松蔭 寺。 松蔭寺。横浜市鶴見区東寺尾にある臨済宗建長寺派寺院

「松蔭寺」(横浜市鶴見区

松蔭 寺

本名 松井 勇太 生年月日 1983年11月9日 出身地 山口県光市 身長 170cm スリーサイズ B94cm W94cm H97cm 血液型 O型 事務所 サンミュージック 学歴 キャットミュージックカレッジ専門学校 サウンドエンジニア専攻 趣味 野球・ニュース・政治 特技 曲作り 松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)さんは、 お笑いコンビ・ぺこぱのツッコミを担当していて、 コンビのネタのほとんどは松陰寺太勇さんが作成しているそうですよ。 コンビを結成した2008年までは ピン芸人 「松井祭 」として活動していて、TBS系『有田ジェネレーション』にピンでレギュラー出演したり、2015年には R-1ぐらんぷりで3回戦まで進出したこともあるようです。 東京都世田谷区にある 松陰神社を聖地と言っているため、芸名の由来は松陰神社のようですね。 そして、 芸人になる前には実はバンドをやっていたのだそうです。 ぺこぱ・松陰寺太勇はバンドマンだった! ぺこぱ・松陰寺太勇さんは高校卒業後に、大阪にある 音楽の専門学校に進学しました。 2年間通った後は、 プロのミュージシャンを目指し上京しています。 その後、お笑いの道に転向していますが、今でも 「音楽でも有名になりたい」と夢は捨てていないようです。 2016年1月には 自主制作CD『風』を発売し、収録曲の全9曲すべての作詞・作曲・編曲・演奏・レコーディングを手掛け、ジャケットのデザインも 全て松陰寺太勇さん1人でこなしたようです。 漫才のネタも松陰寺太勇さんがほとんど作っているそうですが、クリエイティブで多才な方ですよね。 ちなみに、86枚売れたようで、100枚まであと少しです…! ぺこぱ・松陰寺太勇さんのスタイルのモチーフは? 松陰寺太勇さんはよく「氷室京介と忌野清志郎を足して2で割った感じ」と言われるそうですが、実は ASKAさんがモチーフなのだそうです。 松陰寺太勇さんは、 昔からCHAGE and ASKAのASKAさんが大好きで、そこから生まれたキャラクターなのだとか。 イケメンですよね。 ビジュアル系のミュージシャンという感じです。 ぺこぱ・松陰寺太勇は結婚してた! 2020年1月17日に、ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に生出演したぺこぱの松陰寺太勇さんが、 2019年春に結婚していたことを発表しました。 番組内で松陰寺太勇さんのリクエスト曲・GAOの『サヨナラ』が流れるなか、松陰寺太勇さんは、 「結婚しているんですけど、嫁と出会った時によく聴いていた曲です」とサラッと告白し、判明しました。 実は、いろんなメディアで言っていたそうですが、 誰も興味を示さず拾われなかったのだとか…。 やっと、結婚したことに注目が集まるようになってよかったですね! こちらは、家族写真です。 報告が遅くなりましたが、 私の家族です!!! — 松井ッター【ぺこぱ】 yutamatsui1109 2019年は松陰寺太勇さんにとって、一気に幸せなことが増えた良い一年になったようですね。 今回は、ぺこぱ・松陰寺太勇さんについてご紹介しました。 参考になることがあれば、幸いです。 相方・シュウペイさんやコンビの結成経緯なども記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。

