お悔やみ メール 取引先。 お悔やみの挨拶を取引先へメールで送るときの文例集マナーと注意点!

取引先からの訃報メールへの返信する際に注意すべき点とは?例文も紹介!

お悔やみ メール 取引先

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• そもそもお悔やみの言葉をメールで伝えてもよいのでしょうか。 お悔やみの言葉は基本的には電話などで口頭で直接伝えるのが一般的なマナーでした。 このため、メールでのお悔やみは失礼に当たるのではと心配される方もおられるでしょう。 結論から言いますと、 日常的にメールでやり取りする間柄であれば、お悔やみをメールで送っても構わないです。 お悔やみは早く伝えたいものです。 メールで良いのかと迷っている間にお悔やみが遅れたり、躊躇して連絡しないのは最悪の選択です。 相手との関係によってはお悔やみメールをすぐに送り、弔意・ねぎらいの気持ちを早く伝えた方がよい場合も多いと思います。 またメールであれば何かと取り込んでいるご遺族もご自分の都合のよい時に確認できますので、電話よりも負担をかけないメリットもあります。 ただメールでお悔やみを送るときはマナーがありますので、気をつける必要があります。 お悔やみの言葉をメールで伝えるときのマナーをこの後ご説明しますので、参考にしてください。 お悔やみメールのマナー お悔やみをメールで伝える際の、 マナー・注意点についてご紹介します。 特に注意が必要なポイントがいくつかありますので、ご説明します。 相手との関係性に注意して連絡手段を選ぶ メールが一般的なコミュニケーションの手段になっている現在でも、大事な連絡や挨拶は直接口頭ですべきと考える方は多いです。 親しい間とは言えお悔やみをメールで伝えるのはとんでもないと不快に思われる方もおられます。 お悔やみの言葉の連絡手段は、 相手との関係性に注意して選ぶことが大切です。 それほど親しくない方や上司・目上の方で日頃メールでのやり取りがほとんどない方については、メールは避けた方がよいです。 メールでのやり取りが日常一般的な間柄であればメールでのお悔やみも問題ありませんが、お悔やみの言葉ですからあまり砕けた表現は好ましくありません。 いくら略式のメールであっても心を込めて弔意をきちんと示すことが大事です。 ことさら畏まった文章にすることはありませんが、 故人への敬意をもって丁寧な言葉つかいをしましょう。 忌み言葉を使わない 弔事の際の挨拶や文章で使ってはいけない「忌み言葉」があります。 次に例示するような弔事の繰返しを連想させる重ね言葉、生死にかかわる言葉、不吉な言葉は忌み言葉とされていますので、メールでも使わないように注意が必要です。 簡潔な文章で、お悔やみを伝える ご遺族は取り込んでおり大変な状況ですから、いたずらに長文を書くのは避けましょう。 簡潔な文章で、お悔やみを伝えることが大事です。 本文も前置きは一切不要で、弔意とねぎらいの言葉を簡潔に書きます。 親しい間柄であれば多少親しみのある表現をしても良いですが、あくまでもお悔やみであることを念頭において失礼のないようにしましょう。 季節の挨拶は必要ない 時候の挨拶・季節の挨拶は必要ありません。 相手に無駄な時間を取らせないように、あくまでもお悔やみを簡潔に伝えることが基本です。 拝啓・敬具などの頭語・結語も必要ありませんが、相手に手間や気苦労をかけないように文末に「返信不要です」などと書き添えることもあります。 ビジネス関係者へのお悔やみメールの例文 災害があった場合のお見舞いメールについてご説明します。 