蓄膿症 膿を出す ツボ。 副鼻腔炎の膿をだす出し方の効果のある方法と薬について経験者が語る!(副鼻空炎特集1)

【実体験レポ】蓄膿症になって2年。どくだみの葉を鼻に入れてみた結果 | おへマガ|岐阜・恵那山麓ローカルメディア

蓄膿症 膿を出す ツボ

「蓄膿(ちくのう)」とは、鼻の中にある副鼻腔(ふくびくう)という部位が炎症で腫れたり、そこに膿(うみ)がたまったりした状態を指します。 医学用語では「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」と言います。 副鼻腔は、顔の骨の中にある空洞で、図1のように、前頭洞(ぜんとうどう)、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、上顎洞(じょうがくどう)の4種類が顔の左右にあります。 副鼻腔炎では、通常、頭痛、鼻水、鼻づまりといった症状が出ますが、自覚症状が全くない場合もあります。 症状がなければ耳鼻咽喉科を受診して検査することもありませんので、症状のない人も含めて副鼻腔炎のある人がどれぐらいいるのかは、これまでわかっていませんでした。 そのため、NILS-LSAの参加者の方の副鼻腔の状態を頭部MRIの撮影画像を用いて調査してみました。 部位別では、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)の順に多く異常を認めました。 上顎洞は、最も大きい副鼻腔で、上の歯とも接しており、炎症を起こしやすいとされています。 副鼻腔炎という程ではないレベルの方まで入れると、約4人に1人は、頭部MRIで、上顎洞の粘膜が腫れていたり、そこに液体(膿)がたまっていたりすることが確認されました。 副鼻腔炎の重症度別の割合を図2に示します。 副鼻腔炎は、全体に男性に多く、軽症の方がほとんどですが、ほぼ全ての副鼻腔に病変(病気が原因で起こる体の変化のこと)のある重症の方も、少数ですが男性で3名、女性で2名確認しました。 図2:副鼻腔炎の重症度別の割合 また、どのような方が副鼻腔炎になりやすいのかを調べたところ、年齢が高い方、肥満傾向の方、喫煙歴のある方、喘息や慢性気管支炎の既往歴のある方では、そうでない方よりも副鼻腔炎になりやすいことが明らかとなりました。 その中でも、喘息や慢性気管支炎のある方では、2. 7倍から3. 8倍ほど副鼻腔炎になりやすく、気管の炎症と副鼻腔炎には密接な関連があることが示唆されました。 また、耳鼻咽喉科との関連がイメージしにくい肥満ですが、肥満は全身的に炎症を起こしやすいと考えられており、副鼻腔炎でも同様であることが推測されました。 副鼻腔炎になると、完全に治るのに時間がかかります。 完治しないとだんだん重症化することがあるため、副鼻腔炎がある方は完全に治るまでしっかり薬を内服することが必要です。 また、薬をしっかり内服しても治らない副鼻腔炎の場合、手術加療が望ましい場合もあります。 頭痛、鼻水、鼻づまりのような不快な症状は、日常生活に支障をきたすことがあります。 さらに、副鼻腔炎が慢性中耳炎などを引き起こす場合もあり、聴力に影響をおよぼすことが考えられます。 でもご紹介したように、聴力の低下は認知機能の低下に関連するとも言われています。 ただの風邪かな?で済ませずに、心当たりのある方は耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。 *このコラムの一部は、以下の研究成果として発表しています* Sugiura S, Yasue M, Uchida Y, Teranishi M, Sone M, Suzuki H, Nakashima T, Otsuka R, Ando F, Shimokata H. Prevalence and Risk Factors of MRI Abnormality Which Was Suspected as Sinusitis in Japanese Middle-Aged and Elderly Community Dwellers. Biomed Res Int 2018 Jun 12:4096845. doi: 10. Current Alzheimer Research 12, 1006-1011, 2015.

次の

蓄膿症等でネバネバした鼻水を出す効果があった方法

蓄膿症 膿を出す ツボ

花粉が、きつい季節になりました。 鼻づまりで苦しんでいる方も多いのではないでしょうか? 鼻がムズムズしていると本当に大変ですよね~。 何とかして、鼻がスッキリしないかなと思っている方に、おススメなのが、鼻ヨガです。 鼻ヨガは、山本ヨガ研究所の山本正子先生が考案したもので、 神戸にある山本先生の教室には鼻づまりなどで悩みを抱えた人たちが、鼻ヨガを実践しています。 そもそも、人は生活をしていると、どうしても体のあらゆる部分のバランスが崩れてしまうのです。 そのバランスを正すのがヨガなのです。 ヨガを教える山本先生が、長年にわたり指導してきた中で気づいたのが、 鼻づまりで苦しんでいる生徒たちの顔にゆがみがあったことです。 顔のゆがみの原因となっているのが、顔の真ん中に位置する蝶形骨なのです。 蝶形骨は鼻と脳の境目にあり、その名の通り、チョウのように左右対称の形になっています。 副鼻腔の1つである蝶形骨洞を形成していて、周りの骨と接触している部分も多いため、 捻じれや、ズレの影響を受けやすくなるのです。 蝶形骨は体全体を支える大事な骨でもあり、背骨から仙骨と連動して動いているので、 仙骨のゆがみを正すことも大切になります。 では、さっそく、その鼻ヨガの基本となる3つの動きを紹介します。 手の指を足の指の間に入れるところがポイントです。 片足2~3分回していると体が温かくなってくるのがわかると思います。 脚を真っ直ぐ伸ばして、サッカーボールをイメージして、 小さい円を描きます。 ゆっくり、小さく円を描いて3周。 そのまま反対回しも3周してみましょう。 鼻通は小鼻の上端にあるツボです。 気持ち強めに1~2秒ほど揉むように押して、頬骨と小鼻の間を広げる感じで5回くらい繰り返します。 迎香は小鼻のすぐ脇にあるツボです。 人差し指を上向きにして、頬骨を上に押し上げるようにして3秒ほど押します。 自宅でも、簡単にできる「鼻ヨガ」。 ゆっくり、お風呂上りなどにやってみてはいかがでしょうか? 詳しくは、「健康一番 けんいち」12号(コーチング・クリニック4月号増刊) 「慢性副鼻腔炎(ちくのう症)・花粉症・アレルギー性鼻炎 特集号」を見てください。

