為替 ドル。 これから「地獄の2週間」が始まる。ドル/円一時106円台、NY株1,000ドル超安

ドル/円、115円まで上昇? それとも102円に急落? 今週の上下の重要メドを確認!

為替 ドル

トランプ米大統領は、イースター明け(4月14日)の移動制限解除を断念。 「地獄の2週間(hell of a bad two weeks)」を覚悟せよと警告しました。 米国で新型コロナウイルスの感染がNYからイリノイ州、ルイジアナ州へと拡大するなかで、ロックダウン(都市封鎖)は5月以降も続くという悲観的な予想が増えています。 3カ月間のロックダウンのコストはGDP(国内総生産)の1割に達するといわれ、2カ月以上のロックダウンは社会不安を激増させることになります。 高値は107. 94円で、108円未満だったのは2週間ぶり。 動きは激しくないのですが、じわじわと円高に向かっています。 NY株式市場のダウ平均は一時1,132ドル安の大幅続落。 トランプ大統領は成立した2兆ドルの景気対策に加え、さらに景気刺激策第4弾として追加で2兆ドルのインフラ投資を提案しています。 しかし、それでもまだ足りないのではないかという不安が大きくなっています。 欧州でも、イタリアやドイツがロックダウンの期間を延長しています。 世界が新型コロナと最終戦争を繰り広げるなか、日本では安倍首相が、国民の全世帯にマスク2枚を郵送することを表明。 17円 31日の終値に比べ0. 今日の格言: 指図したり注意したりすることで人々を導こうとしてはならない。 自ら実践してみせることだ。 台湾 ドル: デイリー・SF連銀総裁「米国はすでにリセッション入りの可能性」 カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は10%半ばに上昇」「年末までに8%まで低下」 NY株式市場: 株式市場から消えたお金は約1,500兆円。 日本の国家予算の15年分が一気に溶ける ユーロ: ドイツ、第1四半期の経済成長はマイナスになる可能性 ドイツが緩和政策に否定的 「新型コロナは欧州財政規律の違反を正当化しない」 中国人民元: 全人代を5月末までに開催か。 国内の大規模集会規制も緩和へ 新型肺炎拡大のピーク過ぎる? 中国国内企業活動がほぼ通常レベルに戻る 南アランド: 南アの全土封鎖で、プラチナ、パラジウムの供給に大きな支障 その他: トランプ大統領「米国は警護費払わない」ヘンリー王子夫妻のLA移住で 欧州人の「勝手気ままな性格」が感染拡大させている 中国メディア 主要指標終値.

次の

USドル/円の為替レートの推移

為替 ドル

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

米ドル/円(USD/JPY)の為替チャート・予想・見通し

為替 ドル

普段何気なく耳にする 「為替(かわせ)」という言葉。 思い浮かべるものは、郵便為替、為替レートといろいろあるけれど、実はよくわかっていない、という人も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は「そもそも為替とは何か」についてお話ししましょう。 「為替」の歴史は古く、日本では 江戸時代に大きく発達したといわれています。 例えば、江戸の商人が大坂の商人に代金を支払う場合、現金を直接届けるのでは盗難などの危険が伴います。 そこで、江戸の商人は両替商に代金を渡して 為替手形(支払いを依頼した証書)を発行してもらい、その手形を受取った大坂の商人が指定の両替商に持って行き、代金を受取るということが行われていました。 為替は、売買代金の受払いや資金の移動を、現金を輸送することなく行う手段といえます。 時代は変わり、 インターネットが発達した現在では、支払いや送金のための銀行振込や、公共料金等の銀行口座からの引落しなどが簡単にできるようになり、直接現金を送る、渡す、といった機会が少なくなりましたが、振込や口座振替も実は 為替取引の一種なのです。 このように国内で行われる為替取引は、 内国為替と呼ばれます。 「通貨の交換」を伴うのが外国為替 一方、国境を越えて、異なる通貨間で行われるものが 外国為替取引です。 商品の輸出入、外国証券や海外不動産への投資、企業の海外進出など、国際的な取引の多くは外国為替を利用して金銭の受払いが行われます。 取引に際しては、まず 決済通貨(どの通貨で金銭の受払いをするか)を決め、自国通貨でない場合には、通貨を交換しなければなりません。 この 「通貨の交換」を伴う点が、外国為替の最大の特徴といえるでしょう。 通貨を交換するための市場を 「外国為替市場」、通貨の交換比率を 「為替レート(外国為替相場)」と呼びます。 例えば、米ドルを日本円で購入したい場合、為替レートが1ドル100円であれば、100円で1米ドルを購入できることを示しています(手数料等は考慮していません)。 また、ニュース等で為替レートに続いて、「昨日に比べ1円の円安」といった説明が流れることがあります。 円安とは、円の価値が下がる(=外貨の価値が上がる)ことで、昨日1米ドルを100円で買えていたとすると、今日は101円出さないと買えなくなったということを意味しています。 逆に 円高になれば、円の価値が上がり、より少ない円で安くなったドルを購入できることになります。

次の