約束 の ネバーランド 165。 約束のネバーランド「ネタバレ」165話最新話の考察|ラートリーの暴挙をエマやイザベラが止める?

▷ 約束のネバーランド165最新話ネタバレあらすじ確定&感想! 感想 !

約束 の ネバーランド 165

この時のママは 「商品を守れず、第三プラントを焼失してしまう」という失態を犯した直後だ。 そしてママはどうやら今の状態を 「やっとママを辞められる」みたいな感じで捉えていたっぽい感じ。 このことから、ママは本心では 「子供たちを出荷するような日々」に抵抗を感じているものと考えられる。 約束のネバーランド165話より引用 ママの本心を表す表情! で、この様子に対してピーターラートリーがかけた言葉は以下。 死は救いでも何でもない。 もしママがピーターラートリーの力になるなら、彼女のことを自由にする。 これが今回行われた、2人の間にある取引だったようだ。 約束のネバーランド165話より引用 ピーターラートリーの言葉が意味深! ただ上記のカットはピーター・ラートリーのほうに主導権があるようにみえて、選択権はママのほうにあることを理解しておきたい。 ママは 「絶望」の中に身を置いており 「何をやっても結局地獄」といった精神状態にあるはず。 であればピーターラートリーとの取引に乗ろうが乗るまいが、ママ的にはどっちにしても…という考えに至ることも考えられるだろう。 チラつかされた希望に抗えるかどうかが、ひとつの鍵となってくるね! 【スポンサーリンク】 決戦、GFでのやりとり! で、次に確認してみたいのは以下のカット。 ママの表情がかなり神妙だよね。 ナットの折れた指を逆にへし折って元の位置に戻すなど、ありえないサイコパスぶりを見せる彼女。 しかしそれもこれもラートリーを欺くためだったとしたら…。 彼女個人の心理状態を考えると(ナットには悪いけど)そういうルートが見え隠れしているような気がするかな。 もちろんママがこのまま敵として立ちふさがる流れも視野からは外さずに読んでいきたいけれども! 約束のネバーランド165話より引用 ママの表情から何を汲み取るべきか? で、今回のラストは以下のカット一連の流れで終了。 こっちにはエマ・レイ・ノーマンが武器を備えて到着することになった。 完全に多勢に無勢ではあるもの、最高レベルの頭脳を持つ3人が結集している今。 かつて最強の敵として立ちふさがってきたママとの第二回戦が、長い時を経て再び始まろうとしている! 約束のネバーランド165話より引用 ママとの第二回戦が、長い時を経て再び始まろうとしている! ここから注目すべきなのは主に以下の2点。

