それでも ハッピー エンド 小説。 プロローグ/行動開始

YOASOBIの新曲「ハルジオン」の原作小説とは?歌詞や映像に注目!

それでも ハッピー エンド 小説

「お約束を蹴り飛ばして王道路線をカーブで逸れて」 それでもハッピーエンドへ一直線な前置き。 えー、今回はさんところの「ドリル魔王」の感想をつらつら書きますね。 一部レビューっぽいかも。 寄り道要素いっぱい、エンド分岐有り、全クリ全コンプしようと思うとおそらく30時間くらいは超えた、長編です。 とことんギャグとハッピー。 というわけで、良かった点など。 たるを調べがちなあなたに 民家に入るとまず住人よりタンスを調べる、そんなプレイヤーにおススメしたい作品だなあと感じました。 いやもう、探索ポイントがこれでもかというほど詰め込まれてるんですよ! あまりの凝りよう、芸人魂、寄り道要素やちょっとしたネタ会話に辛苦と命を燃やす意気込みが垣間見えました。 本作は経験値が廃止されていて、強敵を倒すともらえるレベルスターで自動的にレベルアップしていく仕組みなのですが……探索をすることでレベルスターに属するスターダストなるものを手に入れることもできます。 アイテムが手に入るうえに会話もたのしい! これはおいしい! ……ということをキャラ自身が喋っていてもおかしくない、メタギャグも盛りだくさんです。 かわいさとプロペラとシュールギャグが暴れ狂う展開 内容はざっくりといえば勇者魔王もの。 女勇者と言うとカッコイイ響きですが、実際は なんと13歳の少女。 しかも進むうちに プロペラが生えたり超重量系要塞になって魔王に撃ち落されたりします。 未プレイの方はわけがわからないと思いますがプレイしてもわけがわかりません。 そこがいいんだよなあ! 「どうしてこうなった!?」って言いたくなるシュールなギャグが目白押しなんですよ。 ツッコミが追いつかない。 それでいてこう……笑わせてやろうみたいな意気込みのものでもなくて……粛々と勢いよくトンチキなことが起こりまくります。 妙に冷めたメタギャグや、いそいそとなかったことにしたがる物言いたげなウェイトの取り方など、頭のどっかで冷静な雰囲気がより笑いを誘ってくれました。 良妻賢母やクールビューティ魔王様 ギャグシーンが重なるにつれ、キャラの意外な一面が見えるところも魅力の一つ。 特に、意外なキャラがアグレッシブに属性を開花させてくれた時は、そりゃもう嬉しすぎて小躍りしました。 かっこいいだけ、かわいいだけで終わらないキャラがたくさんいます。 カッコイイお兄さんは歴戦のエロゲプレイヤー、謎の魔女様は残念技量のなろう作家、クールな魔王はカレーに一本釣り。 不敵な中ボスはしれっとお笑いキャラになってたり。 この、登場人物の隙の作り方が上手いなーと思いました。 隙があるとキャラに親しみが持てるんですよね! ああもうこいつは仕方ないなあ、みたいな、つい身内びいきの視線で見ちゃうなど。 何が何でも重苦しいシリアスは投げ捨ててギャグに走り抜けるんだという気概も感じました。 娘やゲーマー・オタクキャラや男女カプが好きな人はきっと幸せになれます! そう私! ありがとうございました!! ここぞという時のSE トンデモトンチキな面を推して参りましたが、 効果音もなかなかの鬼才を放っています。 例えば、スキルを習得する時ってなんとな~く、ピキーン!とかフワァアアアアみたいな、天啓が降ってくるっぽい効果音が多い気がするんですよ。 本作はここすらも発想が違います。 実際の音は聞いて頂くとして……。 いやー、プレイしてて笑っちゃいました。 そういうとこだよ。 この手の衝撃が一発ネタで終わらず延々と続いてくれるところも大好きです。 あと他にも、タダータダータダーみたいな幼女声の効果音が好きです。 かわいい。 奇想天外な会話に、愉快な効果音、さらにはスタイリッシュでクールなキャラチップが加わり、シュールギャグがより鋭くキレを増しているように感じました。 バフデバフインフレ999祭り さて、本作のもう一つの特徴がバトルの難易度。 