次の

松蔭寺。横浜市鶴見区東寺尾にある臨済宗建長寺派寺院

松蔭 寺

2019年8月15日 〒230-0077 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾1-18-2 駐車場:近くに有料パーキングがある。 臨済宗 Rinzai shu 中興の祖と名高い、白隠慧鶴禅師 Zen master Hakuin ekaku が住職を務めた寺です。 松蔭寺 Shoin ji の周辺案内図 Information map です。 有料パーキングは、白隠禅師 Zen master Hakuin 誕生地の隣と、向かい側の2ヶ所にあります。 向かいのパーキングは銀行の駐車場でもあります。 (2019年現在) 誕生地を正面から。 元は母方の生家で、味噌屋を営んでいたそうです。 門をくぐった所に、白隠禅師 Zen master Hakuin の産湯の井戸 Ubu yu no ido があります。 産湯の井戸 Ubu yu no ido の先には、無量堂 Muryo dou があります。 無量堂 Muryo dou の堂内です。 三つの位牌の後ろに、白隠禅師 Zen master Hakuin のお姿を彫刻した石碑を望みます。 その手前には、賽銭箱と参拝記念の記帳簿があります。 無量堂 Muryo dou の裏にある石碑です。 白隠禅師 Zen master Hakuin 誕生地から、旧東海道 Kyu toukai dou を少し歩いた所に松蔭寺 Shoin ji があります。 山門 San mon を近くから。 瓦の数が煩悩と同じ108枚あるそうです。 「高さ制限2. 5m以下」との看板が出ていますが、松蔭寺 Shoin ji の境内に駐車場はありません。 山門 San mon をくぐると、本堂 Hon dou が見えて来ます。 境内の左側です。 小さな仏像が壁のように並んでいますね。 鐘楼 Shou rou です。 境内の全体的なイメージを掴んで頂く為に、壁のように並んでいる小さな仏像の後ろから撮影してみました。 仏像を近くから。 境内を左回りすると、慰霊碑や墓地が見えて来ます。 本堂 Hon dou を斜めから。 扁額には「大信根 Dai Shin kon 」と書いてあります。 これは学道の三則の一つで、仏法が真理の教えと信じる事です。 本堂 Hon dou の中です。 手前の扁額に正念 Syou nen と書かれているのは分かるのですが、奥の扁額は闡提 Sen dai と書いてあるのでしょうか?大悲闡提の略なら、現世に留まって人を救い続ける菩薩の意味になると思いますが、ちょっと分かりません。 賽銭箱のアップです。 左側の寺紋に注目。 本堂 Hon dou の右側には寺務所 Ji mu sho があります。 松蔭寺 Shoin ji は、臨済宗・妙心寺派 Rinzai shu・Myou sin ji ha から独立した「白隠宗 Hakuin shu 」という単立宗派の大本山なのです。 本堂の左側、奥まった所に坐禅道場があり、学道の三則の一つ「大憤志 Dai fun shi 」と書かれた扁額が掲げられています。 道場手前にある彫像のアップです。 見た事の無いユニークな造形です。 獅子 Shi shi なのか狛犬 Koma inu なのかも分かりません。 実に興味深い。 対になる彫刻は破損してボロボロの状態でした。 ちょっと可哀想ですね。 坐禅道場の中です。 臨済宗 Rinzai shu は、単布団 Tan buton と呼ばれる長い座布団を重ねるように敷き、その上で坐禅を組みます。 道場の左側には、学道の三則の一つ「大疑 Dai gi 」と書かれた扁額を掲げる建物があります。 大疑団 Dai gi dan は有名な言葉ですが、大疑清 Dai gi sei? という単語は初めて目にしました。 実に興味深い。 道場の横には、白隠禅師 Zen master Hakuin の墓に続く道があります。 道場からの道を真っ直ぐに行った所の、松の木の右側に白隠禅師 Zen master Hakuin の墓があります。 僧侶の墓石は「無縫塔 Mu hou tou 」と言って、独特な卵形をしています。 墓地の近くにある東海道本線の踏切には「白隠踏切 Hakuin fumi kiri 」の名がついています。 「白隠踏切 Hakuin fumi kiri 」を渡らず道なりに歩くと、石柱の門が見えて来ます。 石柱の門をくぐった先には「白隠禅師塔所 Hakuin zen ji tassho 」と彫られた石碑がありました。 1685年にこの地で誕生した白隠禅師 Zen master Hakuin は、松蔭寺 Shoin ji で出家した後、諸国行脚の旅に出ました。 そして師となる正受老人 Shoju roujin と出会って、厳しい修行に励んだそうです。 正受老人 Shoju roujin が住んでいた小さな庵は「正受庵 Shoju an 」と呼ばれており、現在は臨済宗 Rinzai shu の聖地になっています。

次の

松蔭寺(Shoin ji)

松蔭 寺

臨済宗の古寺で、歴史は約700年あり、江戸時代に白隠慧鶴が住職を務めた寺として知られている。 現在は臨済宗白隠派大本山である。 白隠の父の叔父である大瑞宗育が慶安年間に復興し、5代目住職を白隠慧鶴が、次いで遂翁元盧が住職を務めている。 白隠は享保2年(1717年)に住職となり、享保3年、34歳の時、京都妙心寺の第一座となった。 その後、松蔭寺には全国から雲水が訪れ、多くの僧がこの寺で修行したことが知られている。 白隠は明和5年(1768年)84歳で入寂し、この寺の境内に墓がある(県指定史跡)。 また、松蔭寺には、白隠が岡山城主池田侯から贈られた備前焼のすり鉢を、台風によって裂けた松の枝の雨避けにかぶせたというすり鉢の松が有名であった。 しかし、枯死したことから現在は伐採されている。 山門は木造、石瓦葺き、切妻造りの平屋建てである。 この門の特長は、石瓦葺きであることで、幅約30センチ、長さ約1メートルのものを1面3段54枚、裏表合わせて108枚を用いて葺かれており、白隠禅師の考案といわれる。 この地方では他に類例を見ないものである。 なお、松蔭寺と白隠禅師は、「ぬまづの宝100選」に選ばれている。 開山堂と山門が、平成28年8月に国の有形文化財に登録されている。

次の