ふるさと納税 安くならない。 【初級者向け】ふるさと納税でお得になっている実感がない理由 還付のスケジュールについて

ふるさと納税「やらないだけで損」の理由をもう一度おさらい

ふるさと納税 安くならない

実質2000円になると聞いて3万円ふるさと納税をしたけど、 2万8000円はいつ返ってくるの? ふるさと納税をしてお得と聞くけど、一時的には出費になりますよね。 ふるさと納税は納税しておわり!では控除は受けることができません。 申請を行う事で初めて控除を受けることができますが、 いつ税金が返ってくるのかわからないとちゃんと申請も出来ていたのか不安になったりしますよね。 ふるさと納税は一度払った税金が控除されるので、お得さを実感するのは翌年以降になります。 すぐにお金が返ってくるわけではないですが、ふるさと納税で自分にご褒美の返礼品をゲットして、控除の申請を行っておくと、 来年になってお得感を得られて二度おいしいです。 この記事ではふるさと納税をしたときにいつ・どうやって控除されるのかを解説します。 確定申告 申請期限・方法 2月16日~3月15日の間に税務署に郵送か持ち込みで書類を提出 特徴 1年分まとめて申請。 向いている人・できる人 ・自営業者 ・年収2000万以上 ・副業で年20万以上の収入がある ・住宅ローン控除の手続きを行う ・5団体を超える自治体に寄付する場合 ワンストップでは住民税のみ・確定申告では住民税・所得税が軽減される 税の控除を受ける申請方法は「ワンストップ特例制度」を利用する場合と、確定申告に2パターンあります。 ワンストップ特例制度を利用した場合は住民税が安くなり、 確定申告をした場合は住民税が安くなったうえに、所得税が還付されます。 とはいっても、ワンストップ特例制度を利用した場合は確定申告の時に比べて住民税の控除が大きくなるため、どちらで控除を受けても控除額自体は大きく変わりません。 今年ふるさと納税を使えば、 来年6月から5月の間の住民税が安くなります。 ふるさと納税をすれば自分へのご褒美としていつもよりちょっと豪華なサービスを受けたり、商品をゲットしたりすることができます。 すぐに返って来るわけではないですが、来年になって払ったふるさと納税額から2000円の自己負担額を除いた金額が返ってくるので、忘れたころに嬉しい控除が受けられます。 もう既にふるさと納税をされた方は納税した翌年の6月からの給料明細を是非チェックしてみてください。 まだされていない方は是非この機会に始めて、素敵なご褒美をゲットして来年の住民税を軽くしてみてはいかがでしょうか?.

次の

FXの税金はふるさと納税できる!?その寄付、本当に大丈夫ですか?

