ニキビ 飲み薬。 抗生物質はニキビに効く?効かない?飲み薬・塗り薬別にまとめ!

ニキビ治療薬

ニキビ 飲み薬

ニキビは塗り薬などの外側からの治療以外に、飲み薬などを飲む内側からの治療方法もあります。 ここではそれぞれのニキビ用の飲み薬の効果とおすすめについてお伝えしたいと思います。 飲み薬のニキビへの効果 市販薬の飲み薬 まず、市販薬の飲み薬においてはビオチン、グルクロノラクトンなどの ビタミン剤がバランスよく配合されたものが多いです。 特に睡眠不足や栄養不足によって生じる顎ニキビや口周りのニキビに効果的とされます。 ビタミンは肌のターンオーバーを助けるてニキビ跡にも有効とされるので、ビタミンのサプリメントもニキビに効く飲み薬と言えます。 薬用成分が配合されていないため副作用なども起きる心配はありません。 市販のニキビ用の飲み薬では チョコラBBやペアa錠などが有名です。 ・チョコラBB 販売会社:ライオン株式会社 有効成分:グルクロノラクトン、Lシステイン、ビタミンB2、ビタミンB6 値段:1錠あたり約25円 効果:顎ニキビ、口周りのニキビ ライオン株式会社のニキビに効く飲み薬です。 1日に2回(1回あたり4錠)、空腹時に水と一緒に飲んでいきます。 1日にあたり合計8錠飲むことになります。 こちらもチョコラBBと同じくグルクロノラクトンで肝機能を高め、老廃物を排出し新陳代謝を高めることができます。 ただしこれらの15歳未満の方は服用できませんので思春期ニキビに悩む方は服用しないでください。 飲み薬は主に大人ニキビに対して効いていきます。 健康食品としてのニキビに効くサプリ ・きらりのおめぐ実 会社:ファンファーレ 有効成分:クロレラ、ビフィズス菌 値段:1錠あたり約22円 効果:赤ニキビ、口周りのニキビ またニキビと肌荒れのためだけにつくられたサプリタイプの健康食品として というものもあります。 ニキビを治す場合には食後に水と一緒に3錠飲むようにします。 ビタミンBやビタミンCを補うため、栄養不足の時にできる あごや口周りのニキビにはよく効いてくれます。 健康食品であるため、こちらも副作用がないのが特徴です。 皮膚科の飲み薬 皮膚科に行けば、抗生物質の飲み薬を処方してもらうことが出来ます。 抗生物質は医師の処方が必要なので処方箋なしで薬局などで購入することはできません。 抗生物質は、細菌を殺すための薬です。 ニキビはアクネ菌という菌の繁殖によって起こっており、その中でも化膿してしまったり、炎症を起こしている重症なニキビに抗生物質は有効とされています。 炎症がひどいニキビの場合、 跡になる前に皮膚科に行くことが大切です。 そして抗生物質は、悪い菌も殺してくれますが、良い菌も殺されてしまうので、長期間の使用には注意が必要です。 皮膚科で処方される抗生物質としては ミノマイシン錠、ルリッド錠があります。 ・ミノマイシン 会社:サノフィ 有効成分:ロキソマイシン 値段:1錠72円 効果:赤ニキビ、化膿を伴うニキビ、背中ニキビ ルリッド錠の有効成分はロキソマイシンというマクロライド系の抗生物質でミノマイシンよりも副作用が起きにくいですが効き目の面ではミノマイシンよりも劣るとされています。 これらの皮膚科で処方される飲み薬は朝食と夕食後の2回に服用していきます。 慢性膿皮症、ざ瘡などの皮膚炎などにも処方されるものでニキビの飲み薬としても処方されることがあります。 ただ皮膚科では内服薬よりもダラシンtゲルやアクアチムといった軟膏を処方されるため、皮膚科では内服薬が処方されること自体が珍しいです。 抗生物質の飲み薬が処方されることがあっても塗り薬と一緒に処方されることが多いですね。 漢方の飲み薬 抗生剤を使いたくない人には、漢方薬などでの治療もあります。 漢方薬は漢方の専門の薬局などで処方してもらえますし、皮膚科で処方してもらえる場合もあります。 ハトムギエキス、 どくだみなどが効果的な成分だとされています。 特にニキビにはそれらの成分含んだ漢方薬として ヨクイニンが処方されることが多いです。 有効成分:ヨクイニンエキス 値段:270錠(2週間分)で1700円 効果:赤ニキビ、肌荒れ 用法用量:1日3回(1回あたり6錠)食後に6錠飲むようにする。 漢方は体質に左右されますが、自分に合うと非常に効果を発揮してくれるので視野に入れてみてください。 ただ1日の服用量18錠と非常に多いです。 (6錠を3回に分けて飲みます) ヨクイニンなどは自分でも購入できますね。 ただやはり漢方ですので薬剤師や医師に処方してもらうのが一番です。 ということでニキビに効く飲み薬でした。 ちなみに自分が飲んでいるのは健康食品として紹介したです。 寝不足気味の時や食生活が乱れがちのときに水と一緒に1日3粒飲むようにしています。 さっと飲めるので、重宝していますね。 またヨクイニンは1日18錠も飲まないといけないのはきついですからね・・・ まとめとしては口元のニキビや顎ニキビの場合にはサプリメントやチョコラbbなどのドリンクで治ってしまうので、そちらをおすすめします。 逆に重症なニキビであれば抗生物質を使用するため皮膚科を受診して処方してもらうことをおすすめします。 ということでニキビを治す飲み薬についてでした.