お見舞いメールとは お見舞いメールとは、友人や知人が病気になったり、怪我をしたり、事故や災害などにあったときに メールでお見舞いの気持ちを伝えるものです。 相手を気つかい、励まし、早期の回復を祈る気持ちを盛り込みます。 お見舞いに行きたくても事情があって行かれない場合、遠隔地にいる場合などに送ります。 地震で被害にあわれた方へのお見舞いメール 地震で被害にあわれた方へのお見舞いメールの場合、注意を要することもあります。 地震と言ってもいろいろな場合がありますが、大地震のときは電源の確保が難しいこともあります。 当然メールなどの通信手段の利用もままならないことがあります。 被災者への励ましや支援の気持ちは大切ですが、 相手の状況を考えないと逆に負担になることもあります。 安否や現状を詳しく問うのは基本的にNGです。 メールを送る場合は、相手が緊急事態・異常事態にあることを念頭において例文のように 無駄な文章は極力省き、簡潔に励ましと労わりの気持ちを伝えましょう。 香典を送る 香典はできれば早く届けたいものです。 相手方との関係を考えて香典をお渡しした方がよいときは、葬儀に参列する同僚や知人に香典を託すのが良い方法です。 うまく適当な方に託すことができないときは日を改めて後日弔問に伺うこともありますが、葬儀後はご遺族も疲れており伺うタイミングは難しものです。 どうしようかと悩むよりは、 できるだけ早めに香典を送る方がよいでしょう。 その際メールか電話であらかじめ弔問に伺えないことを詫びたうえで、改めてお詫びの言葉を添えて香典を送るのが丁寧です。 香典を送るときは持参するときと同様に きちんと香典袋に入れて現金書留などにするのがマナーです。 次の記事では葬儀を欠席する時の香典の渡し方などについて詳しく解説してますので、ぜひご覧ください。 お悔やみの言葉は基本的には電話などで口頭で直接伝えるのが一般的なマナーである。 日常メールでやり取りする間柄であれば、メールでお悔やみを伝えてもよい場合もある。 お悔やみをメールで伝える際は、相手との関係に注意して連絡手段を選ぶ・忌み言葉を使わない・簡潔な文章で伝える・季節の挨拶は必要ない、などのマナーがある。 メールの件名も、メールの送り主と内容がお悔やみメールだとすぐ分かるように書く。 ビジネス関係者へのお悔やみメールは、社内の上司に対する場合、社内の部下・同僚に対する場合、取引先に対する場合など、相手との関係に応じて言葉づかいなどに注意する。 葬儀に参列できない場合は、非礼を詫びたうえでお悔やみの言葉を伝える。 相手との関係、仕事の状況などにもよるが、末尾に返信不要と書いておくことも多い。 お見舞いメールとは、病気や怪我をした方、事故や災害などにあった方に、メールでお見舞いの気持ちを伝えるものである。 相手を気遣い、励まし、早期の回復を祈る気持ちを盛り込む。 地震で被害にあった方へのお見舞いメールは、相手の状況を考えないと負担になることもある。 お葬式に欠席する際のメール以外の対応の仕方は、弔電を送る・香典を送る、供物・供花を送るなどがある。 それsぞれメリット・注意点がある。 ご覧いただいたように、ビジネス関係のお悔やみメールについては、マナーもいろいろあり、相手方との関係性によって注意すべきことも違いがあります。 いずれにしても相手を気遣いながら簡潔にまとめることがポイントです。 参考になる例文もご紹介していますので、お悔やみメールを書かれるときはぜひこの記事を参考にしていただければと思います。 「終活ねっと」では他にも様々な記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

