安藤 サクラ 画像。 安藤サクラ

安藤和津の若い頃の綺麗で可愛い画像!娘の安藤サクラに似てると話題!

安藤 サクラ 画像

安藤サクラプロフィール 本名 柄本 さくら(旧姓:安藤) 生年月日 1986年2月18日(34歳) 出生地 日本・東京都 身長 160 cm 血液型 A型 職業 女優 ジャンル 映画、テレビドラマ 活動期間 2007年 — 配偶者 柄本佑(2012年 — )[1] 著名な家族 犬養毅(曽祖父) 犬養健(祖父) 緒方貞子(再従姉妹) 奥田瑛二(父) 安藤和津(母) 安藤桃子(姉) 柄本明(義父) 角替和枝(義母) 柄本時生(義弟) 入来茉里(義妹) 事務所 ユマニテ 安藤サクラ経歴・生い立ち 父の俳優・奥田瑛二、 母のエッセイスト・安藤和津 の間に次女として誕生しました。 姉は映画監督の安藤桃子になります。 5歳の時に父の舞台を見て女優になろうと決意するのですが、 芸能一家という周りの声が気になり小学2年生のときにその夢を一旦封印しました。 学生時代にアルバイトなどの経験を積んだ後に高校生の時に女優の道へ進むことに。 2007年に父・奥田瑛二が監督を務める映画『風の外側』にクランクイン直前に降板した主演女優の代役として出演しデビューしたのです。 映画デビューとなった同作品には両親が出演しているほか、 姉・桃子も助監督として参加しています。 2009年、園子温が監督を務めた映画『愛のむきだし』で、 カルト教団の勧誘員・コイケを演じ、ひと際強い存在感を発揮したのです。 2011年、映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を始め、 立て続けに注目作に出演し、 第84回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞しました。 やはり親の血をひいていますね。 2013年1月、映画『かぞくのくに』の演技が高く評価され、 第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。 また同賞で助演女優賞を受賞。 主演女優賞、助演女優賞のダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めての快挙になります。 2014年、姉が監督を務めた映画『0. 5ミリ』と、 オーディションの募集記事を見て応募した『百円の恋』で主演を務め、 2年連続でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞をするなど その年多くの主演女優賞を受賞しました。 翌年度第39回日本アカデミー賞では『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞した。 キネマ旬報が企画したオールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100(映画雑誌『キネマ旬報』創刊95周年記念)の女優ランキング第8位に選出された。 彼女の演技はじっくり腰が据わっちるという印象を受けます。 2016年4月スタートの『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)で連続ドラマ初ヒロインを務めます。 2017年3月3日に行われた第40回日本アカデミー賞にて西田敏行とともに司会を務めるまでに、、 まさにうなぎのぼりといいますか 実力派女優といえますね。 まとめ 今回は安藤サクラの 濡れ場、経歴、生い立ちに関して まとめました。 今後の安藤サクラの活躍に 期待します。 スポンサードリンク 当サイト一番の濡れ場記事になります。 はっきり言って強烈です。

