妻が口を聞いてくれません ネタバレ 結末。 隕石家族ネタバレ!あらすじやキャスト・原作は?最終回結末について

「ザ・エージェント」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

妻が口を聞いてくれません ネタバレ 結末

アッシャー(ロン・パールマン)ソフィー(ファムケ・ヤンセン)ウジエル(ピーター・ファシネリ)アヴィ(リチャード・ドレイファス)ドラ(ジャクリーン・ビセット) ネタバレとあらすじ ニューヨークで1人暮らしする孤高の伝説の殺し屋アッシャーはベッドフォード通りにあるクリーニング店を通じてアヴィからの私語を受けています。 長年続けてきたことで古傷も多く、痛みを酒で誤魔化してきた事もあり体には大きなダメージがあって思うようには動かなくなっていました。 仕事もパートナーだったマリーナに助けられる事も多くなったのでそろそろ引退だと思います。 組織の一員だったラフィが家族も含めて消されてしまい復讐するための依頼が入り向かうが体調が悪くなって倒れてしまい部屋の住民ソフィーに助けられます。 病院に行くと銃弾の欠片が体内に残っているため手術を勧められるが痛み止めだけもらって帰ります。 ターゲットの男を尾行し注射器を使って毒殺したアッシャーはワインと花を買ってソフィーを訪ね「お詫びだ」と渡すがターゲットの男が住んでいた部屋にはまだ人が住んでいると知ります。 翌日、スプリンターをまわすためにタバコの煙を吹きかけ傘を差して銃を手にします。 しかしスプリンターが起動しなかったのでやり直そうとしたがタイミング悪く住民が出てきて気付かれてしまい取っ組み合いとなってしまいます。 なんとか任務を果たすが自分にはもうこの稼業は無理だと思います。 アッシャーは料理をしているとマリーナが訪ねてきます。 寂しいだろうから相手をするようアヴィに言われたのだろうと気付くがソフィーが訪ねてきました。 マリーナは相手がいたのだと知り、気を遣ってレストランに行くと出て行きます。 ソフィーに女性の写真は誰かと聞かれ「人生の犠牲者だ」と答えました。 (おそらく若いときに結婚した妻だと思われる)ソフィーは子どもの世話が出来なくて夫に捨てられ、バレエ教室をやりながら自分のことを覚えていない認知症のママの面倒を見ていました。 ソフィーは「少ないけど私も人生の写真を持っている」と告げます。 新しい任務を依頼されるが単独行動が専門だったのにグループの仕事でした。 育てたウジエルから「どうしても援護が必要だ」と頼まれ仕方なく引き受けます。 腕が落ちていないか確認するため別荘に行きビール瓶をぶら下げて試してみると最初は外したがすぐに感覚を思い出しその後は百発百中でした。 帰宅するとソフィーが待っていました。 ママの看病に疲れ愚痴を口にしてしまうと「迷惑かけて生きたくないから殺してくれ」と頼まれてしまうのです。 すぐに謝罪すると「あなた誰」と聞かれるので複雑な心境になり自分の感情が分からなくなり落ち込んでいました。 アッシャーは話し相手になってあげるが自分は殺し屋なため「俺はいつでもできる」と口にすると冗談だと受け止めているソフィーは「笑えない」と言いました。 グループでの仕事は援護射撃したアッシャーのおかげでうまくいき新人は喜んで豪遊しウジエルからは感謝されます。 アッシャーはソフィーを訪ねると母親が自殺未遂したらしく慌てていたので同行して彼女の実家に向かいます。 母親はソフィーを見て「もうすぐ娘が来るから大丈夫」と言いました。 辛そうな母親を見ていられないソフィーは「本当に殺して楽になるならしてやりたい」と涙を流しました。 