ポケモン ソード コオリッポ。 【ポケモン剣盾】イシヘンジンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

コオリッポ

ポケモン ソード コオリッポ

氷はあられが降ると元に戻る。 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える。 メインの氷技の選択肢 メインの氷技は威力重視で怯みの追加効果もある「つららおとし」、命中重視の「れいとうパンチ」、連続技でミミッキュやきあいのタスキに強い「つららばり」の選択肢がある。 ダイマックス時の威力は同じだが、通常技として撃つ際はそれぞれメリット・デメリットがあるためパーティや好みに合わせて選ぶと良い。 サブウェポンの選択理由 水技で「アクアブレイク」を採用メインの氷技との相性補完で考えると、氷を半減する鋼や炎に等倍以上で通る技が好ましい。 「アクアブレイク」は雨を降らせると次ターン以降もサブウェポンの威力が実質タイプ一致に跳ね上がる。 天候書き換え自体が相手のバンギラス+ドリュウズ等に刺さるため、最もオススメでほぼ確定。 ダイマックス前提のサブウェポン 氷+水では相手の水タイプ、特にラプラスに手が出せないため「もろはのずつき」や「きしかいせい」は有力な選択肢。 ただし、通常技として使うと反動が痛かったり威力が安定しないので、ダイマックス前提での運用が主になる。 鋼技はフェアリータイプ意識 「アイアンヘッド」は、ダイマックス技で防御を上げる動きや対フェアリーで有効。 氷を半減する鋼や炎に半減されてしまい攻撃範囲が狭いのが難点。 エスパー技は対ドヒドイデ用 「しねんのずつき」は、ドヒドイデの弱点を突けるため「くろいきり」で全抜きを止められずに済む。 「ダイサイコ」を撃てばサイコフィールドで相手の先制技を無効化して、全抜きをサポート出来る点が優秀。 はらだいこ型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・特性「てんねん」で「はらだいこ」を無視 ・特殊技主体で特性「アイスフェイス」を発動させない ・ヌオーと違い「フリーズドライ」で弱点を突かれない ・氷・水半減、サブウェポンでも弱点を突かれない ・アイスフェイスより速い ・上からの「おにび」や特殊打点 ・特性「かたやぶり」で特性「アイスフェイス」無効 ・タイプ一致鋼技で弱点を突ける ・「がんせきふうじ」のSダウンで全抜きの妨害可能 特性「てんねん」で積み技無効化コオリッポの脅威は「はらだいこ」による攻撃上昇なので、これを無視してしまえば素の攻撃が高くないコオリッポの攻撃を受け切るのは容易である。 特性「てんねん」持ちは後出しから「みがわり」を残されても積み技自体が無効なため余裕を持って対処が可能。 ヌオーで対策する場合は注意 ヌオーは物理耐久は高めだが「フリーズドライ」が4倍であるため、型の読み間違いによっては倒されることも。 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーや、氷半減で特殊耐久にも余裕があり2倍「フリーズドライ」程度では突破されないナマコブシが有効。 氷半減の特殊技軸のポケモン メイン技の氷技を半減し、サブウェポンでも弱点を突かれない水タイプ全般はコオリッポに強く出られる。 氷、水耐性に加え、特殊アタッカーでありアイスフェイスのコオリッポより速いウォッシュロトムは、後出しからの行動が安定するので対策として有効。 「はらだいこ」を積んだコオリッポの各ダイマックス技も「おにび」をするか、こちらもダイマックスすれば耐えられる。 特性「かたやぶり」で攻撃 コオリッポの性能は特性「アイスフェイス」に依存する場面が多く、特性「かたやぶり」で無視して攻撃を通せれば展開を阻止出来る。 