次の

柄本佑&安藤サクラ 子供の名前や顔画像は?育児は誰が?馴れ初めや家系図も

安藤 サクラ 画像

芸能一家ですよね。 柄本佑さんはもともとは映画監督志望だったそうです。 俳優のオーディションに行けば、映画監督にも会って話せると母に勧められて、デビュー作となる「美しい夏キリシマ」のオーディションを受け、合格してしまったそう。 映画の現場での緊張感や全員で一つの目標をめざして映画をつくるプロセスに魅力を感じて、俳優の道を志したようです。 趣味は映画観賞。 俳優の勉強もかねているのでしょうか、年間200本もの映画を見ているようです。 すごいですね。 デビュー作「美しい夏キリシマ」役で、第77回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞・第13回日本映画批評家大賞新人賞を受賞するなど、その実力も高く評価されています。 性格もとてもユニークみたいです。 以前、出演した番組でもこんなふうに自分の学生時代を語っていました。 柄本が学生時代に 友達がいなかったと話すと、坂上に「ひきこもりだった?」と聞かれ、柄本はそれを否定。 しかし「自分の中で一番かっこいいと思っていたのが、 ジーパンはいてゲタにTシャツで、文庫本をケツに差してる」ような男だったと、少し変わった美意識を持っていたことを打ち明けると、松本は「あのお父さんに育てられると、柄本のようになる」と納得していた。 このふたりがとても似ているといわれていますよね。 左が柄本佑さん。 右が3歳年下の弟・柄本時生さんです。 確かに似ていますよね。 フリガナ アンドウ サクラ 生年月日 1986年2月18日 星座 みずがめ座 身長 160cm 出身地 東京 ジャンル 女優 デビュー年 2007年 デビュー作 風の外側 (映画・奥田瑛二監督) ヒロイン役 代表作 0. まず、出会いのきっかけとなったのは、安藤サクラさんが共演していた弟の時生さんでした。 2008年の『あきた十文字映画祭』に映画『俺たちに明日はないッス』で共演した安藤さんと柄本時生さんは参加。 現地に向かう新幹線の中で、時生さんは兄の佑さんに安藤さんを紹介しました。 そのとき、柄本佑さんは 安藤サクラさんの声に運命を感じたと出演したテレビ番組で語っていました。 移動中の新幹線の車内で、すでに知り合いだった弟から紹介されたと、その出会いを明かした。 そして、安藤は話すときもうつむいていたのだが、 「顔を見るより、先に声を聞いて、漠然(ばくぜん)とこの人と結婚するかな、みたいに思って」と、初対面から結婚を意識していたことを告白。 過去作をみてもインパクトの強い役柄が多いが今回はかなり強烈だ。 walkerplus. その役をみごとに演じ切り、 アジア版アカデミー賞と呼ばれるアジアン・フィルム・アワードの助演女優賞にノミネートされました。 この作品、当時は 国際映画祭での上映や日本での劇場公開もされていなかったにもかかわらず、まだメジャー級ではなかった新進気鋭の女優・安藤サクラさんがノミネートされたのは極めて異例のことだだったそうです。 ご自身も俳優であり、一度は映画監督をめざした柄本佑さん。 そんな安藤さんがまぶしくてしょうがなかったのではないでしょうか? 映画クランクアップ後の打ち上げでは猛アタック。 失礼ながら「金魚のフン」のようにサクラさんのそばを離れなかったとか。 「結婚を前提に付き合って」という柄本さんに、安藤サクラさんは 「わたしはいいけど、お父さんに聞いて」とお父様の奥田英二さんの許可を得ることを求めます。 このくだり、おもしろいですよね。 きっととても仲の良い親子なんだと思います。 そこで、安藤さんのお宅にうかがってご挨拶。 奥田英二さんに思いを伝えると、 「結婚を考えているなら、3年は待て」と条件を出されたそう。 ご自身もプレイボーイだった奥田英二さん。 柄本佑さんの真剣さを試したのでは? その約束を見事に果たし、約3年の交際を経てふたりはめでたくゴールインしました。 結婚のきかっけになったのは、弟の時生さん、そして何度もいって申し訳ないですが…サクラさんが「ブスでワキガ」の役を演じきった映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』での共演、さらに奥田英二さんの条件だったのですね。 この馴れ初めエピソード自体が、映画になりそうです! 2007年には待望のお子さんが誕生しています。 安藤さんはこんなコメントをしていました。 安藤は「すごくうれしかったですが、受賞の知らせを聞いた瞬間はどこかひとごとのような感じでした。 でも、 主演男優賞が柄本佑さんですと聞いた時には、跳び上がって喜びました」と、自身よりも夫の受賞に喜んだことを報告。 msn. とても素敵なご夫婦です! 弟の柄本時生さんも結婚を発表!.

次の

安藤和津の若い頃の綺麗で可愛い画像!娘の安藤サクラに似てると話題!