アッシャーは部屋に入り眼鏡を外してあげてからクッションを手にして近付くと「アッシャー、ありがとう」と言われ止まります。 1回だけ挨拶しただけなのに名前を覚えていたので驚いていると、その姿を見たソフィーは「帰りましょう」と言い連れ出しました。 酒に酔ったソフィーは「酷いことを口にしてしまった」と落ち込んでいたのでアッシャーは最初からやり直そうと提案し自己紹介しました。 「請負業者って何を請け負うの?」と言われたアッシャーは咄嗟に思い付かずトイレに向かうといきなり男に襲われ返り討ちにします。 席に戻り「今すぐ店を出たい、君の部屋に行こう」と告げると口説かれていると勘違いしたソフィーは「何するの」と言いました。 アッシャーは正直に「トイレで男を消したから早くしないと警察がくる」を伝えると「寝るためなら何とでも言うのね」と受け入れられます。 結末と感想 今までバレたことがないのでいきなり襲われるのも初めてでした。 グループでの仕事が影響しているはずだと思いクリーニング店に行くと「調べたら連絡する」と言われ出て行きます。 しかし荷物を届けにきた人がこちらを見ていることに気付き、危険を察知した時には遅く店は爆破されてしまいました。 ウジエルの家に駆け付けると死体を発見します。 帰宅すると新人が「奴等に見付かった」と駆け込んできました。 家を誰にも教えていないのに「ウジエルから教えられた」と言ったのでアッシャーは「尾行されていないか」と聞いて油断させ撃ちます。 「誰の仕業だ」 グループでの仕事は組織を乗っ取るためにウジエルが仕組んだ事でありアヴィの報復だと知ります。 「ソフィーも始末しろ」と命じられている事を知ったアッシャーはすぐに駆け付けて男を射殺し彼女を連れて別荘に連れて行きます。 ソフィーは殺し屋だったのかと初めて気付き「なんで自分を連れて行くんだ」と訴えます。 「君の事を守れるのは俺しかいない」とアッシャーは答えるが人が接近しているのに気付き狙撃して始末すると自分とソフィーの写真を持っていました。 「必ず戻るから待っててくれ、君がいれば俺は生きていける」 アッシャーは組織のアジトに出向き足音だけを頼りに下の階から天井に向かって撃って始末していきます。 ディナーの用意をしていたアヴィは驚いて動くことも出来なかったがジッとしている事に耐えられなくなり走って逃走します。 ソフィーと出会い初めて生き続けたいと思ったアッシャーは「殺しに来たんじゃない、命乞いに来た」と伝えます。 抗争を終わらせなければならず話し合いで解決しようとしたが受け入れなかったのでアヴィを消しました。 別荘に戻るとソフィーはいませんでした。 家も引き払っておりバレエ教室を訪ねると「待ってた。 でも隠れて暮らすのは嫌だ」とソフィーは言いました。 母親が亡くなった事を知ったアッシャーは「もう隠れる必要はない、不安の影はすべて消えたから一緒に未来を築ける」と伝えるが彼女は「一緒の未来はない」と言い去って行きました。 しかし別荘で暮らしていると「請負業者が必要なの」とソフィーがやってきました。 感想・最後は「どっちなのよ」とつっかかり後味悪かった。 バレエ教室に迎えに行ったときに「待ってた」と口にしたんだからそこで受け入れてくださいよw 孤高でもないし伝説殺し屋でもなさそうな感じだった。 ヨボヨボだし失敗だらけだし、援護するときは何回も目を離して薬を飲むし、笑わせるつもりならいいがそんな雰囲気ではなかった。 結末に向かって急に伝説の殺し屋らしく錯覚するから最初からやってよと思う。 それに単独専門とか言いながらパートナーらしき人物がいるし、なんかどれをとっても説得力がなかった。 何よりアッシャーとソフィーが惹かれ合う意味がちょっと分からなかった。 ちょっと辛口になってしまいました。

