自転車 置き場 の 議論。 【ケーススタディ】(仮設)自転車置き場トラブル

物置のようなサイクルポート!自転車物置をご紹介

自転車 置き場 の 議論

自転車が風で倒れて車が傷つく• カーポートの隅っこに自転車を置くため、雨にあたって錆びる• 自転車が倒れていることに気づかず車をバック。 自転車をひく 駐車場が平らでなく少し坂になってるのも失敗でした。 自転車が安定しないんです。 自転車が倒れて車に傷がつく 3万円くらいのいい自転車で『片側だけで自転車を支える留め具』だったんです。 それで倒れちゃうんですよね…。 自転車を確実に固定させる器具が必要でした。 駐車スペースが減る 軽自動車ならともかく、ミニバンになると自転車が邪魔です。 車を2台駐車できるカーポートでも自転車3台以上なら『車の駐車台数が減る』じゃないですか。 もったいないですよね…。 1台はよく使うけど、2台同時はあまり使わない• 通勤手段じゃない• 買い物は基本的に車 これなら、そもそも普通の自転車を持たない方がいいですよね。 折りたたみを使いましょう。 玄関はもちろん、車の中にも入っちゃいます。 サイクルポートはいりません。 玄関までバリアフリーの移動場所があると便利 ただ、玄関から家の外に運ぶのって大変です。 真夏や真冬は外で組み立てもつらい…。 そこで、玄関の外を階段じゃなくて『スロープ』にしましょう。 玄関で組み立てて簡単に外に出せます。 家の中でタイヤの空気も注入できるので便利ですね。 隣家との境界付近や、玄関の横スペースに設置できる簡易的な屋根。 これで雨をふせげます。 後付けもできるので2台くらいなら保管できますよ。

次の

#047 「自転車置き場の議論」とは|多田幸生(中小企業診断士)|note

自転車 置き場 の 議論

「自転車置き場議論」というのをご存知でしょうか。 「くだらないこと議論しているね」というニュアンスで「それはだよね」という言葉を聞いたことはある人もいると思います。 ではなぜ「 自転車置き場」なのでしょう? これはもう少し詳しく説明すると、「自転車置き場」という言葉は「パーキンソンの凡俗法則」から来ています この法則の論旨は「重要な問題 問題 」は議論されず、「些末な問題 自転車置き場の屋根 だけが熱心に議論される」ことを問題視しています。 では、この現象を起こさないようにするにはどうするか、を私は注意しました。 上の法則によれば「人は自分が理解出来る議論に加入し、自分が理解できない議論に加入しない」という問題があります。 そこで、上の法則が起きる原因は「議論すべき重要な問題が、理解できず、十分な議論がなされない」ことというように読み取れます。 なので、マネージャーがすべきことは「議論すべき重要な議論を、参加者が理解出来るよう下地を整える」ことだと私は結論しました。 参加者は議論が理解できない、とはなぜ理解できないのでしょう? 問題が2つあると私は考えます。 「問題が大きすぎる」:問題のどこを話し合えばいいのかわからない。 「背景情報がない」:議論に使う背景の情報や数字がない。 そのためふわふわした空中戦以上のことができない。 そこで問題をこのように解決しました。 「問題を分割する」:「問題」を「の費用対効果の問題」と「の安全性検証とリスク対策の問題」と「社会のためにコストを押し付けられる現地への利益再分配の問題」に分割します。 このレベルなら検証するための数字を用意できそうな気がしてきました。 「背景情報を用意する」:話し合うべきトピックの背景情報を同時に用意します。 大きな長所、と考えられる要素、懸念すべき要素、それぞれを準備します。 これで、「議論すべき問題」が「参加者に理解出来る問題」となり、議論可能になりました。 会議のホストの役割として、「議題を定め、議論を行うために議題の論点の分解と数字の用意を行う」ことが必須だと私は考えます。 pin1kato.