次の

副鼻腔炎・蓄膿症に効く12のツボ!指圧とマッサージで効果UP!

蓄膿症 膿を出す ツボ

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状 副鼻腔炎の初期症状 はじめのうちは、色調がついた鼻水が止まらない、鼻づまり、鼻呼吸、においがわからなくなる、前頭部が痛いなど鼻炎の症状を感じます。 副鼻腔炎の症状 鼻炎の症状が続くことで、「副鼻腔(ふくびくう)」という頬や目の周りの骨の空洞部分に炎症が起き、膿が溜まります。 副鼻腔炎では、以下の症状が出ます。 ・痰がでる ・咳がでる ・鼻声になる ・頭重感がある ・鼻が詰まる ・前頭部の頭痛が辛い ・声が上手く出せない ・鼻の中に悪臭を感じる ・鼻をかんでもかみ切れない ・頬や眼の奥など顔面が痛い ・鼻から喉に臭い鼻水が落ちてくる ・どろっとしていて、黄色や黄緑色などの鼻水が出る 発熱もある場合があります。 また、まれに奥歯の痛みやまぶたの腫れ、視力低下が起こる場合があります。 症状は放置せずに、耳鼻咽喉科に受診しましょう。 副鼻腔炎発症の流れ• 副鼻腔内が細菌などに感染• 炎症が起きる• 膿がたまる 副鼻腔炎(蓄膿症)の原因 細菌やウイルス ウイルスや細菌などが副鼻腔で繁殖して急性の炎症を起こし、本来空洞であるはずの副鼻腔に膿汁がたまります。 風邪による鼻水や鼻づまりの症状が長引いたり、繰り返したりすることによって、副鼻腔にも炎症が起こりやすくなります。 アレルギー 花粉やハウスダスト、ダニ、ペットなどによるアレルギー性鼻炎で鼻づまりがきっかけで発症することも多いです。 鼻の形 鼻の真ん中を通り左右を分ける仕切りの「鼻中隔」が生まれつき又は、成長するにつれて曲がることで、鼻の通りが悪くなり、副鼻腔炎が起こりやすくなります。 その他の原因 飛行機に乗った際に、副鼻腔の気圧が急激に変化することにより発症する「航空性副鼻腔炎」もあります。 また、体の抵抗力が疲労や病気で低下しているときには、発症しやすくなります。 副鼻腔炎(蓄膿症)の治療 副鼻腔炎の治療は、鼻汁や膿を外に出し、ネブライザーを用いて薬入りの蒸気を吸い込む治療が一般的です。 それと並行して薬物療法を行い、重度であれば手術が検討されます。 薬物療法 副鼻腔炎の薬は、期待する作用によっていくつかに分けられます。 また、炎症を抑える作用もあります。 抗菌薬は、治療面のほか、耐性菌・副作用の点からも長期服用が必要となります。 指定された期間しっかり飲むことが重要です。 主に点鼻薬が用いられます。 また、去痰薬や漢方薬が用いられることもあります。 副鼻腔炎の薬には多くの選択肢があります。 耳鼻咽喉科の医師にまず相談することを推奨します。 市販薬を用いる場合は薬局の薬剤師に相談しながら、注意深く選びましょう。 手術 薬物療法や鼻腔内の清掃などをしても症状が改善しない場合は、手術が検討されます。 鼻の穴から内視鏡を挿入し、鼻腔と副鼻腔を繋げる手術や鼻中隔の形を治す手術などを行います。 副鼻腔内に膿が溜まらないように、一人ひとりの患者さんに合った手術が選択されます。 副鼻腔炎(蓄膿症)の予防 副鼻腔炎の予防は、副鼻腔炎の原因となる風邪のウイルスや花粉が副鼻腔の中に入らないようにし、体調管理をすることが大切です。 ・マスクを着用する ・加湿器を利用する ・鼻をかみすぎないようにする ・生理食塩水を用いた鼻うがいをする ・栄養バランスが摂れた食事を心がける ・喫煙・受動喫煙をしないようにする アレルギーがある場合 花粉症やアレルギーの症状がある場合は、副鼻腔炎の症状が悪化することがあります。 掃除をこまめにしたり、マスクをするなど、原因となるアレルギー物質を除去するようにしましょう。 また、近年では舌下免疫療法もありこうした治療法も検討してください まずは生活環境を整え、花粉やアレルギー物質を避けることも大切です。 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、...

次の