切りっぱなしボブ 黒髪。 切りっぱなしボブのヘアスタイル・ヘアアレンジ・髪型:前髪あり・前髪なし・パーマあり・パーマなし・黒髪|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

黒髪×切りっぱなしヘアがおしゃれ女子に人気!ショート・ボブ・ロングなど最新ヘアスタイル集

切りっぱなしボブ 黒髪

黒髪にするだけでグッと雰囲気のある洒落感を漂わせることができると、じわじわ人気が広がっているんです。 王道の内巻きストレートのボブヘアスタイルは、切りっぱなしにしてこそその魅力が引き出されると言っても過言ではありません。 おしゃれ女子の支持率No. ガーリーに寄せるなら前髪あり、大人っぽく見せるなら前髪なしがおすすめです。 切りっぱなしボブヘアは、黒髪だとセットの仕方によっては重たく見えてしまいがち。 ふんわりとパーマをかけることで軽やかさがプラスされるので、もっさり見えずに黒髪切りっぱなしボブヘアを満喫できますよ。 前髪なしで大人っぽく仕上げるも良し、前髪ありでカジュアル感を底上げするも良し、お好きなテイストに味付けしてみてくださいね。 くせ毛のように自然にハネさせた黒髪ボブヘアは、大人っぽいアンニュイな色っぽさが漂います。 毛先をハネさせた切りっぱなしのストレートミディアムヘアにすれば、頑張ってる感はないのにおしゃれに見えちゃうから不思議。 まっすぐすぎないストレートのミディアムヘアで、大人の余裕をアピールしてみるのいいかも。 切りっぱなしの毛先なら、黒髪ストレートロングヘアの垢抜けなさを払拭して、一気に旬顔にアップデートして見せてくれますよ。 ただでさえ重たく見える黒髪パーマのロングヘアスタイル。 切りっぱなしにしたらすごいボリュームになりそう…となかなかチャレンジできない人も多いですよね。 大人っぽい黒髪は、切りっぱなしの髪型にすることでグッと今っぽく仕上がりますね。

