二段階認証 アプリ おすすめ。 【超重要】Gmailの2段階認証の設定方法!スマホアプリがおすすめ

ドコモのdアカウントで2段階認証の設定方法を分かりやすく解説!

二段階認証 アプリ おすすめ

Google Authenticatorの使い方 無事にインストールが完了したら、次は使い方について解説していきます。 二段階認証設定画面へ まずは、の設定の欄から二段階認証設定へ。 そうするとQRコードが出てくるので、出てきたQRコードをGoogle二段階認証アプリで、読み込みます。 二段階認証アプリの操作方法 まず、右上の+マークをクリックします。 そうするとこのように 「バーコードをスキャン」というのが出てくるので、クリックしてQRコードをスキャンしましょう。 QRコードをスキャンすると上記画像のように30秒ごとに変わる6桁の認証コードが表示されるので二段階認証設定画面に表示されたコードを入力しましょう。 スマホが古くなったら新しいスマホに買い替えますよね? この Googleの二段階認証アプリはバックアップが取れません。 なので買い替える前に、 二段階認証設定を 一度解除する必要があります。 解除した後、新しいスマホに再度二段階認証アプリをインストールして二段階認証の再設定をします。 これをやらないと新しいスマホでログインする事ができません。 仮想通貨取引所に連絡をして本人確認を取れば二段階認証を解除することはできますが、色々と面倒なのでこの方法はあまりオススメしません。 海外取引所だと基本的に英語での対応なので、もっとめんどくさいです。 スマホの機種変更を考えている人は頭に入れておいてくださいね! 端末紛失時 2つ目の注意点は スマホを無くした時と壊してしまった時です。 これは結構厄介で無くした時や壊れてしまった時はログインできません。 そうなった場合は、しょうがないので仮想通貨取引所のお問い合わせから本人確認を行い、二段階認証を解除して貰うようにしましょう。 二段階認証のバックアップ方法 複数のスマホでQRコードを読み込む 二段階認証設定をする際の QRコードを複数の端末で読み込む方法です。 スマホを2台以上所有している人にとってはとても簡単なのでオススメです。 QRコードの読み取りは1端末だけではなく、複数の読み込みが可能です。 なので、片方のスマホを紛失してしまったとしても、もう片方のスマホがあればログインする事が可能になるという事ですね! 最近では、安いスマホだと月額2000~3000円のもあるので大きな資産を管理している人などはバックアップ用に購入するのもアリかもしれませんね。 QRコードとキーを保存する この方法は基本的に誰でもできる方法になります。 二段階認証設定の時に出てくる QRコードとキーをスクリーンショットしておき、データとして残しておきましょう。 そのデータを紙 アナログ で持っておき、誰にも見られない所に大事に保管しておきましょう。 仮想通貨取引所によっては、二段階認証する際にバックアップキーの発行をしている取引所もあるので保存できる取引所では保存しておきましょうね。 ただし、取引所によっては発行していない取引所もあるので注意が必要です。 二段階認証の重要性 二段階認証設定をすると、ログイン時にIDとパスワード以外に6桁の認証コードを入力しないといけないので、正直めんどくさいですよね… ですが、 二段階認証設定は不正アクセスを防ぐ為には欠かせないセキュリティ対策です。 要するに、設定するかどうかは自分で決められるという事です。 僕は絶対に設定しておくことをオススメします。 自分で資産を管理するわけですから、ハッキングや不正アクセスなどのリスクをできるだけ低くしましょうね。 まとめ 今回は、二段階認証アプリ「Google Authenticator」の使い方・注意点について解説しました。 二段階認証を設定した後も、バックアップキーなどを控えておくことを忘れないようにしましょう。 スマホを盗まれたり、壊したりなど二段階認証には色々なリスクがあるので、大事な資産を守る為にもそういった面のリスク管理もしっかりと行っていきましょうね! 仮想通貨の大事な資産を守る方法として、 ウォレットで管理するという方法もありますので、気になる方は下記記事を参考にしてみてください。

