オースティン アンド アリー。 Austin Moon(Ross Lynch)の「Steal Your Heart」を和訳してみた

Austin Moon(Ross Lynch)の「Steal Your Heart」を和訳してみた

オースティン アンド アリー

米国でから放送が始まり、に最終エピソードが放送された。 日本ではディズニーチャンネルでより、でより放送されていた。 自信家でスターを夢見ている。 自分の評価が常に気になるようだが、パートナーであるアリーのことはそれ以上に大切に思っている。 楽しい事が大好きで、アリーと正反対の性格。 何かとアリーを気にかけていて、彼女が困っているときには必ず力になっている。 ミドルネームは『モニカ』で、パンケーキとチアリーダーが大好きである。 15話で、傘恐怖症を克服した。 オースティンの両親は「ムーンマットレス王国」という店を経営している。 22話でブルックと付き合うが、色々とタイミングが悪くすぐ別れてしまう。 しかし、ブルックはその後もオースティンのことを追い回し、数々の事件を起こす。 そして、その後は26話で登場したジミー・スターの娘であるキラと27話から付き合うが、本当に好きなのはアリーだと気付き、30話からアリーと交際することになった。 しかし、関係性の変化に戸惑い、まだ友達でいようと32話で円満破局する。 たが、だんだんとまたアリーが好きだと思い始めるが、アリーとギャビンの交際で失恋することとなる。 傷心の中、デズの彼女キャリーの姉妹であるパイパーと出会い、交際をはじめる。 しかし、61話でプロムに1人で来たアリーを見て、本当の気持ちに気付き、62話でパイパーと別れて、アリーと真剣交際を再スタートさせた。 シーズン3の最終話 67話 でジミーに口止めされていたアリーとの交際関係を、ワールドワイドミュージックアワードの授賞式でオースティンが告白してしまう。 その事でジミーを怒らせ、音楽活動禁止令を出されてしまう。 シーズン4では一時期ジミーから音楽活動禁止令を出されていたが、A&Aミュージック・ファクトリーの生徒であるリドリーのレコード契約と引き換えに歌手復帰を果たす。 音楽活動禁止中も、解禁後もアリーとの関係は良好だったが、最終回では多忙な大学生活を送るアリーと、ツアーで各地を飛び回るオースティンは疎遠になって破局していたことが明らかになったが、別れた後でもアリーへの愛情は冷めておらず、デュオとしてやり直すことを提案し、よりを戻すことに成功した。 その後、アリーと一緒にツアーに出た際にパリでプロポーズをして結婚し、現在は男の子と女の子の2人の子供を授かっていることが10年後の後日談で語られている。 野心的でソングライターとしての才能はあるが、あがり症()でもあり、緊張すると髪をかむ癖がある。 真面目だが、おっちょこちょい。 最初はオースティンの事を快く思っていなかったが、今はパートナーであり親友でもあるかけがえのない存在。 あがり症は29話で克服した。 克服後はソングライターとしてだけでなく、自分自身も歌手としての人生を歩みはじめる。 ミドルネームは『エドガー』。 ずっと明かされる事は無かったが、最終回で明らかとなった。 ピクルスが好き。 実家はマイアミのとあるモール(MALL OF MIAMI)にソニック・ブーム(SONIC BOOM)という楽器店を経営しており、オーナーである父の代わりによくアリーが店番をしている。 卒業後の進路は憧れだったハーバード大学への進学で、一度受験をして不合格になってしまうものの再試験で見事入学を認められた。 モール内にある携帯ショップの男性店員のダラスに熱をあげていたが、27話でオースティンへの思いに気付き、30話からは真剣な交際へと発展した。 しかし、関係性の変化に戸惑い、まだ友達でいようと32話で円満破局する。 そこからも、オースティンとは唯一無二のパートナーとして歩む。 57話から登場したカントリー歌手のギャビン・ヤングと共同作曲がきっかけとなり、交際を始める。 