えきねっと デビットカード。 三菱UFJデビット入会ご案内ページ|三菱UFJ銀行

VISAカードとVISAデビットカードの違いを徹底解説!それぞれのメリットやデメリットを、わかりやすく表にして比較してみました。

えきねっと デビットカード

口座開設は最短5日 公式サイトの情報 えきねっと会員登録に利用できるクレジットカードを教えてください。 ビューカードのほか、JCB、VISA、Mastercard、AMEX、Dinersブランドのカードです。 公式サイトには上記のように書かれていましたが、実際にデビットカードを利用することができました。 えきねっととは? えきねっとに登録することで全国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷのお申込みなどを簡単に行うことができるサービスです。 新幹線はもちろん、成田エクスプレスなど全国のJR特急列車の指定席を空席照会・予約することができます。 さらにきっぷ発売日のさらに1週間前から、事前受付も可能なので出張時の新幹線予約にも対応できるのでとても便利です。 えきねっとのメリット 僕が感じるえきねっとのメリットは以下の通りです。 指定券売機で切符の受け取り可能• 1週間先取りして切符を予約できる• 個人情報の登録が必須なので登録が少し面倒• 購入完了の通知がないので気付きづらい• JR東日本管外では、予約した切符を受け取れる駅が限定されるので注意• ユーザーID• パスワード• 氏名(全角・漢字)• 氏名(全角・カナ)• 生年月日(半角)• 郵便番号(半角)• 都道府県• 市区町村 全角• アパート名・マンション名 全角• 電話番号 半角 を入力する必要があります。 ご自身が登録したいデビットカードを発行して、情報入力お願いします。 券売機 でチケットを受け取ることができますが、最寄りのみどりの窓口、びゅうプラザ、旅行センターなどを探して「えきねっとで予約しました。 チケットを受け取りたいです。 」と伝えましょう! 窓口でのチケット受け取り時には以下のものが必要になります。 チケット予約に使用したデビットカード• えきねっとの予約番号 券売機でのチケット受け取り時には以下のものが必要になります。 デビットカード• デビットカードの暗証番号• えきねっとの予約番号 受け取り可能な駅 受け取り不可能な駅 口座開設は最短5日 デビットカードの引き落としのタイミングについて デビットカードを使ってえきねっとの支払いを完了させた場合、引き落としのタイミングは、 窓口や券売機でデビットカードを使用したタイミングとなります。 ネット予約時点では、デビットカードで使っている銀行口座残高に変化はありませんでした。 予約した切符を受け取るときにデビットカードを再度利用したのですが、そのタイミングで口座から引かれていました。 窓口や券売機で切符を受け取ったタイミングで口座から引き落としされます。 ですので、受取り時までには銀行口座に必要な分のお金を入金するようお願いします。 【2019年7月22 月 】えきねっとの支払いに使えるデビットカード ゼロデビ編集部が現在確認しているえきねっとで使えるデビットカードは下記になります。 Sony Bank WALLET(ソニー銀行)• あおぞらキャシュカード・プラス(あおぞら銀行)• りそなデビットカード• Kyash リアルカード• JAL Global WALLET(JALグローバルウォレット)• GAICA(プリペイドカード)• バンドルカード 2019年7月時点の情報になりますので詳細につきましては、ご利用している、またはご利用予定のデビットカード会社へお問い合わせください。 えきねっとにカード登録するなら最短5日で届くJNB Visaデビットカードがおすすめ えきねっとにデビットカードを登録するなら、JNB Visaデビットカードがおすすめです。 理由としては 無料で作れて最短5日で自宅に届くからです。 1週間後に出張を控えていても、今発行したら数日で自宅に届き新幹線のチケットを予約することが可能です。 ジャパンネット銀行が発行しているデビットカードですので、セキュリティ対策や不正利用に対する保障も手厚いです。 まだデビットカードを持っていない方は、この機会に是非ご利用してみてください。

次の

おすすめのデビットカード9枚の審査や特徴を詳しく解説!

