パクソジュン 映画。 パク・ソジュンとアン・ソンギがとてもいい笑顔 映画『ディヴァイン・フューリー/使者』新メイキング写真&コメント映像を解禁

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』なんと酸素ボンベ常備!? パク・ソジュンが「“まさに地獄だ”と思うほど辛かった」と振り返る!本作のメイキング映像が到着!

パクソジュン 映画

本作の主演を務めるのはパク・ソジュン。 主演を務めたテレビドラマ『花郎』『キム秘書はいったい、なぜ? 』『梨泰院クラス』などが立て続けにヒットし、映画『ミッドナイト・ランナー』(2017)も本国で動員550万人の大ヒットを記録。 新たなライジングスターとなった パク・ソジュンが本作で挑むのは、悪と戦う力に目覚めていく格闘技チャンピオン。 『ミッドナイト・ランナー』で瑞々しいケミストリーを発揮したキム・ジュファン監督のもと、 激しい格闘はもちろん、説得力十分の鍛え上げられた肉体美も披露しています。 (C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. ここに エクソシズム・アクションの新たな傑作が誕生しました。 映画『ディヴァイン・フューリー/使者』のあらすじ (C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。 彼は幼少期に事故により父を亡くし、神への信仰を失ったまま成長しました。 ある日、ヨンフは右手に見覚えのない傷ができていることに気がつきます。 彼は傷について調べるうち、何かに導かれるかのようにバチカンから派遣されたエクソシストのアン神父に出会い、自身に正義の力が隠されていることを知りました。 一方、街にはびこる悪が密かに彼らの前に迫っていて…。 まとめ (C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 「 今まで演じてきた人物とは正反対の魅力があるキャラクター」と、主演を務めたパク・ソジュンが本作で自身が演じた役柄を振り返っている通り、これまで演じてきた 陽気で明るいイメージとは真逆の、影のあるキャラクターを演じきった彼のスクリーンでの活躍をぜひご期待ください。 また、特製チケットホルダー付きムビチケカードも、メイジャーのサイトにて絶賛発売中。 今、一番ホットな俳優パク・ソジュンの魅力MAXの 映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は2020年8月14日 金 よりシネマート新宿ほかにて全国ロードショーです。

次の

パク・ソジュンの新しい映画の迫力が凄い!

パクソジュン 映画

Netflixオリジナルドラマ『梨泰院クラス』の主演俳優パク・ソジュンが、総合格闘技の世界チャンピオン役で主演する映画『ディヴァイン・フューリー/使者』より、予告映像と場面写真が解禁。 予告ではパクが鍛え上げられた肉体美を披露している。 本作は、若き格闘家とベテラン神父が悪に挑む姿を描く、新次元エクソシズム・アクション・エンターテインメント。 悪と戦う力に目覚めていく主人公を演じるパクは、主演を務めたテレビドラマ『花郎<ファラン>』『キム秘書はいったい、なぜ?』『梨泰院クラス』などが立て続けにヒット。 本作では、自身が主演し、本国で動員550万人の大ヒットを記録した映画『ミッドナイト・ランナー』のキム・ジュファン監督と再タッグを組む。 脇を固めるのは映画『シルミド/SILMIDO』『光州5・18』の国民的俳優アン・ソンギ、『MASTER/マスター』のウ・ドファン、『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシクら新旧の名優たち。 彼は頭の中で聞こえる声や、覚えのない右手の傷に悩まされており、ある日導かれるがまま経験豊富なベテランのエクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会う。 アン神父はヨンフの傷は聖痕なのではと思い当たるが、幼少期の経験から信仰を捨てたヨンフは、「なぜこんな傷が?」と激しく困惑する。 ところが、彼は街にはびこる悪と激闘を繰り広げるうちに、自身の正義の力に目覚めていく…。 パク自身はインタビューで「もっと運動をしていい体を作っていればよかった」と振り返っているが、予告映像の冒頭に映し出されるボディーは見事に作り上げられ、格闘家としての説得力は十分。 ラストでは赤く燃え上がる右手とともに悪と戦う姿も収められている。 場面写真では、本作で初めて身につけたというパクの司祭服姿のほか、チェが登場するカットも公開された。 映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は8月14日より全国公開。

次の

パク・ソジュン

パクソジュン 映画

Netflixオリジナルドラマ『梨泰院クラス』の主演俳優パク・ソジュンが、総合格闘技の世界チャンピオン役で主演する映画『ディヴァイン・フューリー/使者』より、予告映像と場面写真が解禁。 予告ではパクが鍛え上げられた肉体美を披露している。 本作は、若き格闘家とベテラン神父が悪に挑む姿を描く、新次元エクソシズム・アクション・エンターテインメント。 悪と戦う力に目覚めていく主人公を演じるパクは、主演を務めたテレビドラマ『花郎<ファラン>』『キム秘書はいったい、なぜ?』『梨泰院クラス』などが立て続けにヒット。 本作では、自身が主演し、本国で動員550万人の大ヒットを記録した映画『ミッドナイト・ランナー』のキム・ジュファン監督と再タッグを組む。 脇を固めるのは映画『シルミド/SILMIDO』『光州5・18』の国民的俳優アン・ソンギ、『MASTER/マスター』のウ・ドファン、『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシクら新旧の名優たち。 彼は頭の中で聞こえる声や、覚えのない右手の傷に悩まされており、ある日導かれるがまま経験豊富なベテランのエクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会う。 アン神父はヨンフの傷は聖痕なのではと思い当たるが、幼少期の経験から信仰を捨てたヨンフは、「なぜこんな傷が?」と激しく困惑する。 ところが、彼は街にはびこる悪と激闘を繰り広げるうちに、自身の正義の力に目覚めていく…。 パク自身はインタビューで「もっと運動をしていい体を作っていればよかった」と振り返っているが、予告映像の冒頭に映し出されるボディーは見事に作り上げられ、格闘家としての説得力は十分。 ラストでは赤く燃え上がる右手とともに悪と戦う姿も収められている。 場面写真では、本作で初めて身につけたというパクの司祭服姿のほか、チェが登場するカットも公開された。 映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は8月14日より全国公開。

次の