本作は5章構成なんですが、 4章辺りからは999ダメージがバカスカ飛び交うインフと化します。 加えて状態異常の数も異様なほど多く、スキルや装備品の説明に書いてない(書き切れない)効果が起こることもしばしば。 バフデバフが勝利の鍵、特に序盤はこっちが耐性上げるより相手の耐性を下げる方が重要な感じでした。 バフデバフゲーというと装備品でパズルするイメージもあるんですが、本作は 最終的に状態異常耐性もインフレして全防御できるようになるので、そこまで頭を悩ませることはなかったかなと思います。 要は、スキルが重要! 能力や耐性を上げて下げて状態異常かけて延々とぶん殴り続ける感じのバトルでした。 この手のバフデバフさえしとけばいいくらいのコマンドバトル好き。 といっても、上記で述べた通り 雑魚敵で経験値稼ぎができないため、難易度はかなり高めです。 スキルやアイテムの多くや探索と寄り道要素で手に入るので、本筋だけ追おうとすると逆に詰んでしまう可能性もあります。 かくいう私も序盤のワンワン戦で2度ほど全滅しました。 へっへ。 ただ逆にいえば、探索さえしていれば十分にクリアできます。 繰り返すように、たる調べ隊なプレイヤーには垂涎ものの一作とも言えるでしょう。 私なんかはキャラ重視なので、好きなCPの会話を回収してたらいつのまにか最強キャラが生まれてたみたいな感じになってて、感慨深かったです。 愛、重量級。 プレイ前に了解しておいたほうがいいかも 未プレイヤーの方に誤解を与えないよう、ちょっと事前に書きおいておきたいことも挙げておきますね。 手間のかかる謎解きあり• 時限イベントあり• 時事ネタ、他ゲーネタ、パロネタもりだくさん• 飛空艇で飛ぶときにバグが起こるので事前セーブ必須• 撃破しても魔物図鑑に載らない敵がいる こんな感じ。 といってもバグバグしいゲームではなく、基本は楽しく勢いよくがっつりプレイしたくなる良作なので誤解なきよう! ただ、冷める人と熱中する人が極端に分かれるかなとは思います。 好きならむしろお約束をわかったうえでネタを楽しめるかと。 とまあ、こんな感じで。 メタネタ・シュールギャグ・ツッコミ不在展開が好き• には飛空艇が欠かせないと思う• タルとタンスはくまなく調べたい• 相棒っぽい関係の男女コンビやラブラブルが好き• 真面目で重たい展開は見てて恥ずかしくなっちゃう• 元気いっぱいハッピーエンドで締めたい そんなあなたにおススメしたい良作でした! なお、取り逃がし嫌いな方やに自信がない方は心が折れないように、「は躊躇せず頼る」「エンド1・2は(ラスボスの難易度的に)2周目にとっておく」あたりをおススメしておきます。 追記ではネタバレ感想。 ネタバレ注意 攻略とか? 公式サイトに併記されていたと個人をガッツリを遠慮なく見ました。 そしてどうやら、魔物の撃破履歴はアイテムで管理してる……のかな……? エンド3に行ったデータでエンド1も見たんですが、エンド3の時点で撃破していたアリアが魔物図鑑に載っておらず首を傾げ、さらには女神へのお願いをアイテムにしたのでおばけロードへ再挑戦できず、最後まで図鑑が載らずに悔しい想いをしました。 滝の裏のダンジョンも、道中で取ったアイテムがあっても最後までクリアしないと記録されないっぽいです。 コンプ癖の方はご注意。 ライラ ライラかわいいですよね!!!!?!?!!?!! もうこれは大っぴらに書いてしまいますがエクスとライラが大好きでほんとこの二人に出会えて良かったバンザーイ君と二人でハッピーって感じでした。 ありがとう。 かなり初期からフラグが立てられていたこともあり、出会った時にはしみじみと感慨深かったんですよ。 ああこの子が噂の、みたいな。 それがまさかの良妻賢母ですよ!! 惚れるしかなくないか!?! いやーでも言うてプレイしてる時は怖かったんですよ。 いやライラがじゃなくてライラの扱いが。 どうしても娘ってこう、嫌がられがちというか、なんだかんだで一方通行が既定ルートになっちゃうじゃないですか。 ギャグ作品だと特に、「好き!」