東京 新聞 茨城。 茨城空港に愛称「東京」正式決定へ 都心までは80キロ:朝日新聞デジタル

都心から80キロ離れても「東京茨城国際空港」…海外向け愛称の最終候補「不思議ではない」 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

東京 新聞 茨城

支社局一覧• 日立支社• 〒317-0063 日立市若葉町1-16-1 TEL:0294-22-4466 FAX:0294-22-4480• 常陸太田支局• 〒313-0013常陸太田市山下町946-3 パリー舎ビル105 TEL:0294-72-0201 FAX:0294-72-0440• 常陸大宮・大子支局• 〒319-2261 常陸大宮市上町863-1 酔富上町ビル2階 TEL:0295-53-0040 FAX:0295-53-8848• 水戸支社• 〒310-8686 水戸市笠原町978-25茨城県開発公社ビル TEL:029-239-3010 FAX:029-301-0361• ひたちなか支局• 〒312-0018 ひたちなか市笹野町2-2-26 東和ビル3F TEL:029-273-1719 FAX:029-273-3979• 笠間支局• 〒309-1611 笠間市笠間1403-8-2 TEL:0296-72-0004 FAX:0296-73-0163• 土浦・つくば支社• 常総支局• 〒303-0021 常総市水海道諏訪町3308-6 Y・Sビル2F TEL:0297-38-7155 FAX:0297-22-5051• 取手・龍ケ崎支局• 〒302-0004 取手市取手2-16-41 染野本陣ビル2F TEL:0297-72-1139 FAX:0297-74-2700• 石岡支局• 〒315-0037 石岡市東石岡5-4-8 仲屋ハイツA-101 TEL:0299-26-6100 FAX:0299-26-6405• 筑西支社• 〒308-0031 筑西市丙360 スピカビル5階 TEL:0296-22-2439 FAX:0296-25-3167• 古河支局• 〒306-0011 古河市東3-10-28 第五邦栄マンション205号 TEL:0280-33-2264 FAX:0280-33-2265• 下妻支局• 〒304-0063 下妻市小野子町1-40-1 吉井住宅1号 TEL:0296-44-2551 FAX:0296-44-2996• 鹿嶋支社• 〒314-0031 鹿嶋市宮中5-11-15 大協住地ビル2F TEL:0299-82-1730 FAX:0299-83-3700• 鉾田支局• 〒311-1516 鉾田市新鉾田2-16-6 江戸屋ビル1階 TEL:0291-32-2501 FAX:0291-32-3478• 行方支局• 〒311-3832 行方市麻生1194-1 麻生ハイツ103号 TEL:0299-80-6130 FAX:0299-80-6131• 東京支社• 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-25-10 JR八丁堀ビル2F TEL:03-3552-0505 FAX:03-3552-0080• 大阪支社• 〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地2-1-15 長瀧ビル3F-32 TEL:06-6344-4605 FAX:06-6344-3901•

