トラマール。 医療用医薬品 : トラマール

トラムセット、トラマール(トラマドール)と麻薬性鎮痛剤の違いは?

トラマール

通常、癌の痛みや慢性痛に利用されています。 この作用により鎮痛効果を発現します。 また、ノルアドレナリンとセロトニンの神経伝達物質を再取込阻害する作用により、別の鎮痛経路である下行性疼痛抑制系を活性化させる作用があると言われています。 この作用により、さらなる鎮痛効果を発現すると言われています。 適応症は以下の通りです。 ・非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患における鎮痛 ・疼痛を伴う各種癌 ・慢性疼痛 応用として以下の場合にも利用されることがあります。 ・非がん性慢性疼痛 ・抜歯後の疼痛 本剤は、日本新薬株式会社、ファイザー株式会社により製造販売されています。 スポンサーリンク 主な副作用 トラマールの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。 (がん疼痛) ・便秘になる ・悪心がある ・嘔吐する ・傾眠がみられる ・食欲減退がみられる ・浮動性めまいがする ・頭痛がする (慢性疼痛) ・便秘になる ・悪心がある ・傾眠がみられる ・嘔吐する ・浮動性めまいがする ・口が渇く ・食欲減退がみられる ・頭痛がする ・倦怠感がある 重大・重篤な副作用 重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。 重大・重篤レベル副作用リスト 副作用の名称 想定される症状等 アナフィラキシー 紅斑ができる、悪寒がする、口唇浮腫ができる、咽頭浮腫ができる、口内の違和感がある、かゆみがある、くしゃみする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、そう痒感がある、全身が発赤する、顔面や喉頭浮腫ができる、呼吸困難になる、血圧が低下する、喘鳴(ぜんめい)がきこえる、血管浮腫ができる、不快感がある、眩暈(めまい)がする、耳鳴がきこえる、発汗する等 ショック 血圧低下に伴い失神する、意識が消失する、チアノーゼがみられる、呼吸困難になる、胸内苦悶がある、冷感がある、嘔吐する、顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)ができる、痺れる(しびれる)、動悸がする、息切れする等 呼吸抑制 頭痛がする、眩暈(めまい)がする、動悸がする、息切れする、不安感がある、判断力が鈍化する、呼吸が緩慢になる、不規則な呼吸になる、呼吸異常がみられる等 痙攣(けいれん) 全身の筋肉がピクピクする、痺れる(しびれる)、チクチクと痛む、瞬間うとうとと眠くなる、失神する、錯乱する、脱力する、膀胱の調節機能が消失する、興奮状態が継続する、怒りっぽくなる、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢のコントロールが不能になる、筋肉の付随現象がみられる等 依存性 連用に伴い耐性、薬物依存を生じる。 本剤の急激な投与量の減少や中止に伴い次の症状が発現する。 激越がみられる、不安になる、神経過敏になる、不眠症になる、運動過多になる、振戦がみられる、何らかの胃腸症状が発現する、パニック発作になる、幻覚(げんかく)をみる、錯感覚がある、耳鳴がする等の退薬症候がみられる等 失神 意識消失(意識喪失) 眩暈(めまい)がする、立ちくらみがある、顔面が蒼白になる、動悸が高まる、胸の痛みがある、胸部不快感がある等 上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。 重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。 しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。 その他の副作用 その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。 その他の副作用リスト 副作用の部位名称等 副作用の名称、症状 呼吸器 呼吸困難になる、口腔咽頭痛がする、咽喉乾燥がみられる、口腔咽頭不快感がある、発声障害がみられる 循環器 血圧上昇がみられる、ほてる、血圧低下がみられる、動悸がする、起立性低血圧がみられる、不整脈がある、顔面蒼白になる、胸内苦悶がある、頻脈になる、徐脈になる、高血圧になる 血液凝固系 好中球が増加する、好酸球が増加・減少する、リンパ球が減少する、ヘマトクリットが減少する、ヘモグロビンが減少する、赤血球が減少する、白血球が増加する、血小板が減少する 精神神経系 