私 の 身 に 起き た こと ウイグル。 マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~に反響の声

私の身に起きたこと ~とあるウイグル人女性の証言~

私 の 身 に 起き た こと ウイグル

女性の名前である。 マンガ「私の身に起きたこと」~とある女性の証言~をご覧ください。 ワシャは、でが行っていることは、が人に実行したに匹敵する蛮行だと思っている。 この日記でもたびたび言及してきたが、日本で平和に暮らしている人たちに、リアリティをもって、をイメージしてほしい。 たまたま20世紀から21世紀にかけて同じ惑星に生まれた人間として、、の悲劇を見過ごすことは、とても恥ずかしいことだと思っている。 なぜ、では若い僧侶たちが自らの身体に火を放って自殺するのか? なぜ、が次々と消息を絶っているのか? 学習施設と称する監獄に100万人のが収容されているのか? ミフリグル・トゥルソンさんが、家族を人質に取られながらも苦渋の選択をして、血の涙を流しながら発言をしているのか? 残念ながら、こういった悲痛な叫びが伝わらない日本人がいる。 名指しをさせてもらう。 やに代表される元、左系の人々である。 日本政府、日本国がやってきたこと、やっていることについては、微に入り細を穿って批判をするくせに、とんとの悪行について責めた発言を聴いたことがない。 ちょっと話が逸れるけれど、この間の日曜日の「NP」で、「日本にとって最も残念な総理大臣TOP5」をが選んだ。 田嶋がリアリストの日本人なら、、あたりが間違いなく入ってくるんだけど、ファンタのシトなので、この3人は誰も選ばれていない。 彼らが政権を担っていた時代、日本はどんな状況に陥っていたか、事実を見きわめるだけの脳力があれば、この3人は外せないわさ。 が崩壊したのも、頼りないが一強でいられるのも全てこの3首相のせいなのである。 そんなことも冷静に考えられないとは、頭が幸せなシトは本当に幸せだなぁ(笑)。 おそらく田嶋も、の痛み、の苦しみを1ミリも理解していない。 そういった日本人も実はぞろぞろといるので怖ろしいのだ。 誰だったか「敵は国内にあり」と言っていたが、まさに敵は日本人の中にいる。 今朝のの1面に《中高生「抗議はやめない」香港授業ボイコット》という見出しがある。 香港は、4番目のである。 、、、そして香港なのである。 彼らがに踏みにじられる前に、世界は行動を起こさなければならない。 に自国政府から強烈なメッセージを送らせるために、なんらかの活動を始めなければ、香港の若者の命は風前の灯だろう。 同じ時代の地球という船に乗り合わせた若者たちが何万人も戦車ので踏みつぶされてなるものか。 ミフリグル・トゥルソンさんのマンガを見て、何かを感じてください。 昨日、仕事の帰りにに寄って本を10冊買ってみた。 これで3割を打ったらOUTだと思って、家に帰って確認したら0割だったのでホッとしている。 よかった~。 warusyawa.

次の

マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~に反響の声

私 の 身 に 起き た こと ウイグル

修正した中共図 地図の中に日本の実際の大きさの日本を入れておきました。 これだけみると、日本は小さな国と思われるかもしれません。 けれど、排他的経済水域を含むと、日本の面積は中共をはるかに凌駕します。 日本は大国なのです。 日本は白人からの有色人種の人々の独立のために戦いました。 そしてそれを実現しました。 ところがそのことを奇貨として、中共は周辺国を併呑しました。 このとき、いずれの地域においても、人口の4分の1が人民解放軍によって殺害されました。 そしていまもなお、それら併呑地への蛮行が継続しています。 日米を含む世界の良心は、この中共の横暴を、いまこそ止めさせるべきときです。 私はウイグル、モンゴル、満洲、チベット、香港、台湾の人々をこれからも応援し続けます。 お読みいただき、ありがとうございました。 「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載.

次の

マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~

私 の 身 に 起き た こと ウイグル

マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~ 清水ともみさんのTwitterにて、このマンガが紹介されています。 自分が殺されることよりもずっと耐え難い。 現代のナチスだよ。 なんて、酷い。 言葉にならない。 本当に恐ろしい。 おぞましい。 ウイグルという国がある、入国審査が大変という上澄みだけの情報しか知りませんでした…このお話を読まなかったら、ずっと知らなかったかもしれません。 発信してくださって、ありがとうございました。 これウィグルだけの話ではなくて、チベットはもっとひどいし、自治区全部がこうだと思ったほうがいい。 この時代にこんなことが起こっているなんて…自分の無知さが恥ずかしいです。 知ることができて良かった。 私に出来ることなんて無いかも知れませんが、周りの人にも伝えます。 私の親友もウイグル人なので物凄く胸が痛くなりました。 彼女は曾祖父母やその前の家系を中国の方に亡き者とされ、中国の方に対し、今も恐怖を抱いています。 それでも、中国の方にもいい人はいるはずだから全員を恨みたくない、嫌いになりたくない、と打ち明けてくれたことがあります。 ウイグルの1友人として、 ウイグルの悲劇は絶対に忘れないで欲しいです。 そしてウイグルの中にも中国の方と仲良くなりたいと思っている人がいるのを忘れないで欲しいです。 彼女たちウイグルは今も隠れながら暮らしております。 今も命を狙われながら暮らしております。 目ざましい経済発展を遂げるが垣間見える話題でした。 この記事がよかったらシェアしてくださいね。

次の