上からのタイプ一致鋼技で弱点を突いて倒しに行けるドリュウズは対策として有効。 「はらだいこ」を狙う場面で対面していればHPを半分以下まで削れるため技の成功を許さず、ドリュウズがダイマックスすればしっかり倒しきれる。 「はらだいこ」をされても対応可能 先に「はらだいこ」を積まれた場合もドリュウズの攻撃では特性を発動させずに済むため、相手の素早さを上げさせない。 また「がんせきふうじ」で素早さを下げて後続に任せるという手も取れる等、コオリッポの妨害に長けている。 これはカムラの実発動後のHPをなるべく多く確保することで、相手の先制技や砂嵐のダメージ等で処理される可能性を減らすため。 素早さは最速にする 素早さは最速とすることで、アイスフェイス時でもカムラの実発動後に最速100族まで抜けるなど、多くの敵に先手を取れるようになる。 技構成 確定技 ・氷技1枠 ・みがわり ・はらだいこ 選択技 氷技1枠候補 ・れいとうパンチ ・つららばり ・つららおとし ・しねんのずつき ・きしかいせい ・アイアンヘッド ・もろはのずつき ・アクアブレイク 役割・使い方 カムラの実発動で全抜きを狙う 「みがわり」+「はらだいこ」+カムラの実で攻撃最大、素早さ1段階上昇から全抜きを狙う型。 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える。 特殊アタッカーに交代されても対応可能 特性「アイスフェイス」が発動すると素早さ種族値が一気に上がるが、発動しないと遅いため全抜きが難しい。 そのためコオリッポの対策として「上から特殊技で処理する」という行動が存在し、それだけで簡単に止められてしまうことがある。 今回は特殊アタッカーへ交代されても全抜きを狙えるように「みがわり」とカムラの実を採用した。 実際に想定されるパターンに分けて詳しく見て行く。 特性「てんねん」持ちは後出しから「みがわり」を残されても、積み技自体が無効なため余裕を持って対処が可能。 ピクシーが対策に有効 ナマコブシは耐久が高いが「みがわり」を壊す手段が「カウンター」しかないため、処理に時間がかかるのが難点。 ヌオーは物理耐久は高めだが「フリーズドライ」が4倍であるため、型の読み間違いによっては倒される可能性があることに注意。 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーで相手にするのが無難だろう。 「みがわり」貫通手段持ちの特殊アタッカーに交代 特殊を繰り出したターンに「みがわり」から「はらだいこ」を決められると返り討ちに遭う可能性が高い。 ただし、特殊アタッカーが本体に直接攻撃を当てられる音技や特性「すりぬけ」を持っていれば、「はらだいこ」を許さずに返り討ちに出来る。 ラプラスを筆頭にアシレーヌや特性「すりぬけ」シャンデラ等は有効だろう。 特性「すりぬけ」の特殊ドラパルトも有効だが、氷技が弱点なことに注意。 素早さ169以上の特殊アタッカーを後出し アイスフェイス時の最速コオリッポはカムラの実が発動しても素早さが168。 素早さ169以上の特殊アタッカーであれば「みがわり」への後出しから「はらだいこ」でカムラの実を発動されても、先制出来るため全抜きを許さない。 水タイプの高速アタッカーで対応 「みがわり」を盾に攻撃されても倒されないよう、素早さが高いだけでなくコオリッポの攻撃に耐性がある方が望ましい。 そのため、インテレオンなどの水タイプの高速アタッカーが有効。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキ氏 の監修・考案となります。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