次の

隕石家族ネタバレ!あらすじやキャスト・原作は?最終回結末について

妻が口を聞いてくれません ネタバレ 結末

ネタバレ 1年の時が流れました。 マルコムは グレイの時のような失敗を 冒さないように仕事に励んでいます。 そんな中、 両親が離婚して不安感を抱いている コールという少年を担当する事になりました。 マルコムは コールに優しく話しかけ、 少しずつ心を開かせます。 そのマルコムですが、 家庭で問題を抱えています。 あれほど仲が良かったのに、 アンナとの関係が悪化しているのです。 話しかけても無視されます。 コールの母親のリンは、 息子に心を閉ざされている事や 息子の奇行に悩んでいます。 ある日、 コールが学校から帰ると マルコムが訪ねて来ていました。 マルコムはコールに 「相手の心を読むゲーム」を持ちかけます。 マルコムはこのゲームで、 コールが 誰にも言っていない秘密を 抱えている事を見抜きます。 コールはその秘密のせいで 学校でも変人扱いされています。 コールは自分の秘密を マルコムに打ち明けませんでした。 この日は マルコムとアンナの結婚記念日です。 マルコムは、 プロポーズした店に行きますが、 アンナの姿はありませんでした。 その後、 マルコムは別のレストランで 1人で食事するアンナを見つけて 彼女の前に座ります。 マルコムはコールがグレイに似ていて、 助けてやりたいと相談しますが、 アンナは何も答えてくれません。 アンナは 「結婚記念日おめでとう」 と呟いて先に帰ってしまいます。 さらにマルコムは、 アンナの同僚の若い男性が 彼女に言い寄っている場面を目撃します。 マルコムとコールは距離を縮めます。 コールは学校では化物扱いされています。 しかし、 心配させない為に 母親には相談していません。 そんなある日、 コールは母親のリンと共に ホームパーティーに招待されます。 パーティーの途中でコールは 謎の男性の声が聞いて 戸棚に近付きます。 その場にクラスメイトが現れて コールを戸棚に閉じ込めてしまいました。 コールはあまりの恐怖で失神し、 心配したリンに救出されて 病院に搬送されました。 コールの体にはアザがあるので、 リンは虐待を疑われました。 マルコムが見舞いに来ます。 マルコムは質問をやめて、 自分の悩みを打ち明けました。 グレイを救えなかった事と 妻のアンナとの関係が悪化した事です。 さらにマルコムはコールに グレイに似ているコールを 救いたいと伝えます。 マルコムの話を聞いたコールは、 遂に自分の秘密を打ち明けます。 コールは 死者が見えるのです。 コールが見える霊は、 見たい物しか見ません。 なので霊が霊を見る事は不可能です。 さらに霊たちは 死んだ事に気づいていません。 何故か霊は、 コールに近付いてきます。 コールの悩みを聞いたマルコムは、 幻覚を見ていると疑います。 マルコムは アンナとの関係を修復する為に コールの担当を外れようとします。 しかしコールに 「自分を見捨てないで。 あの話を信じて。 」 と泣きつかれます。 家に帰ったマルコムは、 グレイをカウンセリングした時に 録音したテープを聴き返します。 過去の自分はグレイの話を まったく信じてなかったのです。 反省したマルコムは、 コールの話を信じると決意します。 マルコムはコールに会いに行き、 打開策を授けます。 マルコム 「霊は何かを訴える為に出てくるんだ。 彼らは助けを求めている。 助けてあげれば現れない。 」 コール 「何をすればいいの?」 マルコム 「まずは話を聞く事だ。 」 この日の夜、 コールは嘔吐する女の子の霊と出会います。 少女の名前はキラ。 コールはいつも通り怯えますが、 マルコムの言葉を思い出して、 キラに話しかけました。 次の日、 コールはマルコムと一緒に キラの自宅に向かいました。 キラの葬儀が行われていました。 元々病弱だったようです。 キラは妹と両親の4人家族で、 妹も病気で具合が悪いようです。 コールはキラの部屋に入り、 彼女に導かれて ビデオテープを発見します。 コールはキラに頼まれて、 テープを彼女の父親に渡します。 テープを再生すると キラの母親が娘の食事の中に 洗剤を混ぜる様子が映っていました。 父親 「お前が殺したんだな!!!」 夫婦がどうなったかは不明 キラは自分と同じで病弱な妹を 守る為にコールの前に現れたのです。 結末 霊と向き合う事によって コールは明るさを取り戻しました。 ある日、 マルコムは劇で主演を務める コールの姿を遠くから見守り、 笑みを浮かべました。 劇の後、 2人はいつものように話します。 コールが元気になったので、 マルコムの役目も終わりです。 コールはマルコムに 「 寝ている奥さんに話しかけてみて」 とアドバイスしました。 マルコムもコールに リンに全て打ち明けろと助言します。 最初は信じなかったリンですが、 コールはすでに亡くなった リンの母親 祖母 しか知らない リンの秘密を口にしました。 そしてリンは母親の墓の前で 何かを質問しています。 コールはその質問の答えは 「もちろんだよ」と教えます。 コールが質問の内容を聞くと リンは「自分を愛してる?」だと答え、 優しくコールを抱きしめました。 マルコムが帰宅すると アンナが結婚式の映像を観ながら ソファで眠っていました。 マルコムが話しかけると アンナが返事をしました。 アンナ 「寂しかった。 死者はコールに近付く。 死者は死んだ事に気づいていない。 死者は見たい物しか見ない。 全て当てはまっています。 そうマルコム自身に。 1年前、 グレイに撃たれたマルコムは死にました。 グレイの治療の失敗。 アンナに別れを告げずに死んだ事。 この2つがやり残した事です。 自分の死を受け入れたマルコムは、 アンナに別れを告げて成仏しました。 映画を観るならがオススメです。

