左脇腹 痛み。 左脇腹の痛みは危険?怖くなって病院へ行った私の症状と診断結果報告

左の肋骨のあたりが痛い!!疑われる原因と治療法は??

左脇腹 痛み

普段はとくに何ともないのに、急に体に違和感や痛みを覚えるとすごく不安になりますよね。 どこかで強く強打したとか、擦り傷ができた、なんていうのは原因がわかっているだけに問題ありませんが、 何をしたわけでも無いのに身体が痛むというのは困りものです。 特に外からは見えない「内臓系の痛み」は、え?なんで?病気? と慌ててしまうものです。 すぐに痛みが消えるようであれば大丈夫ですが、疾患などの病気の場合、長く続く痛みをほっておくと進行が進み、気が付いた時には深刻な状態になっている事もあります。 今日は、内臓の集まるお腹の中でも、左脇腹の痛みについて解説していきたいと思います。 左脇腹の痛みの原因【筋肉の場合】 左脇腹の痛みといっても、原因には様々なものが考えられます。 お腹が痛い=内臓系というイメージがありますが、左脇腹の痛みは多くの場合、猫背が原因であったり、デスクワークで長時間同じ姿勢をとり続けたり、足を組む癖よって筋肉に無理が生じ痛みを伴う事も多々あります。 また普段運動しない方が、急に運動することで動かさないお腹が 筋肉疲労を起こし、脇腹が痛むこともあります。 この場合は特に問題ありませんので、湿布を貼るなどして筋肉に対して対処すれば数日で和らぐと思います。 ただ慢性的な姿勢の悪さで引き起こされる場合は、 「日頃から意識的に姿勢を正す」、「整骨院などで姿勢を正す施術を受け、ある程度長期に渡って改善する」必要もあります。 左脇腹の痛みの原因【内臓の場合】 脇腹の痛みで怖いのが、内臓疾患などによる痛みの場合です。 左脇腹付近には、リンパ球や赤血球を作る脾臓(ひぞう)、食べ物を消化する膵臓(すいぞう)、少しずれますが胃などが存在しています。 内臓系の疾患や何かしらの不調により脇腹痛む場合は、単純に脇腹が痛いというだけでなく、「深呼吸をすると痛い」「食後に痛み始める」「吐き気や下痢が伴う」など、痛み以外の症状が併発する場合が多いのも特徴です。 痛みプラスアルファの症状を自覚している方は、内臓の疾患や疲弊が原因の場合が多いので、早めの受診をおすすめします。 痛み別 病気の可能性って? 脇腹の痛みといっても痛みの種類によって病気の種類が変わってきます。 自分でもなかなかわかりずらいかもしれませんが、痛みの種類がどのようなものか静観してみるのも早期解決には大切な行為です。 チクチクと痛む• 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の疑い ズキズキと重い痛みの場合も、神経系疾患である胃潰瘍等の疑いがあります。 強いストレスや不安感によって胃が荒れた状態にあり、特に酸っぱいゲップなどが上へ上がってくるという方は胃潰瘍などの疑いが強いです。 また胃潰瘍や十二指腸潰瘍はピロリ菌が感染することで粘膜が弱まり発症します。 このピロリ菌は死亡率の高いガンである「胃がん」の発症にも繋がりますので、早期発見が最重要になってきます。 すい臓がんの疑い 病気の種類の中でも怖いのがすい臓がんの疑いです。 すい臓がんは脇腹以外にも「背中にも痛みが起こる」特徴があります。 またすい臓がんは1日でも早い治療が回復に繋がりますので、早急に検査を受けるべき病気です。 尿管結石の疑い 尿の通り道である尿路に、石(結石)ができるのが尿管結石です。 基本的に石ができた側に痛みが走るので、左脇腹が痛いということは左側に石ができたということです。 数時間ほど痛みが続き、数分ごとに痛みの強弱が波のように現れる特徴があります。 婦人病の疑い 女性の場合、子宮や卵巣トラブルによる婦人病の可能性もあります。 おへそよりも下にある子宮や卵巣によって脇腹が傷んでいる可能性もあるため、特に妊娠希望の女性は早めに婦人科での受診も検討してみてください。 