アンダーテール カタツムリレース。 Undertale 感想12話 『隠しボステミー』

Undertale Japan Wiki

アンダーテール カタツムリレース

Napstablookとは、 氏開発の『』に登場するである。 のであり、所謂である。 この先。 概要 がsで出会う事になる。 と が初めて経験するでもある。 特に親しい者からの称はoo。 名前の由来は共有「Ner」+で・ヤツという意味の「oke」か。 全身な布のような体にと口と鼻のような線がある、がで描けてしまうようななの。 では鼻のような線はされている。 ののの近所に住居がある。 かつては親戚と一緒に住んでいたが、今ではNapstablook一人しか住んでいない。 代々の業である農場「ook農場」を営んでいる。 かつては繁盛していたらしいが、後に客足が途絶えてしまい おそらく固定客であったがsに移り住んでしまったのも一因 、今ではに一度もさもさの おそらく が買い付けに来る程度まで寂れている。 エクトプラズムの臭いがするらしい。 霊的現の臭いとはいったい・・・。 版での表記は「ナプスタブルーク」、称は「ブルっち」。 性格 な性格。 内向的で自分に自信がく、よく自身を貶める発言が多い。 恥ずかしがり屋でもあり、とのやり取りはどこかぎこちなく、地下版のにおいてに登録しようとを送って直ぐ取り下げたりしている。 礼儀正しく面で、自分なりに周囲によく気を配る性格でもある。 ただし、これらはどこかズレている面も否めず、戦ではNapstablookのおかげで難を逃れるのだが、この際もの楽しみを邪魔したと誤った気配りをしてしまっている。 後述のでも、接戦の末となった際にも可笑しな気遣いの末に賞を渡している。 で取った行動によらず、に自宅を訪れると心からもてなしてくれる優しさの持ち。 また、は飛べる事を忘れてに落っこちてしまうなど、な部分も持つ。 ちなみに、 ct 通称P では外で何か起こってるけどを開ける気分じゃなかったからにずっと籠ってた、ためにに取り込まれていなかった。 そのため、後から本人にという名前を教えてもらっている。 の大で、彼の番組は欠かさず視聴している。 能力 であるため実体がく、どんな攻撃も通用しない。 攻撃するとちゃんとが減っているが、これは本人が気を遣ってが減っているように見せ掛けているため。 Napstablookが流すは強い性のようで、当たるとを受けてしまう。 では、励ますを選択すると攻撃が薄くなるが、他の選択で怖がらせてしまうとより攻撃がしくなってしまう。 なお、このはある精確に操作出来るようで、でを作る芸「er ook ook 」を編み出している。 飛行出来、実体がいためをすり抜けてsに入れる。 BGM Napstablook戦専用「Gt 」は戦「! 」・戦「」の曲にあたり、一部を共有している。 にとっては初の戦だと言える。 自宅でのは「het 」。 趣味 彼のに遊びに行くととしての食後の慣習「床の上に寝転がってのような気持ちになる」にを誘ってくる。 誘いに乗り、一緒に寝転がったまま暫くするとを体感出来る。 気持ちはまさに。 さっさと切り上げるかを感じ続けるかは次第。 競カタツムリ 農場「ook農場」では「Thundnl ネ 」を遊ぶ事が可。 自機となるをでさせるで、所謂なので遊ぶには10G必要。 負けると10G失ってしまい、勝っても9Gしか戻ってこない 利益を出さないといけないとのこと。 上手く操作して僅差でになると自機が勝った気だからと気を遣い、何故か勝った時よりも大のGをくれる。 隠しBGM Napstablookの自宅にはでしたというを聞くことが出来る。 このは掛けたままを出ても流れたままであり、その状態だとととし特殊なが発生する。 交友関係 実はとはNapstablookのいとこにあたる。 両者とも元は。 かつては共に農場で働いていたが、はダミーの体を見つけて・はのへの憧れを募らせていた所をと出会いの体を手に入れるためを出て行った。 また、のいとこだというも親戚だという説もあるが不明。 とは近くに住んでいる事もあって親しい仲だった。 PEDでは・と一緒にを組んで地上に出ている。 逆にさんになるの事は怖がってあまり近寄ってない様子。 関連項目•