次の

東京新聞

東京 新聞 茨城

本社 〒100-8505 二丁目1番4号 代表者 創刊 (17年) 前身 今日新聞 (9月25日 - 1889年1月31日) (2月1日 - 1942年9月30日) (2月1日 - 1942年9月30日) (2月23日- 2月28日) 言語 日本語 価格 1部 朝刊 120円 夕刊 50円 月極 朝夕刊セット3,700円 統合版2,950円 発行数 朝刊 443,776部 夕刊 157,005部 (2019年4月、調べ ) ウェブサイト 東京新聞(とうきょうしんぶん)は、が発行する日刊一般(一般紙)。 もしくはのだが、同じ中日新聞社が発行する・・の関東版と見なすこともでき、のような面もあわせ持つ。 過去の紙面は東京都中央図書館で、で閲覧することができる。 概要 [ ] 販売部数(調査・朝刊) は443,776部(2019年4月ABC)であるが、 実際の紙面では中日新聞社発行各紙(他に・・)と主要記事を共有しており、それら全体の発行部数 290万部の一部分 2019年 と見なすことができ、の・ 電子版を含まない ・をも上回る [ ]。 全国ニュースを主体とする紙面構成となっている。 価格は税込みで一部売りが120円、夕刊が50円。 月ぎめが朝夕刊セットで3700円、統合版は2950円。 前身の (に今日新聞として創刊、1889年に都新聞と改題)以来の伝統として、 ・に強い点を特徴とする。 [ ] 分室としていた旧本社屋は解体され、再開発によって地上19階、地下3階の高層ビル「品川フロントビル」が2010年12月に完成した。 事業所 [ ] 東京新聞旧品川分室(別角度から)• 本社:2丁目1番4号 (2006年10月1日より)• したまち支局:雷門2丁目4番9号• 福島特別支局:太田町13番17号 4階(開局)• 横浜支局:中区弁天通4丁目52• (明治19年)には「 都(みやこ) 新聞」と題号を改めた。 福田英助が経営にあたって以降、社会面や花柳・芸能界の話題、そして市況情報や文芸欄を充実させる等大衆を重視した紙面作りで部数を伸ばし、優良経営を誇った。 しかし、戦時体制下は国策に沿った「一県一紙制」により、「 」(こくみんしんぶん、創刊)と合同して「 東京新聞」が夕刊紙として創刊。 詳細は「」を参照 中部日本新聞は当時、と報道協定を結んでいたが、東京新聞の経営に関わることになったため、読売との協定を解消した。 そして、中部日本新聞東京支社と同じ日比谷に本社・編集部があった東京新聞を傘下に収めることで、本格的な東京進出への礎石を築いた。 5月には東京都港区港南二丁目の港南口に東京の拠点となる新社屋が完成した。 、中部日本新聞社が東京新聞社の東京新聞の発行と、編集・販売などそれに付帯する一切の業務を譲り受けた。 翌日の10月1日付から「東京新聞」は中日グループの関東地方の基幹紙として再スタートを切った。 尚、東京新聞社には合併以前にも、東京新聞の前身の一つである「 國民新聞」に、これまた中部日本新聞社の前身の一つである 新愛知新聞社が、東京新聞成立時まで経営に携わっていたという経緯がある。 1974年にの長女が誘拐された際、津川の自業自得であるかのような論調の記事を掲載した。 詳細は「」を参照 購読申し込みのをもじった「お風呂できゅきゅきゅ、東京新聞」のコピーのうち、以前はこのCMコピーをイメージした親子が風呂に入っているCMや、アニメーションのCMが放送されていたが、2007年6月からはとをイメージキャラクターにした、「問う、きょう。 」「これからのパートナー。 」をCMコピーにした新しいCMシリーズが放送されていた、2008年3月からは、北村総一朗に代わり、東京出身のと前回のCMキャラクターであった、紺野まひるをイメージキャラクターにした、「東京ほっと」シリーズに変わった。 また、とでは、東京新聞舞踊コンクール入賞者によるダンス画像に、「東京の鼓動を伝える」をキャッチフレーズにした、東京MXテレビ開局時に制作されたCMを流すことがある。 2011年3月10日よりが主演のCMに変更をした。 吉瀬との競演CMも流れる場合もあった。 