傾眠がみられる、浮動性めまいがする、頭痛がする、振戦(しんせん)がみられる、不眠症になる、譫妄(せんもう)がみられる、幻覚がみられる、鎮静する、体位性めまいがする、睡眠障害になる、不随意性筋収縮がみられる、感覚が鈍麻する、味覚異常になる、記憶障害がみられる、健忘がみられる、ジスキネジーがみられる、眼振がみられる、回転性めまいがする、疲労する、耳鳴がする、悪夢をみる、気分変動がみられる、うつ病になる、落ち着きがない、不安になる、頭重感がみられる、興奮する、虚脱感がある、両手のしびれ感がある、ふらつき感がある、不快感がある、錯感覚がある、協調運動異常がみられる、失神する、錯乱がみられる、活動低下・亢進がみられる、行動障害がみられる、知覚障害がみられる、言語障害がみられる、無感情になる、不快気分になる 消化器 悪心がある、嘔吐する、便秘になる、食欲減退がみられる、下痢する、腹部不快感がある、上腹部痛がある、口内が乾燥する、口内炎ができる、消化不良になる、腹痛がする、胃炎になる、口唇炎になる、胃食道逆流性疾患がみられる、口の錯感覚がある、腹部膨満感がある、腹鳴がする、おくびがでる 肝臓 AST(GOT)値が増加する、ALT(GPT)値が増加する、Al-P値が増加する、LDH値が増加する、肝機能異常がみられる、ビリルビン値が増加する 皮膚 多汗症になる、そう痒症になる、湿疹ができる、発疹ができる、全身性そう痒症になる、蕁麻疹(じんましん)がでる、薬疹ができる、冷汗をかく、寝汗をかく 腎臓及び尿路系 排尿困難になる、尿糖陽性がみられる、尿蛋白陽性がみられる、尿潜血陽性がみられる、クレアチニン値が増加する、BUN値が増加する、頻尿になる、尿量減少がみられる、尿閉がみられる、夜間頻尿になる、膀胱炎になる 代謝異常 尿酸値が増加する、トリグリセリド値が増加する その他 口が渇く、倦怠感がある、無力症になる、異常感がある、CK(CPK)値が増加する、熱感がある、脱水がみられる、視力障害がみられる、背部痛がある、関節痛がある、四肢痛がある、筋骨格硬直がみられる、浮腫ができる、末梢性浮腫ができる、疼痛がある、胸部不快感がある、転倒する、易刺激性がみられる、悪寒がする、発熱する、霧視がみられる、冷感がある、散瞳がみられる、視調節障害がみられる、心電図QT延長になる、体重減少がみられる 過量投与 縮瞳がみられる、嘔吐する、心血管虚脱がみられる、昏睡に至る意識障害がみられる、痙攣(けいれん)する、呼吸停止に至る呼吸抑制がみられる等 トラマールについて 本剤は、オピオイド系の鎮痛薬で、軽度から中等度の痛みに対して主に利用されている、非麻薬系のお薬です。 麻薬系の低用量モルヒネと同等の効果がありながら、作用は穏やかで、副作用も比較的少ないと言われています。 持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。 眩暈(めまい)や眠気を発現する場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は控えてください。 アルコール(飲酒)は控えてください。 本剤の利用でも鎮痛効果が弱かったり発現しない場合には、さらに強力な鎮痛剤の利用を検討しますので、医師とご相談ください。 以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。 ・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方 ・アルコール、睡眠剤、鎮痛剤、オピオイド鎮痛剤又は向精神薬による急性中毒がある方 ・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の方 ・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中止後14日以内の方 ・治療により十分な管理がされていないてんかんの方 以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。 ・オピオイド鎮痛剤を投与中の方 ・腎障害のある方 ・肝障害のある方 ・てんかんのある方 ・薬物乱用又は薬物依存傾向のある方 ・呼吸抑制状態にある方 ・脳に器質的障害のある方 ・オピオイド鎮痛剤に対し過敏症の既往歴のある方 ・ショック状態にある方 ・高齢の方 ・妊婦の方 ・妊娠している可能性のある方 ・授乳婦の方 ・小児等 以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。 ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。 ・モノアミン酸化酵素阻害剤 ・セレギリン塩酸塩 ・エフピー 以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。 ・オピオイド鎮痛剤 ・中枢神経抑制剤 ・フェノチアジン系薬剤 ・催眠鎮静剤等 ・三環系抗うつ剤 ・セロトニン作用薬 ・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)等 ・リネゾリド ・アルコール ・カルバマゼピン ・キニジン ・ジゴキシン ・クマリン系抗凝血剤 ・ワルファリン ・オンダンセトロン塩酸塩水和物 ・ブプレノルフィン ・ペンタゾシン等.

