難しい漢字 果物。 【世界一難しい漢字一文字】超・超・超・難読漢字!!ランキングTOP10を紹介!

世界一難しい漢字とその読み方とは!?絶対読めない漢字ベスト5紹介 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

難しい漢字 果物

果物の漢字の読み方 漢字で表記された果物のうち、「難読」といわれているものを集めて五十音順に並べました。 「桃」や「柿」のように容易に読めると考えられるものは含めていません。 鰐梨 【読み方】アボカド 【補足】 和名の「鰐梨 ワニナシ 」は英名の「alligator pear 本来はavocado 」を直訳したものです。 苺 【読み方】いちご 【補足】 平安時代に著された『 本草和名 ほんぞうわみょう:薬物に関する辞典 』には「 以知古」と記載されています。 農林水産省による分類では「 果実的野菜」です。 和名の「イチジク」は「映日果」の音読みの「エイジツカ」が変化したものともいわれます。 桜桃 【読み方】おうとう、さくらんぼ 【補足】 「さくらんぼ」は「 桜の坊 桜の実の意 」が変化したものと考えられています。 甘橙 【読み方】オレンジ 【補足】 和名が「甘橙 アマダイダイ 」です。 花梨 【読み方】カリン 【補足】 安蘭樹 アンランジュ という別名があります。 民間療法で咳止めや利尿に使われてきました。 彌猴はアカゲザルのことで、「猿が好んで食べる果物」の意から名付けられました。 蕃石榴 【読み方】グアバ 【補足】 和名が「蕃石榴」で「バンザクロ、バンセキリュウ」と読みます。 胡桃 【読み方】くるみ 【補足】 クルミの実は古くから食用に利用されてきました。 葡萄柚子 【読み方】グレープフルーツ 【補足】 「葡萄柚子」は果物の漢字の中でも特に「難読」とされています。 「葡萄」「柚子」それぞれについては後述。 西瓜 【読み方】すいか 【補足】 中国語の「西瓜」の唐音が「スイカ」です。 農林水産省による分類では、西瓜は「果実的野菜」です。 また、「南瓜」の読みは「カボチャ」です。 五歛子 【読み方】スターフルーツ 【補足】 和名が「五歛子 ごれんし 」です。 火龍果 【読み方】ドラゴンフルーツ 【補足】 中国名が「火龍果」で、「ピタヤ、ピターヤ」の名でよばれることもあります。 メキシコ、中南米の原産で、スペイン語では「pitahaya」です。 麝香猫果 【読み方】ドリアン 【補足】 「麝香 じゃこう 」は香料の一種です。 また、麝香猫 ジャコウネコ の分泌液は香料に利用されます。 棗 【読み方】ナツメ 【補足】 「ナツメ 和名 」は「 夏芽 夏に芽が出る 」に由来します。 凰梨 【読み方】パイナップル 【補足】 和名が「凰梨」で「ほうり」と読みます。 多年草ですが収穫ごとに実が小さくなり、パイナップルの法定耐用年数は 3年と定められています。 八朔 【読み方】はっさく 【補足】 名前の由来は、 八朔 旧暦の 8月1日 頃から食べられたこととされています。 原木は江戸時代末に広島の浄土寺で発見されたのが最初といわれています。 果物時計草 【読み方】パッションフルーツ 【補足】 和名は「果物時計草 くだものとけいそう 」です。 英語でトケイソウを passion flower ということから名付けられたものです。 江戸時代の俳人・松尾芭蕉が俳号としたのは、門人から芭蕉の株を贈られ、それがよく育ったたことによるものです。 枇杷 【読み方】びわ 【補足】 「 桃栗三年柿八年 枇杷は九年でなりかねる」ということわざがあるように、種子から育てる場合 実生栽培 は実が成るまでに 7・8年かかります。 葡萄 【読み方】ぶどう 【補足】 甲州 こうしゅう:品種名 は鎌倉時代の初め頃から甲斐国 かいのくに:現在の山梨 で栽培が始められました。 蜜柑 【読み方】みかん 【補足】 古くには「 みっかん」と読まれていました。 「 甘い柑橘類 かんきつるい 」の意から名付けられました。 甜瓜 【読み方】メロン 【補足】 「甜瓜 てんか 」は漢名です。 農林水産省による分類では「 果実的野菜」です。 椰子 【読み方】やし 【補足】 ヤシ科のカンノンチク、シュロチクは江戸時代から栽培され、大正・昭和時代には投機の対象にもなりました。 柚子 【読み方】ゆず 【補足】 「 桃栗三年柿八年 柚子の大馬鹿 18年」といわれるように、実生栽培では実が成るまでに十数年を要します。 茘枝 【読み方】ライチ 【補足】 中国名が「茘枝 レイシ 」です。 林檎 【読み方】りんご 【補足】 平安時代に表わされた『 和名類聚抄』には「 利宇古宇 りうこう、りうごう 」と記載されていて、これが「りんご」に変化したと考えられています。 檸檬 【読み方】レモン、ねいもう 【補足】 和名が「檸檬 ねいもう 」でうす。 関連ページ.