次の

ニキビ治療薬

ニキビ 飲み薬

男性ニキビ対策のドラッグストアの薬 なかなか治らないニキビやニキビ跡は、自分にとってどんな薬が良いのかわからずに迷って、結局、薬剤師さんのいいなりや、CMなどで聞いたことがあるとか、ドラッグストアの棚の目立つところにある薬を買ってしまいませんか? その薬で効果があればそれでも良いのですが、私の場合は、複数タイプのニキビ薬と、化粧品、体質改善がとても効果的でした。 塗り薬は緩和効果、飲み薬は体質改善 市販薬だけにニキビ、ニキビ跡の完治を期待してはいけないので、現状から回復していく補助として考えておくことが大事です。 気軽に購入できるドラッグストアで買う市販薬は、塗り薬やクリームは症状を 緩和効果、飲み薬は根本から 体質改善、という認識でいました。 塗り薬 、ローションで、男ニキビを症状緩和 ゼリア新薬工業「アポスティーローション」 分類 第3類医薬品 容量 60錠 価格帯 1780円 上記以外の主なニキビ対策の飲み薬• 第一三共 新エバユースB26• 皇漢堂製薬 ビタミンBBプラス「クニヒロ」• 皇漢堂薬品 ビタミンBB-L錠• 興和新薬 デュアタイムコーワ• 佐藤製薬 ビハク• クラシエ薬品 ヨクイノーゲンBC錠• 日本臓器製薬 マスチゲンBBゼリー錠• 佐藤製薬 アスタビン• 資生堂薬品 タフィーナH500• 塩野義製薬 プロビキューレAC錠 以上が、市販されてる男性ニキビの塗り薬、飲み薬ですが、一度は聞いたことがある薬名も多く、ながく栄養補助として親しまれている市販薬が多いですね。 ひどいニキビの方は、皮膚科で診療を受けてる方も多くいらっしゃいます。 病院で処方されるニキビ薬についてまとめます。 ネットでも買える?皮膚科で処方されやすいニキビ薬 少し怖い抗生物質の副作用を知っておこう すぐに効き目がある抗生物質のニキビ対策ですが、服用を中断すると再発することが多く、かといって長期服用すると下痢や便秘、肝機能障害などの副作用を起こす場合があると言われています。 抗生物質は副作用も強く、男ニキビ治療がすすんでも、他に体の不具合や体調不良が出たら台無しです。 そのため、薬を使っても繰り返しできるニキビに悩んでいる、長期間ニキビが治らないという男性は、ニキビに効果的なスキンケアの検討や、生活改善の見直しをして体質改善しましょう。 対症療法は塗り薬などで、根本治癒は生活改善と肌ケアです。 スキンケアに関しては、薬と併用することも可能なので、男ニキビに対して強い肌づくりをしていくことができます。

次の

ニキビ治療薬

ニキビ 飲み薬

肌の状態に応じた防御・予防・治療のトータルケアをコンセプトとする、資生堂薬品のイハダシリーズから発売された大人ニキビ向け治療薬です。 ノンステロイド・ノンアルコール・弱酸性で、肌に優しい成分構成。 さらに透明タイプのなめらかなジェルクリームなので、 塗布するときに肌へ負担をかけず、油分でメイクがよれてしまう心配もないですよ。 また、 容器はクリームを必要な分だけ取り出しやすい細口設計。 患部へピンポイントで塗布でき、また汚れづらいので清潔に使用できます。 有効成分 イブプロフェンピコノール・イソプロピルメチルフェノール テクチャー ジェル メイク 可 香り グリーンティの香り 大人ニキビの予防から治療まで、肌の状態に合わせたさまざまな商品を展開するライオンのペアシリーズ。 ペアアクネクリームは、 患部を開かずに有効成分が浸透するので、吹き出物やニキビをもとから治療してくれるのが特徴です。 イブプロフェンピコノールがコメドの生成を抑制しつつ炎症をしずめ、イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌を殺菌し、症状の進行を抑えてくれます。 透明タイプのクリームは肌馴染みがよくすっと伸び、べたつきません。 目立ちにくく塗った上からでもメイクができるので、お出かけ時には便利ですよ。 有効成分 イブプロフェンピコノール・イソプロピルメチルフェノール テクスチャー クリーム メイク 可 香り 植物系のほのかな香り 資生堂薬品 商品名 【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g 【第2類医薬品】 イハダ アクネキュアクリーム 【第2類医薬品】アンナザルベ・エース 【第2類医薬品】メンソレータムアクネス ニキビ治療薬 メンソレータムアクネス25メディカルクリームc 【第2類医薬品】アポスティークリーム 【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療クリーム 【第2類医薬品】PHARMA CHOICE ラカナウアクネクリーム 【第2類医薬品】 ピンプリットN 特徴 吹き出物・ニキビをもとから治療する!上からメイクもできて便利 肌に優しくメイクよれしづらいジェルクリーム!塗りやすい... ニキビ用塗り薬を使う際は、顔全体に塗らず、ニキビだけにピンポイントで使うようにしましょう。 また、一つの商品をあまり長期使用するのはNG。 一般的に、2週間経過しても効果がないようなら、使用を中止し皮膚科を受診してください。 ちなみに、背中のニキビについては、ニキビに似たマラセチア毛包炎という皮膚炎もあり、素人が見分けるのは困難です。 マラセチア毛包炎はカビが原因で起こる皮膚炎のため、ニキビ薬では全く効果がありません。 こちらも皮膚科を受診することで解決するので、治らないようなら病院に行ってみましょう。 いずれにしても、「薬をしばらく使っても治らないなら病院へ」というのは大原則。 もし病院に行ってみる場合は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。 ニキビ治療を行っているクリニックを多数ご紹介していますよ!.

次の