次の

ヤバい女に恋した僕の結末106話ネタバレ!美波殺人計画の結果は?|漫画市民

妻が口を聞いてくれません ネタバレ 結末

作品情報・キャスト 軍事政権末期の韓国。 妻子を養うカン刑事は殺人容疑者として青年キムを逮捕すると国家安全企画部ギョナムがやってきてソウルで起きている連続殺人事件の捏造を命じられる。 優遇され羽振りがよくなっていくが兄と慕う新聞記者が犯人がキムではない証拠掴んで・・・。 足が不自由な息子と耳が不自由な妻を養うカン・ソンジンは稼ぎがよくないため昇進のために必死に働く所轄の刑事です。 部下のドンギュを連れて張り込みに出ると血の付いたジーパンをクリーニングに出していた殺人犯を捕まえようとするが間違ってキム・テソンを捕まえてしまいます。 ソンジンは昇進のために取り逃がしたとは言えず「就職先を探してやるから真犯人を捕まえるまでしばらく辛抱してくれ」とお願いしました。 そして適当な聴取をドンギュにやらせ真犯人を捕まえました。 その頃、国家安全企画部のギュナム室長が大学の授業中に現れ「こんな幼稚な学生はこの国に役立たない」と生徒に言い放ち時局宣言文を教授に渡し「注視してますよ」と去っていきました。 政界進出を目論む次長に対しギュナムは「有名人を3名ほど確保すればいい」と意見を伝えるが「この国に衝撃を与えるような出来事はないか?」と言われます。 テソンに口止めをさせるため怖がらせようとするドンギュだったがソンジンは止めに入ると「母親の病院代を盗んだから殺したんだ」とテソンは言いました。 「お前が殺したのか?」とソンジンは驚いていると国家安全企画部に呼び出されます。 車ですぐに向かったソンジンはギュナムから国家機密と判が押されたテソンの資料を渡されます。 署に戻る車の中で確認すると17人が被害に遭った連続殺人事件の犯人がすべてテソンであると記されていました。 韓国初の連続殺人犯を逮捕したソンジンは国家安全企画の次長に気に入られギュナム室長に呼ばれます。 高級料理店で同席させて頂いたソンジンは「証人の陳述を徹底的に確保しろ」と言われギュナムから札束が入った封筒を差し出されます。 これは何か聞くとギュナムは「不本意ながら足が不自由な息子さんの事を聞いたから何か買ってやれ」と言いました。 封筒を受け取り帰宅したソンジンはご好意に甘える事を決め、テソンが起こした事件を資料としてまとめていきます。 似顔絵をテソンに似るように書き直し目撃者から証言をとっていきテソンに認めさせていきます。 事件が起きた場所を地図上で印をつけていきます。 務安ではじまり〜京畿道の始興とソウル…。 考えているとソンジンが兄貴と呼ぶ自由日報のチュ・ジェジン記者が訪ねてきて身体的に問題があるテソンの犯行だと本当に思っているのかと言われます。 「これは安全企画部のでっちあげだ。 犯人が死ねば捜査が無意味となるためテソンは身代わりなんだ」 テソンは運転出来ないと知ったソンジンは移動は不可能だと気付きます。 ギュナムに会いに行ったソンジンはテソンは犯人ではないと伝えようとするが次長がやってきて「一緒に飲もう」と誘われます。 次長と意気投合してしまったソンジンは足が不自由な息子のために手術を受ける病院を紹介され高級車も与えられます。 高級車に息子を乗せ学校に向かうと「すごい」と騒がれます。 