と併用する場合にはノンカフェイン・ノンアルコールのものを選ぶのがよいようです。 また、栄養ドリンクをお湯で割って飲むと体が温まるだけではなく成分がしっかり体に沁み渡るそうなので、治りも早くなるかも知れません。 URL: オレンジジュース 風邪を引く原因として考えられる事の一つのビタミンCの不足があります。 ビタミンCが不足すると体の免疫力が落ちて感染症にかかりやすくなると言われているからです。 なので、風邪を予防する、風邪を引いた場合に早く治すためにはビタミンCの摂取は欠かせません。 中でもビタミンCが豊富に含まれているオレンジジュースは有効な飲み物と言えるでしょう。 URL: 乳酸菌飲料 腸の調子を整えると、善玉菌が増え免疫力が上がる事から乳酸菌の摂取は体そのものの調子を整える意味でも有効とされています。 これは風邪を引いている時も同様で、免疫力が下がり腸内に悪玉菌が増えている状態を乳酸菌飲料を飲む事で善玉菌を増やし、風邪を早く治す事が出来るのです。 URL: 風邪に効くスープとレシピ5選! 寒気や食欲の減退、咳や鼻水などの諸症状に悩まされたら、スープを飲んで撃退しましょう。 温かいスープを飲めばそれだけ体温も上がり、新陳代謝も活発になります。 また今回は、数あるスープレシピの中から特に風邪に効くスープを5つ厳選してみました。 チキンスープ 日本では昔から風邪を引くとたまご酒を飲んだり、おかゆを食べたりしますが、実はこれと似たようなものが欧米諸国でも存在します。 それはチキンスープ。 しかも野菜たっぷりなものがよいようです。 チキンスープには、カルノシンという疲労回復に役立つ成分が豊富に含まれているので風邪で弱った体を回復させてくれる効果があるようです。 また野菜に含まれるビタミン類が免疫力を高めてくれます。 URL: 中華風スープ 栄養満点のたまご、咳や痰を鎮める効果のある長葱、それに新陳代謝を高め発汗作用のあるしょうががはいったスープは、まさに風邪に掛かってしまった人のためのスープと言えるかもしれません。 特にしょうがは体を温めてくれますし、殺菌作用もあるので風邪のウイルスを撃退してくれます。 にんにくスープ にんにくには、長葱や玉葱と同じ硫化アリルが含まれています。 この硫化アリルや殺菌作用に優れているため風邪のウイルスに働き、風邪の治りを早くしてくれます。 また、にんにくには抗酸化作用があるビタミンCや食欲増進といった効果も期待出来ます。 抗酸化作用により免疫力が上がり、また食欲が早く戻ればそれだけ風邪も早く治るという事なのです。 URL: 大根おろしスープ 大根のおろし汁には消炎作用があり、鼻づまりや頭痛、発熱などに効果が期待出来ます。 また、大根にはたくさんの消化酵素が含まれているので、胃腸の働きを助けてくれます。 URL: 味噌汁 日本式のスープと言えば、やはり味噌汁でしょう。 味噌汁のベースとなる味噌は発酵食品ですから乳酸菌が多く含まれています。 これにより腸の調子を整い、風邪を早く治してくれます。 また、しょうがや卵、葱と言った具を入れる事でよりその効果を高めてくれます。 URL: まとめ 風邪に効くと言われている飲み物やスープは、どれも昔から言われてきたものばかりのような気がします。 小さい時は漠然と親の言う通りに飲んでいましたが、それぞれの飲み物にはきちんと「風邪が治る」根拠となるものがあったのですね。 またこれらの飲み物やスープは、風邪を治してくれるだけではなく普段から意識して飲む事で風予防にもなります。 ビタミンCや乳酸菌を上手に摂取し、にんにくやしょうがのパワーで風邪を寄せつけない体を作って下さい。 風邪の関連記事.