「やめてくれー(ガチ拒否)」でネタとして終わっちゃいがちで、側の愛情が結局雑に放り捨てられたままになっちゃって、それが娘推しとしてはすごく寂しいんですよね……。 しかも相手は王子様なわけで、そりゃ離ればなれになるだろうなあ怖いなあと覚悟と保険をかけつつ進めてたんです。 そしたらまさかのハッピーエンドですよ!!! というか作中で着々と二人の関係が進行したうえにデートですよ!!!!!! 私は泣いた、あまりにも嬉しすぎて泣いた、喜びのが高らかに天を貫いた……。 とても嬉しかったです。 ほんとありがとう、マジでありがとう、キャラの内面に関わるところまでハッピーにしてくれて心からありがとう……。 好き……。 エクス側もなんだかんだで可愛いと思ってたり拒否はするけど想いは否定してなかったりやり方は困るけどまんざらでもないみたいな態度だったりするのがすごく良いですよね、へへへっ……。 END3・4の裁判イベントが心底好きです。 好きすぎて書き散らした二次創作晒しときますいえーい キャター レッシーよりもエクスのことを女だと思っていたプレイヤー私。 レッシーは確か宿屋かどっかで男と明言されていたので、温泉イベントで逆に「みんな知らなかったんだ!?」という驚きを感じました。 魔王の嫁ネタもありましたし、作者様はちょこちょこVIPRPG齧ってるのかなー、なんて。 フレイとエクスの設定がやっぱり面白かったですねぇ。 特にエクスの伏線の大盤振る舞いがグッド。 よくよく読むと船着き場でエクスはイノと違って剣とも妖精とも言われずきっちり男認定されてるんですよね。 あとエクス操作時のエクスピアの看板でもちょっと語られてますし、4章以降は伏線の嵐ですし。 伏線の撒き方が多彩で、しかも一見ネタっぽく流されているのでなおさら楽しかったです。 フレイのほうも、重々しいはずの設定なんですが……ここをカラッと笑い飛ばしちゃうところが好き! わぁい友情パワー。 ちょこちょこダークなことを口走るところも好きです。 END1を見るに、別次元の世界?にいたティアさんがレッシーたちの世界へやってきて、ついでにフレイちゃんの運命?をちょちょっと弄っちゃった関係でこの世界はギャグ世界になった……のかな! とりあえずティアさんとツムグ君はなんかフラグが立ってるっぽい気がします。 でも細かいことはいいのかもしれない! ドリル魔王だから! ところでノーはノトーリアスなんですかねノーなんですかね。 のっちゃんで良い? おっけー。 キャラチップやマップ プレイし始めた時はキャラチップの小ささに驚きました。 ウディタ規格っぽいなあって。 そしてマップは広いもんだから、はたしてついていけるかなと不安だったんですが、実際は全くの杞憂。 だって人外魔境だし……。 ええ……。 余談ですがああいう文字のマップチップってどうやって作ってるんでしょうね。 手打ち? あ、でも真面目なことも語っておくと、飛空艇の中でレッシーが黄昏てる時に話しかけるとフレイちゃんのことを心配してくれるところが好きです。 背景の壮大さと洗濯物のシュールさとが合わさってとてもこの作品らしくてよき。 ツボったセリフやシーンなど• ラスボスを倒そうが死ぬことはないけどなるべく急いだほうがいい犬• 敵ボスが大事なセリフを噛むと全力で煽っていくスタイル• なんか怪しい地形だから調べてみたけど特になにも起こらない木• 数字入力でフレイ操作時に「072」って打っても何も起こらないけどレシア操作時に打ち込むと反応してもらえる• 人の話を真面目に聞かないことにかけてはかなりの実力者• とっさに『ぬ』と口走ってしまった• ワードの絵本を語り聞かせようとするフレイ 挙げようと思えばいくらでも挙げれるんですが、中でも特に呼吸ができなくなるくらい笑ったり、何度も見返したくなってスクショを撮ったりしたのはこの辺りです。 目下語りたいところはこんな感じかな! おいおいってツッコミ入れたくなるシーンが多くて、一緒になってにこにこ笑って、エンドロールで拍手しながら爽やかに終われるとっても明るいでした! shikimz.