ふるさと納税 安くならない

そして、ふるさと納税は所得制限の回避にすごく有効な方法なのです。 もらえる補助金は約30万円なので馬鹿にできない金額。 いま中3のお子さんがいる家庭はもちろん、中学生のお子さんがいる家庭なら高校に入学する時に関わってくる話なので知っておいて損はありません。 ふるさと納税と高等学校等就学支援金制度の関係を具体的に解説します。 高等学校等就学支援金制度とは このページにたどり着いたということは高等学校等就学支援金制度(高校授業料無償化制度)についてはそんなに説明の必要はないかと思います。 高校補助金と呼ぶ人もいますが、下記のような制度です。 国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税所得割額が30万4,200円(モデル世帯(注)で年収約910万円)未満)の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給します。 (モデル世帯の年収の場合だと910万円) 高等学校等就学支援金制度でもらえる補助金の額 高等学校等就学支援金制度を利用することでもらえる補助金は、国立高校の場合月額9,600円( 年間115,200円)、県立や府立などの公立高校の場合には、月額9,900円( 年間118,800円)になります。 (ちなみに今回は公立高校の場合ですが私立だと公立より多くもらえます) 補助金をもらえるかどうかのボーダーライン 高等学校等就学支援金制度は利用しない手はない制度ですが、ここまでに説明したように所得制限があります。 具体的には 市町村民税所得割額が30万4200円未満であること。 極端な話、市町村民税所得割額が30万4300円なら年間10万円以上の補助金をもらえず、市町村民税所得割額が30万4100円なら補助金がもらえるということです。 もしあなたの世帯の市町村民税所得割額が30万4200円を少し上回っていたら… なんとかして所得を下げたいと思いますよね? この所得割額を下げるのに「ふるさと納税」が非常に有効なのです。 ふるさと納税で所得割額を下げることができる仕組み ふるさと納税は納税と名前が付きますが寄附というかたちを取ります。 そして寄附金額に応じて本来納めるべき都道府県への税金が控除されるという仕組みです。 この寄付金控除というのがポイントで… 市町村民税所得割額は寄附金控除で減額できます。 ピンときましたか? 高等学校等就学支援金制度の申請時に確認されるのは世帯年収がいくらかではありません。 市町村民税の特別徴収税額決定・変更通知書に書かれている市民税の「所得割額」だけが見られるのです。 そのため、ふるさと納税してボーダーライン以下に調整しやすいという仕組みですね。 つまり、もし市町村民税の特別徴収税額決定・変更通知書記載の所得割額が30万4200円のボーダーライン近辺なら、ふるさと納税をすることで補助金をもらえる可能性が出てくるということになります。 ふるさと納税には限度額がある 「じゃあボーダーライン以下になるまでふるさと納税すればいいじゃん!」 となるかもしれませんが、実はふるさと納税はいくらでもできるわけではなく収入に応じて限度額が決まっています。 そして、その限度額-自己負担金2000円の全額が翌年の税金から控除される仕組みなので、限度額以上寄附をしても税金は控除されずただ寄付しただけになってしまいます。 限度額の計算と聞くだけで拒否反応が起きそうですが安心してください。 実はふるさと納税ポータルサイトでは控除シュミレーションというものが用意してあって、簡単に限度額の目安を求めることができます。 例えば、最近CMもバンバンやっているができます。 簡単な項目を入力するだけで限度額が出てくるので確認してみてください。 寄附金を払うなら税金が安くなっても同じじゃないの? ふるさと納税の仕組みは、好きな自治体に寄附をする代わりに本来納めるべき都道府県の税金を控除してもらう仕組みだといいました。 例えば、福岡県A市に住んでいる人が北海道B市に4万円寄附したら、福岡市に納める税金が38000円安くなるということです。 (自己負担金2000円は必ず発生します) そうなると結局2000円負担してるし、むしろ逆に損してるんじゃないの?と思うのではないでしょうか。 まぁ、当初の目的は高等学校等就学支援金制度で補助金をもらうことでしたよね。 自己負担金2000円で30万円以上の補助金がもらえるようになるならメリットでしかないわけですが、それだけではありません。 ふるさと納税では寄附のかたちを取ることで、自治体からお礼の品が届きます。 これが結構お得。 1万円の寄附金でお肉4キロとかお米20kgとかすごい量の特典がもらえるわけです。 つまり、お肉やお米、カニや旅行券など、いろんな返礼品が2000円でもらえたらお得だよねというのが本来のふるさと納税の良いところなんですが、高校の学費の補助金をもらえるように調整しつつお礼の品までもらえたら一石二鳥ですよねというお話しです。 もちろん、ふるさと納税を限度額いっぱいしても市町村民税所得割額がボーダーの30万4200円を下回らないという場合でも、ふるさと納税をして返礼品をもらうのはお得なのでやらないと損をしてしまいます。 大事な注意点を忘れていましたので最後にご紹介します。 中3のお子さんであることが重要な理由 冒頭で中3のお子さんがいる場合は必見と書きましたが、それには当然理由があります。 高等学校等就学支援金制度は、高校入学時の所得割額で判定されるということです。 つまり、2018年4月に高校に入学する場合は2017年度の所得が重要になってきます。 お子さんが中学校3年生の年に、しっかりふるさと納税をしておく必要があるので注意してくださいね。 それを差し引いても、ふるさと納税自体はやると得する制度というよりやらないと損をする制度なので、ぜひ挑戦してみてください。 まずはどんな返礼品があるのか見てみてはどうでしょうか。 当サイトでも人気の返礼品の情報をバンバン更新しているので参考にしてみてください。 無料サポートも充実していて、電話相談までできるので初めてのふるさと納税でも安心です。 また、他のサイトに比べて申し込んだ返礼品が届くまでの期間も速いです。 ホームページが新しくなり見にくさも解消しています。 ポイント10倍キャンペーンの対象なので、お買い物マラソンと組み合わせると ポイント10倍以上も狙うことができ、4000~5000ポイントゲットも夢ではありません。 エアウィーブなど、他のサイトではなかなか見つからないものも見つかったりします。 Amazonギフトコードのプレゼントも積極的に行っているので、お得に返礼品を獲得できます。 さとふる、ふるさとプレミアム、楽天ふるさと納税、ふるなびは、 いずれも楽天ポイント還元やAmazonギフトコードプレゼントなど、少しお得な制度を導入しています。 本来はふるさと納税の自己負担金は2000円ですが、こういった特典を受け取ることで 「0円」で返礼品を受け取れるので、デメリットのないふるさと納税ができます。 そのため、特別な理由がない限りは上記4サイトで探す方がお得です。