次の

風邪にはチキンスープ。作り方載せています。

風邪 に 効く スープ

この記事に書かれていること• チキンスープは風邪に効く! その他に少なくとも世界の15カ国で、 風邪を引いたらチキンスープが飲まれています。 それだけ多くの国の人が、 経験的にその効果を実感しているということです。 プロゴルファーでテレビのバラエティ番組でも活躍している 東尾理子さんもアメリカ中留学中に、 アメリカ人が風邪になったらチキンスープを飲む様子を見て、 自分でも試しその効果を実感したといいます。 以来、日本に帰ってきてからも風対策に チキンスープをせっせと作っているといると、 某テレビ番組で言っていました。 ご主人の石田純一さんもチキンスープの効果を知っていたようで、 ご夫婦ともども風邪をひいたら 熱々のチキンスープを飲んでいるということです。 では何故、世界の多くの国で風邪をひいたら チキンスープが飲まれているのでしょう。 それはチキンに含まれている 2つの成分に秘密があります。 チキンに含まれる2つの成分とは? カルノシン 一つ目の成分はカルノシン。 これは、白血球の働きを高める作用があります。 白血球は私たちが病気にならないよう、 体内に侵入した細菌をやっつけてくれるものです。 この白血球をよりパワーアップするのがカルノシンです。 白血球にとってのユンケル皇帝液やマムシドリンク、 あるいはレッドブルみたいなもの。 さらにこのカルノシンのもう一つの優れたところは、 白血球を体内のあちらこちらに分散させずに、 一ヶ所にとどめることです。 そのため、体内に侵入したウイルスを集中攻撃するので、 風邪にかかっても治りが速くなるというわけです。 イミダゾール・ジ・ペプチド 2つ目はイミダゾール・ジ・ペプチド。 疲労回復の効果があります。 長時間、羽ばたいて飛び続ける渡り鳥や、 24時間泳ぎ続けるカツオやマグロなどの魚に 多く含まれている成分です。 このイミダゾール・ジ・ペプチドのおかげで、 長時間、筋肉を使い続けることができるというわけです。 鳥の胸肉に多く含まれているので、 胸肉を食べるとイミダゾール・ジ・ペプチドを 効果的に取り入れることができます。 この2つの成分を効果的に 取り入れる事ができるのがチキンスープです。 そこで、4つのチキンスープのレシピを紹介します。 それにニンニク、ショウガ、ネギを加え、 塩、胡椒で味を整えるだけのシンプルなスープ。 これチキンだけではなく、ニンニク、ショウガ、ネギも それぞれ強力な疲労回復、免疫力向上作用があり、 体を暖める食材だから、ある意味最強の組み合わせと言えます。 作り方 全ての具材を水で煮込む。 塩を味付けする。 下ゆですると、たっぷり含まれたビタミンCが ゆで汁に溶けでてしますので チキンスープの鍋でゆでるようにしてください。 そうすればたっぷりのビタミンCを 効果的に取り入れることができます。 次に免疫力が高まるキノコを投入。 椎茸やエリンギなどお好みのキノコを入れてください。 胸肉は鳥が羽ばたくときにつかう筋肉。 この胸肉にはイミダゾール・ジ・ペプチドがたっぷりと含まれています。 仕上げに、醤油(小さじ2杯)、塩・胡椒(少々)、ゴマ油(小さじ2杯)で味を整える。 これで栄養士さんお勧めの、風邪の症状を和らげるチキンスープの完成です。 鶏肉をいれ、野菜、こんにゃくを入れて2時間ぐらい煮込む。 酒、醤油、塩で味を整えて仕上げます。 お好みで他の野菜やショウガなどをいれても美味しくいただけます。 ぽっぽ汁はごぼうやニンジン、コンニャクなどから 食物繊維も大量に摂れますので、お通じにも効果があります。 おわりに 某テレビ番組の中でトリニダート・ドバコの男性がチキンスープを飲めば、32時間以内に風邪が治るときっぱり言い切っていました。 風邪やインフルエンザが流行するこの季節には最適です。 普段から、夕食のメニューに加えて チキンスープを楽しんではいかかでしょうか。 オススメは、東尾理子さんのレシピ。 手軽に作る事ができ効果も抜群です。 大量に作っておいて冷凍保存しておけば、 いつでもおいしくいただくことができます。 また、イミダゾール・ジ・ペプチドは 脳の疲れを軽減するとても大きな働きがある事が研究論文などでも実証されています。 先端的な疲労研究を行っている 7 大学をはじめ,食品メーカー,医薬品メーカーなど 19 社および大阪市で構成された産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」において,抗疲労食品の開発が進められている.抗疲労食品とは,健常者が身体的あるいは精神的に負荷を与えられたときにみられる作業効率の低下ならびに休息欲求と不快感を伴った状態を軽減する食品と定義される.健常者の疲労においては,その発現に酸化ストレスが大きく関わっていることが分かってきており,抗酸化物質の疲労に対する効果について精力的に研究が進められている.中でも動物の骨格筋や脳に多く含まれるイミダゾールジペプチドは,その抗酸化作用により動物試験およびヒト試験で最も顕著な抗疲労効果が確認されている.本稿では新規抗疲労成分イミダゾールジペプチドについて詳細に述べることにする 日本補完代替医療学会誌 風邪気味かなというときだけでなく、仕事の疲れが抜けない、 なんとなく体がだるい時などにも最適です。 受験勉強で脳みそを酷使する 受験生の夜食にもお勧めします。 また、加齢により脳の衰えをカバーするためにも、 とても有効な食べ物です。 いつまでも若々しく健康でいるために、 普段から一杯の熱々のチキンスープを おいしくいただくことを心がけましょう。