次の

【約束のネバーランドネタバレ165話最新話確定速報】失態を犯すも自由になれなかったイザベラ|ワンピースネタバレ漫画考察

約束 の ネバーランド 165

スポンサーリンク 前回、ムジカ達が国家転覆罪で逮捕されてから3日後。 ピーターの指示により、邪血を分け与えられた民衆は全て処分され、ムジカとソンジュの処刑も目前に迫っていました。 全ての責任は自分にあると進言したイザベラは、牢の中で死を覚悟し、あきらめと同時に救われたような気分になっていました。 しかしそんなイザベラに、鬼側から衝撃の命令が下ります! 「73584 明日からお前にグランマの任を命じる」 イザベラは驚きと戸惑いを隠せません。 商品を守れず第3プラントを焼失させた自分がなぜ、と鬼側に訴えます。 対して、全ての責任はグランマ・サラにあると答える鬼。 君は商品を制御しきれなかったが、君を制御しきれなかったのは彼女だと言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 グランマ・サラは出荷された、脱走したエマ達に代わり、次のティファリの糧となると。 牢に戻されたイザベラは、自分がグランマとなることを想像し呆然とします。 死ぬことでようやく、脱走した子供達や出荷されたレスリーと同じように、農園から自由になれると考えていただろうイザベラ。 そんな中でのグランマ任命はむしろ絶望かもしれません。 前のグランマが早々に出荷された事実からも、グランマとなっても結局は食用児同様だと分かります。 スポンサーリンク ピーターとイザベラ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 そして、牢で呆然とするイザベラの元にある人物が訪れ、イザベラかサラか、どちらが農園の将来に有益かを、農園は打算したのだと告げます。 笑顔でイザベラに挨拶したその人物はピーターでした! イザベラの類を見ない圧倒的な飼育成績から、僕もあなたを残すべきだと思うと言います。 さらに、迷いますかと問いかけるピーター。 死によってやっと自由になれると思っていた、もう充分だ、地獄に戻りたくない、グランマになどなりたくない。 ピーターはそんなイザベラの本音を次々と見透かし、告げていきます。 残念だ、あなたも僕ら側ならよかったのに、と続くピーターの言葉。 こちらの世界で食用児として生まれたために、逸材であっても終世鬼達の餌だと言います。 こちらの世界、という言葉に戸惑いながらも興味を持つイザベラ。 本当に充分なのか、とピーターは聞きます。 あなたはまだ全てを知らない、欲しかった未来も何一つ手にしていない。 なぜ食べられる人間とそうでない人間がいるのか知りたくないかと、眼光鋭く問いかけるピーター。 今度こそこの地獄から、運命から抜け出したくないかと強い口調で言います! 洗脳するかのように言葉はさらに続きます。 あなたは今死の押しつけ合いに疲れているだけ、だから舞台を降りて自ら死に、終わりにしようとしている、しかし。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「死は救いではない 自由への道では決してない」 その一言に、イザベラは魅入られたかのように目を見開きます。 笑顔で手を差し伸べるピーター。 「僕が本当の救いを君にあげる 連れ出してあげる」 君が手を取り、頭脳を僕達のため役立ててくれるなら、身体に刻まれた数字も胸のチップも消して、君を真の自由に。 その世界の真実をちらつかせて興味を惹くピーターのやり口が巧みです。 途中からあなたから君へと呼称が変わっているのも、イザベラを味方につけるための意図的な話術なのでしょうか。 グレイス=フィールドの一室では、ピーターとグランマとなったイザベラが対面していました。 自信と余裕に満ちた表情の2人。 イザベラに対し、今年のグレイス=フィールドの飼育成績と収穫高を褒め、ラムダへの協力に感謝するピーター。 恐縮ですと答え、ラムダの焼失を残念でしたと言うイザベラ。 ピーターは肝心のデータは全て残っていて、施設が焼けても問題ないと応じます。 続けてピーターの部下が、女王と五摂家の死、それにより鬼側も変わりこれからはラムダの時代になると言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 ハイコストハイリスクの旧生産ラインは撤廃、全農園をラムダ型新農園に一本化すると。 イザベラはラムダにも協力していたんですね。 過酷な人体実験を繰り返していたラムダ、全ての農園がそのようになれば、今以上に苦しむ食用児が増えることになってしまうのではないでしょうか。 そして全農園のラムダ化、それはつまり、グレイス=フィールドや他の現高級農園の廃止を意味していました。 そうなれば、グランマであるイザベラも自由の身となれる。 そこでピーターは話題を変え、子供達の出荷準備のことを聞きます。 じき整うと答えたイザベラにピーターは、では、と笑顔で要請します。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「夜明けまでに全員摘み終えて下さい」 エマ達はおそらく今晩中か明晩までにやってくる、そこまでに、今いる脱走者も残る脱走者も、大方の始末を終えたい。 「明後日には全員瓶の中です」 できますか、というピーターの問いにイザベラはフワッと笑みを浮かべ、畏まりましたと答えました! この様子では、イザベラは完全にピーターと協力関係を結んでいるように見えます。 本当に心からピーター側につきエマ達の障害となっていくのか、それとも別の本心を隠しているのか、気になるところです。 スポンサーリンク 非情のママ! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 拘束され、グレイス=フィールドの一室に集められた子供達。 アンナが泣きながらナットやみんなに謝ります。 そのそばには心配そうな様子のジェミマ。 前回のラストで人質にされてしまっていたジェミマですが、ひとまず無事のようです。 アンナが泣いていて、やはりジェミマを救うためピーターに情報を話してしまっただろうと思います。 やむを得なかったことですが、エマ達の潜入に悪影響がないことを祈りたいです。 そして、ナットが痛みに耐えるように笑顔を作りながら、みんな無事でよかったと言った直後。 カッと靴音が響き、上部の階段からママ、イザベラが姿を見せます! 警戒心を見せる子供達を、心底嬉しそうに抱きしめるイザベラ。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」165話より引用 「おかえり私の可愛い子供達」 小さな子達はその笑顔と言葉に泣き出し、ナットの指の手当てをさせて、と口々にお願いをします。 ピーターの暴行で怪我を負ったナットの指。 イザベラは警戒するナットの手を握り、酷い怪我、可哀想に、と表情を曇らせます。 しかし次の瞬間、ベキッという音と共に曲がった指を無理やり元に戻しました! 激痛に苦しむナット。 「まぁこれで目立たずキレイに出せるでしょう」 満面の笑みで、無事出荷さえできれば構わないというように告げるイザベラ。 ピーターがイザベラを仲間に引き込んでいく過程や、グランマとなったイザベラの自信に満ちた表情が印象的でした! また、子供達と再会した時のイザベラの笑顔が本当に心から幸せそうで、直後の非情な態度とのギャップが際立っていました。 次回、奪還作戦を開始したエマ達とイザベラの頭脳戦になるんでしょうか。 イザベラやピーターがエマ達の動向をどれだけ読んでいるのか気になります。 最後の戦いの行方に注目して、次回を待ちたいですね!.

