海外反応ヤクテナ。 【韓国の反応】高畑勲監督作品「火垂るの墓」を見た韓国人の反応「韓国は永遠にアニメで日本を越えられない」

【韓国の反応】高畑勲監督作品「火垂るの墓」を見た韓国人の反応「韓国は永遠にアニメで日本を越えられない」

海外反応ヤクテナ

海外の反応 ・ 名無しさん@海外の反応 この動画見てる間ずっと笑顔だったよ笑 ・ 名無しさん@海外の反応 みんな「この景色はアイコニックだね」 ダスティン「おおすごい。 さて、ここに自販機があるぞ。 」 ・ 名無しさん@海外の反応 ついに日本が見られた!!GTRを見よう! ・ 名無しさん@海外の反応 念のために言っておくと、ここカリフォルニアのアーバインにもココ壱番屋はあるよ。 日本と同じ。 いいお店だよね! ・ 名無しさん@海外の反応 いいね。 この国はカーマニアにとっては特別だね ・ 名無しさん@海外の反応 「クローゼットみたい」 日本へようこそ。 2004年以来行ってないけど ・ 名無しさん@海外の反応 同じ時期にあのゴジラの近くにいたけど合わなかったね ・ 名無しさん@海外の反応 日本の食べ物をまずいっていう動画は見たことがなかった。 ここでは2回聞いたよ。 ・ 名無しさん@海外の反応 わあ、日本はなんてきれいなんだ ・ 名無しさん@海外の反応 また日本に行きたい ・ 名無しさん@海外の反応 フォレスターのために観にきた。 ・ 名無しさん@海外の反応 まるで夢のような生き方だね!! ・ 名無しさん@海外の反応 もうすぐここに行くよ。 ダスティンみたいに過ごせたらいいな ・ 名無しさん@海外の反応 あー、日本にまた行きたい。 一番好きな国だ。 横須賀に3年住んでたんだ ・ 名無しさん@海外の反応 これ観て日本に行きたくてしょうがなくなった! ・ 名無しさん@海外の反応 日本のローファイな雰囲気は違うね! ・ 名無しさん@海外の反応 Tokyo Driftが復活したみたいだね!.

次の

海外「日本は特別だ!」アメリカの車好きが日本で大興奮!

海外反応ヤクテナ

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、2020春アニメ「かくしごと」からED曲『君は天然色』に対する海外の反応をご紹介します。 エンディング曲の『君は天然色』を歌うのは言わずとも知れた、あの大瀧 詠一(おおたき えいいち)さんです。 大滝さんは、人々の記憶に残る楽曲を数多く残しており、ドラマ「ラヴジェネレーション」の主題歌「幸せな結末」や「東京ラブ・シネマ」の主題歌「恋するふたり」などが有名です。 『君は天然色』もテレビCMや多くのアーティストにカバーされるなど、誰しもが一度は聞いたことのある楽曲だと思います。 果たして、海外ではこの日本の80年代を象徴する一曲にどんな感想を持ったのでしょうか。 アニメ「かくしごと」のED曲『君は天然色』について 今期アニメ「かくしごと」のノンテロップED映像です。 「かくしごと」は「さよなら絶望先生」で知られる久米田康治による漫画で、下ネタ漫画家の父親が娘に自分が漫画家であることを隠そうと奮闘する心温まるコメディー作品。 ギャグやマンガ家あるあるネタ満載ですが、切ない展開を感じさせるストーリーでもあります。 エンディングテーマの『君は天然色』は、1981年に発売された大瀧詠一のシングルで、これまでに多くのアーティストにもカバーされ、CMタイアップも多いので大瀧詠一を知らない世代の方も耳にしたことが多いのではないでしょうか。 また、近年シティポップ(1970年代後半から1980年代に流行した日本の都会的で洗練された洋楽志向のポップス)が注目されているようで、海外でもシティポップというジャンルが認知されているようです。

次の

コーヒーと翻訳: 【海外の反応】日本人と外国人のハーフの画像を貼っていこう

海外反応ヤクテナ

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、2020春アニメ「かくしごと」からED曲『君は天然色』に対する海外の反応をご紹介します。 エンディング曲の『君は天然色』を歌うのは言わずとも知れた、あの大瀧 詠一(おおたき えいいち)さんです。 大滝さんは、人々の記憶に残る楽曲を数多く残しており、ドラマ「ラヴジェネレーション」の主題歌「幸せな結末」や「東京ラブ・シネマ」の主題歌「恋するふたり」などが有名です。 『君は天然色』もテレビCMや多くのアーティストにカバーされるなど、誰しもが一度は聞いたことのある楽曲だと思います。 果たして、海外ではこの日本の80年代を象徴する一曲にどんな感想を持ったのでしょうか。 アニメ「かくしごと」のED曲『君は天然色』について 今期アニメ「かくしごと」のノンテロップED映像です。 「かくしごと」は「さよなら絶望先生」で知られる久米田康治による漫画で、下ネタ漫画家の父親が娘に自分が漫画家であることを隠そうと奮闘する心温まるコメディー作品。 ギャグやマンガ家あるあるネタ満載ですが、切ない展開を感じさせるストーリーでもあります。 エンディングテーマの『君は天然色』は、1981年に発売された大瀧詠一のシングルで、これまでに多くのアーティストにもカバーされ、CMタイアップも多いので大瀧詠一を知らない世代の方も耳にしたことが多いのではないでしょうか。 また、近年シティポップ(1970年代後半から1980年代に流行した日本の都会的で洗練された洋楽志向のポップス)が注目されているようで、海外でもシティポップというジャンルが認知されているようです。

次の