テルモ 体温計。 電子体温計の予測精度の検証|活動報告|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所

テルモ電子体温計C231|一般用体温計|テルモ 一般のお客様向け情報

テルモ 体温計

ワキでの検温方法 ワキの正しい検温方法をご説明します。 測る前の注意 飲食や入浴、運動などをした後および外出後の30分間は検温に適しませんので避けてください。 測る前には、必ずワキの汗はしっかり拭きとりましよう。 (特にお子さまは汗っかきなので、ご注意ください。 ) 検温中の注意 検温中は動かず、じっとしているのが基本。 途中で体温計を取り出したら、最初からやり直しです。 測定時間 体温計によって測定方式が異なるため、測定時間も違います。 予測式であっても実測検温する場合は10分以上かけてください。 <測定方法> 1. ワキのくぼみの中央に体温計の先端をあてます。 (体温計の先を下から上にむけて、押し上げるようにはさみます。 ) 2. 体温計が上半身に対し30度くらいになるようにしてワキをしっかり閉じます。 ワキが密閉されるようにしっかり閉じ、ヒジをわき腹に密着させます。 手のひらを上向きにすると、ワキがしまります。 さらに体温計をはさんだ方のヒジをもう一方の手で軽く押さえます。 平衡温になるまで、水銀体温計や実測式の体温計は10 分以上、予測式なら電子音がなるまでじっとしていましょう。

次の

テルモ電子体温計C232|一般用体温計|テルモ 一般のお客様向け情報

テルモ 体温計

テルモが発売する電子体温計と収納ケース わきの下で測るタイプの医療機関向け体温計2品種を発売する。 わきの下はブドウ球菌などが常に存在し、医療機器などを介して院内感染を引き起こす恐れがある。 体温計も検温後は、本体と収納ケースともに丁寧な消毒が求められる。 新製品は「ふきとるんケース」として容器の汚れを見つけやすく、消毒液を使って隅々までふき取りやすくした。 消毒液にひたす場合も付着物や薬液が内側に残りにくい。 従来の密閉型の収納ケースは内側をきれいに拭くことが難しかった。 体温計本体もボタンなどを排除し消毒しやすくした。 対応する消毒液は従来は消毒用アルコールのみを推奨していたが、今回は次亜塩素酸ナトリウムなど4種類を追加して選択肢を広げた。 1品種はデータ連携機能「HRジョイント」にも対応させた。 専用のリーダーに体温計をかざすと、非接触通信で測定データが電子カルテに自動転送される。 テルモはHRジョイントに対応した体温計や血圧計などを2013年から販売しており、国内数百施設への納入実績がある。

次の

耳での検温方法|検温方法|体温計入門|テルモ体温研究所

テルモ 体温計

予測式体温計の予測精度の結果 予測精度は90秒予測計で97%台、30秒予測計で92%台でした。 12 0. 6 92. 1 全データを使用した場合の予測精度の結果です。 0%でしたが、今回の測定も同様な結果になりました。 30秒予測計に関しても、予測成立後、10分までの時間があり、この間で体温計が動いたりする場合を除いていないので、92%台も十分な精度と言えます。 予測式体温計の再現性の結果 間をあけて3回測ったときの再現性は98%台でした。 08 0. 09 0. 2 98. 8 3分以上の間を空けて、3回連続で測定する「繰り返し検温」の測定値を調べた結果です。 1分以内や1〜2分の間を空けた程度ですと、前に測った予測検温の影響を受けてしまい一定にコントロールすることが難しくなりますので、コントロールしやすい3分以上の間を空けました。 再現性は大切な項目であり、再現性が悪いと体温計の使用者が安心して使うことができません。 8%の30秒予測計は再現性に優れており、90秒予測計も98. 2%と良い結果になりました。 参考文献• 相原まり子, 入來正躬:腋窩検温法と口腔検温法との比較. 日本生気象学会誌 1993;30:159-168• 吉利和:臨床検温法について. 治療 1958;40;11:1202-1211• Ogren J. :The Inaccuracy of Axillary Temperatures Measured With an Electronic Thermometers. AJDC 1990;144:109-111. 相原まり子, 中向井政子, 石井直子, 沼田弘美, 木本浩:電子体温計による腋窩温測定について. 日本女子衛生短期大学紀要 1986;6:42-46• 相原弼徳, 烏山直樹,相原まり子, 雨宮愛:体温上昇に着目した腋窩温測定の試み. 日温気物医誌 1996;59 2 :110-120. 佐藤みつ子, 森千鶴, 永澤悦伸, 清水祐子:頸部冷罨法による生体反応に関する研究. 山梨医大紀要 1999;16:15-19. 君島邦雄, 池田誠, 村本裕:テルモの予測式電子体温計について. 人間の医学 1994;169:16 402 -23 409.

次の