次の

約束のネバーランド166話ネタバレ考察と感想「ゴーバックホーム」(19巻収録予定)

約束 の ネバーランド 165

スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレ:牢獄に入るイザベラ 時は遡り、2046年1月15日グレイス=フィールド農園より特上2匹を含む15名が脱走した、あのエマたちが脱走した時… その2日後である2046年1月17日、イザベラは牢獄の中にいた。 エマたちが脱走して、イザベラは何か解放されたような思いだった。 もういいか、すべて自分が責任を負えばいい、そう考えていた。 エマ、レイ、みんな…レスリー… 私もこれでようやく自由になれる… しかし、イザベラに通告されたのは予想外の一言だった。 約束のネバーランド165話ネタバレ:昇格 73584、明日からお前は飼育監長となる 鬼から言われた言葉の意味が全く分からずに、は…?と目が見開くイザベラ。 なぜ私なんですか!?商品を守れなかったし、第3飼育場まで焼けてしまったのですよ!? これに対して鬼は、すべての責任はあなたの上のグランマ・サラだ、と。 あなたは商品を制御できなかったことは確かだが、あなたを制御できなかったのはグランマ・サラの責任だ。 そのためにグランマ・サラを出荷し、次の儀祭の糧とする。 この通告をされてから再び牢獄に戻ったイザベラ。 自分がグランマに…!? 全てのママの頂点に立てることに一瞬心が揺らぐ。 そこへある人物がやってくる。 スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレ:イザベラのもとに現れるピーター あなたを残すか、サラを残すか、どちらが農園の将来に有益なことになるかを考えたからこその結果なのです。 そう言って登場したのは、ピーター・ラートリーだった。 笑顔のピーターは挨拶をしてさらに続ける。 あなたの飼育成績はこれまでに類を見ない、僕もあなたを残すべきだと思っています。 困惑しているイザベラの心を読むかのように、迷っているんですか?と話しかけるピーター。 そして次々と思いを当てていく。 やっとここから抜け出せると思ったのに? 自由になれると思ったのに? もう充分だ、これじゃまた地獄に戻ってしまう? 私はグランマにはなりたくない? とても残念だ…あなたも僕ら側だったらよかったのに…と意味深な発言をするピーター。 スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレ:イザベラを誘惑するピーター こちらの世界で食用児として生まれたことで、どれだけの成績を出しても、頭が良くても、一生鬼たちの餌になってしまうのだから。 この言葉で、イザベラは「こちらの世界」という言葉に違和感をもつ。 ということは、別の世界がある?今の世界とは違う、もっと安全な世界がある? ピーターはイザベラを誘う。 本当にその考えで、充分、なのですか? あなたはまだすべてを知らない、欲しかった未来さえ何も手にしていないのに…。 知りたくないですか?何故食べられる人間とそうでない人間が存在するのか、そしてこの地獄から抜け出したくはないですか? あなたは今、誰が先に死を迎えるのか、死に向かわせるのか、そんな死の押し付け合いに疲れているだけ。 だからその舞台を降りて自ら死んで終わりにしようとしているのでしょう。 でも 死は救いではなく、自由の道ではないのです。 迷い続けるイザベラ。 この手を取って、あなたの頭脳を僕たちのために役立ててください。 その数字も胸のチップも消して、あなたを真の自由に。 そしてイザベラは、ピーターの言う「真の自由」へと向かい、グランマとなったのだった…。 部下によれば、女王や五摂家が亡くなったことで貴族階級がいなくなり、鬼たちの世界も変わると。 つまりは、GF含めすべての現農園は廃止となる、ということで、そうなった際にはグランマ・イザベラも自由になるということだった。 スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレ:子供たちのもとにイザベラが 子供達の出荷準備を夜明けまでに全員摘み終えるように、と笑顔で言うピーター。 特上たちが現れるのはおそらく今晩か明晩、そこまでに大方の始末を終えたいと。 イザベラは承諾し、子供達の元へと向かう。 一方、倉庫のような場所に集められている子供達。 アンナは泣いていてジェミマも無事。 ごめんなさい…と謝っているので、どうやら本当のことをアンナは伝えたようだった。 そこへ冷酷な顔をして現れるイザベラ。 