ねこ じゃ すり 偽物。 ねこじゃすりの口コミ評価!悪い点はここ!

ねこじゃすり| ブラシ・爪切り| ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY)

ねこ じゃ すり 偽物

猫用やすり?「ねこじゃすり」(やすりのワタオカ)で猫うっとりは本当でした! やすりの老舗がその技術を活かしてねこのためのブラシを作ったら、ねこがうっとりとろけるコミュニケーションブラシ、「ねこじゃすり」ができました。 こんな謳い文句で、世の猫たちにじわじわと広がりつつアイテム「ねこじゃすり」。 猫マニアの方はご存じの方もいらっしゃるかもしれません。 この「ねこじゃすり」、一見猫グッズとは一切関係がなさそうな、広島県の老舗やすりメーカー「やすりのワタオカ」さんが新しく生み出した 「猫用やすり」なんです。 なんとやすりの ワタオカさんの一番人気商品になっています。 そんな「ねこじゃすり」色んな猫さんに使ってもらった感想とねこじゃすりの具体的な使い方などをお伝えしますね。 やすりのワタオカさんの「ねこじゃすり」 やすりのワタオカさんが開発した「ねこじゃすり」。 ケースもシックでおしゃれで、プレゼントとしても喜ばれそうなデザインです。 先にも書きました通り、やすりのワタオカさんは広島県にあるやすりの老舗メーカー。 職人向けにやすりを製造しつづけ 120年以上の歴史を刻んできたやすり界の重鎮です。 そんなやすりメーカーのワタオカさん。 元々は野菜用プラスチックヤスリの開発中に行き詰まり、ふと飼い猫のグーガちゃんにやすりをブラシ替わりに試してみると、明らかに気持ちよさそうな表情・・・。 このグーガちゃんの反応から「ねこじゃすり」の開発が始まったんだそうです。 その後より猫の舌の感触に近づけるために試行錯誤を続け、製品化のためのクラウドファインディングで目標金額300,000円のところ、一気に2,831,220円も集まり、商品化に成功しました。 ねこじゃすりの使い方 そんな開発ストーリーも素敵な「ねこじゃすり」ですが、 製品自体も猫の使用感にとことんこだわって作られています。 箱を開けるとシンプルな形状のスティック状のねこじゃすりが登場です。 可愛いロゴマークも入っています。 中にはねこじゃすりの説明書も同封されています。 ねこじゃすりの使用方法は以下の通り。 至ってシンプルな使用法です。 〇毛の表面ではなく地肌を、ねこが気持ちよさそうにしている程度の力加減で撫でてください。 〇細やかなやすり面でどの方向からでも撫でることができます。 〇清潔に保つためには、使用後水洗いし乾燥させることをおすすめします。 太い部分は背中やお腹に、細い部分は頭やあご、首回りに使いやすい様に設計されています。 ねこじゃすりの「やすり」部分 ねこじゃすりのやすり面はこのようにザラザラの細かい櫛歯(くしば)が入っています。 尖っている部分にも更に細かな凹凸が施してあり単純な作りではないことがうかがえます。 薄さは約1cm、長さは約21㎝、太い方の横幅は約3. 6㎝です。 手に持って猫をスリスリしやすい形状。 重さもプラスチック製で非常に軽く、手元のねこじゃすりを量ると39gでした。 ねこじゃすりを猫に使ってみました 早速ねこじゃずりを猫たちに使ってみた様子もお伝えします。 最初は初めて見る物体に、ちょっと戸惑い気味の猫たちでしたが・・・。 特に顔周りをスリスリすると、気づけばうっとり・・・となる子が続出。 あ~~そこそこそこ・・・と言わんばかりに、喉をゴロゴロ、ぐーんと伸ばして思う存分スリスリされていました。 ねこじゃすり自体は背中やお腹、しっぽの付け根など身体にも使えるのですが、やはり皮膚にやすりの感触が伝わりやすい顔周りが人気です。 首元や口の横などをスリスリされる時が一番うっとり顔が多く見られたように感じました。 こんなうっとり顔を見せられたら、スリスリせずにはいられません。 しかし中には、スリスリするものだと認識せずにおもちゃ代わりにガジガジする猫も・・・。 おもちゃ代わりにしていた猫も何度かスリスリするうちに、気持ちのいいものだと認識してくれましたが、最初はちょっと戸惑う猫もいそうですね。 「ねこじゃすり」店舗販売は東急ハンズなどで取り扱いあり このねこじゃすり、amazonや楽天などの通販サイトで販売されている他、実店舗では東急ハンズでも販売されているようです。 ペットコーナーで販売されているねこじゃすりですが、 人気すぎて品切れになることもあるようです。 ウェブ上ではやすりのワタオカさんの公式サイトの他、amazon、楽天といった大手通販サイトでは購入可能ですので、ねこじゃすりが気になった方はチェックしてみてくださいね。 公式サイト 尚、 ねこじゃすりのお値段は3,780円。 公式サイトでもamazonでも楽天でも基本的にお値段は変わりません。

次の

「ねこじゃすり」を使ってみたぞ!偽物も手に入れたので徹底比較してみた!