安藤 サクラ 画像

受賞 最優秀主演女優賞 『』 『』 主演女優賞 『』 『』『百円の恋』 その他の賞 助演女優賞 『万引き家族』 アンサンブル演技賞 『万引き家族』 主演女優賞 2012年『かぞくのくに』 2014年『0. 5ミリ』『百円の恋』 2018年『万引き家族』 助演女優賞 2010年『』 2012年『』『』他 女優主演賞 『0. 5ミリ』 『万引き家族』 女優助演賞 『愛と誠』 主演女優賞 2018年『万引き家族』 助演女優賞 2009年『』 2012年『愛と誠』『その夜の侍』 安藤 サクラ(あんどう サクラ、 - )は、の。 旧姓: 安藤 さくら(読み同じ)。 結婚後の本名:柄本 さくら(えもと さくら)。 国際文化交流学部卒業。 を経て所属。 夫は俳優の。 来歴 父の俳優・、母のエッセイスト・の間に次女として誕生。 姉は映画監督の。 5歳の時に父の舞台を見て女優になろうと決意するが、芸能一家という周りの声が気になり小学2年生のときにその夢を一旦封印。 学生時代にアルバイトなどの経験を積んだ後に高校生の時に女優の道へ進む。 に父・奥田瑛二が監督を務める映画『風の外側』にクランクイン直前に降板した主演女優の代役として出演しデビュー。 映画デビューとなった同作品には両親が出演しているほか、姉・桃子も助監督として参加している。 、が監督を務めた映画『』で、カルト教団の勧誘員・コイケを演じ、ひと際強い存在感を発揮する。 、映画『』を始め、立て続けに注目作に出演し、第84回助演女優賞を受賞した。 1月、映画『』の演技が高く評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。 また同賞で助演女優賞を受賞。 主演女優賞、助演女優賞のダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めての快挙。 、姉が監督を務めた映画『』と、オーディションの募集記事を見て応募した『』で主演を務め 、2年連続でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞をするなどその年多くの主演女優賞を受賞。 翌年度では『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞した。 キネマ旬報が企画したオールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100(映画雑誌『キネマ旬報』創刊95周年記念)の女優ランキング第8位に選出された。 4月スタートの『』()で連続ドラマ初ヒロイン。 に行われたにてとともに司会を務める。 2017年に第1子を出産し育児への専念を予定していたが、何度もオーディションに挑戦し落選していた憧れののヒロインのオファーが届き、夫や両親、義父母の叱咤激励や、NHK側からの育児に協力するとの約束を受け、育児と撮影を両立することを決意。 実に1ヶ月も悩んだ末にオファーを受諾し、2018年10月1日より放送の『』のヒロイン・立花福子を演じることとなった。 1月のヒロイン発表では連続テレビ小説史上初の「ヒロイン」と紹介された。 NHKのも背景に内にキッズスペースが開設されるなどのサポートが提供され、ほぼ毎日子供をNHKに連れての撮影に臨む。 、とW主演した映画『』がにてコンペティション部門で最高賞のパルムドールを受賞し、女優としても高い評価を得た。 国内では数々の主演女優賞を受賞し、第92回キネマ旬報ベスト・テンと第73回ではその年、別の映画に主演した夫の柄本とともに夫婦で主演賞に輝いた。 人物 女優として 『愛のむきだし』に出演した際に、CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた。 女優という職業については、普段思ったことや感じたことを言葉にするのが苦手で、だからこそ脚本や監督があって身体を使って表現する職業に興味があるのかもしれないと明かす。 だらしない女性の役を演じるときは、「女優さんが汚い役を演じている」と思われるのが嫌で、本当に汚くだらしない人間になろうと心がけるが、そのために歯をガタガタにしようとした際には歯科医に断られた。 『百円の恋』では、ニートからボクサーになる主人公を演じるため、まず太ってだらしない体型を作り、撮影の後半の10日間で体を絞りプロテストに合格できるようなボクサーの体型を作っていった。 身長は160cmだが、スクリーンで見ると実際よりも大きく見られ、初めて会った人に「意外と小さいんですね」と言われることが多い。 『』のを務める真鍋斎は安藤について「幅が広く、役を憑依させる。 