お帰りなさい、可愛い子供達、と優しい笑顔になってアンナとジェミマを抱きしめるイザベラ。 このことに今までの想いがあふれ出し、子供達は号泣してしまう。 スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレの感想考察 ついにエマたちが到着しましたね! これで子供たちがすぐに処理されることはないと思います。 しかし 相手はあのイザベラです。 本当にピーター側なのかもよくわからないですが、その実力は本物。 エマたちは戦えるのでしょうか!? そして今回は、イザベラがどうしてピーターについたのかも明らかになりました。 イザベラだって人間です。 しかも、かつてはエマたちと同じ農場にいた子供たちの1人だったのです。 やはり好きでやっていたわけではないようですね。 おそらくこれまで出荷されていった子供たちのことは、全員忘れられないのだと思います。 全てに疲れたイザベラは、自分が出荷されることにより自由になれるとどこかほっとしていました。 しかしピーターから提案されたのは、 グランマになれということ。 その代わりに、 真の自由を手に入れることができます。 イザベラが手を取ってしまったのも、仕方ありませんね。 誰も彼女を責めることはできません。 次回、 エマたちはイザベラと対面するでしょう。 その時、お互いどのような反応をするのか楽しみですね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレ展開考察 ここからは、『約束のネバーランド』最新話165話、そして166話以降で起こりうる展開考察をしたものを載せていきます! エマの結んだ約束 ピーターはエマが結んだ約束について知りたがっていました。 エマが実際にお願いした約束の中身とは、 「食用児全員で人間の世界へ行きたい、それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」というものでした。 叶えてあげると言われているため、約束は結ばれたのは間違いないでしょう。 そしてピーターが知りたがっている王都襲撃の理由は、約束を結んだエマとは関係ありません。 むしろエマの意志に反しています。 もしこの約束が果たされたとしたら、 今鬼側の世界にいるピーターたちは人間の世界に戻れなくなることでしょう。 エマが望んだのは 「食用児全員で」なので、そこにラートリー家の者は含まれません。 食用児たちが人間の世界へ行き、ピーターたちは鬼の世界から出られない。 そんな終わり方になるのでしょうか!? アンナは話してしまうのか!? 今、 ピーターは人質をとっています。 その上でアンナに約束について正直に話すようにと言いました。 今のピーターはかなり危険です。 少しでも嘘をつこうとする素振りを見せたら、すぐにジェミマにナイフを突き立てるでしょう。 むしろ、正直に話してもやられてしまう可能性まであります。 子供たち全員が無事に終わるには、エマたちの到着が必須な気もしますね。 早くエマたちが到着してほしいです! 真実にたどり着いた二人の兵は!? 今回の話の中で、中央広場を担当していた二人の兵は上層部のやってきたことに気づきました。 その上で、 血を分けられた二人の子供を守り抜くと誓いました。 この二人の兵はかなり重要になってくると思います。 他の兵たちは嘘を信じ、邪血は悪であると考えている者も多いでしょう。 その者たちも真実を知ることになれば、大きな反乱を起こすことができます。 女王たち、支配者はもう消えました。 新たな思考が広まるには、今がチャンスなのです。 この二人の兵や子供たちから、真実の波が広がっていくと考えられます。 それは少しずつかもしれませんが、確実に鬼の世界を変えることができるでしょう! スポンサードリンク 約束のネバーランド165話ネタバレまとめ ソンジュとムジカは国家転覆罪で逮捕されてしまいました。 同時に二人に血を分けられた民衆たちまで連れて行かれてしまいます。 二人の子供たちだけは、中央広場を担当していた二人の兵たちに匿われて無事でした。 しかしその二人の両親は処刑されてしまいます。 二人の兵たちは、 せめて子供たちだけは無事に守り抜くことを決意しました。 一方ピーターは、連れ帰った子供たちに約束を結んだのかについて尋問を行なっていました。 正しい答えを言うようにと、人質をとってアンナに問いかけます。 アンナは本当のことを話してしまうのでしょうか!? また、エマたちの到着はまだなのでしょうか!? 次回のを楽しみに待ちましょう!.

次の