コオリッポ|『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト

ポケモン ソード コオリッポ

コオリッポについて 基本情報 HP 75 攻撃 80 特攻 65 合計 470 防御 110 特防 90 素早 50 特性 HP 75 攻撃 80 特攻 65 合計 470 防御 70 特防 50 素早 130 特性 タイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 固有特性の「アイスフェイス」を持っており、これによって一度は物理技を完全に無効化出来るという非常に強力な物理耐性を持っています。 更にこの「アイスフェイス」発動後は素早さが大きく上昇したナイスフェイス状態になるので、相手はそれを考慮した上で立ち回らなければならず、ナイスフェイス状態であられが降り始めると再び「アイスフェイス」の効果が復活する為、得意な相手や素早さが勝っている物理ポケモン相手にはとことん強いポケモンです。 この「アイスフェイス」の性質を活かして強力な積み技である「はらだいこ」を積む、物理受けとしての役割を持たせる、または特殊アタッカーをぶつけられる事を見越して特殊受け特化にするなど複数の運用方法が存在します。 最大HPの半分が失われるというデメリットはありますが、ナイスフェイス時の素早さ上昇との噛み合いもあって突破力が大きく上がります。 この技を如何に使用するか、または使用しないならばどのように立ち回るかを選出段階から考えておくと非常に活躍しやすくなります。 こおり 物理 威力 25 命中 100 PP 30 効果 1ターンに2~5回連続で攻撃する 解説 火力の安定性は「つららおとし」には劣りますが、命中安定という点や「みがわり」「ばけのかわ」「きあいのタスキ」を貫通してダメージを与えられるという点が非常に優秀です。 物理ポケモン相手であればダイマックス時の「ダイアイス」によって再びアイスフェイス状態に戻り、強力な物理技耐性を得るという立ち回りも可能です。 追加効果もナイスフェイス時の高い素早さと噛み合っている上に、ダイマックス時の「ダイストリーム」で天候を書き換えた後に「ダイアイス」を使用してアイスフェイス状態に戻るなど立ち回りに幅を持たせてくれる技でもあります。 基本的には「はらだいこ」で攻撃を上昇させてからでなければ大きなダメージは期待できません。 威力は「たきのぼり」の倍近くと非常に高いものの、命中不安な上に命中時に与ダメージに応じて反動を受けてしまうので、「はらだいこ」と合わせると非常に短命になってしまう点には注意が必要です。 ダイマックス時の「ダイロック」は「ダイストリーム」と同様に天候を書き換える効果があるのでアイスフェイスを復活させる立ち回りが可能です。 「リザードン」「ギャラドス」など「たきのぼり」よりも刺しやすいポケモンが環境に居るので、他の手持ちやその時の環境と相談してどちらを採用するか決めましょう。 「ダイサイコ」として使用する事でサイコフィールドを展開でき、相手にとって有利なフィールドを塗り替える、相手の先制技を無効化するなどの運用が可能です。 タイプとしては受けポケモンの「ドヒドイデ」を安定して倒せるようになるというメリットが存在します。 他の採用技によっては「じゃくてんほけん」を発動させてしまう可能性のある保険キッスなどに等倍でダメージを取っていくという意味合いでの採用も見える技です。 ノーマル 物理 威力 70 命中 100 PP 20 効果 自分が「どく」「まひ」「やけど」の時に使うと、技の威力が2倍になる 解説 コオリッポの「はらだいこ」を読んで火傷などの状態異常で対応してくる相手に特に有効となるサブウエポン候補です。 状態異常でない場合はダイマックス時・通常共に強力な技ではないので、環境にどんな受けポケモンが採用されているか、他のポケモンで状態異常を使ってくる受けポケモンを見れるかなどで採用の可否を決めましょう。 攻撃技が減って相手に大きなダメージを与えられないとなると本末転倒なので、環境や他の手持ちポケモン、持ち物とよく相談して採用の可否を決めましょう。 これによりナイスフェイス時であれば多くのスカーフ持ちにも先手が取れるようになり、抜き性能に磨きがかかります。 効果 持たせると「こうかばつぐん」になる、ほのおタイプ技のダメージを半減する 解説 特殊炎技を持つ相手に対して安定択が増えます。 こちらを採用する場合は明確な仮想敵を用意しての調整が有効です。 メインメニュー•