次の

自転車置き場の議論

自転車 置き場 の 議論

こんにちは。 中小企業診断士の多田と申します。 今回は、会議の際に陥りがちな 「自転車置き場の議論」というお話を紹介したいと思います。 あまり聞いたことのない言葉かもしれませんが、内容を聞けば「あ、それ、うちの会社でもある! 」と思っていただけるのではないかと思います。 「自転車置き場の議論」とは この「自転車置き場の議論」は、1958年に 「シリル・ノースコート・パーキンソン」というイギリスの政治学者が発表したという本に書かれている理論で、 「原子力発電所の建設の会議において、なぜかその発電所に付随する自転車置き場の屋根をどうするかの話で盛り上がってしまう」 という事象について述べられています。 例によって、Wikipedia パーキンソンの凡俗法則 - Wikipedia にわかりやすくまとめられているので、引用してみましょう。 ちなみに、「凡俗」は「ぼんぞく」と読みます。 「ありふれていて、とりえのないこと」という意味だそうです。 原子炉の建設計画は、あまりにも巨大な費用が必要で、あまりにも複雑であるため一般人には理解できない。 このため一般人は、話し合っている人々は理解しているのだろうと思いこみ口を挟まない。 強固な意見を持っている人が、情報が不十分だと思われないように一般人を押さえ込むことすらある。 このため審議は「粛々と」進むことになる。 この一方で、自転車置き場について話し合うときは、屋根の素材をアルミ製にするかアスベスト製にするかトタン製にするかなどの些細な話題の議論が中心となり、そもそも自転車置き場を作ること自体が良いアイデアなのかといった本質的な議論は起こらない。 次に委員会の議題がコーヒーの購入といったより身近なものになった場合は、その議論はさらに白熱し、時間を最も無駄に消費する。 自転車置き場については誰もが理解している(もしくは理解していると考えている)ため、自転車置き場の設置については終わりのない議論が生じることになる。 関係者の誰もが自分のアイデアを加えることによって自分の存在を誇示したがるのである。 要するに、 「本来議論すべき話題は、その内容が難しくて参加者が理解できないためスルーされてしまいがちである。 一方、どうでもいい話題に関しては自分たちにも理解できるレベルだったりするので、割と議論が白熱しがち。 」 という状況のこと。 これ、われわれの会社での会議でも見られる「あるある」な話のように思います。 会議に参加する人は皆、ある程度のプライドを持っており、「変なことを言って恥ずかしい思いをしたくない」という気持ちがあると思います。 そのため、自分の理解を超えた議題に関しては、どうしても「わかったふり」をしてしまい、発言が少なくなってしまいます。 結果、重要な議題にもかかわらずその場の雰囲気でなんとなく承認されてしまう。 一方、自分にも参加できる難易度の議題であれば、自分も何かしら発言をすることで仕事した気分になることができます。 こういう会議では、話が枝葉末節に発散してしまい、なかなか実のある議論をすることができません。 ちなみに、最近だと、こうした「参加者のレベルにぎりぎりマッチした議論が最も白熱する」という現象はSNSの世界でも起きていて、例えば、twitter で定期的に「かけ算の順序問題」がバズるのも、ちょうど参加者がぎりぎり議論に参加できる難易度だからなのではないかと思っています。 「自転車置き場の議論」にしないために - プロセスの改善 こうした議論にならないようにするために、すぐに効果を出せるのはプロセス面からの改善です。 会議を行う際、以下のような事前の準備を行っておくだけでかなりの効果が期待できます。 場合によっては、単なるレポートの送付だけで十分で、会議すら必要ないかもしれません。 予め議論すべき内容を、より下位レベルの課題や、最初に取り組むべきステップに分けるなどして、議論する対象を参加者に理解できるレベルまで小さくしておくことが重要です。 「自転車置き場の議論」にしないために - 組織の改善 プロセスの改善が済んだら、次に取り組みたいのは組織面からの改善です。 基本的に、実のある議論が進まない組織においては、 「権限・責任・情報の一致」 という組織の前提が守られていないことが多いです。 これら三要素が一致しているかどうかをチェックし、ズレがある場合には組織を変えていく必要があります。 「自転車置き場の議論」にしないために - 人の改善 最も時間がかかり、かつ難しいのが、人そのものを変える取り組みです。 特に、現場上がりのマネージャさんだと、自分の専門分野には詳しいけれどそれ以外のことを知らないという事がどうしても起こりがちです。 立場が変わったら、その分視野も広げないといけません。 自分の知識が足りないことを意識し、学びの機会を増やすとともに、わからないことはわかる人に任せるという権限委譲の姿勢も重要だと思います。 場合によっては、 コンサルタントのような外部の目でその旨を指摘してあげることも必要ではないかと思います。 まとめ。 1 「自転車置き場の議論」とは、本来議論すべき本質的な議題 原子炉の建設計画 に関しては議論がスルーされてしまうのに、原子力発電所に付随する自転車置き場の設置などの、本質では無い瑣末なことに関して議論が白熱する状況のことをいいます。 2 この「自転車置き場の議論」は「パーキンソンの凡俗 ぼんぞく 法則」と呼ばれており、日常の色々なところにみられます。 皆さんの職場における会議でも日常的に起きているのではないでしょうか。 3 「自転車置き場の議論」を避けるには、プロセス、組織、人、をそれぞれ改善していく必要があります。 ---------- ここに書かれている内容はいずれも筆者の経験に基づくものではありますが、特定の会社・組織・個人を指しているものではありません。

次の