その後、女優のの出演バージョンを経て、2016年3月からは、お笑いコンビ・のと元で女優のが出演したCMを経て、2017年度は女優のとお笑いコンビ・のが共演するCMが放送されていた。 2020年2月現在はでのが出演しているバージョンが放送されている。 テレビCMは・・・や・・・で、ラジオでは・で流しており、チバテレビなど、各地域で最後が少し異なるバージョンのものが放送されている。 2004年9月に、創刊から満120年を迎えた。 2006年10月1日に本社を、中日新聞が最初に東京に進出した地である日比谷の日比谷中日ビルに移転(それまでは日比谷分室だったが、施設拡充を行い編集・事業の全ての部門を集約)し、それまでの本社(港南)は品川分室となった。 その後2008年9月に社屋の老朽化により閉鎖され、跡地には中日新聞社主導による再開発ビル「」が2010年秋に完成した。 、とグループの相互委託印刷提携により、周辺を中心とした地域の新聞を朝日新聞グループ会社の「・川崎工場」に委託印刷することになった。 なお、この逆でが発行するの印刷拠点であるの幸工場で、向けの(版 )の受託印刷が開始された。 2012年12月1日、に福島特別支局を4階に開設。 中日新聞系列で新聞を発行していない地域での開設は京都支局と同福島特別支局のみ。 東北地方で初めての支局であり、中日新聞社系列の取材拠点として機能する。 2017年9月1日、記者会見で東京新聞の記者が不適切な発言を行ったことについて、報道室が書面で抗議を行った。 記者会見での記者の質問に官邸報道室が注意喚起をすることはあったが、文書で抗議するのはない異例な事態であるため、東京新聞の首相官邸キャップによりの常駐各社に書面が配布された。 2017年9月14日、官房長官記者会見で東京新聞記者が「注意文書のことが産経新聞になぜかリークとして記事が出て個人への誹謗中傷が進んでいる」と発言。 産経新聞は「事実無根で看過できない」として発言撤回を求める抗議文を東京新聞編集局長宛てに送付し、東京新聞はこのリーク発言に対し「事実ではありませんでした。 抗議を真摯に受け止め、発言を撤回いたします」と19日付の文書で産経新聞に対して謝罪した。 2020年4月30日付朝刊一面で「抗体検査5. 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授は、検査対象の偏りに加え、研究で使用された抗体検査キットの実効性について、等から疑義が呈されており、掲載したことの道義的責任は重いと指摘した。 配布地域 [ ] 関東各都県(東京都・・・・・・)と(を除く)を主要配布対象地域とする。 ただし東京都のでは他の主要紙と同じく配達されず、また茨城県・栃木県・群馬県(埼玉県・千葉県は一部地域)および静岡県では朝配達の統合版のみを発行する。 なお静岡県では、東部・伊豆において東京新聞のみを宅配・即売とも扱っており、が宅配のみの扱い(即売はほとんど行われていない)。 西部では中日新聞のみの宅配・即売となっている。 東京新聞を主の取り扱いとする専売店は少ないため、専売店がない地区では朝日新聞販売店や毎日新聞販売店・日本経済新聞販売店など他紙販売店に販売・配達を委託している。 一部地域では委託先の東京新聞取り扱い販売店と取り扱い販売店が違う場合がある。 東京新聞の配達エリア外では他の同様・郵送購読制度を利用するのが普通だが、中日新聞の販売店では宅配に限って一日遅れで月極購読できることもある。 紙面 [ ] 毎週には「サンデー版」が付録として添付される。 1面と最終面を大きく使って、学校授業でも使えるような「大図解」を展開。 中身は週間テレビ表や読み物、クロスワードなどが収録されて、8頁建て。 大図解などは一部のブロック紙や各社にも配給されている。 また、中日新聞社発行各紙や、などに加盟している新聞に掲載されるや(朝刊は、2007年3月8日まで作の「」、同年7月1日か2011年12月31日までは作の「」、2012年2月1日から2017年3月31日までは作の「」、2017年4月1日からはの「ねえ、ぴよちゃん」を連載)は、中日新聞東京本社から配信される。 