ねこ じゃ すり 偽物

猫用やすり?「ねこじゃすり」(やすりのワタオカ)で猫うっとりは本当でした! やすりの老舗がその技術を活かしてねこのためのブラシを作ったら、ねこがうっとりとろけるコミュニケーションブラシ、「ねこじゃすり」ができました。 こんな謳い文句で、世の猫たちにじわじわと広がりつつアイテム「ねこじゃすり」。 猫マニアの方はご存じの方もいらっしゃるかもしれません。 この「ねこじゃすり」、一見猫グッズとは一切関係がなさそうな、広島県の老舗やすりメーカー「やすりのワタオカ」さんが新しく生み出した 「猫用やすり」なんです。 なんとやすりの ワタオカさんの一番人気商品になっています。 そんな「ねこじゃすり」色んな猫さんに使ってもらった感想とねこじゃすりの具体的な使い方などをお伝えしますね。 やすりのワタオカさんの「ねこじゃすり」 やすりのワタオカさんが開発した「ねこじゃすり」。 ケースもシックでおしゃれで、プレゼントとしても喜ばれそうなデザインです。 先にも書きました通り、やすりのワタオカさんは広島県にあるやすりの老舗メーカー。 職人向けにやすりを製造しつづけ 120年以上の歴史を刻んできたやすり界の重鎮です。 そんなやすりメーカーのワタオカさん。 元々は野菜用プラスチックヤスリの開発中に行き詰まり、ふと飼い猫のグーガちゃんにやすりをブラシ替わりに試してみると、明らかに気持ちよさそうな表情・・・。 このグーガちゃんの反応から「ねこじゃすり」の開発が始まったんだそうです。 その後より猫の舌の感触に近づけるために試行錯誤を続け、製品化のためのクラウドファインディングで目標金額300,000円のところ、一気に2,831,220円も集まり、商品化に成功しました。 ねこじゃすりの使い方 そんな開発ストーリーも素敵な「ねこじゃすり」ですが、 製品自体も猫の使用感にとことんこだわって作られています。 箱を開けるとシンプルな形状のスティック状のねこじゃすりが登場です。 可愛いロゴマークも入っています。 中にはねこじゃすりの説明書も同封されています。 ねこじゃすりの使用方法は以下の通り。 至ってシンプルな使用法です。 〇毛の表面ではなく地肌を、ねこが気持ちよさそうにしている程度の力加減で撫でてください。 〇細やかなやすり面でどの方向からでも撫でることができます。 〇清潔に保つためには、使用後水洗いし乾燥させることをおすすめします。 太い部分は背中やお腹に、細い部分は頭やあご、首回りに使いやすい様に設計されています。 ねこじゃすりの「やすり」部分 ねこじゃすりのやすり面はこのようにザラザラの細かい櫛歯(くしば)が入っています。 尖っている部分にも更に細かな凹凸が施してあり単純な作りではないことがうかがえます。 薄さは約1cm、長さは約21㎝、太い方の横幅は約3. 6㎝です。 手に持って猫をスリスリしやすい形状。 重さもプラスチック製で非常に軽く、手元のねこじゃすりを量ると39gでした。 ねこじゃすりを猫に使ってみました 早速ねこじゃずりを猫たちに使ってみた様子もお伝えします。 最初は初めて見る物体に、ちょっと戸惑い気味の猫たちでしたが・・・。 特に顔周りをスリスリすると、気づけばうっとり・・・となる子が続出。 あ~~そこそこそこ・・・と言わんばかりに、喉をゴロゴロ、ぐーんと伸ばして思う存分スリスリされていました。 ねこじゃすり自体は背中やお腹、しっぽの付け根など身体にも使えるのですが、やはり皮膚にやすりの感触が伝わりやすい顔周りが人気です。 首元や口の横などをスリスリされる時が一番うっとり顔が多く見られたように感じました。 こんなうっとり顔を見せられたら、スリスリせずにはいられません。 しかし中には、スリスリするものだと認識せずにおもちゃ代わりにガジガジする猫も・・・。 おもちゃ代わりにしていた猫も何度かスリスリするうちに、気持ちのいいものだと認識してくれましたが、最初はちょっと戸惑う猫もいそうですね。 「ねこじゃすり」店舗販売は東急ハンズなどで取り扱いあり このねこじゃすり、amazonや楽天などの通販サイトで販売されている他、実店舗では東急ハンズでも販売されているようです。 ペットコーナーで販売されているねこじゃすりですが、 人気すぎて品切れになることもあるようです。 ウェブ上ではやすりのワタオカさんの公式サイトの他、amazon、楽天といった大手通販サイトでは購入可能ですので、ねこじゃすりが気になった方はチェックしてみてくださいね。 公式サイト 尚、 ねこじゃすりのお値段は3,780円。 公式サイトでもamazonでも楽天でも基本的にお値段は変わりません。

次の

「ねこじゃすり」を使ってみたぞ!偽物も手に入れたので徹底比較してみた!

