コロナ イベント 会社。 コロナに負ける気がしない無敵のイベント会社!

新型コロナウイルス、イベントが再開するのであれば、イベント会社は何

コロナ イベント 会社

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、政府が最初にイベントや公演の自粛を要請した2月26日から3月15日までの影響について、琉球新報は22日までにイベント関連会社や県内の劇場などを対象にアンケートを実施した。 対象期間の損失額は、イベント関連会社5社が計約1412万円、劇場13カ所が計約594万円、ライブハウス4カ所が計約332万円だった。 中止になったイベント件数はイベント関連会社が68件、劇場が81件、ライブハウスが20件だった。 アンケートは14日から19日にファクスやメール、電話で実施。 対象期間中にイベントが予定されていなかった劇場は2カ所だった。 劇場とライブハウスは損失の割合が最大なものとして、外部の団体や個人に劇場を貸した際に発生する貸劇場料の損失を挙げる回答が多く見られた。 回答金額に音響や照明の使用料を含んでいない劇場もあり、実際の損失はさらに膨らむと思われる。 「チケットの売り上げだけで約600万円の損失がある」と答えた県内のイベント運営会社の担当者は「3月は全公演が中止。 4月もほぼない状態だ」と先を見通せない現状に肩を落とす。 「仕事がない人には自宅待機をしてもらっている。 5月以降も同じ状況が続けば、会社の存続も厳しくなる」と嘆息した。 (藤村謙吾).

次の

[議論]新型コロナウイルス、イベント中止?開催? 迫られる選択:日経ビジネス電子版

コロナ イベント 会社

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、政府が最初にイベントや公演の自粛を要請した2月26日から3月15日までの影響について、琉球新報は22日までにイベント関連会社や県内の劇場などを対象にアンケートを実施した。 対象期間の損失額は、イベント関連会社5社が計約1412万円、劇場13カ所が計約594万円、ライブハウス4カ所が計約332万円だった。 中止になったイベント件数はイベント関連会社が68件、劇場が81件、ライブハウスが20件だった。 アンケートは14日から19日にファクスやメール、電話で実施。 対象期間中にイベントが予定されていなかった劇場は2カ所だった。 劇場とライブハウスは損失の割合が最大なものとして、外部の団体や個人に劇場を貸した際に発生する貸劇場料の損失を挙げる回答が多く見られた。 回答金額に音響や照明の使用料を含んでいない劇場もあり、実際の損失はさらに膨らむと思われる。 「チケットの売り上げだけで約600万円の損失がある」と答えた県内のイベント運営会社の担当者は「3月は全公演が中止。 4月もほぼない状態だ」と先を見通せない現状に肩を落とす。 「仕事がない人には自宅待機をしてもらっている。 5月以降も同じ状況が続けば、会社の存続も厳しくなる」と嘆息した。 (藤村謙吾).

次の

【WEBセミナー】海外投資実務講座(中国特別編)-ウィズ・ポストコロナ時代を生き残るための中国子会社のあり方、親会社の果たすべき役割-

コロナ イベント 会社

写真:時事通信フォト) 新型コロナの感染拡大は、すでに日本経済に深刻な影響を及ぼしている。 東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏がこう語る。 1月下旬から中国からのインバウンドが消失し、旅行会社やバス会社、旅館・ホテル、おみやげ物屋、飲食店、着物のレンタル業にまで影響が出た。 第二波は2月中旬からで、日本人が外出を控えるようになって消費が冷え込んだ。 観光とは関係ない物販業や飲食業、イベント関連業まで影響を受けている」 新型コロナ関連による初の倒産と報じられたのが、愛知県蒲郡市の旅館「冨士見荘」だ。 経営不振に陥っていた同館は、中国人ツアーの受け入れで業績を回復しつつあったが、新型コロナ禍でキャンセルが相次ぎ、2月に事業継続を断念した。 国内で突出して多くの感染者が出ている北海道では、コロッケなどの惣菜を製造し、全国的な知名度を誇った「北海道三富屋」が、新型コロナによる観光客の減少が引き金となって倒産した。 また、北海道でスクールバスや観光バスを運行していた「味十商事(みとしょうじ)」は、2月末で従業員を全員解雇し、事業停止している。 西日本初の新型コロナ倒産となったのは、神戸港でレストランクルーズ船を運営していた「ルミナスクルーズ」で、3月2日に民事再生法の適用を受けた。 同社の事業再生の支援を表明したのが、神戸港でクルーズ船事業を手がける神戸クルーザーの筆頭株主、ファースト・パシフィック・キャピタルで、同社の大沼匡輔副社長は理由をこう語る。 「ルミナスの利用客は日本人が中心ですが、政府が国民に外出を控えるよう求めたことが倒産に至る引き金になった。 ルミナスの倒産が神戸観光に悪影響を及ぼすことを見過ごすわけにいかないので、支援を決定しました」 しかし、厳しい船出であることは間違いない。 「給料が払えなくなった」 生活雑貨店の「aideco(アイデコ)」を8店舗、展開していた大阪市の「愛織」もこの3月に破産手続きに入った。 同社関係者はこう嘆く。 「昨年10月の消費増税と暖冬で婦人服が売れなくなっていたなか、新型コロナで来店客が激減した。 会社は従業員に給料も払えなくなり、不渡りも出した。 新型コロナの影響は、小売店にも大きかったのです」 政府の自粛要請により、日本人の多くが家に引きこもりがちになり、直接関係のない業界にも大きな影響が及んでいるのだ。 「学習塾は新学期前の3~4月が受け入れ期ですが、子供が外出を制限される状況では、資金繰りは当然厳しくなる。 利用を避けられているスポーツジムも臨時休業を余儀なくされ、予定された収入が入ってこない。 もともと経営状態の悪い企業や経営者が高齢化している企業では、廃業や倒産を選択するところも出てくるでしょう」(友田氏) こうした事態を受け、政府は中小企業や個人事業主を対象に、実質無利子・無担保の融資を1兆6000億円規模で実施する方向で調整している。 「仮に春過ぎに新型コロナが収束し、乗り切ったとしても、それまでに受けたダメージで体力を失い、それ以降に倒産する企業は出てくる。 もし収束まで長引けば、倒産の波は加速すると考えられます。

次の