また、中日新聞からの企画では、生活家庭面の一部記事が東京新聞にも掲載されている。 国際欄および夕刊に掲載されている「世界の街角から」は中日新聞と東京新聞と同一になっている。 は原則的に中日新聞と同一だが、中日新聞が愛知県政、名古屋市政など中京圏特有の課題を掲載する場合は、東京新聞独自の社説に差し替えられる場合もある。 なお社説は中日新聞同様、本文の内容を要約したリード文が付随する(1970年3月より )。 生活家庭面については、主に中日新聞(名古屋本部)で製作されたものを掲載しており、中京圏関連の話題が多いが、独自の記事として旧東京新聞社時代から続く読者投書欄「あけくれ」が掲載されている。 毎年はにちなみ、日頃を行っている「こちら特報部」にて「本当のようなの記事」を掲載する。 この日のもその日の担当者に嘘のコラムを書いて貰うように依頼している。 ただしはこれまでと趣旨を変え、「嘘のような本当の記事」を掲載した。 中日新聞に長年連載されているの「けさのことば」が東京新聞にも朝刊3面に掲載されている。 の「 激動篇」・「親鸞 完結篇」は中日新聞社(中日新聞・東京新聞・北陸中日新聞など)や・・などのブロック紙以外にも地方紙(・・・・や中日新聞と競合関係にある・)などにも配信をしたため話題になっている。 付朝刊から中日新聞・北陸中日新聞との共同企画として、戦後70年企画「平和の俳句」(読者投稿による平和にまつわる。 選者は・)を1面で掲載している。 コラム [ ]• 朝刊のコラムのタイトルは「筆洗」(ひっせん)。 基本的には中日新聞・北陸中日新聞のコラム「中日春秋」と同一の内容だが、日によって東京新聞独自の内容になることもある。 2011年4月1日より、夕刊で掲載されているコラムの題名が「」から中日新聞・北陸中日新聞で付けられている「紙つぶて」に統一された。 ()で発生したに鑑みたものである。 地方版 [ ]• には輸送上の関係で毎週1回、一週間分の新聞がまとめて送られる。 山手版(、、、、、、、、)• したまち版(、、、、、、、)• 版(、、)• 版(、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、)• 横浜版(全域)• 川崎版(全域)• 神奈川版(と・地域)• 千葉中央版(、など)• 千葉房総版• 埼玉中央版(、など)• 埼玉版(夕刊が発行していない地域) その他の地域• ただし、静岡市と、は東京新聞・中日新聞両紙の配布エリアとなっており、両紙を取り扱うが存在する。 番組表 [ ] 東京新聞朝刊のテレビ・ラジオ番組面は、抜き取って利用できるよう、紙面の中央の頁に掲載されている。 従来は一部の日を除いて薄茶色地の頁になっていたが、現在では全頁フルカラーとなっている。 また、、の番組欄には2行の解説記事が掲載されている(19時以後のみ)。 かつては中日新聞、など中日グループ各紙も同様にドラマ、映画の番組欄に2行の解説記事を載せていた。 東京新聞(中日新聞社)が資本参加している度合いの大きいにおいては、をとするにも拘らず、などと同じ面に同サイズで列べてが掲載されており、2014年3月まではフルサイズで、2014年4月からはMXが24時間マルチチャンネル編成を開始したのを受けて、上下2段ハーフサイズでMX1とMX2両チャンネルを掲載している。 また、2007年5月の紙面刷新に合わせて、TOKYO MX以外の関東独立局5局が番組表の4頁目に掲載されていたのを、BSデジタル放送の番組表を拡充したことから、地域版にそれぞれの県域局1局のみが掲載するようにしたが、「地域面に移動したことで使いづらくなった」「自分の県以外の局が見られる状態なのにその局の番組表がないと不便だ」という意見が殺到、このため5月11日からBSデジタル放送の番組表のサイズを維持しつつ、4頁目に独立U局を掲載するように戻した。 また、2011年3月16日まではNHK Eテレのマルチ編成時のサブチャンネルの番組表を掲載していた。 