しかし、61話でギャビンからのプロムの誘いを断る。 そして、62話でオースティンとお互いの本当の気持ちを確かめ合い、真剣交際を再スタートさせた。 最終回では多忙な大学生活を送るうちにオースティンと疎遠になって破局していたことが明らかになったが、別れた後でもオースティンへの愛情は冷めておらず、デュオとしてやり直すことを決意してよりを戻すことに成功した。 その後、オースティンと一緒にツアーに出た際にパリでプロポーズを受け、現在は男の子と女の子の2人の子供を授かっていることが10年後の後日談で語られている。 怠け者で金には目が無い。 アルバイトをしているが、短期間でクビにされるようでエピソード毎に変わっている。 彼女の最初のアルバイトは本屋さんらしいが、その頃から日ごとにアルバイトを転々としているらしい。 3日以上、同じバイトが続いた事が無い。 そのためか履歴書の量がすごい。 本名は、パトリッシャ・マリア・デ・ラ・ローサ(Patricia Maria de la Rosa)。 ジェイ・ジェイ(J. )という弟がいる。 デズの紹介で演出家のスパイク・スティーブンスのミュージカル作品に主演女優として抜擢されたことを皮切りに女優としての道を歩むことになる。 高校卒業後は3人が留守の間、A&Aミュージック・ファクトリーを代わりに運営していた。 10年後の後日談では女優として成功しており、高校時代に嫌っていたはずのチャックと結婚して、娘を授かっている。 オースティンの親友の一人。 空気の読めないお調子者で、かなり天然。 口軽でブルックにオースティンの携帯番号を教える等オースティンの秘密をよく漏らす割にはオースティンの商売敵の秘密は守る。 オタクっぽくて、撮れるものなら何でも撮ろうとする、映画監督志望。 オースティンのやウェブ番組の撮影担当は彼の仕事。 トリッシュとは少々複雑な関係。 デズ曰くトリッシュとは、ひどいことをやり合う仲らしい。 オースティンとは小学生のころから仲が良く、履いているズボンを脱ぎ、あげることがある。 キャリーという自身に似た天然なガールフレンドがおり、10年後の後日談では彼女との間にIQ300の子供デイリーをもうける。 ひげをはやすのが夢。 未来編では大統領になっていた。 ソニック・ブーム(SONIC BOOM)のオーナーであるが、実際は娘に店番を頼んでいることが多いようで、あまり店頭に姿を出している様子はない。 ジミー・スター(Jimmie) 本名は、ジミー・スター。 スターレコードのオーナー。 アリーがジミーの息子にバイオリンを教えている。 キラという娘がいる。 デズのライバルであり友人。 ウェイド家とマッコイ家は先祖代々の因縁の仲だが、その壁を乗り越え、デズの妹と付き合った。 しかし、その後デズの妹を捨てスンヒと付き合っている。 けれど、結婚したのはトリッシュだった。 ブルック(Brook) 演:キャリー・ワンプラー オースティンの元彼女。 2回デートしただけだが、オースティンを怖いくらいに愛している。 オースティンを奪うために何個も計画を立てたが、すべて失敗に終わった。 原題は"Can't Do it Without You"。 シーズン1から3ではロス・リンチがソロで歌っているが、シーズン4ではと共に歌っている。 19話「夢に向かって」ではアコースティック・バージョンで歌われる。 シーズン1 エピソード 邦題 原題 コンビ誕生 きっと振り向く Double Take 壁を打ち破れ Break Down The Walls 新曲はまだ? ビリオン・ヒット A Billion Hits アリーの好きな人 ラブソングじゃない Not a Love Song 幼稚園の恨み ちょうちょの歌 The Butterfly Song 違いのある二人 僕は僕 君は君 It's Me,It's You 授賞式は誰と? Trash Talka トリッシュはマネージャー失格?! ずっと隣に Better Together アリーがラジオに You Don't See Me 逮捕された4人?!