下痢や便秘を伴う痛み• 肋間神経痛や胸椎椎間関節症の疑い これらは神経痛の一種で、突き刺さるような痛みが走る特徴があります。 ぎっくり腰経験者や、普段から腰痛に悩まされている方にも多く現れる症状です。 脇腹の中でも下の方が痛む場合は、肋間神経痛や胸椎椎間関節症の可能性が高いので、整体でマッサージ治療を受けたり、普段から姿勢を正す、ストレッチをするなどの改善法の指導を仰ぐことで回復していきま ただ内臓疾患からくる場合もあるため要注意です。 便秘による痛み ご自身が便秘だと自覚している場合、便秘によって左脇腹に痛みが出ている可能性があります。 通常の便秘であれば、水を多く飲んだり食物繊維を取るなど便秘解消すれば問題ありません。 ただし、便秘と下痢を交互に繰り返している方は「過敏性腸症候群」の可能性があります。 また急に便秘になり始めた場合、大腸ガンの疑いもあるため注意が必要です。 脇腹がつるのも病気の危険性あり? 脇腹の痛みだけでなく、脇腹が時々つってしまう方も実は注意が必要です。 基本的には運動不足など普段体を動かさず、筋肉が固まっているためつる場合も多いのでストレッチなどで体を動かしていけばつる機会は少なくなっていきます。 また食事の偏りによって栄養バランスが悪かったり、冷え性など血行不良も脇腹がつる原因になります。 もし 普段から動かしている方なのに、脇腹がつってしまうという方は胃や膵臓系が弱まっている、もしくはなにかしらの病気に進行している可能性があります。 脇腹がつる+長い間痛みが続く、、という方は胃がんなど腫瘍による痛みやつっぱりの可能性もあるため早めに受診するようにしてください。 左脇腹の痛みとストレスとの関係 脇腹に限らずお腹の痛みは、内臓の問題と直結している場合が多いため不安になりがちです。 ですが、現代人の脇腹の痛みの多くに「ストレス」が関わっていることはあまり知られていません。 あらゆる心身問題の原因となる 「ストレス」は、緊張状態を作る交感神経とリラックス状態を作る副交感神経のバランスを乱すだけでなく、体温調整ができない、胃腸機能の著しい低下などを招きます。 いわゆる自律神経の乱れはお腹の痛みと密接に関係しているため、もし検査を受けても異常や主な原因が見つからない、、という状態になった場合は、ジョギングや趣味に没頭するなど自分なりのストレス解消方法を探ったり、最近仕事やプライベートでストレスを抱えていないか?不安を抱えていないか?など自分の内面を1度ゆっくり見つめてみるのもよいかもしれません。 対処法 診察は何科? 昨日のジョギングが原因だな、、など原因がはっきりしていたり、2,3日で痛みが消えた場合は問題ありませんが、 1週間程度痛みが続くようであれば、病院で診察を受けるようにしましょう。 左脇腹の痛みには様々な原因が考えられるため、何科に行けばよいか迷ってしまいますが、 まずは内科での受診をおススメします。 そこで腹部エコーや血液検査などを行い、原因究明していきます。 原因が不明な場合は、産婦人科や消化器内科での受診などを担当医から勧められますので、受診するようにしましょう。 できれば大きな総合病院に行くと、そのまま他の科へ進めるので時間短縮になってよいと思います。 また腹痛の原因には内臓疾患や神経系のものなど様々な要因が考えられます。 あらゆる原因が考えられる中、病院に行くとどこが痛かったのかわからなくなった、、という患者さんも多いので、 明らかにこの位置が痛むという場合は、マジックで印を付けておくというのも、原因究明がスムーズにいくポイントです。 普段お腹が痛い=下痢などの単純な痛みなのに、脇腹など普段感じたことのない場所が痛むと本当に不安になるものです。 まずは冷静になって様子をみるべきとは思いますが、中には重い病気の可能性もあり、病気のシグナルとしてお腹が教えてくれている場合もありますので、面倒と思わず少しでも早い病院での受診を心がけるようにしてくださいね。