次の

医療用医薬品 : トラマール

トラマール

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 便秘、悪心、嘔吐、傾眠、食欲減退、浮動性眩暈、頭痛、口渇、倦怠感、疼痛、浮腫 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、気管支痙攣、痙攣、喘鳴、血管神経性浮腫、呼吸抑制、耐性、精神的依存、身体的依存、激越、不安、神経過敏、不眠症、運動過多、振戦、胃腸症状、パニック発作、幻覚、錯感覚、耳鳴、退薬症候、意識消失 上記以外の副作用 口腔咽頭痛、咽喉乾燥、血圧上昇、ほてり、血圧低下、動悸、好中球増加、好酸球増加、好酸球減少、リンパ球減少、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、赤血球減少、白血球増加、血小板減少、譫妄、鎮静、体位性眩暈、睡眠障害、不随意性筋収縮、感覚鈍麻、味覚異常、記憶障害、健忘、ジスキネジー、眼振、回転性眩暈、疲労、悪夢、気分変動、うつ病、落ち着きのなさ、下痢、腹部不快感、上腹部痛、口内乾燥、口内炎、消化不良、腹痛、胃炎、口唇炎、胃食道逆流性疾患、口の錯感覚、腹部膨満感、AST増加、ALT増加、Al-P増加、LDH増加、多汗症、皮膚そう痒症、湿疹、発疹、全身性そう痒症、蕁麻疹、薬疹、冷汗、排尿困難、尿糖陽性、尿蛋白陽性、尿潜血陽性、クレアチニン増加、BUN増加、頻尿、尿量減少、尿閉、代謝異常、尿酸増加、トリグリセリド増加、無力症、異常感、CK増加、CPK増加、熱感、脱水、視力障害、背部痛、関節痛、四肢痛、筋骨格硬直、末梢性浮腫、胸部不快感、転倒、易刺激性、悪寒、発熱、霧視、口腔咽頭不快感、不快感、発声障害、起立性低血圧、不整脈、顔面蒼白、胸内苦悶、頻脈、徐脈、高血圧、頭重感、興奮、虚脱感、両手のしびれ感、ふらつき感、協調運動異常、失神、錯乱、活動低下、活動亢進、行動障害、知覚障害、言語障害、無感情、不快気分、腹鳴、おくび、肝機能異常、ビリルビン増加、寝汗、夜間頻尿、膀胱炎、冷感、散瞳、視調節障害、心電図QT延長、体重減少 トラマールOD錠25mgの用法・用量• トラマドール塩酸塩として1日100~300mgを4回に分割経口投与する• なお、症状に応じて適宜増減する• 但し1回100mg、1日400mgを超えないこととする トラマールOD錠25mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 治療により十分な管理がされていないてんかん• アルコールによる急性中毒• 睡眠剤による急性中毒• 鎮痛剤による急性中毒• オピオイド鎮痛剤による急性中毒• 向精神薬による急性中毒• モノアミン酸化酵素阻害剤投与中又は投与中止後14日以内• 18歳未満の重篤な肺疾患• 18歳未満の肥満• 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群• 肝障害• 痙攣発作• 呼吸抑制• ショック状態• 腎障害• てんかん• 脳器質的障害• 薬物依存傾向• 薬物乱用• オピオイド鎮痛剤投与中• 遺伝的にCYP2D6の活性が過剰 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児• 授乳婦• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。 12歳未満の小児 0歳〜11歳• 18歳未満の肥満 0歳〜17歳• 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 0歳〜17歳• 18歳未満の重篤な肺疾患 0歳〜17歳• 以下にあてはまる方は、有益性が危険性を上回る場合にのみ、服用・利用して下さい。 新生児 0日〜27日• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 18歳未満の肥満 0歳〜17歳• 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 0歳〜17歳• 18歳未満の重篤な肺疾患 0歳〜17歳• 75歳以上の高齢者 75歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 75歳以上の高齢者 75歳〜 トラマールOD錠25mgの注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 MAO阻害剤<リネゾリド以外> セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、中枢神経系の重篤な副作用<攻撃的行動・固縮・痙攣・昏睡・頭痛>、呼吸器系の重篤な副作用<呼吸抑制>、心血管系の重篤な副作用<低血圧・高血圧> セレギリン塩酸塩 セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、中枢神経系の重篤な副作用<攻撃的行動・固縮・痙攣・昏睡・頭痛>、呼吸器系の重篤な副作用<呼吸抑制>、心血管系の重篤な副作用<低血圧・高血圧> ラサギリンメシル酸塩 セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、中枢神経系の重篤な副作用<攻撃的行動・固縮・痙攣・昏睡・頭痛>、呼吸器系の重篤な副作用<呼吸抑制>、心血管系の重篤な副作用<低血圧・高血圧> 三環系抗うつ剤 セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、痙攣発作の危険性を増大 セロトニン作用薬 セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、痙攣発作の危険性を増大 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、痙攣発作の危険性を増大 リネゾリド セロトニン症候群、錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢、痙攣発作の危険性を増大 オピオイド系鎮痛剤 痙攣閾値の低下、呼吸抑制の増強 中枢抑制剤 痙攣閾値の低下、呼吸抑制の増強 フェノチアジン系薬剤 痙攣閾値の低下、呼吸抑制の増強 催眠・鎮静剤 痙攣閾値の低下、呼吸抑制の増強 エタノール摂取 呼吸抑制 カルバマゼピン 本剤の鎮痛効果を下げ作用時間を短縮 キニジン 相互に作用が増強 ジゴキシン 中毒 クマリン系抗凝血剤 出血を伴うプロトロンビン時間の延長・斑状出血等の抗凝血作用への影響 ワルファリン 出血を伴うプロトロンビン時間の延長・斑状出血等の抗凝血作用への影響 オンダンセトロン塩酸塩水和物 本剤の鎮痛作用を減弱 ブプレノルフィン 本剤の鎮痛作用を減弱、退薬症候 ペンタゾシン 本剤の鎮痛作用を減弱、退薬症候 飲食物との組み合わせ注意• アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>.