次の

二段階認証とは?仕組みやメリット、二要素認証との違いについて徹底解説

二段階認証 アプリ おすすめ

もくじ• Instagramの「二段階認証」とは? 「二段階認証」とは、ログインの際のセキュリティを強化する方法です。 通常ログイン時には「ユーザーネーム(ID)」と「パスワード」を入力しますが、それに加えて、SMS・セキュリティアプリなどでも認証を行わないとログインできなくします。 万が一パスワードが漏洩したり見破られてしまった場合でも、二段階目の認証で不正ログインを防ぐことを目的とします。 Instagramで「二段階認証」を設定しないとなぜ危険か この二段階認証を設定しないとなぜ危険なのでしょうか。 不正ログインの危険性があがる 多く寄せられている被害は、 「Instagramの不正ログイン被害」に遭ってしまうというものです。 一節によるとユーザーのIDとパスワードはハッカーが本気でハッキングに取り掛かると、 どのようなアカウントでも数分でパスワードが判明してしまいます。 そう考えると、ID・パスワードの組み合わせは 「いつ乗っ取りが起こってもおかしくない」状態、と言えます。 すると、あなたはログインすることができなくなり、 アカウントが乗っ取られてしまいます。 また、同じメールアドレスとパスワードのセットを使用している場合、Amazonなどの他サービスへも不正ログインが発生し、 クレジットカード情報やその他金融関係の情報も抜かれてしまう可能性があります。 そうならないためにも二段階認証は必須と言えるでしょう。 「二段階認証」の設定方法 それでは、「二段階認証」の設定方法を見ていきましょう。 その数字を入力しましょう。 次へをタップします。 Googleの認証アプリを使って二段階認証を設定する場合 二段階認証のSMSともう一つのやり方としてGoogleの認証アプリを使用する手段があります。 コードを確認し、 後はInstagramアプリに戻って確認したコードを入力することでログインを行うことができます。 なぜGoogleの認証アプリが安全なのか? アプリを開くと分かる通り、このアプリはユーザーのアカウントに応じた60秒限定のコードを常に生成し、認証元アプリ(今回のInstagramアプリ)と通信を行います。 そのアプリで表示される認証コードは、 「認証アプリ設定を行った端末でのみ閲覧できるコード」となっているため、二段階認証として機能します。 この画面をスクリーンショット、もしくはメモを取っておきましょう。 終わったら 完了をタップします。 設定している SMSをタップします。 複数の端末で「二段階認証」を設定する方法 複数の端末で「二段階認証」をしたい場合にはそれぞれで設定が必要なのでしょうか? 基本的に 同じアカウントには1台で行えば完了できています。 別端末からログインする場合にはそれぞれすべてセキュリティコードの入力が必要ですが、 都度設定した電話番号へ認証コードが記載されたSMSが送られます。 マルチアカウントログインを使用しているときの注意点 『マルチアカウントログイン』を使用しているアカウントにおいて、二段階認証をかける際の注意点として、 設定によっては二段階認証をかけているアカウントでも、二段階認証なしでログインできてしまう可能性があります。 Instagramのマルチアカウントログインとは 『マルチアカウントログイン』とは、1つのアカウントのログインだけでそれ以外の複数のアカウントにも自動的にログインできる機能を指します。 複数のInstagramアカウントを運用していて、アカウントを切り替えながらInstagramアプリを利用する際に非常に便利な機能です。 この時、Dは二段階認証有り、Aは二段階認証なしの場合、AへのログインによってDへのログインが可能になるパターンがあります。 これにより、せっかくDは二段階認証の設定をしているのにも関わらず、二段階認証なしでログインできる結果となります。 このようにならないためにも、上記のようなマルチアカウントログインを構成する場合、 メインアカウントには必ず二段階認証を行っておきましょう。