えきねっと デビットカード

えきねっとトクだ値の切符の買い方 切符の買い方についてご紹介します! 1. 「きっぷ予約」をクリック。 新幹線やそれ以外の特急列車から利用する列車を選択します。 希望する列車がない場合、「その他の列車」ボタンを押すと表示されます。 選択した切符が販売開始前の場合、自動的に事前受付となるので注意しましょう。 注意事項を確認後「事前受付へ進む」ボタンを押します。 1つの申込につき、第3希望まで指定可能です。 2 人数を入力。 おとなとこども合わせて6人まで申込できます。 3 「座席選択へ」ボタンを押す。 希望の列車がない場合、時間帯を再設定してから空席確認をしましょう。 申込人数によって指定できる座席は異なります。 えきねっとトクだ値で自由席の指定をすると割引がないので注意しましょう。 2 利用区間の乗車券を選ぶ。 申込内容の確認 「注意事項に同意する」にチェックを入れ、「以上の内容で新規購入する」ボタンを押すと購入が完了します! 購入手続き完了画面に予約番号が表示されます。 えきねっとトクだ値でデビットカードは使える? えきねっとトクだ値はクレジットカード払いのみ対応しており、デビットカードも利用できます! 利用できるクレジットカードはJCB、VISA、AMEX、ビューカード、Diners、Mastercardです。 デビットカードは、通常のクレジットカードの一括払いと同じように利用可能です。 決済のタイミングは予約の時点ではなく、券売機で切符を引き換えた時に引き落とされます。 指定券売機・みどりの券売機で切符を受取る際は、「購入手続き時の表示された5ケタの予約番号」と「登録しているクレジットカード デビットカード 」、「カードの暗証番号」が必要です。 みどりの窓口やびゅうプラザ、JR北海道旅行センターで受取る際はカードの暗証番号は不要です。 えきねっとトクだ値の切符受け取り方法 指定券売機・みどりの券売機での切符の受取り方法についてご紹介します! 1. 緑色の「インターネット予約の受取り」ボタンをタッチ。 注意点としてクレジットカード デビットカード を挿入する必要があるため、カードレスタイプのデビットカードは利用できません。 カードを挿入すると申込内容が表示されるので、受取る予約をタッチします。 暗証番号を入力すると切符とクレジットカード デビットカード の明細が発券されます。 えきねっとトクだ値 領収書発行方法 えきねっとトクだ値で購入した切符は領収書の発行ができます! 領収書の発行方法は指定席券売機やみどりの窓口で購入した場合と「チケットレス申込」をした場合と2つの方法があるため、それぞれの発行方法についてご紹介します! <指定席券売機やみどりの窓口> みどりの窓口で購入した場合は、購入時に領収書発行の旨を伝えると発行可能です。 指定席券売機で購入した場合は「領収書」のタッチパネルが表示されるので、そちらをタッチします。 指定席券売機での領収書発行は宛名のいらない領収書になるため、宛名が必要な場合はみどりの窓口で発行してもらうことが必要です。 えきねっとで申込んだ切符をクレジットカードで支払いを行うと、領収書には「クレジットカードによるご利用分」と表記されます。 「えきねっとチケットレス」で購入した場合、えきねっとのホームページから領収書の発行ができます。 領収書の発行方法についてご紹介します。 1. えきねっとの「JR券申込サービス」にログイン。 確認結果の備考欄の右側に領収書ボタンが表示されるので、選択すると帳簿形式で印刷できます。 切符を紙で受取っていないため、駅や車内で領収書の発行はできないので注意しましょう。 正式な領収書は各クレジット会社へ問い合わせが必要です。 まとめ えきねっとトクだ値ではクレジットカードだけでなく、デビットカードも利用できます。 領収書の発行方法は受取り方法によって異なるので確認しましょう。 ホームページから簡単に購入することができ、切符の受取りも券売機やみどりの窓口からスムーズに行えるのでおすすめです!.