次の

Austin Moon(Ross Lynch)の「Steal Your Heart」を和訳してみた

オースティン アンド アリー

米ディズニー・チャンネルの人気青春ドラマ「オースティン&アリー」でロス・リンチとW主演したローラ・マラノ。 番組終了を迎え、番組を恋しく思っているファンも多いはず。 そんななか番組終了後、出演キャストは何をしているのだろうか?アリー役を演じたローラ・マラノの今に迫ってみる。 「オースティン&アリー」が2016年1月に放送終了した後、ロスはバンド「R5」の活動に大忙し。 ツアーでファンと触れ合うことも多いが、ローラはどんな活動をしているのだろうか。 米J-14が「ローラの今」を特集している。 米ディズニーのラジオ番組「For The Record」のDJとして、「オースティン&アリー」のキャストたちや、ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンにインタビューするなど、見事な話術も披露している。 ちなみにローラはレコードレーベルを、ビグマシン・レコードから大手レーベルのワーナー・ブラザースに移籍しており、「ワーナー・ブラザースと契約できて光栄」「私は小さい頃から歌いまくってて。 歌がなかなか終わらないから周りの大人たちがうんざりするほどだったの」「歌を歌うこと。 それは、私がずっとずっとやりたかったことなのよ」と語っている。 番組は終了してしまったが、ローラは「オースティン&アリー」のキャストと今でも大の仲良し。 今年の初めには、カルム・ワーシーやロスと一緒に、環境問題についてのドキュメンタリー「An Inconvenient Sequel: Truth to Power」の試写会に出席。 その時のスリーショット写真をインスタグラムに投稿し、作品の素晴らしさを紹介すると共に「レイニ・ロドリゲスもいればいいのにな」と綴った。

次の

「オースティン&アリー」ローラ・マラノの今! 番組が終了してからの彼女の活動をチェック[写真あり]