また、2008年12月までは金曜夕刊に「TVウィークリー」というタイトルで、2009年1月からはサンデー版に「週間テレビガイド」というタイトルで、週間番組表を掲載している。 2、3頁には下述のように番組解説や読者評だけでなく、芸能・娯楽・放送メディア関連の記事が多く掲載されており、中には担当記者によるドラマ評や上滝徹也教授のドラマ月評、地上波・BSでの映画の月間放送予定表、NHKの主演女優による連載コラム、タレントや俳優など著名人によるコラム、との連載エッセイ、記事各番組の担当プロデューサーによる現場の声なども掲載されている。 2010年10月からはこれまで土曜日の夕刊に掲載されていた歌舞伎・落語などの伝統芸能関連記事を月曜日(当初は日曜日)に掲載、2014年1月からは小劇場での公演予定など舞台関連記事も掲載している。 また、ラジオ番組の解説では、「」の解説が他紙より詳しいことが特徴となっている。 2014年4月から紙面刷新で文化・娯楽面となり、曜日毎にテーマ(月曜:本、火曜奇数週:音楽、火曜偶数週:美術、水曜:笑い、木曜:劇場・映画、金曜:伝統芸能、土曜:放送、日曜:芸能)を決めて記事を編成している。 テレビ・ラジオ欄は一時期、名古屋の中日新聞社本社で製作されていた(東京本社はその頃、のシステムが導入されて無かったため)。 なお、地域面のしたまち版にはの番組表も掲載されている。 これは同局が東京新聞ニュースを放送しているためとみられる。 番組欄のページ構成 [ ] (2020年4月1日現在。 局名末尾の数字は)• 1頁:在京・TOKYO MX・NHK衛星放送・WOWOW・BSスカパー番組表• 地上波: 1・ 2、 4、 5、 6、 7、 8、 9(MX1、MX2)• BS: BS1、 BS3、、、 BS9、 BS241• 2頁:番組の解説、芸能・娯楽記事、各種ランキング(視聴率、CD売上げ等)、「反響」(放送に関する読者投稿。 なお、批判の場合、批判の対象者の名は東京新聞側の配慮で伏せられているが、大抵想像し易く形容されている。 投稿内容は辛口なものが多く、中には「〜というは髪をピンで留めたほうがいい」といった個人的な意見も多数見られる。 3頁:文化・娯楽・芸能・放送メディア関連記事、「言いたい放談」(日替わりコラム)、• 4頁:地上波独立局(MXを除く)・BS・ラジオ番組表• 地上波: 3、 3、 3、 3、 3• BSデジタル: BS4、 BS5、 BS6、 BS7、 BS8、 BS10、 BS11、 BS12 、 BS232、 BS242 - 245、 BS255• CS:、• 静岡版 [ ] 2018年9月30日までは、関東地方向け紙面をそのまま掲載。 静岡県のテレビ・ラジオ(、、、、)の番組表は、県域面に小サイズで掲載していた。 なお、の番組表はテレビ・ラジオともに非掲載(関東向け番組表で補完)だった。 2018年10月1日より、中1頁の地上波テレビのみ静岡版独自編集となった。 前後するかたちで、2018年9月30日からサンデー版「週間テレビガイド」も静岡版独自編集に切り替わった(中日新聞東海本社版と同一内容)。 静岡版独自編集に踏み切った理由は、県内CATV局で行われていた在京キー局(日テレ・テレ朝・TBS・フジ)の完全終了である。 同時に、NHK静岡局のテレビ番組表が掲載されるようになった。 配列は以下のとおり。 地上波:NHK総合(静岡) 1・NHK Eテレ(静岡) 2、Daiichi-TV 4、あさひテレビ 5、SBSテレビ 6、テレビ東京 7、テレしず 8、TOKYO MX 9(MX1、MX2) 2018年10月以降も、静岡県域民放ラジオ局(SBSラジオ、K-mix)は引き続き県域面での掲載となっている。 また、NHK静岡局のラジオ番組表掲載(差し替え)は行われていない。 題字と地紋 [ ] 東京新聞の題字はに書家の三村秀竹が執筆したものを原形としている。 地紋は横線に(東京新聞社時代は花びらが散っていた)。 東京新聞電子版 [ ] 東京新聞電子版(とうきょうしんぶんでんしばん)は、からサービスを開始した東京新聞の電子版。 や、などで東京新聞の紙面イメージが日本全国や海外で閲覧できるというもの。 