ウェビング マップ。 【国語科】ウェビングマップを活用し、卒業文集を書こう

これを使えば就活が必勝!自己分析にマインドマップの活用

ウェビング マップ

みなさんこんばんは。 2月になりましたね。 私のクラスは先週から「カウントダウンメッセージ」を作り、 いよいよ卒業モードに入ってきました。 さて今日は、 そんな時期に毎年担任が頭を悩ます 「卒業文集の作り方」についてです。 卒業文集というと、 書くことが得意な子はスラスラ書けるのですが、 早く終わらせる子に限って、 ありきたりな文章になることも少なくありません。 一方で、 書くのが苦手な子も必ずと言っていいほどクラスにはいます。 担任がつきっきりで指導し、 ものすごく時間がかかってしまうことも...。 卒業式を間近に控えて忙しい日々を送る担任にとっては、 とても悩ましい問題ですね。 どうにかならないだろうか・・・。 そこで私が見つけた実践がこちら。 こちらの「あお先生」の指導法は、そんな私の悩みを解決し、かつ、学び合いを取り入れた内容です。 ということで、 早速この指導法を自分なりに解釈し、 学年で共有し、実践することにしました。 1 ウェビングマップとは ウェビングマップ Webbing Map は,連想したことを、くもの巣 Web のように図式化 Mapping することにより、思考を広げていく手法です。 学校現場でもよく使われる手法で、ある 1つのキーワードから思いつく言葉を紙に書き出し,次々とつなげ,児童の思考を広げることができます。 2 ウェビングマップを書く ノートと鉛筆を用意します。 必要に応じて、ワークシートを作成しても良いと思います。 まず、 ウェビングマップの中心に「成長したこと」を書きます。 出来事や行事から決めて書くこともあるかと思いますが、 そうしてしまうと、内容が似たものが出てしまったり、 ありきたりな文になったりしてしまいがちです。 私のクラスで「6年間で1番成長したことは?」と聞いたところ、 「自己主張ができるようになった。 」 「怒りの感情をコンできるようになった。 」 「努力するようになった。 」 「好きなことを諦めない気持ちを持てるようになった。 」 など、 一人一人がそれぞれ成長したことを挙げていました。 なかなか書けない子については、 教師がそばに行って、 「低学年の頃、どんなことに困ってた?」 と聞いたり、 「友達に、どう変わったか聞いてごらん。 」 と言って、 気が許せる友達や、小さい頃からの友達のところへ行かせたりします。 それでも出てこない子は、 「今日お家に帰ったら、おうちの人に聞いてごらんよ。 」 と言って、宿題にしちゃいました。 次に、 「成長したこと」の周りに、 「成長する前の自分の様子」を書きます。 例えば、「コミュニケーション力」を中心に書いた場合、 そのまわりに、 「人見知り」「話すのが苦手」などを書きます。 さらに、 「成長する前の様子」に、 その時の気持ちや理由などを書き加えます。 ここでのポイントは、 「 なぜ人見知りだったのだろう。 」 「人見知りの自分を どう思ってた?」 という 問いを、 その時 過去 の自分自信に向けさせることです。 最後に、 どんな事がきっかけで変わったのかを書かせます。 このように、 現在の「成長した自分」からスタートし、 過去の体験や心情の変化を思い起こしながら、 そこから最終的に 「それを起こしたきっかけとなる出来事」にたどり着くことができます。 ここまでの流れを1時間でやってみました。 3 友達と対話する 次のステップは、友達との対話です。 作成したウェビングマップを、 一度アウトプットします。 3人1組になって、 自分がかいたウェビングマップに沿って話をさせます。 中心に書いた事から、 マップの外側へと話しを展開する流れです。 例えば次のような感じで、 教師が一度お手本を見せるといいでしょう。 例 コミュニケーション力が高まったことを書きたい場合 「私が6年間で1番成長したのは、自分から進んで友達と会話するようになったことです。 」 実体験を心情の変化とともに話す。 未来のことまで話せるとさらに良い この対話の目的は、 自分の思考をアウトプットすることだけでなく、 考えを広げることでもあります。 なので、話を聞く側にも、 「それってどういうこと?詳しく教えて。 」 「こんな出来事も関係してるんじゃない?」 など、どんどん質問させたり、 アドをさせます。 対話の中で、 ウェビングマップに書き足せることは書き足すようにします。 4 全体で共有する ここまでできたら、 あとは全体での共有。 出来るだけ全員に発表させ、 黒板にウェビングマップや「成長したこと」を書いたワークシートを貼ります。 それを出来事や行事とつなぎ合わせ、 分類していきます。 友達の発表を聞いて、 自分とつなぎ合わせられるものがあれば、 ウェビングマップに付け加えさせます。 ここまでで2時間です。 下書きの前段階として、 なかなか良い実践だと感じたので、 ぜひ参考にしてみて下さい。 下書き以降の流れは、こちらを参考にやってみたいと思います。 「あお先生」ありがとうございました! この場をお借りして御礼申し上げます。 良い卒業文集になるといいなー。 仕上がりが今から楽しみです。 それでは今日はこの曲。 の「Face My Fears」 この曲は、EDM好きは知らない人はいない と共に制作した曲。 それではおやすみなさい🌙 YoshiT.