オースティン アンド アリー

米国でから放送が始まり、に最終エピソードが放送された。 日本ではディズニーチャンネルでより、でより放送されていた。 自信家でスターを夢見ている。 自分の評価が常に気になるようだが、パートナーであるアリーのことはそれ以上に大切に思っている。 楽しい事が大好きで、アリーと正反対の性格。 何かとアリーを気にかけていて、彼女が困っているときには必ず力になっている。 ミドルネームは『モニカ』で、パンケーキとチアリーダーが大好きである。 15話で、傘恐怖症を克服した。 オースティンの両親は「ムーンマットレス王国」という店を経営している。 22話でブルックと付き合うが、色々とタイミングが悪くすぐ別れてしまう。 しかし、ブルックはその後もオースティンのことを追い回し、数々の事件を起こす。 そして、その後は26話で登場したジミー・スターの娘であるキラと27話から付き合うが、本当に好きなのはアリーだと気付き、30話からアリーと交際することになった。 しかし、関係性の変化に戸惑い、まだ友達でいようと32話で円満破局する。 たが、だんだんとまたアリーが好きだと思い始めるが、アリーとギャビンの交際で失恋することとなる。 傷心の中、デズの彼女キャリーの姉妹であるパイパーと出会い、交際をはじめる。 しかし、61話でプロムに1人で来たアリーを見て、本当の気持ちに気付き、62話でパイパーと別れて、アリーと真剣交際を再スタートさせた。 シーズン3の最終話 67話 でジミーに口止めされていたアリーとの交際関係を、ワールドワイドミュージックアワードの授賞式でオースティンが告白してしまう。 その事でジミーを怒らせ、音楽活動禁止令を出されてしまう。 シーズン4では一時期ジミーから音楽活動禁止令を出されていたが、A&Aミュージック・ファクトリーの生徒であるリドリーのレコード契約と引き換えに歌手復帰を果たす。 音楽活動禁止中も、解禁後もアリーとの関係は良好だったが、最終回では多忙な大学生活を送るアリーと、ツアーで各地を飛び回るオースティンは疎遠になって破局していたことが明らかになったが、別れた後でもアリーへの愛情は冷めておらず、デュオとしてやり直すことを提案し、よりを戻すことに成功した。 その後、アリーと一緒にツアーに出た際にパリでプロポーズをして結婚し、現在は男の子と女の子の2人の子供を授かっていることが10年後の後日談で語られている。 野心的でソングライターとしての才能はあるが、あがり症()でもあり、緊張すると髪をかむ癖がある。 真面目だが、おっちょこちょい。 最初はオースティンの事を快く思っていなかったが、今はパートナーであり親友でもあるかけがえのない存在。 あがり症は29話で克服した。 克服後はソングライターとしてだけでなく、自分自身も歌手としての人生を歩みはじめる。 ミドルネームは『エドガー』。 ずっと明かされる事は無かったが、最終回で明らかとなった。 ピクルスが好き。 実家はマイアミのとあるモール(MALL OF MIAMI)にソニック・ブーム(SONIC BOOM)という楽器店を経営しており、オーナーである父の代わりによくアリーが店番をしている。 卒業後の進路は憧れだったハーバード大学への進学で、一度受験をして不合格になってしまうものの再試験で見事入学を認められた。 モール内にある携帯ショップの男性店員のダラスに熱をあげていたが、27話でオースティンへの思いに気付き、30話からは真剣な交際へと発展した。 しかし、関係性の変化に戸惑い、まだ友達でいようと32話で円満破局する。 そこからも、オースティンとは唯一無二のパートナーとして歩む。 57話から登場したカントリー歌手のギャビン・ヤングと共同作曲がきっかけとなり、交際を始める。 しかし、61話でギャビンからのプロムの誘いを断る。 そして、62話でオースティンとお互いの本当の気持ちを確かめ合い、真剣交際を再スタートさせた。 最終回では多忙な大学生活を送るうちにオースティンと疎遠になって破局していたことが明らかになったが、別れた後でもオースティンへの愛情は冷めておらず、デュオとしてやり直すことを決意してよりを戻すことに成功した。 その後、オースティンと一緒にツアーに出た際にパリでプロポーズを受け、現在は男の子と女の子の2人の子供を授かっていることが10年後の後日談で語られている。 怠け者で金には目が無い。 アルバイトをしているが、短期間でクビにされるようでエピソード毎に変わっている。 彼女の最初のアルバイトは本屋さんらしいが、その頃から日ごとにアルバイトを転々としているらしい。 3日以上、同じバイトが続いた事が無い。 そのためか履歴書の量がすごい。 本名は、パトリッシャ・マリア・デ・ラ・ローサ(Patricia Maria de la Rosa)。 ジェイ・ジェイ(J. )という弟がいる。 デズの紹介で演出家のスパイク・スティーブンスのミュージカル作品に主演女優として抜擢されたことを皮切りに女優としての道を歩むことになる。 高校卒業後は3人が留守の間、A&Aミュージック・ファクトリーを代わりに運営していた。 10年後の後日談では女優として成功しており、高校時代に嫌っていたはずのチャックと結婚して、娘を授かっている。 オースティンの親友の一人。 空気の読めないお調子者で、かなり天然。 口軽でブルックにオースティンの携帯番号を教える等オースティンの秘密をよく漏らす割にはオースティンの商売敵の秘密は守る。 オタクっぽくて、撮れるものなら何でも撮ろうとする、映画監督志望。 オースティンのやウェブ番組の撮影担当は彼の仕事。 トリッシュとは少々複雑な関係。 デズ曰くトリッシュとは、ひどいことをやり合う仲らしい。 オースティンとは小学生のころから仲が良く、履いているズボンを脱ぎ、あげることがある。 キャリーという自身に似た天然なガールフレンドがおり、10年後の後日談では彼女との間にIQ300の子供デイリーをもうける。 ひげをはやすのが夢。 未来編では大統領になっていた。 ソニック・ブーム(SONIC BOOM)のオーナーであるが、実際は娘に店番を頼んでいることが多いようで、あまり店頭に姿を出している様子はない。 ジミー・スター(Jimmie) 本名は、ジミー・スター。 スターレコードのオーナー。 アリーがジミーの息子にバイオリンを教えている。 キラという娘がいる。 デズのライバルであり友人。 ウェイド家とマッコイ家は先祖代々の因縁の仲だが、その壁を乗り越え、デズの妹と付き合った。 しかし、その後デズの妹を捨てスンヒと付き合っている。 けれど、結婚したのはトリッシュだった。 ブルック(Brook) 演:キャリー・ワンプラー オースティンの元彼女。 2回デートしただけだが、オースティンを怖いくらいに愛している。 オースティンを奪うために何個も計画を立てたが、すべて失敗に終わった。 原題は"Can't Do it Without You"。 シーズン1から3ではロス・リンチがソロで歌っているが、シーズン4ではと共に歌っている。 19話「夢に向かって」ではアコースティック・バージョンで歌われる。 シーズン1 エピソード 邦題 原題 コンビ誕生 きっと振り向く Double Take 壁を打ち破れ Break Down The Walls 新曲はまだ? ビリオン・ヒット A Billion Hits アリーの好きな人 ラブソングじゃない Not a Love Song 幼稚園の恨み ちょうちょの歌 The Butterfly Song 違いのある二人 僕は僕 君は君 It's Me,It's You 授賞式は誰と? Trash Talka トリッシュはマネージャー失格?! ずっと隣に Better Together アリーがラジオに You Don't See Me 逮捕された4人?!

次の