次の

すい臓がんの特徴|がんのつらさ~痛みや症状をつたえて~|シオノギ製薬(塩野義製薬)

左脇腹 痛み

病気ではない場合 左脇の下の痛みで、内臓系の病気ではない場合には 下のような原因が主に考えられます。 筋肉の疲労• リンパ腺の腫れ(風邪など)• 肋間神経痛 1、肩こりがあるのなら「筋肉疲労」? 肩こりや首のこりがあって、左脇の下も痛む、と言う場合には「 筋肉疲労」が原因として考えられます。 筋肉が引っ張られるような痛みが特徴で、左脇の下のほか、腕・肩・背中などにも似た症状が出ることがあります。 筋肉痛のような感じですね。 より具体的な原因は1)姿勢が悪い、2)運動不足、3)ずっと同じ姿勢、などで、デスクワーカーに多いです。 対処法としては姿勢を改善する、適度な運動や休憩を入れる、などですね。 筋肉をほぐしてあげることが大切です。 参考: 2、「便秘」で左脇の下が痛くなる! 意外ですが、「 便秘」が左わきの下の痛みの原因の可能性もあります。 便秘の場合には、左脇の下に、だるいような重いような痛みが出ます。 左側の脇の下はちょうど便がたまりやすい「下行結腸」があり、あまりに便秘が続くと、その部分がけだるく感じてしまうのです。 この場合には原因、つまり便秘を解消することを一番に考えましょう。 適度な運動、食事、マッサージなどが有効です。 参考: 3、風邪やウイルスで「リンパ腺の腫れ」 左の脇の下といえばちょうどリンパ腺が多くあり、「 リンパ腺がはれる」と、脇の下に痛みを感じるようになります。 で、リンパ腺が腫れる原因は、 風邪のことがほとんどですが、 重大な病気が潜んでいる場合もあります。 ウイルスに対する防御機能なので、原因である風邪が治れば左脇の下の痛みもなくなるのがほとんどです。 対処法としては水分をしっかり摂取すること。 水分不足になると治りが遅くなります。 また、触って分かるくらいに左脇の下に腫れ・しこりがある場合には、濡れタオルで冷やしてあげると炎症が抑えられ、痛みを軽減できます。 参考: 4、咳で痛むのなら「肋間神経痛」かも 左脇の下、特に肋骨に近い部分が痛む場合には「 肋間神経痛」が考えられます。 症状としては 咳や深呼吸をすると痛む、 体をひねると痛む、というもので、慢性的な場合と一時的なものとがあります。 これは名前の通り、肋骨に沿って走っている神経が何らかの原因で痛んでいる状態です。 具体的な原因としては激しい運動や長時間同じ姿勢で作業していたり、姿勢が悪かったり。 ストレスが原因になることもあります。 病院では湿布・消炎鎮痛薬・ステロイドなどで治療します。 個人での対処法は、姿勢や生活の改善、それにカルシウムやビタミンDを含む食事を心がけることです。 参考: 原因は病気かも? 左の脇の下が痛む、と言う場合には心臓や肺、内臓などのさまざまな病気が原因として隠れていることもあります。 主には下のような感じです。 心臓疾患(狭心症・心筋梗塞)• 肺疾患• 胃潰瘍・十二指腸潰瘍• 膵炎(すいえん) また、このほかに女性特有の病気の場合もあります。 1、心臓の病気(狭心症・心筋梗塞)かも? 左の脇の下が痛む、と言う場合には心臓に関係する病気が潜んでいる危険もあります。 狭心症の場合には 息切れ・動悸・頭痛、 心筋梗塞の場合には 左手の指のしびれや吐き気、冷や汗などの症状が出ます。 心臓が原因の場合には左脇の下から背中にかけて痛みやしびれを感じることが多いです。 急激な痛みのこともあればぼんやりとした痛みが数週間続くこともあり、痛み方はさまざま。 でも命にかかわる重大な病気です。 左脇の下の痛みのほかに動悸や胸部の違和感等がある場合には、早めに検査を受けることをおすすめします。 2、「肺」に原因が…? 肺に関することが病気で、左脇の下部分が痛む事があります。 肺に関する病気は 肺気腫などが有名ですね。 息苦しさや咳、痰などの症状があります。 また喫煙者の場合には慢性的に 気管支炎などを患っていて、そのため左脇の下が痛む事もあります。 肺に関して不安がある場合には、胸部X腺検査などを受けることをおすすめします。 3、実は「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」かも? 左脇の下の痛みの原因が「 胃潰瘍・十二指腸潰瘍」ということもあります。 十二指腸潰瘍は空腹時の痛みだし、 胃潰瘍は食後に痛みます。 胸やけやお腹の張りなどを感じるのが一般的な症状です。 胃に近いため、左脇の下に痛みを感じる事もあります。 原因として多いのが「ストレス」なので、治療を進めながら生活の改善を行うことが重要になります。 参考: 4、激しい痛みや嘔吐があれば「膵炎」 左脇の下にが見られる場合には「 膵炎」が原因の場合もあります。 痛み方はじっとしてられないほど激しい痛みの場合もあれば、鈍痛の場合もあります。 脂分の多い食事やアルコール摂取のあとに痛みが出やすく、吐き気や嘔吐などの症状があります、また、膝を曲げて腹ばいになると症状が軽くなるのも特徴です。 原因としてはアルコールが多く、お酒を飲む方は注意が必要です。 そのほかにも胆石など、手術が必要な場合もあります。 病院での治療は絶食をして輸液をする、鎮痛剤の投与などを行うのが主です。 左脇の下の痛みがあまりにひどい場合には早めに病院に行く事をおすすめします。 参考: 5、女性特有の病気(乳腺炎など) 女性の場合には 乳腺炎といった病気の場合もあります。 「 乳腺炎」は胸や脇の下近くにしこりができ、そこが痛みだします。 授乳をしている女性に多く、熱や頭痛を感じる事もあります。 対処法としては養蚕やカルシウム、ビタミンを含んだバランスの良い食事をとること、それに胸を圧迫しないようにしましょう。 また、女性で左脇の下(胸に近い部分)が痛む場合に「乳がん」を心配される人も多いようです。 ただ、乳がんは痛みを伴う事は少ないので可能性は低いでしょう。 心配な場合には検査をするのがお勧めです。 参考: そのほか(筋肉痛・肋骨骨折) 上に挙げたほかには 筋肉痛、それに 外傷、 肋骨にひびが入っている、 ろっ骨骨折などの原因が考えられます。 この場合には病気が原因ということではないので、適切に治療をすれば左わきの下の痛みも少なくなっていくでしょう。 対処法について 左脇の下が痛む場合の対処法としては、 お風呂やシャワーをあびて血行を促進させるのが一般的です。 ただし、ずきずきと痛んだりリンパ腺がはれている場合などは 濡れタオルを当てたり、湿布で冷やすと痛みが減ることもあります。 運動不足の場合には適度に筋肉を動かしほぐしましょう。 反対に激しい運動をしている場合には、筋肉を休ませてあげてください。 そのほか、痛みがなかなかなくならない、ひどくなる、胃や背中・胸のあたりにも症状があるなどの場合には病院での受診も大切です。 おわりに 左脇の下の痛みについて、考えられる原因についてたくさん見てきました! 参考になったでしょうか。 左の脇の下というのは普段はあまり痛まないので、いきなり痛んだり違和感があったりするとびっくりしてしまいますよね。 普段の生活や痛み方、それに医師の診断などが原因を探るのに役に立つでしょう。 個人で対処してもなかなか痛みがなくならない場合や心配な方は迷わず病院へ行ってくださいね。