次の

ふるさと納税「やらないだけで損」の理由をもう一度おさらい

ふるさと納税 安くならない

ふるさと納税で住民税が控除される仕組みとは まず冒頭でも記述しましたが、ふるさと納税制度は「ふるさと納税=返礼品を買う」ではなく「自治体へ寄附をすることで住民税・所得税の控除対象になる」という前提があり、さらにお礼として自治体から返礼品がもらえるという内容となります。 控除の対象となる金額は、寄附した金額から自己負担分の2,000円を引いた金額となります。 2,000円の自己負担をすることで税金控除がされ応援したい自治体の魅力的な地場産品を受け取ることができる場合があります。 住民税の控除額について ふるさと納税制度による住民税からの控除額には上限があり、控除上限額以上の寄附をしても控除対象にならないので注意が必要です。 住民税や所得税の金額が収入などによって変わるように、控除上限額も個人により異なります。 また、控除上限額は、ふるさと納税を行う本人の収入や家族構成によって異なります。 個人事業主など、特に収入が毎年変化する場合には、前年の控除上限額が高かったとしても、必ずしも今年も前年分と同じ分だけの寄附をして控除の対象になるとは限りません。 例えば、控除上限額が1万円の方が、「黒毛和牛肉」(寄附金額3万円)の返礼品を選び、 ふるさと納税を行った場合、控除上限額の1万円を除く2万円が住民税の控除が適用されず自己負担となります。 そのため、その年の控除額上限はしっかりと把握しておく必要があります。 また、独身や夫婦(配偶者が働いていない場合)、共働き夫婦や子どもの有無などの家族構成によって、控除上限額が異なる点にも注意が必要です。 家族構成などによる控除額の違いの詳細は下記ページでご確認頂けます。 住民税控除額の計算について まず、ふるさと納税制度を利用した住民税控除額の計算方法には、基本分と特例分の2つがあります。 ここでは、それぞれの詳しい計算方法のご紹介をいたします。 つまり、2,000円の自己負担額を除いた分の10%分が基本の控除額です。 なお、控除対象の寄附額は、総所得金額などの30%が上限と決められています。 基本分と特例分を合わせた額が、翌年度の住民税からの控除額となります。 こちらのケースでは「 ふるさと納税額-2,000円」の全額控除とはならず、実質的な負担額は2,000円以上になります。 控除上限額をシミュレーションしたい場合は、控除上限額シミュレーションを利用してご確認ください。 控除上限額シミュレーションは、簡単に控除上限額を知ることができるほか、「詳細シミュレーション」にて、扶養家族の人数、社会保険料、医療費控除の金額などを詳しく入力することで、さらに精度の高い結果を得ることが可能です。 住民税の控除が適用される時期について ふるさと納税の寄附を行うのに、決められた期間や時期はありません。 その年の1~12月のうち、いつでも好きなときに寄附をして翌年に住民税の控除が適用されます。 住民税が控除される時期は、ふるさと納税を行なった時期によって決まっており、実際に控除額を確認できるのは、ふるさと納税を行った翌年の6月頃に住民税の通知を受け取るときとなります。 つまり、すぐに住民税の控除が適用されるわけではないので、自己負担分が増えてしまわないように、ある程度の年収が把握できてからなど、ふるさと納税を行う時期をよく考える必要があります。 自己負担額を不用意に増やさないためにも、控除上限額の目途がつく12月に寄附をするのが安心かもしれません。 ただし、一概に年末に駆け込みでふるさと納税をしたほうが良いとはいえません。 返礼品のなかには、品切れになるほど人気の返礼品もあります。 ふるさと納税の申し込みは1~2月が少ない傾向にあるため、魅力的な返礼品があれば年のはじめのうちから検討しておいても良いでしょう。 また、前述したように、ふるさと納税を行った翌年分の住民税が控除されるためには、確定申告が必要となるケースとそうではないケースがあります。 