履歴書 メール パスワード。 履歴書をメールで送るときのマナー PDF変換の方法・パスワードの設定法 |転職ならdoda(デューダ)

履歴書をメール送付したときに返信はあるか・再度メールすべきか

履歴書 メール パスワード

履歴書をメールで送るときにパスワード設定と別送メールをするべき理由 2018年01月13日更新 履歴書(エントリーシート)をメールで送るときにパスワード設定をしていますか?履歴書をメールで送るときになぜパスワード設定や別送をするべきなのでしょうか?その理由をご紹介します。 誤送信防止のため 履歴書の宛先を間違えてしまうケースがあります。 1通目のメールで宛先間違いに気づけば、履歴書を別の人に見られることはありません。 自分の個人情報を守ることができます。 そのため、誤送信防止のためにもパスワード設定が望ましいとされています。 セキュリティ意識を示すため パスワード設定と別送をすることでセキュリティ意識やPCスキルがあることをアピールできます。 セキュリティ意識が高めの企業では、重要ファイルのやりとりではパスワード設定と別送があたりまえとなっているからです。 *筆者としては、別送したところでセキュリティ的に安全とは思えません。 しかし、大手企業とのやりとりでも、よくパスワード別送を求められるので、慣習的なビジネスマナーだと考えるようにしています。 パスワードの設定方法 ZIP形式に圧縮して、パスワード設定をするのが一般的な方法です。 最初のメールでパスワード設定していることを伝える 全ての企業がファイルやりとりにパスワードを設定しているわけではありません。 そのため、最初のメールで、履歴書にパスワード設定していることを伝えましょう。 そうしないとパスワード設定をしているとは知らずに、履歴書ファイルを開いてしまうからです。 「何で開けないファイルを送るの?」とマイナス評価となってしまいます。 全ての企業が別送パスワードをしているわけではありませんのでご注意を。 「履歴書のファイルにパスワードを設定しております。 パスワードは、後ほどメールにてお知らせ致します。 」 と最初のメールで説明をしておきましょう。 メールの書き方は「」を参照してください。 別送メールの書き方 最初のメールから数分経過したら、パスワードの別送メールを送りましょう。 先ほどお送りした履歴書のパスワードをご連絡します。 com(メールアドレス) ---------------- 履歴書をメールで送るときはパスワード設定と、パスワード別送メールを忘れないようにしましょう。 関連ページ• 転職サービスランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サービスランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サービスランキング3位 4. 7 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

履歴書をメール添付で送る時の例文&マナー<パスワード設定・PDF作成方法も図解>

履歴書 メール パスワード

転職活動も「非接触」がトレンドになりつつある現在、履歴書や職務経歴書の提出も手渡しではなくメールに添付でと言われることがあるかもしれません。 今回は履歴書・職務経歴書をメールで送る場合のマナーだけでなく、履歴書のファイルをPDFに変換する方法、パスワードを設定する方法などもあわせて確認していきましょう。 そのため、履歴書や職務経歴書を提出する際のメールには、簡潔さと分かりやすさが求められます。 メールを作成する際は、ビジネスマナーに則ったうえでわかりやすさを意識したメールを作成することを心がけましょう。 メールの件名はわかりやすくが鉄則!一目でわかる件名を まず工夫したいポイントはメールの件名についてです。 多くのメールの中に紛れてしまわないよう、件名を見ただけで、「誰が」「なんのために」送ってきたメールであるのかがわかる件名をつけてください。 端的かつ具体的に用件を記載し、そのあとに自分の氏名を書いておきましょう。 メールを送る前に必ず確認しましょう。 メール本文を長々書くのはNG!簡潔にわかりやすく 履歴書を送付するメールの場合、「応募者から履歴書が送られてきた」ことを伝えるのが一番の目的です。 そのため、礼儀正しさや熱意をアピールしたいからといって、本文に長々と志望動機を書いたり、自己PRをしたりするのはNG。 メール本文には• 宛先(正式名称・省略しない)• あいさつと名前• 締めのあいさつ• 署名(氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス) これらの5項目をビジネスにふさわしい文体で書いていきましょう。 また、見やすさも大事です。 内容が長くなる場合は適宜改行したり、1行空けたりして文面を工夫しましょう。 メールサンプル 今回は、応募先企業の採用担当者から履歴書をメールで送るよう指示があった場合を想定したメール例を紹介します。 ご指示いただきました履歴書をお送りいたします。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 後ほど、パスワードをお送りさせていただきますので、あわせてご確認をお願い申し上げます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願い申し上げます。 手書きの履歴書をスキャンする• WordやExcelで作成された履歴書テンプレートを利用する• 履歴書作成サイトなどを利用して作成する など様々な方法がありますが、その時、ファイル形式にも注意してみましょう。 というのも、履歴書や職務経歴書の場合、受け取った採用担当者が印刷をして管理・使用することが想定されます。 その場合、細かな用紙設定をせずに、レイアウトを保ったまま印刷できるファイル形式を選ぶことが担当者の負担を減らすことにつながるからです。 また、容易に書き換えが可能なファイル形式はあまり応募書類向きではないとも言えます。 そのような点を鑑み、応募書類のファイルは、多くの企業で広く利用されていて、環境によってレイアウトが左右されず、書き換えが難しい「PDF」形式で保存することをおすすめします。 WordやExcelのテンプレートを利用して応募書類を作成した場合でも、保存する際にPDF形式で保存することが選べますので、PDFファイルに変換しておきましょう。 WordやExcelで作成したファイルをPDFに変換する方法• 新規保存/名前を付けて保存• ファイル名を入力• pdf)」を選択• 保存 ファイル名もわかりやすく!! 添付するファイル名にも気をつけましょう。 先ほどのメール件名と同じく、わかりやすく簡潔に、一目見ただけで何のファイルかわかるような名前を付けてください。 具体的には、作成日、内容、名前をファイル名にすると良いでしょう。 そのため、セキュリティ面を考えると履歴書や職務経歴書をメールで送る際は、添付ファイルにパスワードを設定することを検討してみても良いかもしれません。 また、採用担当者から添付ファイルにパスワードをかけるよう指示される場合もあります。 その時は必ずパスワードを設定するようにしましょう。 添付ファイルにパスワードを設定した場合、ファイルを添付したメール内にパスワードを記載してはいけません。 添付ファイルに設定したパスワードをお送りいたします。 パスワード:XXXXXXXXXX お手数をおかけいたしますが、ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 ———————————— 氏名(場合によってはふりがなも) 郵便番号 住所 電話番号 メールアドレス ———————————— パスワードの設定方法 ファイルにパスワードを設定する方法はたくさんありますが、今回はWordやExcelで作成したPDFファイルにパスワードを設定する方法をご紹介します。 WordやExcelで作成したPDFファイルの場合(Windows10)• 名前を付けて保存/新規保存• ファイル名を入力• pdf)• プルダウンメニューのすぐ下にある「その他のオプション」をクリック• 別ウィンドウが開いたら右下にある「オプション」メニューを選択• オプションウィンドウが開いたら一番下、「ドキュメントをパスワードで暗号化する」にチェックを入れて「OK」• パスワード設定ウィンドウが開くのでパスワードを設定して「OK」• 保存 WordやExcelで作成したPDFファイルの場合(Mac OS) Mac OSの場合は、標準機能でPDFファイルにパスワードをかけられるようになっています。 操作方法は次のAppleのサイトをご覧ください。 使いやすいものを選んで使ってみましょう。 手軽な分ミスには注意を 履歴書や職務経歴書のファイルさえそろっていれば、メールで送ることは難しいことではありません。 郵送や手渡しに比べだいぶ手軽に行えると言っても良いでしょう。 しかしその分、送り先の間違いや、添付忘れ、パスワードの通知忘れ、パスワードの誤り、件名の未記入などのミスが起こりやすいことも事実です。 担当者にメールを送る前にはしっかりと宛先や、件名、パスワードを使ってファイルが開けるかの確認などを必ず行うようにしましょう。 対面しない転職活動、採用選考が増えています。 心遣いや思いやりの気持ちが伝わるようなメールを送って企業にアピールしてくださいね。

