太田市 ツイッター。 太田市|twitter(ツイッター)で行政情報、災害情報をお知らせいたします

清水聖義

太田市 ツイッター

「新型コロナウイルス感染者、群馬県、太田市、木崎あおぞら保育園」に関するツイート 【県の記者会見】県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、太田市に住む40代の女性保育士。 医療機関に入院中で重症。 但し、給食は無し。 ・卒業式は規模を縮小 卒業生と保護者のみ参加 — taku abetaku73 拡散しないように万全を期すのが私たちの務め。 木崎あおぞら保育園は2週間閉園。 市内全部か新田地域全域か、木崎地区の子どもたちを対象にするか本部会議で議論した結果、木崎地区の子どもたちの動きを制限することにした。 木崎小学校は完全休校、木崎地区の学童クラブ、プラッツもあおぞらとおなじに — 清水聖義 shimizumasayosi 本日の群馬県太田市の新型コロナウイルス感染者に関するツイートとなっています。 ご覧の通り、新型コロナウイルス感染者が木崎あおぞら保育園に勤務していたことが発表されています。 これに対して近隣住民の間では困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「新型コロナウイルス感染者、群馬県、太田市、木崎あおぞら保育園」に対する世間の反応は? 「ふぇ?群馬のコロナ感染者さ、藪塚住みの木崎の保育園勤務なの?同じ県だからこわい」 「群馬県太田市のコロナ感染者、木崎の保育士ってマジ!?外出れない!!」 「コロナ感染者、木崎の人だったみたいね」 「新型コロナウイルス太田の木崎説が濃厚やなぁ。 例え木崎じゃなくても保育士の感染ってことは子どもやその家族に移りスーパーとか 大型ショッピングセンターとかに行くわけだもんなぁ…」 などの声があがりました。 やはり世間では、群馬県太田市の新型コロナウイルス感染者が木崎あおぞら保育園勤務であることに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、群馬県太田市の新型コロナウイルス感染者が木崎あおぞら保育園に勤務しているということをご紹介させていただきました。 遂に群馬県にまで新型コロナウイルスの感染が拡大し、今回は木崎の保育園での感染拡大が懸念されています。 ウイルス感染防止のため、マスクの着用やうがい手洗いなどを心掛けていきたいですね。

次の

【顔画像】横浜市 北條真帆のFacebook・ツイッター特定?勤務先の会社職場はどこ?

太田市 ツイッター

公衆衛生上の必要性はある? 太田市の公式サイトでの発表によると、感染したのは市内に住む保育士の女性。 そのほか、「年齢」「勤務地」「症例経過」「行動歴」「接触者」が明かされている。 清水市長は8日にツイッターで、この女性が勤務する保育園の園長の話として、結婚の有無や職場での立場・評価を書き込み、「まさか、自分が感染してくるとは思ってもみなかったろうに。 気の毒なことだ。 重症化したとのことだが回復するよう願っています」と続けた。 この情報に対してユーザーからは、公衆衛生上の必要性を感じられず、個人情報保護の観点から問題視する声が相次いだ。 感染者をめぐっては、個人情報がむやみに詮索されたり、不当な差別を受けたりするケースも出ている。 情報公開の範囲については自治体ごとにばらつきが出ているが、清水市長の公開内容は異例といえる。 感染症法では、国と都道府県に「感染症の予防のための情報を積極的に公表しなければならない」としつつ、「個人情報の保護に留意しなければならない」と注記する。 本人の同意得た? 市秘書室は9日、J-CASTニュースの取材に、ツイートは8日の記者会見の内容に基づいていると明かした。 結婚の有無や職場での評価は、同席した園長が報告したといい、それぞれの意図を「(既婚で)お子さんがいれば学校で接触があるとの意味も含めて、そちらを心配する人がいるのを考慮して園は出したのでは」「働きぶりは、濃厚接触が一番問題になるので、どのような立場だったのか説明したのでは」と推測する。 感染者本人の同意を得ているかについては、把握していないという。 ツイートは取材時までに削除され、「この文言だけで一人歩きしている部分もあるので、正確な情報を発信する意味でも誤解を招きかねないとして削除した」と説明した。

次の

【顔画像】横浜市 北條真帆のFacebook・ツイッター特定?勤務先の会社職場はどこ?

太田市 ツイッター

市の行政情報やイベント、災害情報をtwitterで発信いたします。 *Twitter(ツイッター)とは、140文字以内の短文情報を投稿・閲覧するインターネット上のコミュニケーションサービスです。 (米国Twitter社が運営しています。 ) インターネットを利用できる環境(パソコンやスマートフォン、携帯電話など)があれば、誰でも読むことが可能です。 発信する主な内容• 災害対策本部体制下における災害等に関する情報• 市の施策・事業に関する情報• 市の報道発表に関する情報• 市が主催・共催するイベントの情報• 市へ報道提供資料として提出された情報 返信、フォロー、リツイート 市広報課の発信に対する意見などに対しては個別に返信はいたしません。 回答を希望する質問がある場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。 また、市広報課からはフォロー、リツイートは行いません。

次の