単純に綺麗なだけでなく、物語の人物として生きることが出来、ちょっとひと味違うと思っていた」と評している。 映画『』がにてパルムドールを受賞し、安藤自身も海外メディアから高い評価を得たが、特に審査員長を務めたは、「もし今回の審査員の私たちがこれから撮る映画の中で、あの泣き方をしたら、安藤サクラの真似をしたと思ってください」と安藤の芝居を絶賛していた。 家族・私生活 母方の祖父には元の、曾祖父には元の、には元のがいる。 ので出会った俳優のと、3年の交際期間を経て3月14日に婚姻届を提出し結婚 、佑も俳優のとの長男にあたるため、2世俳優同士のビッグカップルとして注目を集めた。 子どもの頃から映画作りを近くで見てきたため、映画とどう向き合うか父から影響を受けてきたが、女優として大きく影響を受けたのは、同じく芸能一家の柄本家に嫁いでからだと話す。 父が監督を務めた映画『』で、夫の柄本佑とW主演を務めた。 『』では、義弟のと夫婦役、義母の角替和枝の嫁役を演じている。 父の映画に出演した際には、お店や沿線で自らチラシ配りもやり営業活動をしていた。 に第1子妊娠を発表、妊娠7か月で6月に出産予定とされた。 映画『』撮影終了後産休に入り、同年のWebムービー『元、落語家〜話が下手な元噺家のハナシ〜』公開プレミアム上映会において夫の柄本が第1子出産を報告。 性別は「内緒」とされたが、のちに安藤が女児であることを明かしている。 出演 映画• (2006年、) - ウエイトレス役(脚本)• 風の外側(2007年、) - 真理子 役• むずかしい恋(2008年、アステア) - アカネ 役• (2008年、) - ちづ 役• (2009年、) - コイケ 役• (2009年、) - 耳川モモ 役• (2009年、) - 純子 役• (2009年、) - 木下理香 役• (2010年、東京テアトル) - 小島小鳥 役• (2010年、) - 美也子 役• (2010年、) - カヨ 役• (2010年、) - ミッツー 役• (2010年、) - ミナ 役• ライフライン(2011年) - ホイ 役• (2012年、) - 主演・リエ 役• (2012年、ファントム・フィルム) - ミカ 役• (2013年、ショウゲート) - カンユ 役(声の出演)• (2013年、) - 素子 役• (2013年、) - 主演・今日子 役• (2014年、ビターズ・エンド) - 美佐 役• (2014年、) - 中川ユリ 役• (2014年、彩プロ) - 主演・山岸サワ 役• (2014年) - 主演・一子 役• (2015年、ショウゲート) - 秋本岬 役• (2015年) - 主演・寺子 役• (2016年) - 夢子 役• (2017年) - 祐子 役• (2017年、東宝) - 仁科涼子 役• (2017年、東宝) - 美上ゆう 役• (2017年、東宝) - 死神 役• (2018年、ギャガ) - 柴田信代 役 テレビドラマ• 第5話 - (2007年、・) - ホステス 役• (2007年10月 - 12月、) - 桑山満江 役• (2008年10月 - 11月、) - 石井清美 役• (2009年3月、フジテレビ)• Season2 殺人トーナメント(2009年11月、NHK) - 新海亜希 役• (2010年10月 - 2011年4月、NHK) - 部長 役• 野田ともうします。 シーズン2(2011年10月 - 2012年3月、NHKワンセグ2)• 野田さんとメリークリスマス(2011年12月、NHKワンセグ2)• 野田ともうします。 シーズン3(2012年10月 - 2013年2月、NHKワンセグ2)• (2011年7月 - 9月、フジテレビ) - 臼井紗歩 役• (NHK)• (2011年8月) - 宮本ミツ 役• (2018年10月1日 - 2019年3月30日) - 主演・立花福子 役• (2019年9月13日 - 14日) - 語り(劇中アニメーション)• 第3話「くまの兄妹」(2012年1月22日、) - 高野晶子 役• 3夜連続スペシャルドラマ 第1夜(2012年4月5日、) - 高原静子 役• CASE4(2012年5月6日、TBS) - 笹井英子 役• 特別ドラマ企画 (2012年7月27日、) - 戸崎はづき 役• (2013年1月 - 3月、NHK) - 初山春子 役• (2013年1月 - 3月、フジテレビ) - 黒澤詩織 役• 第5話(2013年2月8日、) - 劇中ドラマ許嫁 役• (2013年2月17日、) - 若き日の母 役• (2013年3月26日、NHK) - 笹山ユキ 