次の

【ポケモン剣盾】コオリッポの育成論と対策

ポケモン ソード コオリッポ

氷はあられが降ると元に戻る。 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える。 メインの氷技の選択肢 メインの氷技は威力重視で怯みの追加効果もある「つららおとし」、命中重視の「れいとうパンチ」、連続技でミミッキュやきあいのタスキに強い「つららばり」の選択肢がある。 ダイマックス時の威力は同じだが、通常技として撃つ際はそれぞれメリット・デメリットがあるためパーティや好みに合わせて選ぶと良い。 サブウェポンの選択理由 水技で「アクアブレイク」を採用メインの氷技との相性補完で考えると、氷を半減する鋼や炎に等倍以上で通る技が好ましい。 「アクアブレイク」は雨を降らせると次ターン以降もサブウェポンの威力が実質タイプ一致に跳ね上がる。 天候書き換え自体が相手のバンギラス+ドリュウズ等に刺さるため、最もオススメでほぼ確定。 ダイマックス前提のサブウェポン 氷+水では相手の水タイプ、特にラプラスに手が出せないため「もろはのずつき」や「きしかいせい」は有力な選択肢。 ただし、通常技として使うと反動が痛かったり威力が安定しないので、ダイマックス前提での運用が主になる。 鋼技はフェアリータイプ意識 「アイアンヘッド」は、ダイマックス技で防御を上げる動きや対フェアリーで有効。 氷を半減する鋼や炎に半減されてしまい攻撃範囲が狭いのが難点。 エスパー技は対ドヒドイデ用 「しねんのずつき」は、ドヒドイデの弱点を突けるため「くろいきり」で全抜きを止められずに済む。 「ダイサイコ」を撃てばサイコフィールドで相手の先制技を無効化して、全抜きをサポート出来る点が優秀。 はらだいこ型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・特性「てんねん」で「はらだいこ」を無視 ・特殊技主体で特性「アイスフェイス」を発動させない ・ヌオーと違い「フリーズドライ」で弱点を突かれない ・氷・水半減、サブウェポンでも弱点を突かれない ・アイスフェイスより速い ・上からの「おにび」や特殊打点 ・特性「かたやぶり」で特性「アイスフェイス」無効 ・タイプ一致鋼技で弱点を突ける ・「がんせきふうじ」のSダウンで全抜きの妨害可能 特性「てんねん」で積み技無効化コオリッポの脅威は「はらだいこ」による攻撃上昇なので、これを無視してしまえば素の攻撃が高くないコオリッポの攻撃を受け切るのは容易である。 特性「てんねん」持ちは後出しから「みがわり」を残されても積み技自体が無効なため余裕を持って対処が可能。 ヌオーで対策する場合は注意 ヌオーは物理耐久は高めだが「フリーズドライ」が4倍であるため、型の読み間違いによっては倒されることも。 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーや、氷半減で特殊耐久にも余裕があり2倍「フリーズドライ」程度では突破されないナマコブシが有効。 氷半減の特殊技軸のポケモン メイン技の氷技を半減し、サブウェポンでも弱点を突かれない水タイプ全般はコオリッポに強く出られる。 氷、水耐性に加え、特殊アタッカーでありアイスフェイスのコオリッポより速いウォッシュロトムは、後出しからの行動が安定するので対策として有効。 「はらだいこ」を積んだコオリッポの各ダイマックス技も「おにび」をするか、こちらもダイマックスすれば耐えられる。 特性「かたやぶり」で攻撃 コオリッポの性能は特性「アイスフェイス」に依存する場面が多く、特性「かたやぶり」で無視して攻撃を通せれば展開を阻止出来る。 上からのタイプ一致鋼技で弱点を突いて倒しに行けるドリュウズは対策として有効。 「はらだいこ」を狙う場面で対面していればHPを半分以下まで削れるため技の成功を許さず、ドリュウズがダイマックスすればしっかり倒しきれる。 「はらだいこ」をされても対応可能 先に「はらだいこ」を積まれた場合もドリュウズの攻撃では特性を発動させずに済むため、相手の素早さを上げさせない。 また「がんせきふうじ」で素早さを下げて後続に任せるという手も取れる等、コオリッポの妨害に長けている。 これはカムラの実発動後のHPをなるべく多く確保することで、相手の先制技や砂嵐のダメージ等で処理される可能性を減らすため。 素早さは最速にする 素早さは最速とすることで、アイスフェイス時でもカムラの実発動後に最速100族まで抜けるなど、多くの敵に先手を取れるようになる。 技構成 確定技 ・氷技1枠 ・みがわり ・はらだいこ 選択技 氷技1枠候補 ・れいとうパンチ ・つららばり ・つららおとし ・しねんのずつき ・きしかいせい ・アイアンヘッド ・もろはのずつき ・アクアブレイク 役割・使い方 カムラの実発動で全抜きを狙う 「みがわり」+「はらだいこ」+カムラの実で攻撃最大、素早さ1段階上昇から全抜きを狙う型。 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える。 特殊アタッカーに交代されても対応可能 特性「アイスフェイス」が発動すると素早さ種族値が一気に上がるが、発動しないと遅いため全抜きが難しい。 そのためコオリッポの対策として「上から特殊技で処理する」という行動が存在し、それだけで簡単に止められてしまうことがある。 今回は特殊アタッカーへ交代されても全抜きを狙えるように「みがわり」とカムラの実を採用した。 実際に想定されるパターンに分けて詳しく見て行く。 特性「てんねん」持ちは後出しから「みがわり」を残されても、積み技自体が無効なため余裕を持って対処が可能。 ピクシーが対策に有効 ナマコブシは耐久が高いが「みがわり」を壊す手段が「カウンター」しかないため、処理に時間がかかるのが難点。 ヌオーは物理耐久は高めだが「フリーズドライ」が4倍であるため、型の読み間違いによっては倒される可能性があることに注意。 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーで相手にするのが無難だろう。 「みがわり」貫通手段持ちの特殊アタッカーに交代 特殊を繰り出したターンに「みがわり」から「はらだいこ」を決められると返り討ちに遭う可能性が高い。 ただし、特殊アタッカーが本体に直接攻撃を当てられる音技や特性「すりぬけ」を持っていれば、「はらだいこ」を許さずに返り討ちに出来る。 ラプラスを筆頭にアシレーヌや特性「すりぬけ」シャンデラ等は有効だろう。 特性「すりぬけ」の特殊ドラパルトも有効だが、氷技が弱点なことに注意。 素早さ169以上の特殊アタッカーを後出し アイスフェイス時の最速コオリッポはカムラの実が発動しても素早さが168。 素早さ169以上の特殊アタッカーであれば「みがわり」への後出しから「はらだいこ」でカムラの実を発動されても、先制出来るため全抜きを許さない。 水タイプの高速アタッカーで対応 「みがわり」を盾に攻撃されても倒されないよう、素早さが高いだけでなくコオリッポの攻撃に耐性がある方が望ましい。 そのため、インテレオンなどの水タイプの高速アタッカーが有効。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキ氏 の監修・考案となります。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の