次の

トラマドール:トラマール,ワントラム

トラマール

トラムセット、トラマール(トラマドール)と麻薬性鎮痛剤の違いは? 詳細 親カテゴリ: カテゴリ: 作成日:2015年10月19日(月)19:50 最終更新日:2016年12月04日(日)18:57 参照数: 67484 63歳男性、麻酔科。 Rp1 トラムセット配合錠 1T 1日1回寝る前 14TD Rp2 リリカカプセル(75) 2C 1日2回朝食後、寝る前 14TD 「先生から麻薬みたいな薬出すって言われたけど、 麻薬とどう違うの?」 「さすがに麻薬なんて飲みたくねぇーよ。 」 ー患者さんの状態ー 腰痛がひどく受診している患者さん。 最近症状がひどく痛みで夜寝れないとのこと。 前回までは 疼痛時ボルタレンSPで対応していたが、 今回から トラムセット処方。 ブロック注射もしているがあまり効果ないよう。 ですよね。 麻薬みたいな薬何て言われると気になっちゃいますよね。 この時は、 「先生が麻薬みたいな薬と言われたのは、麻薬と同じところに作用する薬と言う意味ですね。 ボルタレンSPで効果不十分だったとのことで、その次の段階で使用するような薬です。 麻薬に比べて作用がマイルドなので、副作用の便秘や吐き気も少ないですし、依存性もほとんどありません。 」 と返答。 どう違うか薬剤師的にまとめときます。 』 となっています。 実際は、トラマドール自体のオピオイド受容体への親和性は弱く、代謝物である O-デスメチルトラマドールが部分作動薬として作用しているようです。 ノルアドレナリン及びセロトニンの再取り込み阻害作用ってのは、最近抗うつ剤が注目されてますが 下行性抑制系賦活作用ってやつですね。 作用機序の詳細は、 を参考にしてください。 んで、麻薬との違いは結局 部分作動薬ってこととですかね・・。 他の非麻薬性鎮痛薬(ペンタゾシン、ブプレノルフィン)も部分作動薬ですもんね。 麻薬は 完全作動薬です。 部分作動薬って 天井効果(常用量以上に投与量を増やしても鎮痛効果が頭打ちになること)がみられるので、大量投与時の副作用において 精神依存や呼吸抑制が起きにくく麻薬の指定を受けていないんです。 ただし、天井効果未満の等鎮痛量では麻薬もトラマドールも同程度の副作用が出るようなので注意は必要です。 下行性抑制系賦活作用ってトラマドール独自の特徴かと思ってましたが、近年、麻薬にも下行性抑制系賦活作用があると明らかになってるそうです。 2013年6月から トラマールの適応拡大で癌以外に 慢性疼痛でも使用可能になりました。 よくわからないアセトアミノフェンが入っているトラムセットよりも、トラマドール単独のトラマールの方がよっぽど使いやすくなったと思いますが・・。 隣の病院では慢性疼痛にはトラムセット、癌性疼痛にはトラマールって処方が未だに多いですね。 しまいにはトラムセットにカロナール追加してみたり、PL顆粒が出たり・・。 これって疑義照会?とか思いつつ・・。 さらに、1日1回のトラマドール塩酸塩徐放製剤のワントラム錠ってのが2015年6月に発売されましたね。 まだ、処方になったことはありませんが、隣の病院での採用も時間の問題かと・・。 今回の投薬は麻薬に対して抵抗のある患者さんでしたので、安心感を重視してしまった感がありますね。 その中で副作用の情報ももっと入れた方がよかったかな・・。

次の