気分よくしたソンジンは「殺してない。 早く母さんに会いに行かないと」と泣き叫ぶテソンの髪の毛を掴み「お前がやったんだ!」と怒鳴ります。 賄賂を次々と受け取りソンジンは次長から頼まれた厄介ごとを処理していきます。 その頃、有名人から自白を強要させていたギュナムは次長の座を狙い、現在の次長が建設会社会長から賄賂、政治資金を受け取っていた証拠をそろえ密告しました。 チュ記者は国家安全企画の悪事を記事にしようとしていたがばれて追われていました。 ソンジンが家に帰るとチュ記者が身を隠していました。 ソンジンは「暴くのはやめてほしい。 俺も被害に遭う」とお願いするがチュ記者は「大丈夫、何も心配ない。 普通に常識が通じる世の中にしたい」と言いました。 ソンジンは息子の手術の事が頭をよぎり傷付けない事を条件に家にいる事を密告してしまいます。 しかし、息子の手術を終え戻るとチュ記者は命を落としてしまいました。 チュ記者は北朝鮮のスパイだと認めるよう言われたが最後まで認めませんでした。 ソンジンはギュナムに会いに行くと「君が不利になるだけだ、息子を思うなら黙って帰れ」と言われます。 犬のような存在のくせにと言われたソンジンは「食卓に上がって大声で吠えてやる」と言い放ちます。 署に戻り「お前は自分がした犯行だけ罪を償え、俺も罪を償う」と伝えるとテソンは涙を流します。 チュ記者が残した資料を使い暴露しようとするがギュナムは自殺に装い殺せと部下に命じていました。 夜中にガス臭くて目が覚めたソンジンはドアを蹴飛ばしてなんとか脱出するが病院に運ばれ妻だけは死んでしまいます。 頭にきたソンジンは復讐を誓うが病院にやってきたギュナムに背後から殴られます。 ソンジンは意識が戻ると山中にいてドンギュが銃を構えていました。 しかし、ドンギュはタバコを1本吸わせて欲しいと言い背を向けました。 結末 ドンギュに逃がされたソンジンは世間が「大統領が現憲法のまま政府を譲り渡す」事で騒がれるなか自由日報の局長にお願いしてチュ記者が託した資料をもとに記事にしてほしいとお願いしました。 そして次長になったギュナムが高級料理店で楽しむなか突入し雨の中外に連れ出し蹴り飛ばします。 署で聴取を行うがギュナムの部下が乗り込んできて記者が撮影していたフイルムを押収しソンジンは暴行を受けます。 ギュナムは出て行ってしまうがチュ記者の後輩が殴られてもフイルムを口の中に隠していました。 自由日報の記者達は一致団結し記事にしました。 しかし、それでもギュナムは取り調べをする検事に「お前、俺を知らないのか?世の中簡単に変わるもんじゃない」と脅します。 激しい拷問を受けていたソンジンは「チュ記者と最後に会ったのはお前だ。 それとなぜ妻を殺した?」と聞かれます。 否認し続けていたソンジンだが「罪を認めれば刑期は15年。 認めなければ子供とは一生会えない」と言われ強制的にサインさせられます。 ソンジンは警察に潜り込んでいたスパイと報じられチュ記者を殺し、通報しようした妻を殺害したと報じられます。 しかし、民主化を熱望する大勢の国民が国家安全企画部長に押し寄せます。 〜30年後、信念を持って事実と向き合い戦い続けたソンジンは無罪を勝ち取りました。 そして孫の運動会に足を運びました。

次の