次の

これを使えば就活が必勝!自己分析にマインドマップの活用

ウェビング マップ

セントラルイメージから直接伸びている第1階層目の太いブランチのことを「メイン・ブランチ」と呼びます。 これに対して、第2階層目以降のブランチを「サブ・ブランチ」と呼びます。 メイン・ブランチは、記憶しやすい数として、6~7本までが良いとされていますが、特に数の決まりはありません。 メイン・ブランチは、マインドマップの中の「まとまり」を表しています。 メイン・ブランチごとに同じ色でブランチをかいていくと、まとまりごとに色分けされ、固まって見えるのでオススメです。 サブ・ブランチは、メイン・ブランチにつなげる形で伸ばしていきます。 1本のブランチの先端からいくつに分岐しても構いません。 注意点としては、必ずブランチの先端から分岐させるということ。 ブランチの途中から分岐させてしまうと、どこまでが1本のブランチなのか分かりづらくなってしまうので、必ずブランチの先端から分岐させましょう。 また、基本的に、ブランチは中央から放射状に広がっていますが、時々、複数のブランチが、1本のブランチにまとまるなど、外に向かって収束させているところがあることにも着目してください。 曲線であることは、脳が普段触れている自然に近い状態ということでもあります。 マインドマップのブランチをかくときも、脳に自然な形である有機的な曲線でかいてみましょう。 今までのノートでは、曲線を使うことは少なかったかもしれません。 定規を使って無機的な直線をかいていたかもしれませんが、実は、曲線にはさまざまなメリットがあります。 さまざまな方向に伸ばせるので、スペースを有効活用できる。 柔軟で自由な印象を感じさせる。 美しい。 絵的なので記憶に残る。 くねらせ方次第で個性が出せ、目立たせることもできる。 マインドマップのブランチをかく時には、ぜひフリーハンドで、自分らしい個性的な曲線を描いてみましょう。 マインドマップをかくスピードを上げるということも、実はとても大切なことです。 なぜなら、マインドマップをかくことが目的ではなく、マインドマップを使って頭を上手に使えるようになることが目的だからです。 頭を上手に使いこなす上で、やはりスピードは大切ですよね。 省略できるところは、省略しましょう。 あなた自身が、後で見て分かればいいのです。 一方で、分からなくなるほど、言葉の量が減ってしまっても良くないですね。 ときには、正確に記載するために、文章で書いておきたいこともあるはずです。 そうしたら、マインドマップの端の方にでも書いておいたら良いのではないでしょうか。 マインドマップを使いこなし、けれどマインドマップにとらわれない。 そんな風に活用することが、何よりのことだと思います。 「monotonous モノトナス 」という英単語をご存知ですか? 「単調な」という意味ですが、転じて「つまらない」「変哲もない」などの意味にもなります。 一方、「monotone モノトーン 」は、「単色」という意味です。 「monotone」と「monotonous」は、スペルを見れば語源が一緒であることが分かりますね。 つまり、「モノトーン 単色 」は、脳にとってはつまらない、単調なものであるとも言えるのです。 ビジネスの場面では、モノトーンの風景が広がっていることが多いですね。 たとえば、多くのビジネスマンはダークスーツを着ていますし、新入社員は揃って黒のスーツに黒の靴、黒のバッグを持っています。 書類もほとんどモノトーンです。 モノトーンは、職場や改まった場などにおいては、規律正しく、また、装飾がなく真面目なイメージがあるのでよく使われています。 これは、決して否定されるものではありません。 けれど、脳の自然な働きから考えると、モノトーンはやはり、つまらなく、退屈なのですね。 マインドマップは、脳が自然に行っている連想をそのまま表現するノート法ですが、論理性や構造を排除しているものではありません。 たとえば、第1階層目の上側の言葉であるBOIは、まとまりを表しています。 まず、BOIを考えて、そこからかき始めるということは、マインドマップに構造を持たせていることになります。 ロジックツリーのように、次元と分類をきれいに整理したマインドマップを作成しても構いません。 こうしたマインドマップは非常に構造的で、論理的なものになるでしょう。 一方で、あまりに構造を作ることにこだわりすぎると、自然な連想が止まってしまいます。 ですので、マインドマップを作成するときは、構造化を意識しつつも、構造化だけに捉われないようにすると良いのです。