次の

デビットカードが使えない状況まとめ|それでも使えるカード5選

えきねっと デビットカード

JR東日本のえきねっとは、ネットで指定券を予約できる大変便利なサービスです。 また予約だけでなく新幹線や特急列車が割引となる「トクだ値・お先にトクだ値」も利用できるため、安い価格で購入することも可能です。 割引率は最大で35%にもなるため、大変メリットが大きいのですが会員になって、クレジットカードを登録する必要があります。 通常はビューカードや国際ブランドのクレジットカードを受け付けています。 登録して決済という支払い方法になります。 クレジットカードが利用できるということは、デビットカードも登録できそうですが実際にはどうなのでしょうか? クレジットカードがないとえきねっとを使えない? えきねっと会員は、クレジットカード情報を登録しておくことになります。 登録できるクレジットカードは、ビューカード、JCB、VISA、Mastercard、AMEX、Dinersブランドです。 ネットで申し込みをするのですが、発券時にクレジットカードを挿入して暗証番号を入力するため、カードレスクレジットカードは使えません。 デビットカードの場合は、クレジットカードの1回払いと同じ扱いですから、国際ブランドのデビットなら、えきねっとを使えるということになります。 au walletカードやおさいふPontaカードは、受け取りの決済システムが利用できないため、登録できません。 またAMEXでもビジネスカードの一部は、券売機で非対応となっています。 えきねっとでデビットカード支払い〜引き落としのタイミングはいつ? デビットカードは、決済のタイミングで引き落としとなります。 トクだ値チケットなら予約の段階で決済するのではなく、券売機で切符に引き換えたときが決済のタイミングです。 ですから切符代金以上の口座残高が、券売機に行くときに入っていないと支払えません。 トクだ値以外の一般の切符を購入するなら、申し込みの時に決済となります。 注意点は、えきねっとに登録する段階でデビットカード口座に残高が入っていないといけないことです。 これは、登録の段階でカードの有効性を確かめるため、実際に請求しているからです。 (請求した金額は後程返金されます)数百円程度の請求が行われると考えておいてよいのですが、念のためぎりぎりよりは多めに入金しておくことをおすすめします。 えきねっとで使えるデビットカードは? ジャパンネット銀行のデビットカードもえきねっとで使える? ジャパンネット銀行のデビットカードはVisaデビットです。 もちろんえきねっとで利用可能です。 ただし、ジャパンネット銀行ではカードレスVisaデビットがあります。 えきねっとでは券売機での発券時にデビットカードを挿入することが必要なので、カードレスVisaデビットでは購入できません。 どちらのカードブランドでもえきねっとで利用できます。 Visaブランドなので、えきねっとでも使用いただけます。 駅ネットで使用できます。 J-Debitはえきねっとでは使用できません。 以前はJCBデビットの種類も少なかったため、「えきねっとでは使えない。 」という情報もあります。 しかし、対応クレジットカードにJCBも含まれているので、もちろん予約や発券にJCBデビットカードも利用できます。 えきねっとでの発券までの流れ えきねっとで切符を購入する際には、会員登録が必要なためわかりにくいと感じる方もいらっしゃるようです。 デビットカードを使った発券までの流れをご紹介します。 1. えきねっと会員登録 えきねっとのトップページからまず会員登録を行います。 この時デビットカードを登録する必要があります。 注意点は口座残高が0円だと登録できないことです。 事前に入金しておきましょう。 2. きっぷ予約から購入手続き えきねっとのトップページから「きっぷ予約」をクリック 空席案内・予約のページが表示されたら利用希望の日時と区間を入力 「空席を調べる」をクリック 列車を選ぶページが表示されたら「トクだ値」きっぷを選択 乗車する人数を決めて、座席指定します。 利用条件や予約内容の確認、注意事項などを読む 購入の確定 3. きっぷを受け取る 乗車当日までに「指定席券売機」「みどりの券売機」「みどりの窓口」などで受け取ります。 「指定席券売機」での受け取りの場合 「えきねっとの予約受け取り」をタッチ 予約時のデビットカードを券売機差し込み口から挿入 予約したきっぷの内容が表示されます。 間違いがなければ「確認」をタッチ テンキーでデビットカードの暗証番号を入力 トクだ値きっぷは乗車券と特急券がセットで発券されます。 デビットカードが出てきますので忘れずに取りましょう。 「みどりの窓口」での受け取りは、予約番号とクレジットカード番号のみが必要で、カードの暗証番号は必要ありません。 このように、デビットカードを利用してお得に確実にチケットを取れます。 VisaデビットやJCBデビットをお持ちの方には、えきねっと登録はおすすめの方法です。

次の