次の

畜生マネキンと愉快なカタツムリ『UNDERTALE(アンダーテール)』PC版 実況#6

アンダーテール カタツムリレース

アンダーテールとは 【どんなゲーム?】 地底世界に落ちてしまったニンゲンが地上へと帰還するために奮闘するRPGです。 地底世界には個性豊かな様々なモンスターが生息しており、そのモンスターたちとの触れ合いがメインとなっていきます。 戦闘はRPGでは定番とされるターン制ですが、大きな特徴としては 敵モンスターを生かすか殺すかを自身で選択出来るといった部分です。 この選択によって物語の結末が大きく変わるため、プレイヤーは自身の行動をよく考える必要があります。 哲学的に考えさせられるような描写が多く取り入れられており、その独特なゲーム性から 全世界で大絶賛されている人気の高い作品です。 メタスコアにいたってはなんと驚異の90点オーバー。 「気になっているなら遊ぶべき」といった名作中の名作と言えるでしょう。 【難易度について】 アンダーテールの難易度は 普通にプレイする分にはかなり簡単です。 しかし敵を殺さないといったプレイに徹する場合はそこそこ難易度は高くなってしまいます。 理由としては敵を殺さなければ経験値が入らないため、主人公のレベルが一向に上がらないからです。 とは言ってもそういったプレイも見越した上で作られているので、何も理不尽なまでに難しくなるといったわけではありません。 アイテムや装備を整えればゲームが苦手な方でも普通にクリア出来るでしょう。 【ボリュームについて】 平均的なプレイ時間は5~6時間程度と聞いていましたが、 自分はなんやかんやで9時間ほど楽しめました。 テキストをよく読みながら探索もしっかり行うとこれぐらいになると思います。 どうですか?これを聞いて少し物足りないと感じましたか? そういう方に向けて1つ嬉しい情報を伝えておきましょう。 と言いたいところですが、今回はネタバレなしなので言えません 笑 とにかくまだまだ遊べるよ!ということだけは伝えておきます。 アンダーテールの良い点 【中毒性のあるBGM】 まず最初にビビっときたものは「BGMのカリスマ性」とでも言っておきます。 音楽に関してはテキストでの説明が難しいので、もうこれはいっそのこと動画で直接確認してみて下さい。 上の動画 公式トレーラーなのでネタバレはありません の再生ボタンをポチっとするだけで全身に衝撃が走ると思います 笑 動画のBGMはアップテンポでポップな曲調ですが、もちろん静かめなBGMや幻想的で美しいBGMなんかもあったりします。 さらに言えば「落とすところは落として上げるところは上げる」といった 静と動の使い分けもかなり上手です。 これらのBGMなしでアンダーテールは成り立たないといっても過言ではないでしょう。 【徐々に引き込まれていく世界観】 正直に話すと自分は最初この独特な世界観にあまり馴染めていませんでした。 しかし物語の中でモンスターとの会話を進めていく内に、この世界観がたまらなく好きになっていったのです。 これは自分の中でも結構珍しいパターンでして、基本的に自分は最初に少し遊んで微妙だなと感じたゲームは放置してしまいます。 ところがこのゲームは何故か先が気になって仕方がなく、 ついつい遊んでいる内にすっかり虜になってしまったわけです。 この理由を具体的に説明しろと言われると不思議なことに説明が出来ません。 強いて一つだけ言うとするのであれば、アンダーテールの世界には暖かみのある隠された何かが存在するということです。 【個性豊かなキャラクター】 アンダーテールの醍醐味と言えばモンスターたちとの触れ合いです。 モンスターたちにはそれぞれクセの強い個性があり、キモ可愛いやつからウザいやつなどその種類は様々です。 おそらく誰でも一匹は自分のお気に入りのモンスターが見つかると思います。 そして何と言っても一番重要になってくるのは、やはりその モンスターたちとどう接するのかを考えることです。 アンダーテールはモンスターとの接し方によって物語が変化するため、いちいち選択肢に迷ってしまいます。 「ここではこうするべきか…。 いやでもなぁ…。 」といった思考がたまらなく楽しいです。 要求される「選択」を自分なりの考え方で回答していきましょう。 【センス抜群な演出】 これまでアンダーテールの良い点を挙げてきましたが、中にはこういった見方をする方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「2Dで古臭いし何か全体的にショボそう」 確かに自分も買う前は似た感じの見方をしていたので気持ちは分からないでもないですが、この際なのでここでズバリと言い切りましょう。 「アンダーテールはそこらへんの3Dゲームより断然迫力があります」 このゲームの演出には他のゲームにはない強いインパクトがあり、そこそこの数のゲームを遊んできた自分でさえも驚きの連続でした。 泣ける演出、笑える演出、恐怖を感じる演出など、 全ての演出が普通のゲームではありえないことを仕掛けてきます。 2Dを古臭いと感じる方にとっては確かに古臭いのかもしれませんが、 やってること自体は斬新でむしろ今までにない新しい作品です。 少しでも気になっている方は見た目に騙されず実際に遊んでみて下さい。 アンダーテールの悪い点 【UIがやや不便】 ここからはアンダーテールの悪い点についてですが、 正直言うと悪い点はあまり見つかりませんでした。 強いて言うのであればアイテムの説明を確認する一手間が少し面倒かなって思ったぐらいです。 画像で言うとモンスターあめの説明を見るには、いちいちモンスターあめを選択してINFOを押さないといけないわけです。 なので画面の左下辺りのスペースに別ウィンドウで簡易説明を表示して欲しかったなと思いました。 カーソルを合わせるだけで見れる方が圧倒的に使いやすいと思います。 【合わない人はとことん合わない】 アンダーテールは人を選ぶかなりマニアックなゲームです。 やたらと高評価が多いゲームではありますが、合わない人にとってはおそらく理解不能といったところでしょう。 過大評価されているゲームとバカにされてしまっているのもそれはそれでしょうがないのかなって思います。 それぐらい 合う合わないがはっきり分かれるゲームなので、その点は悪い点というよりも注意点として警告しておきます。 自分が思うに 世界設定や物語部分にあまり興味がない方は合わないのかなって思います。 とは言っても結局のところは実際に遊んでみないと分からないので気になる方は遊んでみましょう。 値段も安いのでおすすめです。 総評 【RPGの常識を覆す永遠の名作】 まず一番に伝えたいこととしては、 アンダーテールは普通のRPGではないということです。 ネタバレなしでまとめるにはどうしても文章が抽象的になりがちですが、 ほぼ全てのテキストに何かしらの意図が隠れているような錯覚に陥ります。 「この言葉の本当の意味って何だろう?」といったことを考えながら進めていくと楽しさは何倍にも膨らむでしょう。 是非ともテキストをじっくり読みながらプレイすることをおすすめします。 ちなみにこのゲームのキャッチコピーは「誰も死ななくていいやさしいRPG」です。 実際に遊べばこのキャッチコピーの真の意味を理解することが出来るでしょう。