次の

切りっぱなしがトレンド!【黒髪×ボブ】で失敗しらずのおしゃれヘアスタイルまとめ

切りっぱなしボブ 黒髪

ラフでナチュラルさが魅力の切りっぱなしボブ。 涼し気でスタイリングも夏に向けてイメチェンしたい人にもぴったりです。 今回は切りっぱなしボブを大特集。 黒髪でも似合うスタイルもありますよ! 【目次】 ・ ・ 襟足ギリギリも…結べる長さの切りっぱなしボブ ミニマムな外ハネ切りっぱなしボブ 【How to ベース】 あご下のワンレングスベース。 後頭部などボリュームの出やすい部分の内側にグラデーションカットを入れると、毛が頭に沿うようにまとまりコンパクトに。 レイヤーを入れると毛先が外にいきボリュームが出やすくなるので避けて。 前髪は目の上で薄く取り、隙間ができるようにカット。 眉尻の毛束はやや長めにカットしサイドに流すと小顔に見える。 毛流れが魅力の切りっぱなしボブ 【How to ベース】 ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。 切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになります。 顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにします。 おしゃれ上級者の外ハネ切りっぱなしボブ 【How to ベース】 毛先を直線的に切りそろえ強いインパクトをオン&肩や鎖骨に当たってうねる長さにし、強さをオフ。 長めのシースルーバングでアンニュイな雰囲気をハイ&ローライトを自然に効かせて、立体感をプラス。 長め外はねボブのこなれ切りっぱなしヘア 【How to ベース】 ありがちな外ハネボブといえば裾に厚みがある切りっぱなし風ですが、差をつけるなら顔周りにレイヤーを入れましょう。 顔周りに入れて軽さを出すとイッキにこなれ感がUPします。 フェースラインに毛束が落ちるので小顔効果も絶大。 次に前髪。 大人になるほど眉上の短め前髪は敬遠しがちですが、思い切ってカットするとそれだけでおしゃれな印象に。 パッツンにはせず、薄めにして隙間を作ると顔になじみやすくあか抜けます。 ツヤがあふれる黒髪ストレートの切りっぱなしボブもワンカールさせればエレガントに 【How to ベース&スタイリング】 ランダムな分け目とウエットな束感でモードな雰囲気に。 黒髪のワンレンボブという強さに、ウエットな束感でモーそな雰囲気をプラスした、エッジの効いたスタイル。 アイロンで毛先をワンカールさせてフェミニンな要素を作ると、グッと取り入れやすくなります。 黒髪に似合うストレートワンレンボブ 【How to ベース&カラー】 後ろは襟足ギリギリのワンレンボブ。 耳より前をあごのラインに平行になるように前下がりにすることで、クールな雰囲気に。 カラーは黒に近いダークカラーで、青やグレーなど寒色系の色をミックスするとかっこ良さがアップ。 スタイリッシュさと小顔バランスを一挙両得! シースルーバングのキレイめ切りっぱなしボブ風ヘア 【How to ベース】 ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。 美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れます。 前髪はリップラインで、薄めにカットします。 もみあげ部分は、耳にかけたときにボテっとしないように毛量調整をします。 襟足にイングラデーションを入れることでコンパクトなフォルムに。 表面にはレイヤーを入れて毛先の軽さを出す。 前髪は奥行きを浅めでやや幅広くとり、肌が見えて束間が出やすいようにカット。 Aラインがかわいいニュアンスカールの切りっぱなしボブ 【How to ベース】 裾を平行ラインにカットし、なじむ程度にレイヤーを。 スタンダードなAラインボブを今っぽく見せるには、シースルーバングを合わせて。 透明感のあるブラウンで品良く仕上げる。 前髪はサイドと同じ長さに揃えます。 ハネにくく自然な内巻きとなるようベースの内側はイングラデーションに。 質感をセニングとスライドカットで調整し、柔らかさと束感のあるスタイルに仕上げます。 くせ毛っぽ抜け感が魅力!の切りっぱなしボブ 【How to ベース】 人気の切りっぱなしボブにレイヤーを入れた動きのある仕上りになっています。 また、頬にかかる前髪が抜け感となり色っぽい雰囲気にも。 フェイスラインにも髪がかかるため、小顔効果も望めます。 ベースの重さを残しつつ、レイヤーで軽さを表現した長めのボブ。 内巻きからスタイルチェンジしたい人はぜひ試してみて。 ゆるふわおしゃれな切りっぱなしのミディアムボブ 【How to ベース】 アイロンで巻いたときに、顎ラインになるようにワンレングスでカット。 前髪は、頬の長さで自然と流れるようにカットします。 直毛の場合、毛先にパーマをかけても。 前髪の幅をやや広くすることで、奥行きが出てよりメリハリのあるスタイルに。 大きく波打つくっきりウエーブを合わせ、クラシカルに印象づけて。 しなやかウエーブで程よく色っぽ! 【How to ベース】 毛束に段差をつけ、エアリーで軽快な動きを際立てるレイヤースタイル。 レイヤーと言っても、以前に流行した、毛先がスカスカでくびれのあるウルフとは違うもの。 低い位置から段差をつけるので、ニュアンスが足されるくらい。 毛先に重さがありながら抜け感が加わり、カジュアルでこなれた着こなしとのバランスも良好。 ショートの切りっぱなしボブ 顎ラインのワンレン切りっぱなしボブ 【How to ベース】 ベースをあごラインのワンレングスにカットし、ボリュームと軽さを出すためにレイヤーを入れシルエットを整える。 前髪は三角ベースで狭めにとり、シースルーバングに。 骨格をカバーするため、前髪の目尻横に短めのおくれ毛をつくる。 表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。 前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカット。 バックの毛量調整では重さを残しつつ、ラインを見せるスタイルに仕上げる。 また、バックのウェイトは低く設定して、若見えヘアに。 カラーは、10レベルのフォギーベージュでハイライトを入れながら、ベースを6レベルのアッシュブラウンに。 アッシュブラウンは、肌色をキレイに見せてくれる赤みを抑えたブラウン。 レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなります。 程よく残した長め前髪が顔にかかってセクシー 【How to ベース】 バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカットします。 耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げます。 ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラスします。 襟足は短いものの刈り上げない長さなので、スタイリッシュな印象に。 表面にレイヤーを入れて軽さを表現します。 前髪は鼻下の長さでカットし、全体的にスライドカットを施し透け感のある仕上がりに。