月極購読料は3,450円(税込み)。 なお、東京新聞と同じ中日新聞社が発行する中日新聞・・の発行エリア(・・静岡県西部・・及び)では両紙の読者会員サービス「中日新聞プラス」のプレミアム会員限定サービスとなる。 東京新聞を最後に在京主要一般紙6紙全てが電子版(紙面イメージ)のサービスを導入することになった。 関連放送事業者 [ ] 関東地方 [ ]• (TOKYO MX)• (tvk)• (チバテレビ、CTC)• (テレ玉、TVS)• (GTV)• ただし、主導の合同交渉はもつれ、翌8月に漸く新会社 が設立された。 東京新聞創刊以降、一貫して主導権は旧都新聞側が掌握しており、本来國民新聞の路線であった右寄り路線を推進した社長のも都新聞の出身であった。 代表取締役社長の(よら あいち)はの副社長に僅か1年間ながら請われて就任している。 また、これによりとの関係もこの頃から始まっている。 読売新聞が、他の全国紙と違って中部地区への進出が遅れていたのはこの協定の存在も要因である。 その後、1974年に読売新聞は系列紙「中部読売新聞」の創刊によって中部地区へ進出している。 TBSは中日系の、フジテレビはCBCと同じ中日系ののそれぞれである。 また、のは、と中日新聞社の合弁企業である。 ちなみにCBC・東海テレビ・テレビ愛知の3局では、のCMは2009年現在は放送されていない。 「今日新聞」より紙歴を数えている。 は輸送の関係でそれまでは東京管轄だったが、今回の受託印刷開始で大阪管轄に変更された(約22年ぶりに大阪管轄に戻った)。 「静岡版」は、が編集したものを東京本社で紙面制作しており、中日新聞東海本社版における静岡県内記事のダイジェスト的な紙面構成になっている。 と共に趣味のチャンネルとして掲載されていた。 出典 [ ]• 新聞情報. 2019年5月18日• 2013年4月11日閲覧• 産経新聞 2017年9月17日「東京新聞・望月衣塑子記者の「リーク」発言に産経新聞が抗議 「事実無根だ」 ネット上の誹謗中傷は「言論弾圧を助長している」のか?」• 2017年9月23日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年5月12日閲覧。 「「誤解を与える」批判について 「抗体検査5. Chiba, Yuto. BuzzFeed. 2020年5月14日閲覧。 2013年1月3日付中日新聞9面「『社説』はこうしてできる」• 2018年9月、静岡県内の宅配購読者に折込配布された「ご案内」による。 関連項目 [ ]• - 従来までのの主催を引き継ぐ形で、共催として参加• - ニュース配信契約を結んでいる、華僑向け通信社。 - 事件後、誘拐犯を擁護するかのような記事を掲載。 外部リンク [ ]• - チャンネル• tokyohotweb -•

次の

東京新聞

東京 新聞 茨城

最終候補は、6案から28日の有識者会議の最終会合で選ばれた。 中国語に訳すと「東京茨城國際機場」となる。 県は東京都と接しておらず、都心から空港まで約80キロ離れているが、県空港対策課は「海外で茨城の場所が知られていない。 海外向けに首都の名前を冠した事例はほかにもあり、不思議ではない」と説明する。 最終会合で座長を務めた桜美林大の戸崎肇教授(航空政策)によると、県が実施した愛称案のパブリックコメント(60件)では「東京に非常に近接しているとの誤解を与える」「東京の名前を冠するのはいかがなものか」といった反対意見も目立ったという。 こうした声について戸崎教授は「郷土への深い愛情から出たもの」と指摘し、「東京という名は非常に魅力的で知名度もある。 (国内空港の)先頭に立って海外セールスができる形にもっていきたい」と述べた。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同空港は国内線4路線と、中国、台湾の国際線6路線の全路線が5月2日から運休している。 県はこの愛称で認知度を高め、新型コロナ収束後、海外からの誘客や新規路線就航につなげる考えだ。 一方、国内向けの愛称案は「茨城空港」とした。

次の