次の

【左脇腹の痛み完全ガイド】左脇腹の痛みの原因となる10の病気とは

左脇腹 痛み

腹痛の中でも、脇腹は痛みを感じることも比較的多い部位でしょう。 自然と治る事も多いですが、原因によっては注意が必要な事もあります。 昨日から脇腹が少し痛くて、高熱も出て寒気も感じる• 急に脇腹の皮膚がピリピリと痛み出してきた• 普段は痛くないけど、体をひねるなど動かした時に肋骨や脇腹あたりが痛くなる このような症状がみられた場合、どのような原因が考えられるでしょうか。 脇腹が痛い場合に考えられる病気 脇腹に痛みが生じる病気には、以下のようなものが考えられます。 腎臓や尿路の病気 腎臓や尿路が関係している病気としては、やなどがあります。 尿路結石 尿の通り道には、腎臓・尿管・膀胱・尿道などがあります。 この尿路に結石(さまざまな物質が結晶化して大きくなったもの)ができる病気をといいます。 結石が尿路を下る際に痛みが生じ、結石ができた場所によって痛みが現れる部分が異なります。 多くは尿管に結石ができた場合に、結石がある側の脇腹に痛みが生じます。 痛み以外では、吐き気や血尿などの症状が伴うこともあります。 受診の目安と診察時に伝えるべきこと 脇腹の痛みが激しい場合や軽くても続いている場合、痛み以外に体や皮膚に何らかの症状が出ている場合には、一度受診しましょう。 病気によって専門の診療科は異なりますが、自分で区別をつける事は難しい場合も多いため、まずは内科などで相談するのがよいでしょう。 ただし、皮膚に水疱が現れている場合には皮膚科への受診が適しています。 診察時には、いつ脇腹が痛くなったのか、どのような時に痛むのか、どのような痛みか、他にどんな症状があるかなど、分かる範囲で具体的に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 病気以外では、による痛みの可能性もあります。 筋肉痛 普段使わない筋肉を使ったり、激しい運動で筋肉を酷使すると、筋肉を構成している繊維が傷つきます。 この傷ついた筋繊維を修復する過程で炎症反応が起こり、痛みの原因となる物質が発生することでが発生すると考えられています。 運動などで脇腹の筋肉を使った後、脇腹に痛みが生じた場合には、の可能性があります。 筋肉痛になったら になったら、まずは安静にして過ごすようにしましょう。 の箇所に熱をもっている段階では、その箇所を冷やすことで痛みを和らげることができます。 熱をもっている時に冷やしてみるのもよいでしょう。 また、軽くマッサージをすることで、が和らぐ場合もあります。 マッサージをするタイミングとしては、血行が良くなっている入浴後が最適です。 力を入れすぎると逆効果になってしまう可能性があるので、軽めに行うようにしましょう。 良くならない時には いつまでも良くならない時には、一度病院を受診することを検討しましょう。

次の