ワンストップ特例制度を利用しない場合は、翌年3月15日までに確定申告を行い、ふるさと納税をした際に発行された「寄附金受領証明書」を添付します。 確定申告をすると、ふるさと納税をした年の所得税が還付されますが、住民税の控除は所得税のように確定申告で還付されるものではない点に注意しましょう。 ふるさと納税制度による所得税の還付について ここまで、ふるさと納税制度による住民税の控除についてご紹介してきましたが、所得税の還付についても簡単にご紹介いたします。 ふるさと納税制度を利用することで、どのような税金の控除・還付がされるかを全て把握しておくことはとても大切なことだからです。 所得税率は課税所得に応じて高くなるので、こちらもきちんと知っておく必要があります。 例えば、課税される所得金額が195万円以下であれば税率は5%ですが、195万円を超えて330万円以下なら10%、330万円を超えて695万円以下であれば20%です。 1%)が加算されます。 復興特別所得税を含む税率は上記の例では、税率が5%の場合は5. 105%、10%なら10. 210%、20%なら20. 420%となります。 また、所得税還付の対象となるふるさと納税額は総所得金額などの40%と決められているので、それを超えないようにご注意ください。 所得税がどのくらい還付されるか例を挙げると、夫婦(配偶者控除有)と16歳以上19歳未満の子どもがいる年収600万円の世帯の場合、寄附金額上限の目安は6万円となります。 そこから2000円を引き(5万8000円)所得税率である20%をかけると1万1600円で、この分が所得税から控除されます。 ふるさと納税と税の控除・還付に関する詳細については、下記のページでご確認ください。 ふるさと納税の確定申告手続きについて ふるさと納税制度は、単に寄附を行い、自治体が提供する返礼品を選んで完了するというものではありません。 原則として、ふるさと納税を行った自治体から送付される「寄附金受領証明書」を添えて確定申告をするなど住民税からの控除を受けるために、所定の手続きを行う必要があります。 ただし、特定の条件を満たす場合にはワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手続きをせずに、住民税の控除を受けることができます。 ワンストップ特例制度について 前述しましたが、ふるさと納税制度による住民税控除などを受けるために必ずしも確定申告が必要になるわけではありません。 ワンストップ特例制度を利用すれば、確定申告を行わなくても税が控除されるので大変便利です。 ワンストップ特例制度の詳しい内容に関しては、下記のページでご確認ください ふるさと納税制度は住民税の控除を受けながら地域活性に貢献できます! ふるさと納税制度を利用すると、住民税が控除されたり返礼品がもらえるなど、自身にとって嬉しいことだけではなく、地域の活性につながるというメリットもあります。 応援したい自治体や、愛着のある故郷へ寄附することもできるので、納税に対して自分の意思表示ができるというメリットもあります。 さらに、控除上限次第では複数の自治体に寄附をして返礼品をもらうことができるので、選択できる幅が広いのも嬉しい点です。 ふるさと納税制度の仕組みは一見複雑に見えるかもしれませんが、手続きは簡単に済ませることができますし、いつからでも始められるものです。 2015年からはふるさと納税制度の控除額の枠がおおよそ2倍に拡充されたため、ますます制度を利用しやすくなりました。 ふるさと納税制度は地方再生のカギとして注目されている制度であり、日本の将来を明るくする契機になり得るものです。 このように、ふるさと納税には単純にお得になる以上のメリットがいくつもあるので、仕組みをしっかりと理解しつつ、積極的に活用することをおすすめします。

次の