次の

マインドマップとは?今更聞けない書き方とおすすめツール

ウェビング マップ

みなさんこんばんは。 2月になりましたね。 私のクラスは先週から「カウントダウンメッセージ」を作り、 いよいよ卒業モードに入ってきました。 さて今日は、 そんな時期に毎年担任が頭を悩ます 「卒業文集の作り方」についてです。 卒業文集というと、 書くことが得意な子はスラスラ書けるのですが、 早く終わらせる子に限って、 ありきたりな文章になることも少なくありません。 一方で、 書くのが苦手な子も必ずと言っていいほどクラスにはいます。 担任がつきっきりで指導し、 ものすごく時間がかかってしまうことも...。 卒業式を間近に控えて忙しい日々を送る担任にとっては、 とても悩ましい問題ですね。 どうにかならないだろうか・・・。 そこで私が見つけた実践がこちら。 こちらの「あお先生」の指導法は、そんな私の悩みを解決し、かつ、学び合いを取り入れた内容です。 ということで、 早速この指導法を自分なりに解釈し、 学年で共有し、実践することにしました。 1 ウェビングマップとは ウェビングマップ Webbing Map は,連想したことを、くもの巣 Web のように図式化 Mapping することにより、思考を広げていく手法です。 学校現場でもよく使われる手法で、ある 1つのキーワードから思いつく言葉を紙に書き出し,次々とつなげ,児童の思考を広げることができます。 2 ウェビングマップを書く ノートと鉛筆を用意します。 必要に応じて、ワークシートを作成しても良いと思います。 まず、 ウェビングマップの中心に「成長したこと」を書きます。 出来事や行事から決めて書くこともあるかと思いますが、 そうしてしまうと、内容が似たものが出てしまったり、 ありきたりな文になったりしてしまいがちです。 私のクラスで「6年間で1番成長したことは?」と聞いたところ、 「自己主張ができるようになった。 」 「怒りの感情をコンできるようになった。 」 「努力するようになった。 」 「好きなことを諦めない気持ちを持てるようになった。 」 など、 一人一人がそれぞれ成長したことを挙げていました。 なかなか書けない子については、 教師がそばに行って、 「低学年の頃、どんなことに困ってた?」 と聞いたり、 「友達に、どう変わったか聞いてごらん。 」 と言って、 気が許せる友達や、小さい頃からの友達のところへ行かせたりします。 それでも出てこない子は、 「今日お家に帰ったら、おうちの人に聞いてごらんよ。 」 と言って、宿題にしちゃいました。 次に、 「成長したこと」の周りに、 「成長する前の自分の様子」を書きます。 例えば、「コミュニケーション力」を中心に書いた場合、 そのまわりに、 「人見知り」「話すのが苦手」などを書きます。 さらに、 「成長する前の様子」に、 その時の気持ちや理由などを書き加えます。 ここでのポイントは、 「 なぜ人見知りだったのだろう。 」 「人見知りの自分を どう思ってた?」 という 問いを、 その時 過去 の自分自信に向けさせることです。 最後に、 どんな事がきっかけで変わったのかを書かせます。 このように、 現在の「成長した自分」からスタートし、 過去の体験や心情の変化を思い起こしながら、 そこから最終的に 「それを起こしたきっかけとなる出来事」にたどり着くことができます。 ここまでの流れを1時間でやってみました。 3 友達と対話する 次のステップは、友達との対話です。 作成したウェビングマップを、 一度アウトプットします。 3人1組になって、 自分がかいたウェビングマップに沿って話をさせます。 中心に書いた事から、 マップの外側へと話しを展開する流れです。 例えば次のような感じで、 教師が一度お手本を見せるといいでしょう。 例 コミュニケーション力が高まったことを書きたい場合 「私が6年間で1番成長したのは、自分から進んで友達と会話するようになったことです。 」 実体験を心情の変化とともに話す。 未来のことまで話せるとさらに良い この対話の目的は、 自分の思考をアウトプットすることだけでなく、 考えを広げることでもあります。 なので、話を聞く側にも、 「それってどういうこと?詳しく教えて。 」 「こんな出来事も関係してるんじゃない?」 など、どんどん質問させたり、 アドをさせます。 対話の中で、 ウェビングマップに書き足せることは書き足すようにします。 4 全体で共有する ここまでできたら、 あとは全体での共有。 出来るだけ全員に発表させ、 黒板にウェビングマップや「成長したこと」を書いたワークシートを貼ります。 それを出来事や行事とつなぎ合わせ、 分類していきます。 友達の発表を聞いて、 自分とつなぎ合わせられるものがあれば、 ウェビングマップに付け加えさせます。 ここまでで2時間です。 下書きの前段階として、 なかなか良い実践だと感じたので、 ぜひ参考にしてみて下さい。 下書き以降の流れは、こちらを参考にやってみたいと思います。 「あお先生」ありがとうございました! この場をお借りして御礼申し上げます。 良い卒業文集になるといいなー。 仕上がりが今から楽しみです。 それでは今日はこの曲。 の「Face My Fears」 この曲は、EDM好きは知らない人はいない と共に制作した曲。 それではおやすみなさい🌙 YoshiT.

次の