次の

【切りっぱなしボブ♡】おすすめアレンジや可愛いパーマ20選♡

切りっぱなしボブ 黒髪

切りっぱなしボブまとめ。 2019年秋冬も引き続き流行している切りっぱなしボブ。 ・前髪は、頬の長さで自然と流れるようにカット。 ・カラーは、ブリーチをしてから14トーンのミルクティーベージュに。 ・絶妙な透明感や柔らかさは、ブリーチあってこそ表現できる淡い色味。 ・さらに、表面の動きが欲しいところは細めの毛束を取り、リバース&フォワードでミックス巻きを。 ・前髪はリバースで流れるように。 ・少量のヘアオイルを髪をほぐしながら付ければ、今っぽいハーフウェットな質感のスタイルに。 ・動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカット。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 ・赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラス。 ・また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 ・乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 ・表面は内巻きにワンカール。 ・さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成。 ・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 ・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 ・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。 ・乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻く。 ・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。 ・仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。 ・毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成。 ・耳後ろからバックの裾のボリュームを抑えるとおしゃれに見えるため、襟足の毛をサイドより1㎝短くカット。 ・浮遊感ある毛束を作りやすいよう、表面にほんのりレイヤーを。 ・カラーは落ち着きのある、9トーンのグレーマット。 ・マットでくすませると、アッシュでくすませるようも柔らかな質感になり毛先にヌケ感ができる。 ・それから分けたい方向に毛束を持っていくと、ふわっとした立ち上げトップに。 ・裾は全体を表面と内側の毛束に分ける。 ・それぞれざっくり毛束を取り、アイロンで内外交互に1. 5回転巻く。 ・顔周りの毛束はゆるくリバース巻きに。 ・しっかり巻かず、ラフに巻くのがポイント。 ・シアバター系のワックスを手のひらになじませ、全体の毛束を持ち上げながら巻きをしっかりほぐす。 ・裾に空気を入れるようにスタイリングすると、浮遊感ある三角形のシルエットに。 アイロンでアレンジ!外ハネ切りぱっなしボブのやり方 アイロンで簡単!ボブの外ハネアレンジ \スタイリングに使うアイテムはこちら!/ 左/ミルボン ニゼル ドレシア ジェリーS 90g ¥1,800 右/アドスト プレミアム DS FDS-25 ¥31,000 まずは、サイド〜バックの髪を、こめかみ位置で上下にブロッキング。 下の髪の毛から、中間部分をアイロンで挟み、毛先に向けて滑らせます。 毛先5㎝のところで腕を外側にひねって、毛先を外にはねるようにアイロンを抜きます。 次に上の段の髪の毛をを外ハネにします。 頭頂部は開けて、ハチの辺りからアイロンで挟みます。 そのまま毛先に向けて滑らせたら、中間部分から徐々に手首を外側にひねり、アイロンを抜きます。 コームを使ってトップの分け目をジグザグにすると、ふんわり感が出てGOOD! ジェル状のスタイリング剤を手に取ります。 