次の

難読漢字クイズ 食べ物

難しい漢字 果物

今回は、 『果物』の漢字の読みクイズ問題をご紹介します。 いきなりですが皆さんに質問です。 何の果物が好きですか? 僕は 『桜桃』が大好きで、シーズン時期には毎年たくさん食べています。 でも、僕の経験則ですが、 高齢者の方って果物の漢字を出題しても、ひょいと簡単に解いてしまう人が多いです。 デジタル時代に生まれた若者よりも高齢者の方のほうが、ずっと漢字には強い気がします。 そして、食生活の中でも、高齢者は果物を積極的に摂取している人が多いです。 好き好んで食べる人・健康を維持するために食べる人、様々いるかと思いますが、 高齢者にとって『果物』は切っても切っても切り離せない存在となっています。 今回は、そんな果物を使って、高齢者向けの漢字問題を出したいと思います。 ぜひ高齢者の方に問題をだしてあげてみてください。 脳の良い体操になりますよ!それでは問題を紹介していきたいと思います。 高齢者脳トレ!果物漢字の読みクイズ1~15問! 第1問 苺 ヒント:ケーキの上に乗せる赤い果物と言えば? 第2問 林檎 ヒント:青森県が収穫量トップの果物と言えば? 第3問 葡萄 ヒント:ワインの原料となる果物と言えば? 第4問 檸檬 ヒント:そのまま生のまま食べるのはちょっと・・・ 第5問 蜜柑 ヒント:冬にこたつに入りながら、食べたい果物です 第6問 柘榴 ヒント:赤いツブツブ。 ひらがな3文字です 第7問 無花果 ヒント:中は真っ赤!種だらけの果物です 第8問 西瓜 ヒント:夏に美味しい果物。 中は真っ赤です。 第9問 八朔 ヒント:見た目はみかんにそっくり! 第10問 甘蕉 ヒント:ゴリラが大好き、黄色い果物と言えば? 第11月問 巨峰 ヒント:不動の人気を誇っていて1粒が大きい! 第12問 李 ヒント:桃に似ているけれどバラ科の植物です。 第13問 金柑 ヒント:のど飴に使われている事で有名です! 第14問 柚子 ヒント:冬至の日に活躍します! 第15問 茘枝 ヒント:楊貴妃が大好きだった果物です! いかがだったでしょうか、楽しんでもらえましたか??それではここまでの答え合わせをしましょう! 高齢者脳トレ!果物漢字の読みクイズ1~15問!解答編 答えはこちら!答えには、 その果物の旬な時期も載せておきました。 第1問 いちご・・・4~5月 第2問 りんご・・・秋から冬 第3問 ぶどう・・・7~10月 第4問 レモン・・・12~1月 第5問 みかん・・・11~1月 第6問 ザクロ・・・9~11月 第7問 いちじく・・・7~10月 第8問 スイカ・・・5~8月 第9問 はっさく・・・2~3月 第10問 ばなな・・・通年 第11問 きょほう・・・8~9月 第12問 すもも・・・6~9月 第13問 きんかん・・・1~3月 第14問 ゆず・・・10~12月 第15問 ライチ・・・6~7月 答え合わせをするときには、「旬はいつ?」と質問してあげると、「いつだったかな・・・」と過去の記憶を蘇らせようとするはずです。 とても頭の良い体操になりますよ。 さて! 次はいよいよ難問です。 次は一つでも答えられた人はすごい!というくらい難しい問題を用意しました。 ぜひ挑戦してみてください。 ではどうぞ。 高齢者脳トレ!果物漢字の読みクイズ16~60問!難問編 第16問 鳳梨 ヒント:黄色くて甘酸っぱい果物と言えば? 第17問 葡萄柚 ヒント:ビタミンたっぷり柑橘類・ジュースでも良く売られています 第18問 彌猴桃 ヒント:ひらがな3文字、外は茶色小さな毛が生えているけど、中は緑色! 第19問 木通 ヒント:ひらがな3文字、「あ」から始まる果物。 種がいっぱい! 第20問 枇杷 ヒント:ひらがなに2文字。 オレンジ色で中には大きな種が入っています。 第21問 芒果 ヒント:宮崎県で有名!とっても甘い! 第22問 甜瓜 ヒント:うるい緑色の果物。 実はオレンジ色! 第25問 麝香猫果 ヒント:臭いが・・・ひどい・・・。 とげとげの果物です。 第26問 蕃石榴 ヒント:沖縄でジュースになっているのが人気です! 第27問 火龍果 ヒント:見た目が龍のウロコに似ている事からこの名前が付けられました。 第28問 果物時計草 ヒント:芳醇(ほうじゅん)な香りが特徴的で種も食べられます。 第29問 椪柑 ヒント:オレンジ色で皮ごと食べられます。 第30問 棗 ヒント:漢方薬としてよく使われています! いかがだったしょうか?本当に難しいので一問でも解けたらすごいと思います。 いろいろ工夫してみてください。

次の

【世界一難しい漢字一文字】超・超・超・難読漢字!!ランキングTOP10を紹介!

