感覚 類語。 感情類語辞典

感覚の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

感覚 類語

「感覚が鈍い」の意味とは? 「感覚が鈍い」を分解して解釈• 「感覚が鈍い」の使い方• 「感覚が鈍い」を使った例文• 人間に備わる「感覚」器官とは? 「感覚が鈍い」の意味とは? 「感覚が鈍い」という言葉を、耳にした事があるでしょうか。 一般的に使われる機会が多い言葉のため、ほとんどの人が耳にした事があるのではないでしょうか。 中には 「感覚が鈍い」と言われて、嫌な思いをした経験がある人もいるかもしれません。 または、周囲に 「感覚が鈍い」と感じる人がいるかもしれません。 一方で、 「感覚が鈍い」という言葉を、今回初めて目にしたという人もいるでしょう。 そこで、 「感覚が鈍い」という言葉の読み方や意味を紹介します。 「感覚が鈍い」の意味 「感覚が鈍い」には、どのような意味があるでしょうか。 「感覚が鈍い」という言葉には、 「外界の刺激を感じ取るスピードが遅い、または刺激から意識が生じるまで、時間がかかる」という意味があります。 例えば、寒い日に薄着で出かけてしまうと、普通なら 「寒い」と感じて、暖かい室内に入るか、暖かい服装をすると思います。 しかし冷たい風や、気温の低い空気に触れても、 「寒い」と感じる事ができなかったり、感じるのが遅かったりすると、風邪を引いてしまう可能性が高くなります。 このように刺激に対する反応が薄いケースや遅いケースを、 「感覚が鈍い」と言います。 美しい景色を見ても、何も感じなかったり、感じるのが遅い場合も、 「感覚が鈍い」と言われてしまいます。

次の

感情類語辞典

感覚 類語

「こなす」の意味 「こなす」という言葉には様々な意味がありますが、 一般的には「課された物事などを適切に処理する」といった意味合いで使われることが多くなっています。 また、漢字で表記する場合には「熟す」とされており、 一般的に最もよく見かける代表的な使われ方としては「仕事をこなす」という形が広く知られています。 「こなす」の正しい使い方 「こなす」という言葉自体に「物事をうまく処理する」という意味合いがある為、 基本的に自分の行動を表現する言葉としての使い方はあまり好ましくありません。 自分の行動に対して使う場合、別の言葉を使った方が自然に収まることが多いからです。 例えば下記の例のように「こなす = 処理する」という形で変換してみると、 自分以外の第三者の行動を表現する使い方のほうが自然な形と言えます。 POINT!• ですが、相手方に若干の違和感を感じさせてしまう可能性がある為、 仕事などのビジネスシーンにおいては他者の行動を表現する言葉として使うのが無難と言えます。 こういったことから、話し相手に出来るだけ違和感を感じさせない使い方としては、他者の行動を表現する際の言葉として考えておくのがいいでしょう。 「こなす」の具体例と例文 ここまで「こなす」という言葉についての意味や使い方を理解してきたうえで、 実際に日常で使うイメージがしやすいように具体的な例をいくつか挙げてみます。 仕事をしながら家事や育児も こなしている人は立派だと思う• 圧倒的な数の仕事を こなすことで、初めて仕事の本質的を理解することが出来る• 職人は気が遠くなるくらい細かい作業をひたすら こなしていく• 分刻みのスケジュールを こなすには入念な準備が必要だ• アスリートは常人では考えられない量の練習メニューを こなしている• 忙しくても複数の仕事を同時進行で こなせる人に憧れてしまう• 難しい課題ではあったが何とか こなすことが出来た• 日常生活の中で自然に「こなす」という言葉を使いたい場合には、やはりこのような他者の行動を表現する形を推奨します。 また、1つ前の項目でご紹介した例文でも試したように、「こなす = 処理する」という形で変換していただいても、ほとんど意味が通るつくりになっているのがお分かり頂けると思います。 「こなす」の類語 「こなす」の類語を理解しておくと、場面に応じて適切な言葉を選ぶことや文章作成時の重複を避けることが出来るため、非常に重宝します。 ここでは「こなす」の類語をいくつか挙げていきますが、1つ前の具体例の項目で使った例文に以下の類語を当てはめてみても、綺麗に文章を構成できるのが分かりますね。

次の

既視感の意味と類語!既視感が多い原因と起こりやすい人の特徴

感覚 類語

「こなす」の意味 「こなす」という言葉には様々な意味がありますが、 一般的には「課された物事などを適切に処理する」といった意味合いで使われることが多くなっています。 また、漢字で表記する場合には「熟す」とされており、 一般的に最もよく見かける代表的な使われ方としては「仕事をこなす」という形が広く知られています。 「こなす」の正しい使い方 「こなす」という言葉自体に「物事をうまく処理する」という意味合いがある為、 基本的に自分の行動を表現する言葉としての使い方はあまり好ましくありません。 自分の行動に対して使う場合、別の言葉を使った方が自然に収まることが多いからです。 例えば下記の例のように「こなす = 処理する」という形で変換してみると、 自分以外の第三者の行動を表現する使い方のほうが自然な形と言えます。 POINT!• ですが、相手方に若干の違和感を感じさせてしまう可能性がある為、 仕事などのビジネスシーンにおいては他者の行動を表現する言葉として使うのが無難と言えます。 こういったことから、話し相手に出来るだけ違和感を感じさせない使い方としては、他者の行動を表現する際の言葉として考えておくのがいいでしょう。 「こなす」の具体例と例文 ここまで「こなす」という言葉についての意味や使い方を理解してきたうえで、 実際に日常で使うイメージがしやすいように具体的な例をいくつか挙げてみます。 仕事をしながら家事や育児も こなしている人は立派だと思う• 圧倒的な数の仕事を こなすことで、初めて仕事の本質的を理解することが出来る• 職人は気が遠くなるくらい細かい作業をひたすら こなしていく• 分刻みのスケジュールを こなすには入念な準備が必要だ• アスリートは常人では考えられない量の練習メニューを こなしている• 忙しくても複数の仕事を同時進行で こなせる人に憧れてしまう• 難しい課題ではあったが何とか こなすことが出来た• 日常生活の中で自然に「こなす」という言葉を使いたい場合には、やはりこのような他者の行動を表現する形を推奨します。 また、1つ前の項目でご紹介した例文でも試したように、「こなす = 処理する」という形で変換していただいても、ほとんど意味が通るつくりになっているのがお分かり頂けると思います。 「こなす」の類語 「こなす」の類語を理解しておくと、場面に応じて適切な言葉を選ぶことや文章作成時の重複を避けることが出来るため、非常に重宝します。 ここでは「こなす」の類語をいくつか挙げていきますが、1つ前の具体例の項目で使った例文に以下の類語を当てはめてみても、綺麗に文章を構成できるのが分かりますね。

次の