次の

ニコニコ大百科: 「Undertale」について語るスレ 3601番目から30個の書き込み

アンダーテール カタツムリレース

ここは練習です。 その先は「花を四つ並べると道」「右上の鐘を鳴らすとリセット」という事から道を作っていきます。 下の看板:不正解(特に何もありません・・・。 ) 上にいくには「滝に向かって?」行きたい方向に垂直になる様に4個流していく(上の写真のように)と上手く足場が出来ます。 進むとしゃべる花がいるエリアに行く。 攻撃を避けながら進みましょう。 2.サンズと望遠鏡~アンダインに襲われ橋ごと落下 戦闘後の休憩地点です。 サンズの望遠鏡はのぞくと「目が・・・」 上の穴に行くとあの「ナイスクリーム屋」が!! ただし値上げしてます。 ちなみに右に行って出会えるアヒルは後でまた再開できるかもしれません! 下に進んで「迷路ゾーン」に行きます。 左方向:装備アイテム 右方向:ストーリーが進むルート(オニオンさん)がいます。 「ピアノ」と「像」と「傘」がある場所にたどり着きます。 3.橋ごと落下した後の目覚め~VSアンダイン 目覚めると「花畑」の上、本当にラッキー過ぎます。 中々難しい戦闘があるので「セーブ」しておきましょう。 進むと「戦闘練習したマネキン」があるので、戦う準備が出来たら通り過ぎましょう。 ・ぷんすかマネキン ATK:30 DEF:無限 ・特徴 攻撃が効きません、本人は「魔法攻撃が苦手」といっているので、しばらく攻撃しないで耐久です。 途中追いかけてくるミサイル攻撃は「マネキン」にも攻撃判定があるので誘導して当てましょう。 その後「おばけ」が助けに入ってくれます、過去に殺してしまうとこれが来ないのだと思われます。 マネキンとの戦いの後上に行くと分かれ道があります。 左:アヒルがいたとこ(川を渡れる) 上:お化けの家、マネキンたちの家、おばけの牧場(かたつむりレースが出来る) これらはあまりストーリーには関係ありません。 なので右に進みましょう。 上:亀のお店(無敵時間を延ばすアイテムなどが売っています) 下:船が止まる港?(火山のステージに行くと何の事かわかります) 右:暗い迷路 最初の迷路は「キノコ」の明かりを順番に全部つけていきます。 一度行き止まりになったら「最初の場所に戻り」新しい道が出来てるのでそちらに進んでいきましょう。 途中にある「ランタン(少し他より明るい場所)」を調べると一定時間また明るくなります。 ここで「アンダイン」と「アルフィス」と再会しますが、戦わないので会話をしたら先に進みましょう。 そしてついに「アンダイン」との戦いです。 いきなり襲ってこないで、セーブしてから戦えるようになっているので安心してください。 ・アンダイン ATK:50 DEF:20 ・特徴 けっしてあきらめないヒーロー。 すぐに追いかけてくるので、何度も逃げて先に進みましょう。 「Hotland(ホットランド)」まで逃げると暑さで倒れてしまいます・・。 近くには「ウォーターサーバー」あなたはどうしますか? この選択で「Waterfall(ウォーターフェル:滝の洞窟)編」は終了です。

次の