ねこ じゃ すり 偽物

猫同士が舐めあうのはコミュニケーションの役目があると言われており、それを人間でもできるよう開発されました。 グルーミングと同じ感触を持つヤスリなので、猫ちゃんもリラックスして安らげるのが「ねこじゃすり」の特徴です。 製造しているのは広島県にある「株式会社ワタオカ」というヤスリを製造する会社で、2017年にクラウドファンディングで資金調達して「ねこじゃすり」が作られました。 目標金額が30万円のところ280万も集まる人気ぶりで、発売されてからはテレビなどでも取り上げられ、一時は品薄で買えないほど入手困難だったアイテムです。 触った感じや材質について ヤスリと聞いていたので重たくてどっしりしているのを想像してましたが、プラスチック素材なのでとても軽いです。 ヤスリの表面はギザギザになっていますが、手で触っても切れることはありません。 縦に擦っても横に擦っても同じザラっとした感じで使うことができます。 逆に表はつるんと滑らかで、これも猫の舌の後ろ側を触っている感じです。 下部には招き猫などのロゴが刻印されています。 「ねこじゃすり」で猫がメロメロになると評判 「ねこじゃすり」は、SNSやYouTubeなどでも動画があげられ、メロメロになってる猫ちゃんが続出しています。 私が買おうと思ったきっかけが、こちらの野良猫に使っている動画でした。 ただし効果なしと言う口コミも一部あり 全ての猫ちゃんに「ねこじゃすり」が合うわけでもなく、「噛んでしまう」「逃げる」「特に気持ちよさそうにしない」と言った声もあります。 「ねこじゃすり」はちょっとお高めなので、買って効果がなかったらショックですよね。 そんな時はメルカリに出品してさばいてくださいな。 「飼い主の手」vs「ねこじゃすり」使ってみた感想は? 日頃から私の手でなでられるのが好きなタマちゃんですが、「ねこじゃすり」とどっちが気持ちいいか勝負してみました。 とは言ったものの、ものすごくメロメロになるわけではなく、私の手で気持ちいいなら「ねこじゃする要らないね」ってなりました。 ちなみに友人の猫(ベンガル)ちゃんには、めちゃくちゃ好評です。 普段あまり撫でられるのが好きじゃないのに、ねこじゃすりは気持ちいいみたいで、この商品はヤバいと絶賛してました。 「ねこじゃすり」の使い方 「ねこじゃすり」の使い方は簡単で、ザラザラしてる部分で撫でればいいだけです。 最初、縦になでるのか横になでるのか迷いましたが、どちらでなでても同じくザラザラしているので、好きなように使えばOK。 先端が細い方と太い方がありますが、これも使い方は自由です。 取り扱い説明書には、細い方は顔に使うのが便利で、太い方は全体を撫でる時に便利と書いてありました。 愛猫のオモチャとしても使える 知り合いの猫に「ねこじゃすり」を試したら、なぜがよく遊んでくれました。 よく分からないですが、めっちゃはしゃぎます。 他の動物にも使える 「ねこじゃすり」は猫用に開発されたアイテムですが、うさぎやカワウソも気持ちいいみたいです。 猫ちゃん以外に何か飼っているなら、使ってみると気持ちよさそうにしてくれるかもしれませんよ。 「ねこじゃすり」の販売店について 人気も出てきたことで、今では色々な所で「ねこじゃすり」が販売されています。 楽天・アマゾン・ヤフーなどの通販ショップでは様々なお店が扱ってますし、ホームセンターでも売られていました。 あとは東急ハンズでも売っていたみたいですが、買いに行くときは一度電話で確かめた方がいいでしょう。 安く購入できる場所は? 「ねこじゃすり」の定価は3,850円ですが、販売価格はどこも変わりません。 楽天やヤフーだとポイントを高く設定しているお店があるので、そういった所を狙うとお得です。 「ねこじゃすり」の本物と偽物を徹底比較してみた! 知り合いが「ねこじゃすり」の類似品を買ったので、本物と何が違うのか比べてみました。 まず、パッと見た感じや質感などはほとんど変わりません。 目をつぶって触ると、違いが分からないくらい似ています。 ただ、微妙な違いがいくつかあるので、まとめてみました。 まず、パッケージが偽物の方がちゃっちいです。 本物の方が凹凸が深いのでザラザラ感は強いと思うのですが、実際に触った感じは区別が分かりづらいので、どちらを使っても気持ちよさは変わらないかもしれません。 お値段は、本物だと3,850円・偽物は1,000円前後なので、これなら偽物を買っても納得できると思います。 ねこじゃすりの類似品はアマゾンでよく見かけますが、耳が付いてるタイプと耳なしタイプがあります。 今回は耳なしを買いましたが、耳ありでも材質は同じです。 「ねこじゃすりは高くて手が出せなかった」なんて人は、類似品を買ってもいいかもしれません。

次の