次の

【履歴書作成ガイド】メールで送付するときのマナー(PDF変換・ファイル名・パスワードの設定)

履歴書 メール パスワード

Technique メールで送付するときのマナー(書き方とメール文面サンプル)【履歴書作成ガイド】 履歴書をメールで送付することも一般的です。 メールで送るときの件名やメール本文は、ビジネスマナーを守って簡潔に要件を伝えます。 内容が明確ではない件名にすると、開封してもらえないリスクもありますので特に注意しましょう。 ここでは、メールの書き方やサンプルをご紹介しています。 ぜひあなたの転職活動の参考にしてみてください。 メール送付の件名、本文の書き方 履歴書を送付する際のメールの例として、「選考前」と「選考後」の2パターン用意しました。 また、履歴書を送付する際はパスワードの設定も必要です。 合わせてご確認ください。 田井富 太郎と申します。 これまでの営業経験をぜひ貴社で活かしたいと考え、 今回 営業職に応募させていただきます。 本メールにて履歴書と職務経歴書を添付しておりますので ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、添付のファイルはパスワードを設定しております。 パスワードはこの後のメールにてお送りいたしますので あわせてご確認をお願い申し上げます。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討を頂き 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 このたびは、面接の機会を頂きまして 誠にありがとうございます。 ご指示いただきました通り、履歴書と職務経歴書を 本メールに添付いたしました。 ご査収いただければ幸いです。 なお、添付のファイルはパスワードを設定しております。 パスワードはこの後のメールにてお送りいたしますので あわせてご確認をお願い申し上げます。 お忙しいところ恐れ入りますが 何卒よろしくお願い申し上げます。 履歴書といった言葉でメールの振分けをしている採用担当者もいるかもしれませんので必ず件名に含めましょう。 また、漢字でフルネームを入れておくこともマナーです。 メール本文は定型文を活用しよう 本文の構成は基本的に「宛先」「自己紹介」「要件」「締め」「署名」です。 「要件」部分は、「既に選考を受けて、履歴書の送付の指示を受けた場合」と「初めて企業側へ履歴書等を送る場合」とで書く内容が異なります。 それぞれのサンプルを記載しておりますので、ぜひ活用してください。 宛先は正式名称で書く 宛先は全て正式名称で、(株)などと略さず記載します。 「採用ご担当者様」や個人名はフルネームに「様」をつけます。 役職名を付ける場合は「苗字+役職」とし、「様」は付けません。 お世話になっております。 先に送付させて頂きました履歴書ファイルの パスワードをお送りいたします。 パスワードは以下の通りです。 パスワード:A1B2C3D4 お忙しいところ恐れ入りますが 何卒よろしくお願い申し上げます。 com ------------------------------------- 件名には「パスワード」の言葉と「氏名」を入れる パスワードを送るメールの件名もわかりやすく「パスワードの件(氏名)」や「【パスワード】履歴書等送付の件(氏名)」などとします。 具体的には 「パスワードの件(田井富 太郎)」「【パスワード】履歴書等送付の件(田井富 太郎)」 などです。

次の