次の

風邪に効く食べ物とおすすめレシピ〜栄養満点の食事による治し方〜

風邪 に 効く スープ

最近街中で、マスクをしている人を多く見るようになりましたね。 風邪が流行っていますが、あなたの体調はどうですか? これからインフルエンザも流行る時期なので、いつでも体調万全でいたいものですよね。 しかし、いくら風邪予防に気を使ってマスクなどをしていても、風邪を引くときはあります。 そんな時、引き始めであれば食事や睡眠で治すことができます。 もちろん、風邪が悪化してからも、風邪に効く食事を選んで取ることが、風邪を治すスピードにも大きく関係してきます。 今回は、風邪を引き始めた方、悪化してきて辛い方、風邪を予防したい方、 全員にオススメしたい風邪に効くスープの簡単レシピを紹介します! 風邪に効く食材 まず、風邪に効く食材から紹介します。 風邪を引いた時には、ウイルスを退治するために必要な栄養素があります。 あなたはなんだかわかりますか? それはビタミンです。 風邪の時にはビタミンが効く、というのは有名ですがウイルスを退治するということからなのです。 ですから、ビタミンを多く含んだ果物、野菜が非常に効果的です。 また、熱が出ると体力を消耗してしまいます。 体力がなくなると風邪の治りが悪くなるのでタンパク質を摂取することが必要です。 卵はタンパク質を多く含んでいてオススメです。 卵には抗炎症作用もあり、風邪を早く治してくれますよ。 もう一つおすすめの食材が生姜です。 生姜には、代謝を促進して体を温める効果があるので、免疫力が上がり風邪の治りが早くなります。 料理にも合わせやすいですよね。 野菜・果物、卵、生姜が風邪に効く食材だということがわかりましたね。 今まで何となく風邪に効くということがわかっていた方も、理由まで詳しくわかると安心しますよね。 風邪に効くスープの簡単レシピ 風邪を引いている時に、凝った料理はしたくないですよね。 そんなあなたにぴったりな、風邪に効くスープを簡単に作れるレシピを紹介していきます。 ビタミンたっぷり、野菜コンソメスープ ビタミンの多い野菜を多く使い、コンソメの優しい味付けで、風邪の時でもホッとできるスープです。 材料 2人分• ミニトマト 4個• ブロッコリー 4房• コンソメ 固形2個• 水400ml 作り方• キャベツ、にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、ミニトマト、ブロッコリーを一口大に切ります。 水400mlを沸騰させてから、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもを入れて中火で10分煮込みます。 ミニトマトとブロッコリーはまだ入れません• ミニトマト、ブロッコリー、コンソメをいれて中火で5分煮込みます。 これで完成です。 ポイントは、ミニトマトとブロッコリーは煮込み過ぎてしまうと色が悪くなるため、後から入れることです。 最後にお好みで塩を足していただいても構いません。 キャベツは、スーパーやコンビニなどで売っているカット野菜でも代用できます。 カット野菜の方がより手軽に作ることが出来ますね。 ビタミンたっぷりなので、風邪によく効きます。 卵とトマトの中華スープ タンパク質が多い卵と、ビタミンの多いトマトを使ったスープです。 見た目も綺麗で食欲が湧きますよ!• 材料 2人分• 卵 2個• トマト 1個• ネギ 適量• 水 400ml• おろし生姜 適量• 中華スープの素 小さじ2• 塩コショウ 少々 作り方• トマト、玉ねぎ、ネギを一口大に切ります。 鍋に水400mlを沸騰させてから、玉ねぎ、ネギ、おろし生姜、中華スープの素を入れて中火で5分煮込みます。 鍋にトマトを入れて、塩コショウでお好みの味に整えます。 卵をボールで軽く溶き、鍋の中に回し入れます。 これで完成です。 ポイントは、最後に入れる卵をボールで溶きすぎないことです。 回し入れることで、卵がバラバラになりにくく、見た目が綺麗に仕上がりますよ! ネギと生姜を入れることで、体が温まり風邪に効果があります。 お好みでネギと生姜の量を増やしてもいいですね。 体が温まる、生姜ときのこのスープ• 材料 2人前• 生姜 1かけ• 水 400ml• 醤油 大さじ 2• 塩コショウ 少々• ごま油 お好みで 作り方• しめじ、えのきの石突きを落とし、バラバラにします。 生姜を千切りにします。 量はお好みで増やしても良いです。 鍋にごま油を引いて熱します。 しめじ、えのき、生姜を入れて火を通します。 鍋に水400mlを加えて、5分煮込み、醤油、塩コショウで味を整えます。 これで完成です。 今回は、しめじとえのきを使用しましたが、お好みのきのこを入れていただいても良いです。 生姜も量を増やした方が体が温まるので、好みで調節してください。 ポイントは、きのこと生姜に火を通す時に、ごま油を使用することで風味が良くなるところです。 水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しいですよ。 まとめ 3種類の簡単スープのレシピ、いかがでしたか? 手に入りやすい食材と調味料なので、準備も楽に出来ますね。 風邪の時はあまり無理をせずに簡単な料理で乗り切りましょう。 風邪に効く食材を自分でプラスして、アレンジを加えてみるのもいいですね! 是非この冬は簡単な風邪に効くスープで、風邪に負けないようにしてください。

次の