急な訃報に【お悔やみメール】のマナーと文例集

お悔やみ メール 取引先

取引先から訃報をいただいた場合、まず上司に報告し、社内規定に沿って対応を決定する必要があります。 葬儀への参列や香典の手配などがありますが、中でも最初に決めなければいけないのが弔電を打つことです。 弔電を打つ場合、大切なのは「できるだけ迅速に対応し、ミスなくお悔やみの気持ちを表す」ということ。 そのためには、送り先の住所や日時、宛名、差出人名などをしっかりと確認するようにしましょう。 弔電の届け先は会社にするのが一般的ですが、葬儀場や相手の自宅の場合もあります。 差出人は会社名か個人名になりますが、会社名なら必ず正式名称で、個人名の場合は高い役職か役員以上の名前で打つのが良いでしょう。 上司の名前で打つ時は、必ず上司に確認して指示を仰ぐようにしましょう。 取引先から訃報を受けた際にすぐにやるべきことをまとめてみました。 ・弔電を打つかどうか決める(打つ場合は住所を確認し、発信者名を決める)• ・葬儀に参列するかを決める• ・供花、供物を送るか、香典の金額などを決める 取引先にお悔やみの言葉を送るときの方法 弔電でお悔やみの言葉を打つ場合は、各種電報サービスでさまざまな文章例を紹介しているので、それを参考にアレンジするのが良いでしょう。 弔電は葬儀で読み上げられることもあるので、亡くなった方の名前や役職、差出人の名前を間違えないよう細心の注意を払うようにしてください。 会社名で発信する場合はビジネス文書になるので、個人的な想いよりも簡潔で弔意が感じられる文章が適しています。 また、不幸が重なることを連想させる重ね言葉や、忌み言葉などは使わないのがマナーです。 ご功労に敬意を評しますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます」 「取引先にお悔やみの弔電を送るときのマナー」 まとめ.

次の

取引先から訃報の連絡。電報・香典・お通夜は?