手でのばしたら、両サイドの外側から手グシを入れて毛先になじませ、程よいウエット感を出します。 完成! カジュアルでこなれる!切りっぱなしストレートボブ カジュアルな雰囲気 毛先のランダムのカットラインをそのまま生かしたボブスタイル。 グラデーションカットで毛量調整などは行ってないので、重さを残してカジュアルな印象に。 前髪はシースルーバングでアンニュイな雰囲気を与え、ハイ&ローライトで立体感を出します。 外国人風カラーでこなれ感も約束 襟足から3㎝のワンレンベースに、顔周りと表面にレイヤーを入れます。 前髪は眉にかかる長さで、隙間が作れるように毛先を調整してカットし、カラーはハイライトを細かく入れた上から9トーンのアッシュベージュを重ねて立体感を出します。 ハイトーンでも上品カジュアルな印象の外ハネボブ。 切りっぱなしボブのアレンジ方法 2段結びアレンジ How to 軽くワックスをつけた手でハチ上の髪をまとめて、ざっくりハーフアップにします。 そのまま下部分もひとつ結びにしたら、表面の髪を部分的に引き出します。 耳の前は束っぽく仕上げます。 完成! おでこ出しで爽快感抜群! How to 少量のソフトワックスを手に広げたら、その手で前髪をかきあげます、そのままシンプルなコームで、こめかみを髪で隠しながらセンターから適当に留めます。 アシンメトリー ポンパドール How to 両サイドの髪は残して、前髪をポンパドール風にアップ。 ねじってから前に少し押し出して、後頭部でピンを挿して固定します。 熊手にした手をポンパドールに入れて、スプレーワックスをかけます。 これで立体感バッチリ! 最初に残した両サイドの髪のうち、片方だけを耳にかけてタイトなシルエットにしたら完成! ざっくりハーフアップアレンジ How to 顔周りの髪を残して生え際より少し後ろにヘアバンドをつけたら、そのままハーフアップに。 毛先は抜き切らず、お団子風にまとめるだけ! パーマでアレンジしたボブスタイル エアリーな毛先で柔らかな印象 ベースはあごラインのワンレンで、レイヤーは入れずに裾を一直線の切りっぱなし風にすると、仕上がりが今っぽくなります。 表面は、細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけ、猫っ毛でもボリュームが出やすいようにします。 カラーは透明感があり知的な印象を与えてくれる、6トーンのブルーアッシュ。 広がりにくい切りっ放しボブ 内側の毛量をそぐと、多毛さんでもカジュアルな切りっぱなしボブに!カラーはアッシュで透け感を与え、サイドパート+片耳かけのスタイリングで女性らしく。 ドライなほぐしウエーブ ぶっきらぼうな〟という意味の、切りっ放しにしたようなカットライン、ブラントボブ。 大きく波打つくっきりウエーブがクラシカルで、気取らず無造作な魅力があふれるスタイルです。 小顔も立体感も! 切りっ放しのざっくり感が出るよう毛先でカジュアルさを強調し、前髪は眉上でスライドカット。 顔を包み込むようなカービィフォルムで、自然な小顔効果が狙える髪型。 小粋な波巻き 全体は肩下3cmで、顔周りだけやや短めにカット。 華やかさをプラスするため、波巻きにし、カラーはツヤの出るバイオレットを少し足したプラムブラウン。 好印象で抜け感たっぷりの切りっぱなし風ボブ。 面長でもバランス良く まっすぐで厚みのある切りっ放しをベースに、髪の内側を軽くワンカール。 まとまりすぎない無造作なラフ感が、面長を強調せずバランス良くまとまります。 艶のある毛束やボリュームが自由自在につくれる、美的スタイリング剤ラインキングでも1位を獲得した大人気アイテム。 ツヤを引き出す スタイラ ジョンマスターオーガニック ヘアワックス 57g ¥3,465 ツヤのあるウエットな束感をかなえるワックス。 ジューシーな束感 A. 3種のオイルを配合した高保湿のバーム。 ルベル/タカラベルモント モイ バーム ウォークインフォレスト 37g ¥2,600(サロン専売品) B. ソフトなテクスチャーで、使いやすさピカイチ。 Lycka LILAY トリートメントバーム 40g ¥2,500 C. シアバター、ホホバオイル、ミツロウを使用したワックス。 手のひらで温めてオイル状に。 ナプラ N.

次の