難しい漢字 果物

果物の漢字の読み方 漢字で表記された果物のうち、「難読」といわれているものを集めて五十音順に並べました。 「桃」や「柿」のように容易に読めると考えられるものは含めていません。 鰐梨 【読み方】アボカド 【補足】 和名の「鰐梨 ワニナシ 」は英名の「alligator pear 本来はavocado 」を直訳したものです。 苺 【読み方】いちご 【補足】 平安時代に著された『 本草和名 ほんぞうわみょう:薬物に関する辞典 』には「 以知古」と記載されています。 農林水産省による分類では「 果実的野菜」です。 和名の「イチジク」は「映日果」の音読みの「エイジツカ」が変化したものともいわれます。 桜桃 【読み方】おうとう、さくらんぼ 【補足】 「さくらんぼ」は「 桜の坊 桜の実の意 」が変化したものと考えられています。 甘橙 【読み方】オレンジ 【補足】 和名が「甘橙 アマダイダイ 」です。 花梨 【読み方】カリン 【補足】 安蘭樹 アンランジュ という別名があります。 民間療法で咳止めや利尿に使われてきました。 彌猴はアカゲザルのことで、「猿が好んで食べる果物」の意から名付けられました。 蕃石榴 【読み方】グアバ 【補足】 和名が「蕃石榴」で「バンザクロ、バンセキリュウ」と読みます。 胡桃 【読み方】くるみ 【補足】 クルミの実は古くから食用に利用されてきました。 葡萄柚子 【読み方】グレープフルーツ 【補足】 「葡萄柚子」は果物の漢字の中でも特に「難読」とされています。 「葡萄」「柚子」それぞれについては後述。 西瓜 【読み方】すいか 【補足】 中国語の「西瓜」の唐音が「スイカ」です。 農林水産省による分類では、西瓜は「果実的野菜」です。 また、「南瓜」の読みは「カボチャ」です。 五歛子 【読み方】スターフルーツ 【補足】 和名が「五歛子 ごれんし 」です。 火龍果 【読み方】ドラゴンフルーツ 【補足】 中国名が「火龍果」で、「ピタヤ、ピターヤ」の名でよばれることもあります。 メキシコ、中南米の原産で、スペイン語では「pitahaya」です。 麝香猫果 【読み方】ドリアン 【補足】 「麝香 じゃこう 」は香料の一種です。 また、麝香猫 ジャコウネコ の分泌液は香料に利用されます。 棗 【読み方】ナツメ 【補足】 「ナツメ 和名 」は「 夏芽 夏に芽が出る 」に由来します。 凰梨 【読み方】パイナップル 【補足】 和名が「凰梨」で「ほうり」と読みます。 多年草ですが収穫ごとに実が小さくなり、パイナップルの法定耐用年数は 3年と定められています。 八朔 【読み方】はっさく 【補足】 名前の由来は、 八朔 旧暦の 8月1日 頃から食べられたこととされています。 原木は江戸時代末に広島の浄土寺で発見されたのが最初といわれています。 果物時計草 【読み方】パッションフルーツ 【補足】 和名は「果物時計草 くだものとけいそう 」です。 英語でトケイソウを passion flower ということから名付けられたものです。 江戸時代の俳人・松尾芭蕉が俳号としたのは、門人から芭蕉の株を贈られ、それがよく育ったたことによるものです。 枇杷 【読み方】びわ 【補足】 「 桃栗三年柿八年 枇杷は九年でなりかねる」ということわざがあるように、種子から育てる場合 実生栽培 は実が成るまでに 7・8年かかります。 葡萄 【読み方】ぶどう 【補足】 甲州 こうしゅう:品種名 は鎌倉時代の初め頃から甲斐国 かいのくに:現在の山梨 で栽培が始められました。 蜜柑 【読み方】みかん 【補足】 古くには「 みっかん」と読まれていました。 「 甘い柑橘類 かんきつるい 」の意から名付けられました。 甜瓜 【読み方】メロン 【補足】 「甜瓜 てんか 」は漢名です。 農林水産省による分類では「 果実的野菜」です。 椰子 【読み方】やし 【補足】 ヤシ科のカンノンチク、シュロチクは江戸時代から栽培され、大正・昭和時代には投機の対象にもなりました。 柚子 【読み方】ゆず 【補足】 「 桃栗三年柿八年 柚子の大馬鹿 18年」といわれるように、実生栽培では実が成るまでに十数年を要します。 茘枝 【読み方】ライチ 【補足】 中国名が「茘枝 レイシ 」です。 林檎 【読み方】りんご 【補足】 平安時代に表わされた『 和名類聚抄』には「 利宇古宇 りうこう、りうごう 」と記載されていて、これが「りんご」に変化したと考えられています。 檸檬 【読み方】レモン、ねいもう 【補足】 和名が「檸檬 ねいもう 」でうす。 関連ページ.

次の