大阪 ymca インターナショナル スクール。 大阪YMCAインターナショナルスクールのサタデースクール

大阪のインターナショナルスクール&プリスクール| 学費や評判が気になる方・子供英会話や親子留学を検討されている方へ

大阪 ymca インターナショナル スクール

IB, WASC, JCIS, EARCOS 学校案内 About OYIS Since 1882, Osaka YMCA has been a trailblazer in internationalization and education. Its first English language schools and university preparatory courses became a model for an entire industry of after school education in Japan. Today, Osaka YMCA has a wide variety of operations, and it is the main provider of international education in Osaka, Japan. Osaka YMCA International School OYIS is an English-based, private international school, offering preschool to grade 9. OYIS began operations in 2001 and received gakko hojin private school status from the Osaka prefectural government in 2012. We are in the process of creating a high school program that will include the International Baccalaureate IB Diploma Program DP and will lead to a grade 12 graduation. We will add grade 10 from September 2020 and add a grade every year after that. We have expert program designers working on it now. OYIS is currently accredited by the International Baccalaureate Organization IB and by the US-based Western Association of Schools and Colleges WASC. Mission Statement At Osaka YMCA International School, students actively develop knowledge, skills and international mindedness through student-centered, inquiry-based education. Our programs are designed to empower students to achieve personal success while compassionately contributing to their local communities and a more peaceful world. Vision Statement Our immediate focus is to develop a unique school culture, curriculum and facility. We strive to have a community that is noticeably warm, welcoming, passionate and professional. Educational Purpose Through the activities of our Osaka YMCA international schools, we strive to create bright and loving communities that cooperate, foster hope and live peacefully within society. We desire that all people will discover meaning and purpose in life and enjoy activities and continued learning. While cooperating with families and communities, our goal is to aid in the development of children, who are our future. We aim to raise children who understand the preciousness of life, and we will work to help people live harmoniously with nature and one another. Thinking skills ・Critical thinking ・Creativity and innovation ・Learning transfer 2. Communication skills 3. Social skills 4. Self-management skills ・Organisation ・Affective intelligence ・Reflection 5. Research skills ・Information literacy ・Media literacy IB LearnerProfile OYIS is committed to the development of the mind, body, and spirit of the whole child. We foster critical thinking, value relationships and strive toward wellness. This is demonstrated through the IB Learner Profile. We strive to be: ・Inquirers ・Knowledgeable ・Thinkers ・Communicators ・Principled ・Open-minded ・Caring ・Risk-takers ・Balanced ・Reflective 地図.

次の

インターナショナルスクールの学費や平均は?無償化についても解説

大阪 ymca インターナショナル スクール

だれも書かないので分かる範疇で書きます。 関東のものなので、大阪インターナショナルスクールは聞いたことがありますが、 YMCAの方はありません。 自分はインターナショナルスクールで25年教えていたものです。 HPを見る限り、全く違う目的で運営されています。 YMCAの方は日本の学校からの編入や普通のインターなどについていけない 子供のためです。 これは能力だけではなく、いじめなどで精神的に問題を抱えている子供もいます。 似たような学校はこちらにも 何校かあり、4年で済むハイ・スクールを5年以上かけて終える子供もおり、半分ぐらいはアメリカの大学に進むことができますが、 一流とはいきません。 TOEFL 中心の授業ということから分かります。 ネックはSATですね。 大阪インターナショナルスクールのほうは International Baccalaureate というカリキュラムもあり、完全な進学校ですね。 クラスも 能力別に分かれていて、IB の点数が良く、部活にも積極的に参加している子供は Ivy League の大学にも行っているはずです。 唯一 気になったのは運動場がないみたいだ、ということです。 体育館とプールを述べているので、おそらくないのでしょう。 HP に書かれているカリキュラムとキャンパスを比べて分かるのはこのぐらいです。 後はやはり御自分の目で確かめたほうがよいかと。

次の

Osaka YMCA International School

大阪 ymca インターナショナル スクール

1 英語ができない子どももサタデースクールに入れますか? 入れます。 簡単なテストがありますが、クラス分けのために必要です。 2 対象年齢は、何歳から何歳まで? (入学時に)3歳となるお子さんが対象です。 現在、幼稚園年少から小学校6年生までのクラスがあります。 3 通学はどうしたら良いのですか? 多くの生徒が、電車またはバスで通学しています。 阪急神戸線・宝塚線の中津駅から徒歩6分。 地下鉄御堂筋線の中津駅より、徒歩12分。 大阪市営バスの中津六丁目より、徒歩3分です。 Q4 お昼はお弁当の準備が必要ですか? お昼は、お弁当またはランチサービスを頼む生徒に分かれます。 ランチサービスを頼む場合、申込書と別途費用がかかります。 なお、アレルギーのあるお子さんへの対応は、幼稚園クラスまでです。 Q5 保護者ですが、英語ができません。 それでも参加できますか? 大阪YMCAインターナショナルスクールの事務には、日本語ができる職員がいます。 連絡事項など日本語で相談ができます。 Q6 費用はどのくらいかかりますか? 初回に入学金¥20,000がかかります。 授業料は、年間で¥325,000ですが、分割を選ぶことができます。 その場合、1ヶ月¥30,000の11回払いです。 Q7 サマースクールはありますか? あります。 2013年は、外部生向けに7月22日(月)~8月23日(金)計4週間開催されました。 英語の初心者でも参加できるサマースクールです。 また、冬・春にも、短期集中プログラムが開催されています。 ホームページに随時、掲載されます。 12月7日(土)に東京インターナショナルスクールを会場に、英数学館による教育フォーラムが開催れます。 国際バカロレアをテーマに親子で英語イマージョン教育と国際バカロレアの体験もできるワークショップも開催されます。 特別講演に元日本代表監督の岡田武史氏、基調講演に国際バカロレア大使の坪谷ニュウエル氏、三部のパネルディスカッションでは同校卒業生であり、株式会社ジャパンタイムズの代表取締役会長の末松弥奈子氏がファシリテーターに登壇し、英数学館中・高等学校永留聡校長、坪谷氏、卒業生の船井木奈美氏が登壇。 四部では、小学5年生~中学3年生を対象とした英語イマージョンプログラムや国際バカロレアの教育を体験できるワークショップが開催されます。 2022年8月にハロウインターナショナルスクール安比ジャパンが岩手県安比高原に開校します。 中学校、高校相当の生徒が世界から集まるボーディングスクールです。 英国の名門ハロウスクールは、2022年に創立450周年を迎えます。 英国の名門ハロウスクールは、海外にインターナショナルスクールをバンコク、香港、北京、上海と開校してきました。 20年以上も海外でインターナショナルスクールを運営した実績は、Aレベルの取得率、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学をはじめとする世界大学ランキングのトップ20に卒業生の4分の1が進学しています。 編集部では、起工式と建築が進む校舎を取材しました。 編集部加筆:2020年6月28日.

次の