次の

夏向き・ハッピーエンドな小説

それでも ハッピー エンド 小説

霧隠 忍は一見すると普通の高校生である。 しかしそれは世を忍ぶ仮の姿であり、実は現代を生きるシノビ、霧隠一族で最も期待されている忍者の末裔なのであった。 そんな忍がある日突然異世界へのクラス召喚に巻き込まれた。 皇女から与えられた恩恵で勇者やら聖女やら魔導師やら様々なクラスが与えられる生徒達。 目覚めるとそこは、魔物蔓延る最凶ダンジョン。 そして体は脳までカラッポなガイコツ剣士。 スライムにも負ける最弱ぶりを見せつつも、リスポーンできるという不死身を活かして不眠不休で攻略を続けていると、いつしかうわさに聞くダンジョン最強の存在に! 出会いと別れを繰り返し、目指すはダンジョン最下層。 そして出会ったのは囚われの姫君……ではなく、 ドラマタかくやの最凶美少女魔王! 心通わし運命を切り開いたポンコツ骸骨剣士と歩くアルマゲドン。 ありがとうございます!! ブクマや感想、ぜひお気軽にぜひ。 皆さまの応援やお力添えで、本作は成り立っています! 時は魔法適正を査定することによって冒険者ランクが決まっていた時代。 冒険者である少年ランスはたった一人の魔法適正Gの最弱冒険者としてギルドでは逆の意味で有名人だった。 なのでランスはパーティーにも誘われず、常に一人でクエストをこなし、ひっそりと冒険者をやっていた。 実はあまりの魔力数値に測定不可能だったということを知らずに。 しかしある日のこと。 ランスはある少女を偶然助けたことで、魔法を教えてほしいと頼まれる。 自分の力に無自覚だったランスは困惑するが、この出来事こそ彼の伝説の始まりだった。 「是非とも我がパーティーに!」 「我が貴族家の護衛魔術師にならぬか!?」 彼の真の実力を知り、次第にランスの周りには色々な人たちが。 そしてどんどんと広がっている波紋。 もちろん、ランスにはそれを止められるわけもなく……。 彼はG級冒険者でありながらいつしかとんでもない地位になっていく。 現代に生きる高校2年生17歳の剣持匠真は両親と死に分かれ、一人の生活を送っていた。 そんな彼は、生まれながらの不幸体質の影響か、行く先々で不幸に見舞われる。 なので彼は、周りを巻き込まないように、友などを作らず、なるべく一人でいるようにしていた。 ある日、彼は不幸な事故によりその生涯を終えた。 意識を取り戻した時に目に飛び込んできたのは、土下座をして謝ってくる、神を名乗る美女。 この出会いをきっかけに、匠真の異世界で幸せを求める生活が始まる。 作者側としてはぜひ、作品を好きになってもらいたいので、意見や感想、誤字報告など気軽に送ってきてください。 作者だけではなく、皆さんと共にこの作品を作り上げていきたいと思います。 こんな方におすすめ! ・転生物が好き ・動物や植物が好き ・聖女が裏切られて転生する話が好き 特に三つ目の方にはドンピシャです! なろうには沢山の転生物語がありますが、その中でも植物に転生してしまう物語は初めて読みました。 勿論主人公のアウラウネは植物なので、その場から一歩も動けません。 それでも彼女の周りには沢山の生き物達がやって来ます。 生き物?……いいえ、敵です! 動けないアウラウネですが、そんな困難にも知恵を使って賢く立ち向かっていきます! しかもその撃退法が予測不可能! 『こんなやり方で撃退するのか!』と、思わず感心し、驚いてしまいます! 皆さんもドキドキハラハラしながら、植物娘アウラウネが紡ぐ物語を読んでみてください! 確実にドハマりすること、間違いなしです! めっちゃ面白い! 設定とか内容とか全部好き。 地文とセリフのバランスとか良いと思う。 下級精霊達がとても可愛い。 大精霊も好き。 裕太とシルフィの夫婦感良い。 大精霊達が裕太達を見守る感じも良い。 ストーリー的に無いような気もするけど裕太と大精霊の恋愛も見たい気もする。 でも有ったら有ったらで微妙になっちゃう感じもするのでもどかしい。 気になる点 そこまで生々しくないし、読んだ段階で二回しかないので良いんですけど風俗関係はあんまりいらないかなーと思ってしまった。 なんというか、弟子とか下級精霊が幼いので余計にそう感じてしまったのかも。 こちらで補完するので数文で良いかなーって。 やっぱり精霊との関わり?がメインだと思うので裕太1人の話はちょっとなーって思いました。 数話しかないのでストーリーのアクセントにはなってるけど。

次の

プロローグ/行動開始

それでも ハッピー エンド 小説

「卒業しても、俺らはなんも変わんないよ。 」 美大を卒業して離ればなれになったあなたとわたし。 理想と現実のギャップに打ちひしがれ、バックれた会社からの電話も鳴らなくなった頃に突然来たある連絡をきっかけに、わたしは再びカンバスの前に立つ...。 美しすぎた過去とも、ままならない現実とも向き合って、再び歩き出そうとする姿を繊細かつエネルギッシュに描いた現代のクリエイター・ノベル。 刊行時には俳優の成田凌、飯豊まりえらも賛辞を寄せ、映画化も決定しているデビュー作「スクロール」 講談社 、 そして収録の1篇「ファン」が松本花奈監督、本田翼主演により映像化された第2作「楽しかったよね」 講談社 などで注目を集める話題の新人作家・橋爪駿輝が、 デビュー曲「夜に駆ける」が半年足らずでYouTube1,000万回再生を突破、Spotify急上昇チャート1位やグローバルバイラルチャート入りなど多方面で注目を集めている "小説を音楽にするユニット"YOASOBIの3rd single「ハルジオン」の原作として書き下ろした短編小説です。 もっとみる 商品情報 新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の