お悔やみ メール 取引先

この場合は、頂いたメールへの返信となるため、故人を偲ぶ気持ち・残された家族を気遣う言葉をメールにて伝えても失礼にはあたらないでしょう。 ただし、メールでのお悔やみはあくまでも略式であるということを必ず念頭に置いておかなくてはなりません。 ですから、お通夜やお葬式に参列できる場合や、後日顔を合わす機会がある場合は、哀悼の気持ちを言葉で直接伝えることが正式なお悔みとなることを覚えておきましょう。 お悔やみメールのメリットは、どこにいてもすぐに気持ちを伝えられるというところにあります。 遠方に住まれている方や、会社の取引先の方などすぐに顔を合すことのできない方へのお悔みの場合は、メールで返信という方法もあります。 また、大切な人を失うという悲しい出来事のさなか、さまざまな手続きなどに追われている遺族の状況を考えると、メールでもらった訃報の連絡にはメールでお悔みを伝えても差し支えないと言えるでしょう。 しかし、この場合も追悼の言葉をメールで伝えるということは略式となるので、お通夜やお葬式に参列できない場合は弔電を送るなどし、正式なお悔みをするのがマナーとなります。 先述にもあるように、お悔やみをメールで送るというのは正式な方法ではなく略式です。 そのため、親交のある間柄以外の方へのお悔みメールは、「簡単に済ませている」などの良くない印象をあたえてしまうことがあります。 ですから、友人・同僚・取引先の方などから頂いた訃報の連絡であっても、特に日頃から親しくしている間柄の方にとどめておくことが大切なポイントです。 おや悔みをお伝えする時期は、残された家族はとても深い悲しみの中にいます。 また、葬儀の準備や手続きなどで非常に疲れがたまる時期でもあります。 ですから、追悼の気持ちをメールで送る際は、送り主とお悔やみメールであるということがすぐに分かるようにしておく配慮が必要です。 例として「 名前 です。 お悔やみ申し上げます。 」というようにタイトルを簡潔にし、時間を取らせない気遣いがあるといいでしょう。 理由は、先ほどのタイトルの部分と同じで、心身共に辛い遺族の負担が少しでも少なくなるようにという気遣いです。 まず時候の挨拶などははぶき、お悔やみの言葉を述べます。 そして、相手を気遣う気持ちを丁寧な文章で簡潔に伝えましょう。 最後は、遺族の負担を考え返信は不要だという言葉を付け加えておくと、より配慮のできたお悔みメールになります。 お悔やみメールのマナー4つ目は、忌み言葉を使わないという点です。 メールに限らず、お悔やみの言葉を伝える際は、遺族の心情に配慮し、死を思わせる直接的な表現や不吉なこと・不幸なことが続くことを連想させる表現は使わなようにしましょう。 また、そのような言葉はやわらかく心に届く表現に置き換えて伝えるよう配慮する必要があります。 下記では使ってはいけない言葉の例や置き換えた表現、信仰している宗教別の忌み言葉などをご紹介します。 不幸が続くことを連想させる重ね言葉の例• ・重ね重ね• ・くれぐれも• ・たびたび• ・ますます 不吉なことが起きること・続くことを連想させる言葉の例• ・再三• ・再び• ・繰り返し• ・続いて• ・死を連想させる四 し• ・苦を連想させる九 く• ・消える• ・落ちる 生死を連想させる直接的な表現と置き換え表現の例• ・「死・死去」などは「ご逝去・ご他界」などに言い換える• ・「生きているとき・ご存命中」などは「お元気なころ」などに言い換える 仏教• ・迷う• ・浮かばれない キリスト教・神道・浄土真宗での忌み言葉の例• ・冥福• ・供養• ・冥途• ・往生 仏教では49日の間、冥途を旅しながら死後の世界に行くと考えられているため、その旅を無事に終えてあの世に到着することを祈り「ご冥福をお祈りします」といった使い方をします。 それと比べ、キリスト教は天に召されるという考え方をし、礼拝は神様に向けて行います。 神道も、故人は家の守護神になると考えるため、先祖の神様と一緒に祀ります。 また仏教のなかでも浄土真宗は、冥途をさまようことなく死後すぐに極楽往生するという教えです。 そのためこれらの宗派では、仏教で使う言葉は忌み言葉となってしまうのです。 相手を思いやる気持ちを伝える際に、文字化けをしてしまうとお悔やみが伝わらないばかりか、遺族に不快な思いをさせてしまいかねません。 ですから、お悔やみメールを送るときはどのような機種でも読める文字を使うことや、余計な記号などは使わないということが大前提となります。 友人からの訃報の連絡には、驚きと心配といった気持ちがまず浮かぶのではないでしょうか。 そのような連絡があった場合は、お悔やみの言葉と一緒に、友人の体調や心情に寄り添う言葉や、手助けしたい気持ちを伝えるといいでしょう。 ご主人様 奥様 の悲報を知り、胸がはりさける思いです。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 今は、悲しみや不安で何も手に付かないかもしれないけれど、体を壊さないようにしてね。 親にとって子どもを亡くすことは、耐え難い悲しみです。 そのようなときに、不必要な言葉をかけるとかえって悲しみを増幅させてしまいます。 ですから言葉選びは慎重に、いつでも支えになるという気持ちを伝えてください。 また親しい友人が子どもを亡くした場合は、堅苦しく形式ばった言葉ではなく、短くても友人に寄り添った内容のお悔やみメールを送るといいでしょう。 貴社社長様の逝去の報に接し、社員一同驚いております。 社長様のご生前の功績に敬意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 略儀ながらメールにて失礼いたします。 なお、返信はご無用にございます。 丁寧な言葉ということには変わりありませんが、自分の言葉で伝える場合は冒頭のお悔やみの言葉のあと、「無理をしないように」や「仕事のことは気にしないで」などの言葉を添えるといいでしょう。 親しい相手に送るお悔やみメールは、「ご冥福をお祈りします」「いつでも支えるよ」という気持ちが伝わる文面にすれば充分です。 遺族の気持ちを汲み取った言葉がけがポイント! お悔やみメールのマナーや文例についてご紹介しました。 メールはすぐにお悔やみの気持ちを伝えられるツールですが略式であることを忘れず、遺族の辛く悲しい心情に思いを寄せて送るということを心に留めながら利用したいものですね。 こちらを参考にぜひ自分なりのお悔やみメールを考えてみてください。

次の