役• (2013年7月 - 9月、フジテレビ) - 安倍麗子 役• (2013年11月25日、TBS) - 服部純 役• (2014年3月19日、NHK BSプレミアム) - 松井美奈 役• 第3話(2014年6月28日、NHK) - 森本香織 役• (2016年4月 - 6月、日本テレビ) - ヒロイン・宮下茜 役• ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編(2017年7月2日・9日、日本テレビ) - ヒロイン・坂間茜 役• (2016年8月30日 - 10月18日、NHK BSプレミアム) - 主演・恩地映子 役• 第3話(2017年1月31日、TBS) - すずめの元同僚 役(声の出演)• (2018年4月1日 - 2019年3月24日、テレビ東京) - モコニャン役• (2019年8月8日、NHK総合) - 田宮美咲 役• 第4話(2019年8月17日、NHK総合) - 目撃者 役• (2019年10月27日 -、NHK総合) - 河西昌枝 役• 2019大晦日スペシャル 緊急指令! 成田~福岡~釜山 弾丸出張編! (2019年12月31日)- 『栗原軒』・娘 役 舞台• ソフィストリー -詭弁-(2006年8月 - 9月、) - デビー 役• 恋する妊婦(2008年2月、作・演出:、)• 裏切りの街(2010年、作・演出:)• 千に砕け散る空の星(2012年) ドキュメンタリー• 篇(2008年2月24日、) - 作品を朗読• (2010年5月9日、フジテレビ) - 父・姉と共演• (2012年1月6日・13日、) - 旅人• 「映画で国境を超える日〜映像作家・ヤン ヨンヒという生き方〜」(2013年1月25日、WOWOW)• 「渋谷黄昏ぱらだいす〜2013 愛と想い出の街〜」(2013年4月21日、フジテレビ) - ナレーション• 極私的ドキュメント にっぽんリアル「母になる」(2014年6月1日、) CM• 「120文字のアステラス」篇(2010年) - ナレーション• 050plus LINK YOUR VOICE(2011年)• 食CMシリーズ「おてつだい券」篇(2011年)• ANA ココロノツバサ「デリー」篇(2012年)• 「くらしの真ん中で 父と娘」篇(2013年)• 「動くレシピブック ズッキーニ」篇(2014年) - ナレーション• キユーピー 「動くレシピブック パプリカ」篇(2014年) - ナレーション• 「アウターは、あなただ」篇(2015年) - 姉・と共演• 「月面」編(2019年)• 「象印三姉妹」TV-CMシリーズ(2020年5月 - ) - 、と共演 配信• WEBドラマ「MAKE THE LAST WISH」(2008年)• オリジナルドラマ「恋ばな〜スイカと絆創膏〜」(2009年)• NTTドコモ 動画「東京モナムール」(2011年)• ショートフィルムプロジェクト・女性たちの物語「SEED」(2016年) - 主演 受賞歴• 2009年度• 第31回 助演女優賞(『』)• 第24回 最優秀新人賞(『愛のむきだし』)• 2010年度• 第84回 助演女優賞(『』『』『』)• 第4回 助演女優賞ノミネート(『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』)• 2012年度• 第37回 助演女優賞(『』『』)• 第34回ヨコハマ映画祭 助演女優賞(『愛と誠』『その夜の侍』)• 第86回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞(『』)• 第86回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(『愛と誠』『その夜の侍』ほか)• 第67回 女優助演賞(『愛と誠』)• 第55回 主演女優賞(『かぞくのくに』)• 映画部門(『愛と誠』)• 第22回 主演女優賞(『かぞくのくに』)• 第17回 助演女優賞(『かぞくのくに』『愛と誠』『その夜の侍』)• 2014年度• 第88回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞(『』『』)• 優秀主演女優賞(『0. 5ミリ』)• 第29回 最優秀主演女優賞(『0. 5ミリ』)• 第69回毎日映画コンクール 女優主演賞(『0. 5ミリ』)• 第57回ブルーリボン賞 主演女優賞(『0. 5ミリ』『百円の恋』)• 第19回 主演女優賞(『0. 5ミリ』)• 第24回 主演女優賞(『0. 