次の

二段階認証とは?仕組みやメリット、二要素認証との違いについて徹底解説

二段階認証 アプリ おすすめ

Google Authenticatorの使い方 無事にインストールが完了したら、次は使い方について解説していきます。 二段階認証設定画面へ まずは、の設定の欄から二段階認証設定へ。 そうするとQRコードが出てくるので、出てきたQRコードをGoogle二段階認証アプリで、読み込みます。 二段階認証アプリの操作方法 まず、右上の+マークをクリックします。 そうするとこのように 「バーコードをスキャン」というのが出てくるので、クリックしてQRコードをスキャンしましょう。 QRコードをスキャンすると上記画像のように30秒ごとに変わる6桁の認証コードが表示されるので二段階認証設定画面に表示されたコードを入力しましょう。 スマホが古くなったら新しいスマホに買い替えますよね? この Googleの二段階認証アプリはバックアップが取れません。 なので買い替える前に、 二段階認証設定を 一度解除する必要があります。 解除した後、新しいスマホに再度二段階認証アプリをインストールして二段階認証の再設定をします。 これをやらないと新しいスマホでログインする事ができません。 仮想通貨取引所に連絡をして本人確認を取れば二段階認証を解除することはできますが、色々と面倒なのでこの方法はあまりオススメしません。 海外取引所だと基本的に英語での対応なので、もっとめんどくさいです。 スマホの機種変更を考えている人は頭に入れておいてくださいね! 端末紛失時 2つ目の注意点は スマホを無くした時と壊してしまった時です。 これは結構厄介で無くした時や壊れてしまった時はログインできません。 そうなった場合は、しょうがないので仮想通貨取引所のお問い合わせから本人確認を行い、二段階認証を解除して貰うようにしましょう。 二段階認証のバックアップ方法 複数のスマホでQRコードを読み込む 二段階認証設定をする際の QRコードを複数の端末で読み込む方法です。 スマホを2台以上所有している人にとってはとても簡単なのでオススメです。 QRコードの読み取りは1端末だけではなく、複数の読み込みが可能です。 なので、片方のスマホを紛失してしまったとしても、もう片方のスマホがあればログインする事が可能になるという事ですね! 最近では、安いスマホだと月額2000~3000円のもあるので大きな資産を管理している人などはバックアップ用に購入するのもアリかもしれませんね。 QRコードとキーを保存する この方法は基本的に誰でもできる方法になります。 二段階認証設定の時に出てくる QRコードとキーをスクリーンショットしておき、データとして残しておきましょう。 そのデータを紙 アナログ で持っておき、誰にも見られない所に大事に保管しておきましょう。 仮想通貨取引所によっては、二段階認証する際にバックアップキーの発行をしている取引所もあるので保存できる取引所では保存しておきましょうね。 ただし、取引所によっては発行していない取引所もあるので注意が必要です。 二段階認証の重要性 二段階認証設定をすると、ログイン時にIDとパスワード以外に6桁の認証コードを入力しないといけないので、正直めんどくさいですよね… ですが、 二段階認証設定は不正アクセスを防ぐ為には欠かせないセキュリティ対策です。 要するに、設定するかどうかは自分で決められるという事です。 僕は絶対に設定しておくことをオススメします。 自分で資産を管理するわけですから、ハッキングや不正アクセスなどのリスクをできるだけ低くしましょうね。 まとめ 今回は、二段階認証アプリ「Google Authenticator」の使い方・注意点について解説しました。 二段階認証を設定した後も、バックアップキーなどを控えておくことを忘れないようにしましょう。 スマホを盗まれたり、壊したりなど二段階認証には色々なリスクがあるので、大事な資産を守る為にもそういった面のリスク管理もしっかりと行っていきましょうね! 仮想通貨の大事な資産を守る方法として、 ウォレットで管理するという方法もありますので、気になる方は下記記事を参考にしてみてください。

次の