5ミリ』『百円の恋』)• 2015年度• 最優秀主演女優賞(『』)• 2016年度• Women of the Year 2016• 2018年度• 第10回 最優秀女優賞(『』『』)• 女優賞(『』)• 第40回 主演女優賞(『万引き家族』)• 第31回 主演女優賞(『万引き家族』)• 女優主演賞(『万引き家族』)• 主演女優賞(『万引き家族』)• 主演女優賞(『万引き家族』)• 最優秀主演女優賞(『万引き家族』)• 第23回 助演女優賞(『万引き家族』)• 第3回ニューメキシコ映画批評家協会賞 助演女優賞(『万引き家族』)• 主演女優賞次点(『万引き家族』) 脚注 []• サンケイスポーツ. 2012年3月17日. の2012年9月2日時点におけるアーカイブ。 2012年5月14日閲覧。 日刊ゲンダイ、2015年2月28日参照• 2007年12月3日. インタビュアー:平野敦子. シネマトゥデイ. 2018年6月8日閲覧。 2008年1月17日, at the. シネマトゥデイ. 2009年10月14日. 2018年6月15日閲覧。 、2013年1月11日参照。 ぴあ関西版WEB. 2015年1月10日. 2018年6月15日閲覧。 スポニチアネックス、2016年3月9日参照• 日刊スポーツ. 2018年1月31日. 2018年2月1日閲覧。 梅田恵子 2018年2月6日. 2018年6月8日閲覧。 2018年5月1日. 2018年6月8日閲覧。 マイナビニュース. 2018年5月24日. 2018年6月15日閲覧。 映画ナタリー 2019年1月23日. 2019年1月23日閲覧。 KINENOTE. 2019年2月4日. 2019年2月4日閲覧。 CNN Travel. 2010年3月25日. 2016年6月27日閲覧。 2018年6月15日閲覧。 2018年6月15日閲覧。 2018年6月15日閲覧。 ネットネイティブ. 2018年1月31日. 2018年6月8日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年6月23日. 2018年6月15日閲覧。 ORICON NEWS. 2012年3月16日. 2018年6月8日閲覧。 小松芙未 2012年3月16日. シネマトゥデイ. 2018年6月8日閲覧。 2018年6月15日閲覧。 ラジオ deハピネス. 2018年6月15日閲覧。 デイリースポーツ、2017年3月7日参照• スポニチアネックス、2017年6月27日参照• 映画ナタリー. 2016年10月6日. 2016年10月7日閲覧。 シネマカフェ 2016年3月18日. 2016年4月30日閲覧。 映画ナタリー. 2016年5月20日. 2016年5月20日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年1月31日. 2018年1月31日閲覧。 シネマカフェ 2016年3月9日. 2016年3月9日閲覧。 コミックナタリー. 2016年7月1日. 2016年7月1日閲覧。 、米光京子(構成・文)「ドラマ「カルテット」がくれる愉楽 佐野Pインタビュー&撮影現場レポート」『関西版』平成29年3月11日号、、2017年、 13頁。 2019年5月10日. 2019年5月11日閲覧。 日野自動車株式会社 2019年10月11日. 2020年3月23日閲覧。 象印 2020年5月15日. 2020年5月21日閲覧。 象印マホービン 2020年5月15日. 2020年5月21日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月17日. 2016年2月18日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年11月24日. 2016年11月24日閲覧。 Real Sound. 2018年10月4日. 2018年12月3日閲覧。 映画 ナタリー. 2018年10月23日. 2018年12月3日閲覧。 映画 ナタリー. 2018年12月1日. 2018年12月3日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年12月4日. 2019年2月4日閲覧。 映画ナタリー 2019年1月23日. 2019年2月4日閲覧。 ナターシャ 2019年1月30日. 2019年2月4日閲覧。 キネマ旬報者 2019年2月4日. 2019年2月4日閲覧。 2019年3月1日閲覧。 2019年2月4日閲覧。 2019年2月4日閲覧。 2019年2月4日閲覧。 外部リンク• sakuraando -•

次の